コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Management Portal

デュアル サイドの Unified CCMP のアップグレード

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、デュアル サイドで 2 層の Unified CCMP システムのアップグレード手順について説明します。 この資料に説明があるアップグレード プロセスは設定されているアップグレードです。 これはソフトウェアがアップグレードの後に同じサーバに残ることを意味します。 この資料は統一された依存したソフトウェア バージョンが変更されなかった CCMP メンテナンスリリース、サービス リリースの有無およびアップグレードの配備のために適しています(たとえば、OS および SQL サーバ)。

前提条件

要件

この資料は統一されたコンタクトセンター 企業(統一された CCE)およびホストされた統一された CCE システムアーキテクチャのナレッジのシステム アドミニストレータのために意図されています。 Microsoft SQL Server データベース管理エクスペリエンスはまた有用です。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

分散アーキテクチャ

統一された CCMP は二重味方されたシステムのための分散アーキテクチャを用います。

ダウンタイムの最低量を確認するとプラットフォームをアップグレードした場合設計およびアーキテクチャは実現します考慮する必要があり、データ損失は負われません。

弾性はプライマリ側と同じコンポーネントが含まれているシステムの 2番目 の サイドの使用によって実現します:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-contact-center-management-portal/113323-upgrade-ds-ccmp-01.gif

SQL サーバ 複製が Side A から Side B および Side B Side A ににデータを複製するのに使用されています。

ユーザー CCMP コンポーネントのためのフェールオーバー 情報は Side A および B でデータベースで保存され、また SQL サーバ 複製によって複製されます。 これは複製が取除かれた時でさえ両側に CCMP コンフィギュレーション管理ツールを通して作成されるプライマリおよびセカンダリサーバ 設定のナレッジがあることを意味します。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-contact-center-management-portal/113323-upgrade-ds-ccmp-02.gif

従って、複製されたシステムが一方一度にアップグレードされるとき CCMP の個々のコンポーネントが他のアップグレードされていない側にフェールオーバーすることは可能性のあるです。 これはデータ不整合という結果にデータが Side A に入力されるおよび Side B に双方を同期するために動作する複製無しでいくつか終りますように。

この資料はすべてのコンポーネントがすぐにアップデートされる、および稼働時間を最大化することを向ける進歩する前にアップグレードされた側をテストするために提供しますメカニズムを詳述しますより多くの複雑 な プロセス設定されているアップグレードに二重味方されたシステムをアップグレードするための 2 つのプロセスを提供し、単純なプロセスを。

アップグレード手順

この資料は以降のバージョンに二重味方された、二重統一された CCMP システムのアップグレードのためのプロシージャを記述したものです。 資料はアップグレードされた統一された CCMP 8.5(1) である統一された CCMP 8.0(1) システムのアップグレードに基づいています。 ただし、同じプロセスおよび手順は統一された CCMP、またメンテナンスリリースおよびサービス リリースの有無配備の前のバージョンに適用することができます。

注: CCMP 8.5(2) またはそれ以降へのアップグレードはオペレーティング システムのアップグレードを必要とします。 このプロシージャは関連するバージョンのためのインストレーションガイドで詳しくカバーされます。 このドキュメントはコンテンツを補うことができます。 ただしインストール マニュアルに説明があるプロシージャが実行されたことが、推奨されます。

既存のシステムのための統一された CCMP コンポーネント レイアウトが次の通りであることが仮定されます:

B サイド
Web/アプリケ− ションサーバ A Web/アプリケ− ションサーバ B
統一された CCMP Webアプリケーションによって統一される CCMP アプリケ− ションサーバ 統一された CCMP Webアプリケーションによって統一される CCMP アプリケ− ションサーバ
データベースサーバ A データベースサーバ B
統一された CCMP データベースによって統一された CCMP データのインポート サーバは統一しました CCMP 供給サーバ(7.5.x のない提供)を 統一された CCMP データベースによって統一された CCMP データのインポート サーバは統一しました CCMP 供給サーバ(7.5.x のない提供)を

この資料に説明があるプロセスは設定されているアップグレードです。 これはソフトウェアがアップグレードの後に同じサーバに残ることを意味します。

二重味方されたシステム タクシーの設定されているアップグレードは 2 つの方法実行された:

  • 総停止—これは新しい バージョンと全体の CCMP インストールをすぐにアンインストールし、完全なシステムをアップグレードし、次に完全なサービスを復元する含みます。 2 つの非レプリケート システムを隣り合わせに実行することの追加複雑な状況なしでシステムをアップデートするために簡単な手段(方法)を提供すると同時にこのアプローチを可能な限り利用するために推奨します。

  • 分割された側面は最小ダウンタイムおよび方法を反対側に移行する前にシステムの一方でアップグレードし、テストするために upgrade — アップグレードのこのメカニズム 顧客に与えます。 このアプローチは絶対に必要な場合利用しない必要があります、システムが後日再複製されるときしか複雑なアップグレード プロセスを含み、データ損失の可能性を高めます。

総停止 アップグレード

外観およびチェックリスト

次のチェックリストはすべてのサーバがすぐにアップグレードされるアップグレードを行うために手順を記述します。 それがアップグレードによって進行状況をトラッキングするのに使用することができ、ステップを確認しないために抜けています。

注: アップグレードを続行する前にアップグレードの間に複数のポイントでそれを必要とするので持っていますオリジナル CCMP インストールの間に入るオリジナル cryptographical パスフレーズを確認して下さい。

