スイッチ : Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチ

Catalyst 3750 シリーズ スイッチの自動 SmartPort マクロの設定例

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチにおける Auto SmartPort マクロの設定例について説明します。

前提条件

要件

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチの設定に関する基本的な知識がある。

  • Auto SmartPort に関する基本的な知識がある。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Auto SmartPort マクロの概要

Auto SmartPort マクロは、ポートに接続されているデバイス タイプに基づいてスイッチ ポートを設定します。 Auto SmartPort は、イベント トリガーを使用してデバイスをマクロにマッピングします。 スイッチは、リンク ダウン イベントのポートからマクロを削除します。 たとえば、スイッチ ポートに Cisco IP Phone を接続すると、Auto SmartPort はそのポートに IP Phone マクロ(CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT)を自動的に適用します。 これにより、遅延に影響されやすい音声トラフィックを正しく処理できるように QoS(Quality Of Service)、セキュリティ機能、および専用の音声 VLAN がイネーブルになります。

Cisco Discovery Protocol(CDP)メッセージは、接続デバイスからの一般的なイベント トリガーです。 CDP、MAB、または 802.1x 認証をサポートしないデバイスでは、MAC OUI(Operationally Unique Identifier)ベースのトリガーを使用して MAC アドレス グループを設定できます。 スイッチ ポートでイネーブルになっている Auto SmartPort マクロの設定は、そのポートでリンク ダウン イベントが発生するまで安定しています。

設定

ここでは、このドキュメントで説明されている Auto SmartPort マクロ機能を設定するための情報を提供します。

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/catalyst-3750-series-switches/113338-3750-auto-smartports-01.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

Catalyst 3750 シリーズ スイッチ
Switch#configure terminal


!--- Enable Auto Smartports on the switch globally.

Switch(config)#macro auto global processing



!--- Change the voice VLAN ID parameter.

Switch(config)#macro auto device phone VOICE_VLAN=100



!--- Specify the group name for MAC address group.

Switch(config)#macro auto execute Prompt_Group


!--- Configure a list of MAC addresses.

Switch(config-addr-grp-mac)#mac-address list 0180.C200.0002 0180.C200.000B 0180.C200.0000


!--- Specify the OUI list or range.

Switch(config-addr-grp-mac)#oui list 455555 233244
Switch(config-addr-grp-mac)#oui range 333333 size 2
Switch(config-addr-grp-mac)#exit



!--- Map the MAC address-group trigger to a built-in.

Switch(config)#macro auto execute prompt_Group builtin CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT



!--- Enable macro configurations to remain on the interface on a link-down event.

Switch(config)#macro auto sticky



!--- Save the configurations in the device.

switch(config)#copy running-config startup-config
Switch(config)#exit

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

エントリを確認するには、show macro auto address-group コマンドを使用します。

Switch#show macro auto address-group
MAC Address Group Configuration:

Group Name                      OUI         MAC ADDRESS
--------------------------------------------------------------
Prompt_Group                    3333.34     0180.C200.0002
                                3333.33     0180.C200.000B
                                2332.44     0180.C200.0000
                                4555.55

CISCO_DMP_EVENT                 0023.AC
                                000F.44

さまざまなデバイスのマクロ パラメータ値を表示するには、show macro auto device command コマンドを使用します。

Switch#show macro auto device
Device:lightweight-ap
Default Macro:CISCO_LWAP_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_LWAP_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1
Current Parameters:ACCESS_VLAN=1

Device:access-point
Default Macro:CISCO_AP_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_AP_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:NATIVE_VLAN
Defaults Parameters:NATIVE_VLAN=1
Current Parameters:NATIVE_VLAN=1

Device:phone
Default Macro:CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN VOICE_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1 VOICE_VLAN=2

!--- Here you can see the changes happen in the voice 
!--- VLAN ID's default parameter for IP phones.

Current Parameters:VOICE_VLAN=100

Device:router
Default Macro:CISCO_ROUTER_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_ROUTER_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:NATIVE_VLAN
Defaults Parameters:NATIVE_VLAN=1
Current Parameters:NATIVE_VLAN=1

Device:switch
Default Macro:CISCO_SWITCH_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_SWITCH_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:NATIVE_VLAN
Defaults Parameters:NATIVE_VLAN=1
Current Parameters:NATIVE_VLAN=1

Device:ip-camera
Default Macro:CISCO_IP_CAMERA_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:CISCO_IP_CAMERA_AUTO_SMARTPORT
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1
Current Parameters:ACCESS_VLAN=1

Device:media-player
Default Macro:CISCO_DMP_AUTO_SMARTPORT
Current Macro:anonymous
Configurable Parameters:ACCESS_VLAN
Defaults Parameters:ACCESS_VLAN=1
Current Parameters:No Parameters

適用されたコマンドとマクロ名を表示するには、show running-config | include macro コマンドを使用します。

Switch#show running-config | include macro
macro auto execute CISCO_DMP_EVENT  {
macro auto execute Prompt_Group builtin CISCO_PHONE_AUTO_SMARTPORT
macro auto sticky
macro auto mac-address-group Prompt_Group
macro auto device phone VOICE_VLAN=100
macro auto global processing
 macro description CISCO_SWITCH_EVENT
 macro description CISCO_SWITCH_EVENT
 macro description CISCO_SWITCH_EVENT

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113338