ワイヤレス : Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス コントローラ

HREAP 機能マトリクス

2012 年 1 月 19 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 12 月 21 日) | 英語版 (2013 年 12 月 18 日) | フィードバック

H-REAP 機能マトリクス

概要

このドキュメントでは、ワイヤレス LAN コントローラ上のハイブリッド リモート エッジ アクセス ポイント(H-REAP)機能の機能マトリクスについて説明します。この機能マトリクスは、Cisco Unified Wireless Network リリース 7.0.116.0 に適用されます。



前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Control And Provisioning of Wireless Access Points(CAPWAP)プロトコル

  • Lightweight AP および Cisco WLC の設定



使用するコンポーネント

  • この機能マトリクスでは、Cisco Unified Wireless Network リリース 7.0.98.0 で動作する機能の概要を説明します。



表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。



H-REAP

Hybrid REAP は、ブランチ オフィスとリモート オフィスに導入されるワイヤレス ソリューションです。H-REAP によって、各オフィスにコントローラを導入することなく、ブランチ オフィスやリモート オフィスにあるアクセス ポイント(AP)を、本部からワイドエリア ネットワーク(WAN)リンク経由で設定して制御できます。Hybrid REAP とコントローラとの接続が失われたときは、そのアクセス ポイントでクライアント データ トラフィックをローカルでスイッチして、クライアント認証をローカルで実行することができます。コントローラに接続されているときには、トラフィックをコントローラに送り返すこともできます。Hybrid REAP は、次のコンポーネントでのみサポートされています。

  • 1130AG、1140、1240AG、1250、AP801、3500I、3500E 、1040、および AP 1260 のアクセス ポイント

  • Cisco 5500、4400 および 2100 シリーズ コントローラ

  • Catalyst 3750G Integrated Wireless LAN Controller Switch

  • Cisco WiSM

  • サービス統合型ルータ用のコントローラ ネットワーク モジュール

次のセクションでは、H-REAP 機能マトリクスの概要を説明します。



H-REAP 機能マトリクス

セキュリティ - クライアント

H-REAP のセキュリティ サポート機能は、モードと状態に応じて異なります。この表は、サポートされているセキュリティ機能をまとめたものです。

WAN アップ(中央スイッチング) WAN アップ(ローカル スイッチング) WAN ダウン(スタンドアロン)
オープン/静的 WEP
WPA-PSK
802.1x(WPA/WPA2)
MAC 認証 ×
CCKM 高速ローミング 接続されたクライアントの場合は「○」。新しいクライアントの場合は「×」。

セキュリティ - インフラストラクチャ

WAN アップ(中央スイッチング) WAN アップ(ローカル スイッチング) WAN ダウン(スタンドアロン)
データ DTLS N/A N/A
ローカル EAP(LEAP/EAP-FAST) ○(7.0.116) ○(7.0.116)
RADIUS のバックアップ ○(7.0.116) ○(7.0.116)
MIC N/A

サービス

次の表に、H-REAP でサポートされるサービスの一覧を示します。

WAN アップ(中央スイッチング) WAN アップ(ローカル スイッチング) WAN ダウン(スタンドアロン)
内部 Web 認証 N/A
CleanAir(3500 での SI) N/A
マルチキャスト ユニキャスト(Videostream) N/A N/A

インフラストラクチャ

WAN アップ(中央スイッチング) WAN アップ(ローカル スイッチング) WAN ダウン(スタンドアロン)
DFS/802.11h
AP グループ VLAN N/A N/A



7.0.116.0 の新旧機能

セキュリティ

H-REAP のセキュリティ サポート機能は、モードと状態に応じて異なります。この表は、WLC バージョン 7.0.116.0 でサポートされているセキュリティ機能の新旧機能をまとめたものです。

WAN アップ(中央スイッチング) WAN アップ(ローカル スイッチング) WAN ダウン(スタンドアロン)
awIPS ×
不正、IDS ×
MFP(クライアント、インフラストラクチャ) ×
SSC N/A
RLDP ホップ、WAN 速度によっては動作可能 ホップ、WAN 速度によっては動作可能 ×
OKC 高速ローミング × 1
H-REAP ローカル認証 × N/A
メッシュ LSC サポート N/A N/A N/A
ISE 1.0 × ×
ネイバー パケットの PCI 準拠 ×
ロシア DTLS サポート N/A ×
wIPS ELM ×
WLAN ごとのクライアント制限 2 ×
クライアント除外ポリシー 2 ×

1 Yes for for clients that have assoc at connected mode
2 Limits/exclusion done by WLC so client will be deauth after a successful Assoc Resp

音声とビデオ

この表は、H-REAP を持つ WLC バージョン 7.0.116.0 でサポートされている音声サービスとビデオ サービスの新旧機能一覧です。

WAN アップ(中央スイッチング)100 ミリ秒 RTT WAN アップ(ローカル スイッチング)100 ミリ秒 RTT WAN ダウン(スタンドアロン)
音声 ○(RTT 100 ミリ秒) ○(RTT 100 ミリ秒) ○(RTT 100 ミリ秒)
QoS マーキング 2
UPSD
音声診断 ×
音声メトリック ×
TSPEC/CAC ○ – CCX 以外 ○ – CCX 3 ○ – CCX 以外 ○ – CCX 3 ×

2 - Includes both dscp/dot1p markings
3 - CAC on WLC, deauth on roaming failure

サービス

この表は、H-REAP を持つ WLC バージョン 7.0.116.0 でサポートされている新旧サービスの一覧です。

WAN アップ(中央スイッチング) WAN アップ(ローカル スイッチング) WAN ダウン(スタンドアロン)
場所 ○(BW/スケールの制限あり) ○(BW/スケールの制限あり) N/A
RRM ×
NG RRM – RF スタティック グルーピング 1 1 ×
SE 接続(Cleanair アップデート) ×2
S60 の機能拡張 ×

1 Any RRM specific requirements apply (at least 4 APs for TPC)
2 Yes for standalone after disconnecting from WLC but no for reboot

インフラストラクチャ

WAN アップ(中央スイッチング) WAN アップ(ローカル スイッチング) WAN ダウン(スタンドアロン)
パッシブ クライアント ×
syslog
CDP
クライアント リンク ×
AP Image PreDownload ×
AP 規制区域アップデート(チリ)
VLAN プーリング/マルチキャストの最適化 N/A N/A
メッシュ – 24 バックホール N/A N/A N/A
サードパーティ WGB サポート × ×
Web 認証プロキシ ×
H-REAP AP グループの増加
クライアント耐障害性 N/A N/A
PreImage ダウンロード N/A



関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112042