ステップ Complete
設定されている統一された CCMP サーバを準備して下さい  
統一された CCMP サーバのすべての統一された CCMP サービスを停止して下さい。  
統一された CCMP コンフィギュレーション管理ツールを使用して Side A および Side B 門脈データベースの間で複製を取除いて下さい。 最初に次にレポート サービス データベース複製および CCMP データベース複製を取除いて下さい。  
Side A および Side B ポータル データベースをバックアップして下さい。  
Side A およびサービスにレポートサーバーおよび ReportServerTempDB データベースを報告する Side B SQL サーバをバックアップして下さい。  
統一された CCMP ソフトウェアの存在をアンインストールして下さい  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: 両方のデータベースサーバのデータのインポート サーバ。  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: 両方のデータベースサーバの供給サーバ。  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: 両方のデータベースサーバのデータベース インストーラ。  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: 両方のアプリケ− ションサーバ Web/アプリケ− ションサーバ。  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: 両方の Webアプリケーション Web/アプリケ− ションサーバ。  
門脈データベースをアップグレードして下さい  
新しいインストールメディアから新しい CCMP をインストールして下さい: 両方のデータベースサーバのデータベース インストーラ。  
統一された CCMP データベース インストール ツールを使用して Side A データベースサーバの門脈データベースをアップグレードして下さい。  
統一された CCMP データベース インストール ツールを使用して Side B データベースサーバの門脈データベースをアップグレードして下さい。  
残りの統一された CCMP コンポーネントをインストールして下さい:  
ステップ  
新しいインストールメディアから新しい CCMP をインストールして下さい: 両方のデータベースサーバのデータのインポート サーバ。  
新しいインストールメディアから両方のデータベースサーバで新しい CCMP 供給サーバをインストールして下さい。  
新しいインストールメディアから両方で新しい CCMP アプリケ− ションサーバを Web/アプリケ− ションサーバ インストールして下さい。  
新しいインストールメディアから両方で新しい CCMP Webアプリケーションを Web/アプリケ− ションサーバ インストールして下さい。  
複製の初期設定をやり直して下さい:  
Side A データベースサーバの統一された CCMP コンフィギュレーション管理ツールおよび Side B データベースサーバの SQL レプリケーション モニター ツールを使用して Side A および Side B データベース間の複製を再インスタンス化 して下さい。  
サービスがすべてのデータベースおよび Web/アプリケ− ションサーバを始められたすべての統一された CCMP Windows を確認して下さい。  

設定されている統一された CCMP サーバを準備して下さい

統一された CCMP サービスの停止

アップグレードを開始する前に統一された CCMP サービスはすべてのサーバで停止する必要があります。

統一された CCMP を停止するため: データのインポート サーバサービスは、次の通り続行します:

  1. Side A データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Services ウィンドウは表示する。

  3. UCCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからのデータのインポート サーバサービス

  4. Stop を選択します。

  5. [Services] ウィンドウを閉じます。

  6. Side B データベースサーバのこのプロセスを繰り返して下さい。

統一された CCMP を停止するため: パーティション表マネージャ サービスは、次の通り続行します:

  1. Side A データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Services ウィンドウは表示する。

  3. UCCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからの表マネージャ サービスの配分

  4. Stop を選択します。

  5. [Services] ウィンドウを閉じます。

  6. Side B データベースサーバのこのプロセスを繰り返して下さい。

統一された CCMP を停止するため: 供給サーバ サービスは、次の通り続行します:

  1. Side A データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Services ウィンドウは表示する。

  3. UCCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからの供給サーバ サービス。

  4. Stop を選択します。

  5. [Services] ウィンドウを閉じます。

  6. Side B データベースサーバのこのプロセスを繰り返して下さい。

統一された CCMP を停止するため: システム モニタリングはサービスを、統一された CCMP 保守します: アプリケーション調査業務は CCMP を保守し、統一しました: 報告してサービスは次の通り保守しましたり、続行します:

  1. Side A Web/アプリケ− ションサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Services ウィンドウは表示する。

  3. 統一された CCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからの監視サービス サービス。

  4. Stop を選択します。

  5. UCCMP 時とプロンプト表示された場合: システム モニタリングはまた停止を、これらのその他のサービス停止します保守します。 これらのサービスを停止したいと思いますか。 [Yes] をクリックします。

  6. [Services] ウィンドウを閉じます。

  7. Side B Web/アプリケ− ションサーバのこのプロセスを繰り返して下さい。

Unreplicating レポート サーバおよび CCMP ポータル データベース

レポート サーバおよび CCMP ポータル データベースから複製を取除くために次の手順に従って下さい。

  1. ログオンされます両方のデータベースサーバ上の管理権限のドメイン レベル ユーザとして Side A データベースサーバに確認して下さい。

  2. ウィンドウズ の デスクトップで、> 管理ポータル > 『Start > Programs』 をクリック し、設定管理アプリケーションをクリックして下さい。

  3. ログインするために『OK』 をクリック して下さい。

  4. UCCMP サーバをクリックして下さい。

  5. レポート サーバー データベース タブをクリックして下さい。

  6. 複製をクリックして下さい。

  7. Unreplicate をクリックして下さい。

  8. 『Execute』 をクリック して下さい。

  9. 複製を取除くためにプロンプト表示された場合『Yes』 をクリック して下さい。

    注: 複製を取除くことは時間がかかるかもしれません。

  10. 完全、『Close』 をクリック して下さい。

  11. [OK] をクリックします。

  12. UCCMP Database タブを選択して下さい。

  13. 複製をクリックして下さい。

  14. Unreplicate をクリックして下さい。

  15. 『Execute』 をクリック して下さい。

  16. 複製を取除くためにプロンプト表示された場合『Yes』 をクリック して下さい。

    注: 複製を取除くことは時間がかかるかもしれません。

  17. 完全、『Close』 をクリック して下さい。

  18. [OK] をクリックします。

  19. [Close] をクリックします。

  20. コンフィギュレーションマネージャを終了して下さい。

複製が正常にそれから取除かれたらコンフィギュレーションマネージャを閉じ、CCMP ポータルおよびレポート サーバー データベースをバックアップすることを続行することができます。

CCMP ポータルおよびレポート サーバー データベースのバックアップ

失敗の場合にそれらを復元することができるように CCMP ポータルおよびレポート サービス データベースをバックアップして下さい。

  1. Side A データベースサーバで、2005 年を > SQL サーバ 管理スタジオ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順にクリック して下さい。

  2. Windows 認証を使用してデータベース エンジンに接続して下さい。

  3. 門脈データベースへのナビゲート。

  4. 門脈右クリックはタスク > バックアップを選択し。

  5. 宛先を適切として取除を使用して改め、機能を追加して下さい。

  6. [OK] をクリックします。

  7. Side B データベースサーバの CCMP 門脈データベースのためのこのプロセスを繰り返して下さい。

同じように、Side A および Side B データベースサーバのレポート サーバー データベースをバックアップして下さい:

