コラボレーション : Cisco Unified Intelligence Center

アプリケーションを報告する Unified IC のレポートのインポート

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Intelligence Center(Unified IC)は、リアルタイム/履歴レポートおよびカスタマイズ可能なダッシュボードを提供する Web ベースのグラフィカル ユーザ インターフェイスです。 このドキュメントでは、Unified IC レポート アプリケーションにおいてストック レポートおよびその他のレポートをインポートする方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified ICS

  • Cisco Unified ICS レポート アプリケーション

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified ICS 8.5(3) に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unified ICS の Import レポート

統一された ICS の株式レポートおよび他のレポートをインポートするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unified ICS アプリケーションへのログインは、レポート引出しをクリックし。 利用可能 な Reports ページは開きます。

  2. レポートを『Import』 をクリック して下さい。

    この機能がローカルで保存される関連ヘルプ ファイルおよび Cisco Unified ICS に株式レポートをインポートするのに使用されています。 インポートしたいと思うレポートはヘルプ コンテンツと共に ZIP ファイルで保存する必要があります。 レポートおよびヘルプ コンテンツを保存するための形式を理解するために、Cisco Unified Intelligence Center レポート アプリケーション 8.5(3) のための資料 ユーザガイドの株式レポートおよび他の Reports セクションをインポートすること参照して下さい。

  3. 開くページでは、ファイル名にナビゲート し、ローカルで保存されるテンプレート ZIP ファイルを選択するために『Browse』 をクリック して下さい。

    *.zip ファイルの複数のレポートをインポートできます。

  4. ドロップダウン メニューからデータ ソースを選択して下さい。

  5. 『SAVE』 をクリック し、インポートされたテンプレートを分類したいと思うレポート カテゴリ フォルダにナビゲート して下さい。

  6. [Import] をクリックします。 利用可能 な Reports ページは既に同じ名前のレポートテンプレートがインポートすることを試みているレポート含まれていれば敏速のがそれを上書きしたいと思うかどうか尋ねます表示されま。

  7. インポートされたレポートを見るために Reports ページで『Refresh』 をクリック して下さい。 インポートされたレポートからのデータが ZIP ファイルから抽出され、統一された ICS データベースのコンフィギュレーションデータとして保存されることがわかります。

詳細については Cisco Unified Intelligence Center レポート アプリケーション 8.5(3) のための資料 ユーザガイドを参照して下さい。

有効に なる SSL を使用しない Cisco Unified ICS AD 認証

問題

アップグレードが実行された後 Cisco Unified ICS にログイン する問題があります。

解決策

この問題は SSL がドメインコントローラで有効に なるとき発生する場合があります。 この場合、Cisco Unified ICS は NETBIOS ドメインを得ることができません。 この問題を、アップグレード Cisco Unified ICS バージョン 8.5(4)に解決するため。 これは Cisco バグ ID CSCts28701登録ユーザのみ)で文書化されています。


関連情報


Document ID: 113450