コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

ICM スクリプトで参照されているルートまたはスキル グループの削除

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、特定のスクリプトで参照されているルートまたはスキル グループを削除する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Intelligent Contact Management (ICM) 8.5.1 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ICM スクリプトで参照されているルートまたはスキル グループの削除

次の手順を実行します。

  1. ICM コンフィギュレーションマネージャに行けば、All メニューが表示されます。

  2. Configuration Manager ウィンドウで、> いろいろ なツール > スクリプト リファレンス ツール『Tools』 を選択 して下さい。 ザ・スクリプト リファレンス ツールはどのルーティングスクリプトが特定の設定レコードを参照するか示すレポートを生成することを可能にします。

  3. 特定のスキル グループを選択し、どんなスクリプトをこの特定のスキル グループが参照されているかチェックインして下さい。

  4. スキル グループが参照されるスクリプトを知っていれば、スクリプト エディタ アプリケーションを使用してそれらのスクリプトを削除できます。

トラブルシューティング

問題: スクリプト参照ツール クラッシュ

スクリプト参照があるスキル グループを選択するように試みる場合のザ・スクリプト リファレンス ツール クラッシュ。 問題に関する警告または Log エントリがありません。 この問題はルートがスキル グループと関連付けられる場合発生します。 この問題は Cisco バグ ID CSCsc43980登録ユーザのみ)で文書化されています。

解決策

積極的に利用されない場合この問題を解決するために、スキル グループからルートのアソシエーションを取除いて下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113479