  1. Webサーバでコマンド services.msc を Start > Run の順に選択 し、実行して下さい

  2. サービスにサービスを報告する SQL サーバを停止して下さい。

  3. Side A データベースサーバで、2005 年を > SQL サーバ 管理スタジオ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順にクリック して下さい。

  4. Windows 認証を使用してローカルデータベース エンジンに接続して下さい。

  5. レポートサーバー データベースへのナビゲート。

  6. 右クリック レポートサーバーはタスク > バックアップを選択し。

  7. 宛先を適切として取除を使用して改め、機能を追加して下さい。

  8. [OK] をクリックします。

  9. ReportServerTempDB データベースへのナビゲート。

  10. 右クリック ReportServerTempDB はタスク > バックアップを選択し。

  11. 宛先を適切として取除を使用して改め、機能を追加して下さい。

  12. [OK] をクリックします。

  13. Side B データベースサーバのレポート サービス データベースのためのこのプロセスを繰り返して下さい。

統一された CCMP ソフトウェアの存在をアンインストールして下さい

データのインポート サーバコンポーネントのアンインストール

このプロセスはデータのインポート サーバコンポーネントを取除きます。

  1. Side A データベースサーバで、> Start > Settings > Control Panel の順にクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: データのインポート サーバ

  4. 『Remove』 をクリック して下さい。 ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: データのインポート サーバ。

  5. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

  6. Side B データベースサーバのこのプロセスを繰り返して下さい。

供給サーバ コンポーネントのアンインストール

このプロセスは供給サーバ コンポーネントを取除きます。

  1. Side A データベースサーバで、> Start > Settings > Control Panel の順にクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: 供給サーバ

  4. 『Remove』 をクリック して下さい。 ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: 供給サーバ。

  5. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

  6. 手動でこのフォルダを削除して下さい: C:\Program Files\Management ポータル\供給サーバ\構成存在 するそれ。

  7. Side B データベースサーバのこのプロセスを繰り返して下さい。

データベース インストーラ コンポーネントのアンインストール

このプロセスはデータベース インストーラ コンポーネントを取除きます。 データベース カタログを維持するのに使用されているこれはツールです。 このツールをアンインストールすることは(プロセスのアップグレードされた以降である) CCMP 門脈データベース取除きません。

  1. Side A データベースサーバで、> Start > Settings > Control Panel の順にクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: データベース インストール ツール

  4. 取除オプションをクリックし、確認して下さい。

  5. Side B データベースサーバのこのプロセスを繰り返して下さい。

アプリケ− ションサーバ コンポーネントのアンインストール

このプロセスはアプリケ− ションサーバ コンポーネントを取除きます。

  1. Side A Web/アプリケ− ションサーバで、> Start > Settings > Control Panel の順にクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: アプリケ− ションサーバ

  4. 取除オプションをクリックして下さい。 ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: アプリケ− ションサーバ。

  5. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

  6. Side B Web/アプリケ− ションサーバのこのプロセスを繰り返して下さい。

Webアプリケーション コンポーネントのアンインストール

このプロセスは Webアプリケーション コンポーネントを取除きます。

  1. Side A Web/アプリケ− ションサーバで、> Start > Settings > Control Panel の順にクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: Webアプリケーション

  4. 取除オプションをクリックして下さい。ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: Webアプリケーション。

  5. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

  6. Side B Web/アプリケ− ションサーバのこのプロセスを繰り返して下さい。

CCMP ポータル データベースをアップグレードして下さい

データベースアップグレードを行うのにアップグレードする前に新しいデータベース インストール ツールがこれインストールする必要があるデータベースがそれから使用されます。

データベース インストーラのインストール手順

統一された CCMP データベース インストーラをインストールするために、次のステップを実行して下さい。

  1. Side A データベースサーバで統一された CCMP インストールメディアを挿入して下さい。 インストーラは自動的に起動する必要があります。 それが場合、Windowsエクスプローラのインストール用CD を参照し、autorun.hta をダブルクリックするため

  2. データベースサーバ タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。 各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。

  3. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に、使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  4. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    パスフレーズ—第 1 CCMP をインストールしたときにデータベースサーバ コンポーネントのインストールの間に作成した cryptographical パスフレーズを入力して下さい。 新しいパスフレーズのインストールを続ける場合、既存のデータにアクセスすることができません

    確認して下さいパスフレーズ—このフィールド の コンテンツ が上で入るパスフレーズと同一になるまで続けることができません。

  5. 宛先 フォルダ ウィンドウで、位置を検討して下さい。 必要ならば、データベースサーバ コンポーネントにインストールされてほしい位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。

  6. [Install] をクリックします。

注: このプロセスは新しいデータベースをインストールしませんでした。 それはデータベースを設定するのに使用されているデータベース インストール ツールをインストールしました。

起動管理ポータルことをデータベースを今アップグレードするために、確認して下さい: データベース インストール ツール チェックボックスは『Finish』 をクリック する前にチェックされます。

起動管理ポータルをチェックしたら: データベース コンポーネントをインストールした後データベース インストール ツール チェックボックス、データベース インストール ツールは自動的に起動します。 また Start > Programs > 管理ポータル > データベース > データベース インストーラからデータベース インストール ツールを手動で起動できます。

ウィザードはデータベースのアップグレードのプロセスによってガイドします。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。 次の詳細を入力して下さい:

  1. SQL サーバ接続 Details ウィンドウでは:

    • サーバ名—統一された CCMP データベースがインストールする必要がある Microsoft SQL Server を選択して下さい。 この場合これはアプリケーションを実行するマシンであり従ってデフォルト(ローカル)として残す必要があります。

    • データベース名—統一された CCMP のために最初に使用したデータベース カタログの名前を入力するか、または選択して下さい。

    • 接続応答を使用して—加えたいと思うログイン資格情報のオプション ボタンを選択して下さい:

      • コンピュータにログインに使用する Windows アカウント情報。 これは推奨されるオプションです。

      • システム アドミニストレータが割り当てる Microsoft SQL Server ログオン情報。 異なるドメインのデータベース カタログを使用している場合その時だけこのオプションを選択して下さい。 このオプションに関しては提供されるフィールドでログインネームおよびパスワードを入力して下さい。

    • テスト接続— Microsoft SQL Server への接続が確立されることを確かめて下さい。 メッセージ接続は成功しましたが、データベースはではないですこの時点で修正挙動ありません。 続行する前にこれを調整することを確かめて下さい。

    • [OK] をクリックして、次に進みます。

  2. 選り抜きでウィンドウを行う処理は既存のデータベースを『Upgrade』 を選択 し、『Next』 をクリック します。

  3. 暗号化されたパッケージ オプションを選択し、『Next』 をクリック して下さい。

  4. の隣で行いますアップグレードをクリックして下さい。

  5. データベースサーバ コンポーネントを Side B データベースサーバでインストールし、システムのその側でデータベースアップグレードを行うためにステップ 1 からの同じプロセスを繰り返して下さい。

