音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Emergency Responder

Emergency Responder ALI データのアップロードのトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、自動ロケーション情報(ALI)レコードをサービス プロバイダーにアップロードする際のデータ エラーを解決する方法、ALI データ レコードを修正するための一般的な手順、およびさまざまなタイプの National Emergency Number Association(NENA)形式ファイルを編集する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Emergency Responder (Cisco ER)に 7.x 基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

位置に緊急事態 の 発生場所 識別番号(ELIN)を結ぶで、正しいローカル Public Safety Answering Point (PSAP)にそれから非常呼出を ELIN ルーティングするのに使用されていますアリは情報。 PSAP は非常呼出を受信する組織です(たとえば、911 オペレータ)。 情報は PSAP を助けるために緊急発信者を見つけるために PSAP に示されるアリと呼ばれます。 Cisco ER では、各 Emergency Response Location (ERL)のアリ データを記入し、サービスプロバイダーに包含のためにアリ データベースでアリ データを入れます。

定期的に、アリ データをエクスポートし、サービスプロバイダーにそれを入れて下さい。 Cisco ER はいろいろな NENA 形式のアリ データをエクスポートすることを可能にします。

北アメリカの基本 911 に関しては、発信者が 911 にダイヤルすれば、コールはまた 911 オペレータと呼ばれる PSAP に、ルーティングされます。 PSAP は発信者に話し、ポリシングする、適用、または救急車チームの送信のような適切な緊急状態応答を、配列する役割があります。

サイトはサービスプロバイダーにアリ データベースをアップロードすることができません

NENA 規格の Cisco ER 頭文字エクスポートでアリ データ交換のためのファイルをフォーマットしました、FOC (機器制御 コード、か「」の「変更の機能と」)予想通りエクスポートします。 すべてのそれに続く輸出高で、それは「C」として不変ファイルをエクスポートします(変更を確認するため更新済でであって下さい)。

残念ながら、最初エクスポート試みで、「NENA の NENA 形式は 3.0" 使用され、この形式はそれらが PSAP に情報をアップロードするのに使用しているサービスプロバイダーインターフェイスによって許可されませんでした。

その結果、アップロードのすべてのそれに続く試みは変更のために 712 のエラー、「レコード存在 しません」エラーメッセージ失敗しました。

解決策

(決して以前に エクスポートを実行されたように)この問題を解決するために、ディフォルトするために Cisco ER アリ エクスポートをリセットする必要があります。 その結果、エクスポートされたファイルは「」の FOC を与え、PSAP へのアップロードは正常であるはずです。

アリ レコードの顧客コードを変更する場合、アリをエクスポートするとき Cisco ER は 2 つのレコードを作成します:

  • 古いコードとアリを取除く削除レコード

  • 新しいコードのアリを追加する挿入レコード

この削除/挿入シーケンスはコードを変更した後アリをエクスポートする時最初にだけ生成されます。 サービスプロバイダーに送信するこのエクスポート ファイル確かめて下さい。

たとえばコードが 000 であり、エクスポートに先行している 111 にそれを変更すればそして「」および「D」エントリを得ます。

修正アリ データレコード

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco ER Webインターフェイスでは、ERL/ALI のための記録する失敗されたそれを間違っていたフィールドを変更して下さい。 たとえば通りサフィックスが受け入れられない省略形、受諾可能な 1 にそれを変更して下さい。 変更すべてを保存して下さい。

  2. エラーのレコードのうちのどれかが新しかった場合、レコードのためのデータベース関数を変更して下さい。 Cisco ER が既にこれらのレコードをエクスポートしてしまったので、Cisco ER は新しい挿入よりもむしろ更新としてそれらを分類します。 ただし、これらのレコードがアップロードで失敗したので、サービスプロバイダーのデータベースは新しいようにそれらを見ます。

  3. 固定していることテキストエディタのアリ エクスポート ファイルを開き、レコードのための機器制御 コードを変更して下さい。 フォーマッティングか他の余分文字を追加しないエディタを使用して下さい。

    • NENA 2.0 および 2.1 ファイルフォーマットの編集

    • NENA 3.0 ファイルフォーマットの編集

  4. サービスプロバイダーに編集されたファイルを入れるためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. > エクスポート PS-ALI レコード『Tools』 を選択 して下さい。 Cisco ER はエクスポート PS-ALI レコード ページを開きます。

    2. 選り抜きでドロップダウン リストから NENA 形式 フィールドが、サービスプロバイダーによって必要な形式を選択します。

    3. Export フィールドへのファイルで、エクスポートするためにファイルの名前を入力して下さい。

    4. 会社名 フィールドで、会社名を入力して下さい。

    5. データをエクスポートするたびに Cisco ER は自動的に Cycle カウンターを増分します。 このカウンターを変更する必要はありでなければ前のエクスポートをやり直すか、または訂正します。 ただし、シーケンス番号の変更はエクスポートをやり直す場合ファイルに置かれるデータに影響を与えません。 レコード Status フィールドを変更するためにエクスポート ファイルを編集しなければ手動でなりません。

    6. [Export] をクリックします。 何レコードがエクスポートされたか Cisco ER はエクスポート ファイルを作成し、告げます。

    7. ローカルマシンにファイルをダウンロードするために『Download』 をクリック して下さい。

    8. エクスポート アリ レコード ウィンドウを閉じるために『Close』 をクリック して下さい。

    9. サービスプロバイダーのサービスプロバイダーへファイルを送信することの方式を使用して下さい。

Cisco Unified Communications Manager の IP アドレスを変更して下さい

Cisco Unified Communications Manager (CUCM)の IP アドレスを変更する場合 Cisco ER のこれらの変更を行なって下さい:

  1. マネージャ詳細は Cisco ER の電話トラッキング > Cisco 統合された通信に行きます。

  2. 古い IP アドレスを削除し、新しいものを追加して下さい。

  3. 電話トラッキング > Cisco ER の SNMP 設定に行って下さい。

  4. CUCM の IP アドレスを変更して下さい。

  5. Cisco ER サーバの Cisco ER サービスを再開して下さい。


関連情報


Document ID: 113436