残りの統一された CCMP コンポーネントをインストールして下さい

次のステップは両側 A および Side B の関連したサーバで実行する必要があります。

データのインポート サーバコンポーネント インストール

統一された CCMP データのインポート サーバコンポーネントをインストールするために、データのインポート サーバコンポーネント タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを… 『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。 次の詳細を入力する必要があります:

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  2. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ— cryptographical パスフレーズを入力して下さい CCMP が最初にインストールされたときに使用された。

    • 確認して下さいパスフレーズ—このフィールド の コンテンツ が上で入るパスフレーズと同一になるまで続くことができません。

  3. 設定 Database ウィンドウでは:

    • SQL サーバ—データベースが常駐するサーバとして localhost のデフォルト値を受け入れて下さい。

    • カタログはデータベース コンポーネントのインストール時に定義されるように name — データベースの名前を入力します。 デフォルトは門脈です。

    • Windows 認証を使用して『Connect』 を選択 して下さい。 Microsoft SQL Server 認証はこのリリースでサポートされない別のネットワークのデータベースサーバに接続するときだけだけ使用されます。

  4. 完了しますまたはカスタム セットアップ型選択して下さい。 カスタム セットアップはデータのインポート サーバコンポーネントが異なる宛先 フォルダにインストールされるようにします。 よくある宛先 フォルダのすべてのコンポーネントを維持するのに完全なセットアップをこれです推奨されるオプション使用して下さい。

  5. 宛先 フォルダ ウィンドウで、データのインポート サーバコンポーネントがインストールする位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。 同じ位置にすべての門脈コンポーネントをインストールすることは必要ではないです。

  6. セッション ファイル フォルダー ウィンドウで、一時インポーター ファイルが保存される位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。 これらのためのデフォルト ディレクトリは前の手順で規定 される 宛先 フォルダに基づいています。

  7. [Install] をクリックします。

  8. インストールが完了するとき、『Finish』 をクリック して下さい。

  9. インストーラ ウィンドウを閉じて下さい。

データのインポート サーバコンポーネントのインストールは現在完了しました。

供給サーバ コンポーネント の インストール

統一された CCMP プロビジョニング コンポーネントをインストールするために、供給サーバ Component タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  2. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ— CCMP が最初にインストールされたときに入る cryptographical パスフレーズを入力して下さい。

    • 確認して下さいパスフレーズ—パスフレーズを再入力して下さい。

  3. 設定 Database ウィンドウでは:

    • SQL サーバ—現在のマシンのためのデフォルトをの(ローカル)受け入れて下さい。

    • 統一された CCMP データベースの名前を name —カタログして下さい。 デフォルトでこれは門脈です。

    • 接続応答を使用して—加えたいと思うログイン資格情報のオプション ボタンを選択して下さい:

      • Windows 認証

      • SQL サーバ 認証。 異なるドメインのデータベース カタログを使用している場合その時だけこのオプションを選択して下さい。 このオプションに関しては提供されるフィールドで Microsoft SQL Server ログインネームおよびパスワードを入力して下さい。

  4. 宛先 フォルダ ウィンドウで、供給サーバ コンポーネントがインストールされている位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。 同じ位置にすべての統一された CCMP コンポーネントをインストールすることは必要ではないです。

  5. [Install] をクリックします。

  6. インストールが完了するとき、『Finish』 をクリック して下さい。

供給サーバ コンポーネントのインストールは現在完了しました。

アプリケ− ションサーバ コンポーネント の インストール

統一された CCMP アプリケ− ションサーバ コンポーネントをインストールするために、アプリケ− ションサーバ Component タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に、使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  2. 宛先 フォルダ ウィンドウで、フォルダを受け入れるか、またはアプリケ− ションサーバ コンポーネントのための位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。

  3. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ—最初に統一された CCMP をインストールした場合選択される Cryptographical パスフレーズを入力して下さい。

    • 確認して下さいパスフレーズ—このフィールド の コンテンツ が上で入るパスフレーズと同一になるまで続くことができません。

      注意 注意: 最初に使用されたと同じ cryptographical パスフレーズを使用して下さい。 オリジナル パスフレーズを知らない場合、すぐにインストールを終え、サポート プロバイダーに問い合わせて下さい。 新しいパスフレーズのインストールを続ける場合、既存のデータにアクセスすることができません。

  4. クラスタ設定 データベース接続 ウィンドウでは:

    • SQL サーバ—この側のための門脈データベースが見つけられるサーバの名前を入力して下さい。

    • カタログはデータベース コンポーネント インストールで選択されるように name — データベースの名前を、入力します。 デフォルトでこれは門脈です。

    • 推奨しま接続することを Windows 認証を使用します。 データベースサーバが別のネットワークにある場合、SQL サーバ 認証を『Microsoft』 を選択 し、提供されるフィールドで適切なログインID およびパスワードを入力して下さい。

  5. [Install] をクリックします。 インストールの間に、コマンド ウィンドウはインストーラがサービスを報告することを設定する間、表示されます。 これらのコマンド ウィンドウは独自で閉じ、あなたからのアクションを必要としません。

  6. インストールが完了したら、『Finish』 をクリック して下さい。

アプリケ− ションサーバ インストールは現在完了しました。

Webサーバ コンポーネント の インストール

統一された CCMP Webサーバ コンポーネントをインストールするために、Webサーバ Component タブを選択して下さい、前提条件があるように確認し、『Install』 をクリック するためにテストを『Run』 をクリック して下さい。

各ステップを次々と通過して下さい。

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意し従って受け入れる前にそれを完全に読んで下さい。

  2. [Install] をクリックします。 インストールの間に、コマンド ウィンドウはインストーラが Microsoft IIS を設定する間、表示されるかもしれません。 これらのコマンド ウィンドウは独自で閉じ、あなたからのアクションを必要としません。

  3. インストールが完了するとき、『Finish』 をクリック して下さい。

Webサーバ コンポーネントのインストールは現在完了しました。

複製の初期設定をやり直して下さい

CCMP データベース複製を再インスタンス化 すること

複製を再インスタンス化 するために次のステップを実行して下さい。

  1. ログオンされます両方のデータベースサーバ上の管理権限のドメイン レベル ユーザとして Side A データベースサーバに確認して下さい。

  2. ウィンドウズ の デスクトップで、> 管理ポータル > 『Start > Programs』 をクリック し、設定管理アプリケーションをクリックして下さい。

  3. ログインするために『OK』 をクリック して下さい。

  4. UCCMP サーバをクリックして下さい。

  5. UCCMP Database タブをクリックして下さい。

  6. 複製をクリックして下さい。 UCCMP データベース複製 コンフィギュレーションウィンドウはすべての選択されたサーバ 詳細を開き、表示する。 修正を必要ならばこの段階で行って下さい。

  7. 変更を保存することを頼まれた場合レプリケートを(『Yes』 をクリック して下さい)クリックし、確認して下さい。 これは複製のための進行状況ステータスを表示する作業実行ウィンドウを開きます。

  8. レプリケーション構成プロセスを『Execute』 をクリック し始めるため。 複製を確認することを頼まれた場合『Yes』 をクリック して下さい。 複製の設定が完了した後『Close』 をクリック して下さい。

  9. UCCMP データベース複製 コンフィギュレーションウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

  10. の近くで閉じます UCCMP コンフィギュレーションウィンドウをクリックして下さい。

  11. コンフィギュレーションマネージャを終了して下さい。

  12. Side B データベースサーバで、2005 年を > SQL サーバ 管理スタジオ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順にクリック して下さい。

  13. Windows 認証を使用してローカルデータベース エンジンに接続して下さい。

  14. 複製 フォルダを右クリックしそして起動レプリケーション モニターをクリックして下さい。 レプリケーション モニター ディスプレイ。

  15. パブリッシャを拡張して下さい。 Side A データベースサーバ パブリッシャが示されていなければそれは追加する必要があります:

    • パブリッシャ > Add パブリッシャを右クリックして下さい。 追加パブリッシャ ダイアログボックス ディスプレイ。

    • > Add SQL サーバ パブリッシャを『Add』 をクリック して下さい。

      • サーバ名— Side A (パブリッシャ)サーバの名前を入力して下さい。

      • 認証—サーバに接続するために認証 詳細を入力して下さい。

  16. [Connect] をクリックします。 ディストリビューター位置についての通知 メッセージが表示する場合、ディストリビューターに接続詳細を『OK』 をクリック し、提供して下さい。

  17. 監視されたパブリッシャのリストにパブリッシャを追加するために『OK』 をクリック して下さい。

  18. パブリッシャの下にリストされているスナップショットにナビゲート して下さい。 問い合わせられる 2 つのスナップショット・ディスプレイ:

    • [ポータル]ベース

    • [ポータル] NonQueued

  19. 基礎出版物スナップショットをクリックし、次に警告および Agents タブをクリックして下さい。

  20. エージェントのスナップショットエージェントを右クリックすればジョブはリストし、『Start Agent』 をクリック します。 完了されるに変更するためにステータスを待って下さい。 これは数分かかるかもしれません。

  21. 非並べられたスナップショット用のステップ 19 および 20 を繰り返して下さい。

  22. レプリケーション モニターおよび密接な SQL サーバ 管理スタジオを終了して下さい。

統一された CCMP データベース複製 セットアップは現在完了しました。

レポート サーバー データベース複製

  1. ログオンされます両方のデータベースサーバ上の管理権限のドメイン レベル ユーザとして Side A データベースサーバに確認して下さい。

  2. ウィンドウズ の デスクトップで、> 管理ポータル > 『Start > Programs』 をクリック し、設定管理アプリケーションをクリックして下さい。

  3. ログインするために『OK』 をクリック して下さい。

  4. UCCMP サーバをクリックして下さい。

  5. レポート サーバー データベース タブをクリックして下さい。

  6. コンフィギュレーションマネージャのレポート サーバー データベース タブの複製をクリックして下さい。 レポート サーバデータベース 複製 コンフィギュレーションウィンドウは表示されます。

  7. レプリケートをクリックして下さい; 保留中の変更を保存することを頼まれた場合『Yes』 をクリック して下さい。

  8. レプリケーション構成プロセスを『Execute』 をクリック し始めるため。

  9. 複製を設定する前にパブリッシャからのレポート サーバ 暗号化キーのバックアップを奪取 するように頼まれます。

    データベースが以前に複製されたのでこれがこの場合必要となりません。

  10. 複製が正常なとき、言うレポート サーバデータベース 複製 マネージャウィンドウのメッセージがパブリッシャ レポート サーバから Subscriber レポート サーバに暗号化キーを復元する必要があることを見ます。

  11. [Close] をクリックします。

  12. レポート サーバデータベース 複製 コンフィギュレーションウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

  13. の近くで閉じます UCCMP コンフィギュレーションウィンドウをクリックして下さい。

  14. コンフィギュレーションマネージャを終了して下さい。

統一された CCMP サービスの開始

統一された CCMP Windows サービスが統一された CCMP サーバで実行されていることを確認して下さい。

サービスが実行されていることを確認するため:

  1. [Start]、[Run] の順にクリックします。

  2. Services.msc を入力し、次に『OK』 をクリック して下さい

  3. サービスをあります開始された状態に確認して下さい。 サービスが開始しない場合、サービス名を右クリックし、『Start』 をクリック して下さい。

次のサービスは Web/アプリケ− ションサーバで動作する必要があります

  • UCCMP: システム モニタリング サービス

  • UCCMP: スケジューリング サービス

  • UCCMP: サービスの報告

  • UCCMP: アプリケーション調査業務

次のサービスはデータベースサーバで動作する必要があります:

  • UCCMP: データのインポート サーバ

  • UCCMP: パーティション表マネージャ

  • UCCMP: 供給サーバ

すべてのサービスが実行されているとき統一された CCMP は使用可能です。

注: ちょうど Webサーバのシステム モニタリング サービスおよびアプリケーションサービスを開始する場合、完全にロードすることをサービスを許可するログオンする前に数分間待つ必要があります。

分割された側面アップグレード

概要

このセクションは二重味方されたシステムを分割し、システムのソフトウェアの 2 つの異なるバージョンを隣り合わせにどちら側でも実行するために実行されたべきプロシージャを記述します。

この設定はシステムの代替側に複製および通信 チャネルを壊れるべき必要とします従って各側は単一味方されたシステムとして独自に動作するかもしれません。

この動作モードは慎重に使用する必要があります。 Side B に保存された CCE および CCM 変更が Side A に AW からインポートされる間、複製が復元する後でさえも、どの CCMP 特定の設定でも Side A に Side B で(たとえば、フォルダ、ユーザ、セキュリティ等)追加される反映されません変更されるか、または削除しました。

複製が復元する場合システムの A側からの設定はシステムの B側のすべての設定を取り替えます。

注: アップグレードを続行する前にアップグレードの間に複数のポイントでそれを必要とするので持っていますオリジナル CCMP インストールの間に入るオリジナル cryptographical パスフレーズを確認して下さい。

二重味方されたシステムを分割し、Side-A をアップグレードするステップ

ステップ Complete
設定されている統一された CCMP サーバを準備して下さい  
A側によって統一される CCMP サーバのすべての統一された CCMP サービスを停止して下さい。  
統一された CCMP コンフィギュレーション管理ツールを使用して Side A および Side B 門脈データベースの間で複製を取除いて下さい。 最初に次にレポート サービス データベース複製および CCMP データベース複製を取除いて下さい。  
Side A および Side B ポータル データベースをバックアップして下さい。  
Side A およびサービスにレポートサーバーおよび ReportServerTempDB データベースを報告する Side B SQL サーバをバックアップして下さい。  
Side A の統一された CCMP ソフトウェアの存在をアンインストールして下さい  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: Side A データベースサーバのデータのインポート サーバ。  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: Side A データベースサーバの供給サーバ。  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: Side A データベースサーバのデータベース インストーラ。  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: Side A Web/アプリケ− ションサーバのアプリケ− ションサーバ。  
追加/除去 プログラムを使用する CCMP を取除いて下さい: Side A Web/アプリケ− ションサーバの Webアプリケーション。  
門脈データベースをアップグレードして下さい  
新しいインストールメディアから新しい CCMP をインストールして下さい: Side A データベースサーバのデータベース インストーラ。  
統一された CCMP データベース インストール ツールを使用して Side A データベースサーバの門脈データベースをアップグレードして下さい。  
残りの統一された CCMP コンポーネントをインストールして下さい:  
新しいインストールメディアから新しい CCMP をインストールして下さい: Side A データベースサーバのデータのインポート サーバ。  
新しいインストールメディアから Side A データベースサーバで新しい CCMP 供給サーバをインストールして下さい。  
新しいインストールメディアから Side A Web/アプリケ− ションサーバで新しい CCMP アプリケ− ションサーバをインストールして下さい。  
新しいインストールメディアから Side A Web/アプリケ− ションサーバで新しい CCMP Webアプリケーションをインストールして下さい。  
確定する 設定:  
それ自身に戻って代替側面を指すために A および B サイド サーバにホストファイル エントリを追加して下さい。  
データのインポート サーバおよび供給サーバをつけるために B側の DB をアップデートして下さい。  
サービスがすべてのデータベースおよび Web/アプリケ− ションサーバを始められたすべての統一された CCMP Windows を確認して下さい。  

設定されている統一された CCMP サーバを準備して下さい

統一された CCMP サービスの停止

アップグレードを開始する前に統一された CCMP サービスはすべてのサーバで停止する必要があります。

統一された CCMP を停止するため: データのインポート サーバサービスは、次の通り続行します:

  1. Side A データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Services ウィンドウは表示する。

  3. UCCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからのデータのインポート サーバサービス

  4. Stop を選択します。

  5. [Services] ウィンドウを閉じます。

統一された CCMP を停止するため: パーティション表マネージャ サービスは、次の通り続行します:

  1. Side A データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Services ウィンドウは表示する。

  3. UCCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからの表マネージャ サービスの配分

  4. Stop を選択します。

  5. [Services] ウィンドウを閉じます。

統一された CCMP を停止するため: 供給サーバ サービスは、次の通り続行します:

  1. Side A データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Services ウィンドウは表示する。

  3. UCCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからの供給サーバ サービス。

  4. Stop を選択します。

  5. Services ウィンドウを閉じて下さい

統一された CCMP を停止するため: システム モニタリングはサービスを、統一された CCMP 保守します: アプリケーション調査業務は CCMP を保守し、統一しました: 報告してサービスは次の通り保守しましたり、続行します:

  1. Side A Web/アプリケ− ションサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Services ウィンドウは表示する。

  3. 統一された CCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからの監視サービス サービス。

  4. Stop を選択します。

  5. UCCMP 時とプロンプト表示された場合: システム モニタリングはまた停止を、これらのその他のサービス停止します保守します。 これらのサービスを停止したいと思いますか。 [Yes] をクリックします。

  6. [Services] ウィンドウを閉じます。

Unreplicating レポート サーバおよび CCMP データベース

レポート サーバおよび CCMP ポータル データベースから複製を取除くために次の手順に従って下さい。

  1. ログオンされます両方のデータベースサーバ上の管理権限のドメイン レベル ユーザとして Side A データベースサーバに確認して下さい。

  2. ウィンドウズ の デスクトップで、> 管理ポータル > 『Start > Programs』 をクリック し、設定管理アプリケーションをクリックして下さい。

  3. ログインするために『OK』 をクリック して下さい。

  4. UCCMP サーバをクリックして下さい。

  5. レポート サーバー データベース タブをクリックして下さい。

  6. 複製をクリックして下さい。

  7. Unreplicate をクリックして下さい。

  8. 『Execute』 をクリック して下さい。

  9. 複製を取除くためにプロンプト表示された場合『Yes』 をクリック して下さい。

    注: 複製を取除くことは時間がかかるかもしれません。

  10. 完全、『Close』 をクリック して下さい。

  11. [OK] をクリックします。

  12. UCCMP Database タブを選択して下さい。

  13. 複製をクリックして下さい。

  14. Unreplicate をクリックして下さい。

  15. 『Execute』 をクリック して下さい。

  16. 複製を取除くためにプロンプト表示された場合『Yes』 をクリック して下さい。

    注: 複製を取除くことは時間がかかるかもしれません。

  17. 完全、『Close』 をクリック して下さい。

  18. [OK] をクリックします。

  19. [Close] をクリックします。

  20. コンフィギュレーションマネージャを終了して下さい。

複製が正常にそれから取除かれたらコンフィギュレーションマネージャを閉じ、CCMP ポータルおよびレポート サーバー データベースをバックアップすることを続行することができます。

ポータルおよびレポートサーバー データベースのバックアップ

失敗の場合にそれらを復元することができるようにポータルおよびレポート サーバー データベースをバックアップして下さい。

  1. Side A データベースサーバで、2005 年を > SQL サーバ 管理スタジオ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順にクリック して下さい。

  2. Windows 認証を使用してデータベース エンジンに接続して下さい。

  3. 門脈データベースへのナビゲート。

  4. 門脈右クリックはタスク > バックアップを選択し。

  5. 宛先を適切として取除を使用して改め、機能を追加して下さい

  6. [OK] をクリックします。

Side B データベースサーバの門脈データベースのためのこのプロセスを繰り返して下さい。

同じように、Side A および Side B データベースサーバのレポートサーバー データベースをバックアップして下さい:

  1. Webサーバでコマンド services.msc を Start > Run の順に選択 し、実行して下さい

  2. サービスにサービスを報告する SQL サーバを停止して下さい。

  3. Side A データベースサーバで、2005 年を > SQL サーバ 管理スタジオ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順にクリック して下さい。

  4. Windows 認証を使用してローカルデータベース エンジンに接続して下さい。

  5. レポートサーバー データベースへのナビゲート。

  6. 右クリック レポートサーバーはタスク > バックアップを選択し。

  7. 宛先を適切として取除を使用して改め、機能を追加して下さい

  8. [OK] をクリックします。

  9. ReportServerTempDB データベースへのナビゲート。

  10. 右クリック ReportServerTempDB はタスク > バックアップを選択し。

  11. 宛先を適切として取除を使用して改め、機能を追加して下さい

  12. [OK] をクリックします。

統一された CCMP ソフトウェアの存在をアンインストールして下さい

データのインポート サーバコンポーネントのアンインストール

このプロセスはデータのインポート サーバコンポーネントを取除きます。

  1. Side A データベースサーバで、> Settings>Control パネル > 『Start』 をクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: データのインポート サーバ

  4. 『Remove』 をクリック して下さい。 ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: データのインポート サーバ。

  5. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

供給サーバ コンポーネントのアンインストール

このプロセスは供給サーバ コンポーネントを取除きます。

  1. Side A データベースサーバで、> Settings>Control パネル > 『Start』 をクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: 供給サーバ

  4. 『Remove』 をクリック して下さい。 ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: 供給サーバ。

  5. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

  6. 手動で フォルダを削除して下さい: C:\Program Files\Management ポータル\供給サーバ\構成存在 するそれ。

データベース インストーラ コンポーネントのアンインストール

このプロセスはデータベース インストーラ コンポーネントを取除きます。 データベース カタログを維持するのに使用されているこれはツールです。 このツールをアンインストールすることは(プロセスのアップグレードされた以降である)門脈 DB 取除きません。

  1. Side A データベースサーバで、> Settings>Control パネル > 『Start』 をクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: データベース インストール ツール

  4. 取除オプションをクリックし、確認して下さい。

アプリケ− ションサーバ コンポーネントのアンインストール

このプロセスはアプリケ− ションサーバ コンポーネントを取除きます。

  1. Side A Web/アプリケ− ションサーバで、> Settings>Control パネル > 『Start』 をクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: アプリケ− ションサーバ

  4. 取除オプションをクリックして下さい。 ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: アプリケ− ションサーバ。

  5. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

Webアプリケーション コンポーネントのアンインストール

このプロセスは Webアプリケーション コンポーネントを取除きます。

  1. Side A Web/アプリケ− ションサーバで、> Settings>Control パネル > 『Start』 をクリック して下さい。

  2. 『Add/Remove Programs』 を選択 して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。 3. 4. 5。

  3. 管理ポータルを選択して下さい: Webアプリケーション

  4. 取除オプションをクリックして下さい。ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: Webアプリケーション。

  5. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

門脈データベースをアップグレードして下さい

データベースをアップグレードする前にデータベースアップグレードを行うのに使用される新しいデータベース インストール ツールはインストールする必要があります。

データベース インストーラのインストール手順

統一された CCMP データベース インストーラをインストールするために、次のステップを実行して下さい:

  1. Side A データベースサーバで統一された CCMP インストールメディアを挿入して下さい。 インストーラは自動的に起動する必要があります。 それが場合、Windowsエクスプローラのインストール用CD を参照し、autorun.hta をダブルクリックするため。

  2. データベースサーバ タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。 各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。

  3. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に、使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  4. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ第 1 CCMP をインストールしたときにデータベースサーバ コンポーネントのインストールの間に作成した cryptographical パスフレーズを入力して下さい。 新しいパスフレーズのインストールを続ける場合、既存のデータにアクセスすることができません。

    • 確認して下さいパスフレーズ—このフィールド の コンテンツ が上で入るパスフレーズと同一になるまで続けることができません。

  5. 宛先 フォルダ ウィンドウで、位置を検討して下さい。 必要ならば、データベースサーバ コンポーネントにインストールされてほしい位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。

  6. [Install] をクリックします。

    注: このプロセスは新しいデータベースをインストールしませんでした。 それはデータベースを設定するのに使用されているデータベース インストール ツールをインストールしました。

起動管理ポータルことをデータベースを今アップグレードするために、確認して下さい: データベース インストール ツール チェックボックスは『Finish』 をクリック する前にチェックされます。

起動管理ポータルをチェックしたら: データベース コンポーネントをインストールした後データベース インストール ツール チェックボックス、データベース インストール ツールは自動的に起動します。 また Start > Programs > 管理ポータル > データベース > データベース インストーラからデータベース インストール ツールを手動で起動できます。

ウィザードはデータベースのアップグレードのプロセスによってガイドします。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。 次の詳細を入力して下さい:

  1. SQL サーバ接続 Details ウィンドウでは: 2. 3. 4.5。 6. 7. 8. 9. 10. 11.はの隣で行いますアップグレードをクリックします。

    • サーバ名—統一された CCMP データベースがインストールする必要がある Microsoft SQL Server を選択して下さい。 この場合これはアプリケーションを実行するマシンであり従ってデフォルト(ローカル)として残す必要があります。

    • データベース名—統一された CCMP のために最初に使用したデータベース カタログの名前を入力するか、または選択して下さい。

    • 接続応答を使用して—加えたいと思うログイン資格情報のオプション ボタンを選択して下さい。

    • コンピュータにログインに使用する Windows アカウント情報。 これは推奨されるオプションです。

    • システム アドミニストレータが割り当てる Microsoft SQL Server ログオン情報。 異なるドメインのデータベース カタログを使用している場合その時だけこのオプションを選択して下さい。 このオプションに関しては提供されるフィールドでログインネームおよびパスワードを入力して下さい。

    • テスト接続— Microsoft SQL Server への接続が確立されることを確かめて下さい。 メッセージ 接続応答は成功しましたが、データベースはではないですこの時点で修正挙動ありません。 続行する前にこれを調整することを確かめて下さい。

  2. [OK] をクリックして、次に進みます。

  3. 選り抜きでウィンドウを行う処理は既存のデータベースを『Upgrade』 を選択 し、『Next』 をクリック します。

  4. 暗号化されたパッケージ オプションを選択し、『Next』 をクリック して下さい。

残りの統一された CCMP コンポーネントをインストールして下さい

次のステップは Side A の関連したサーバで実行する必要があります。

データのインポート サーバコンポーネント インストール

統一された CCMP データのインポート サーバコンポーネントをインストールするために、データのインポート サーバコンポーネント タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを… 『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。 次の詳細を入力する必要があります:

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 続けることができる前にこのオプションを選択する必要がある使用許諾契約の条件を受け入れます。 その際に使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  2. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ— cryptographical パスフレーズを入力して下さい CCMP が最初にインストールされたときに使用された。

    • 確認して下さいパスフレーズ—このフィールド の コンテンツ が上で入るパスフレーズと同一になるまで続くことができません。

  3. 設定 Database ウィンドウでは:

    • SQL サーバはデータベースが常駐するサーバとして localhost のデフォルト値を受け入れます。

    • カタログ名はデータベース コンポーネントのインストール時に定義されるようにデータベースの名前を入力します。 デフォルトは門脈です。

    • Windows 認証を使用して『Connect』 を選択 して下さい Microsoft SQL Server 認証はこのリリースでサポートされない別のネットワークのデータベースサーバに接続するときだけだけ使用されます。

  4. 完了しますまたはカスタム セットアップ型選択して下さい。 カスタム セットアップはデータのインポート サーバコンポーネントが異なる宛先 フォルダにインストールされるようにします。 よくある宛先 フォルダのすべてのコンポーネントを維持するのに完全なセットアップをこれです推奨されるオプション使用して下さい。

  5. 宛先 フォルダ ウィンドウで、データのインポート サーバコンポーネントがインストールする位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。 同じ位置にすべての門脈コンポーネントをインストールすることは必要ではないです。

  6. セッション ファイル フォルダー ウィンドウで、一時インポーター ファイルが保存される位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。 これらのためのデフォルト ディレクトリは前の手順で規定 される 宛先 フォルダに基づいています。

  7. [Install] をクリックします。

  8. インストールが完了するとき、『Finish』 をクリック して下さい。

  9. インストーラ ウィンドウを閉じて下さい。

データのインポート サーバコンポーネントのインストールは現在完了しました。

供給サーバ コンポーネント の インストール

統一された CCMP プロビジョニング コンポーネントをインストールするために、供給サーバ Component タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  2. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ— CCMP が最初にインストールされたときに入る cryptographical パスフレーズを入力して下さい。

    • 確認して下さいパスフレーズ—パスフレーズを再入力して下さい。

  3. 設定 Database ウィンドウでは:

    • SQL サーバ—現在のマシンのためのデフォルトをの(ローカル)受け入れて下さい。

    • 統一された CCMP データベースの名前を name —カタログして下さい。 デフォルトでこれは門脈です。

    • 接続応答を使用して—加えたいと思うログイン資格情報のオプション ボタンを選択して下さい:

      • Windows 認証。

      • SQL サーバ 認証。 異なるドメインのデータベース カタログを使用している場合その時だけこのオプションを選択して下さい。 このオプションに関しては提供されるフィールドで Microsoft SQL Server ログインネームおよびパスワードを入力して下さい。

  4. 宛先 フォルダ ウィンドウで、供給サーバ コンポーネントがインストールされている位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。 同じ位置にすべての統一された CCMP コンポーネントをインストールすることは必要ではないです。

  5. [Install] をクリックします。

  6. インストールが完了するとき、『Finish』 をクリック して下さい。

供給サーバ コンポーネントのインストールは現在完了しました。

アプリケ− ションサーバ コンポーネント の インストール

統一された CCMP アプリケ− ションサーバ コンポーネントをインストールするために、アプリケ− ションサーバ Component タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に、使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  2. 宛先 フォルダ ウィンドウで、フォルダを受け入れるか、またはアプリケ− ションサーバ コンポーネントのための位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。

  3. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ—最初に統一された CCMP をインストールした場合選択される Cryptographical パスフレーズを入力して下さい。

    • 確認して下さいパスフレーズ—このフィールド の コンテンツ が上で入るパスフレーズと同一になるまで続くことができません。

      注意 注意: 最初に使用されたと同じ cryptographical パスフレーズを使用して下さい。 オリジナル パスフレーズを知らない場合、すぐにインストールを終え、サポート プロバイダーに問い合わせて下さい。 新しいパスフレーズのインストールを続ける場合、既存のデータにアクセスすることができません。

  4. クラスタ設定 データベース接続 ウィンドウでは:

    • SQL サーバ—この側のための門脈データベースが見つけられるサーバの名前を入力して下さい。

    • カタログはデータベース コンポーネント インストールで選択されるように name — データベースの名前を、入力します。 デフォルトでこれは門脈です。

    • 推奨しま接続することを Windows 認証を使用します。 データベースサーバが別のネットワークにある場合、SQL サーバ 認証を『Microsoft』 を選択 し、提供されるフィールドで適切なログインID およびパスワードを入力して下さい。

  5. [Install] をクリックします。 インストールの間に、コマンド ウィンドウはインストーラがサービスを報告することを設定する間、表示されます。 これらのコマンド ウィンドウは独自で閉じ、あなたからのアクションを必要としません。

  6. インストールが完了したら、『Finish』 をクリック して下さい。

アプリケ− ションサーバ インストールは現在完了しました。

Webサーバ コンポーネント の インストール

統一された CCMP Webサーバ コンポーネントをインストールするために、Webサーバ Component タブを選択して下さい、前提条件があるように確認し、『Install』 をクリック するためにテストを『Run』 をクリック して下さい。

各ステップを次々と通過して下さい。

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意し従って受け入れる前にそれを完全に読んで下さい。

  2. [Install] をクリックします。 インストールの間に、コマンド ウィンドウはインストーラが Microsoft IIS を設定する間、表示されるかもしれません。 これらのコマンド ウィンドウは独自で閉じ、あなたからのアクションを必要としません。

  3. インストールが完了するとき、『Finish』 をクリック して下さい。

Webサーバ コンポーネントのインストールは現在完了しました。

アクティブ な 側面への強制フェールオーバー接続

2 つの側面を独立 システムとして操作するために、ホストファイル エントリは現在のアクティブ な 側面へのフェールオーバー接続を指すために追加する必要があります。 これは複製がダウンしているときフェールオーバーが他の側 DB に発生するという可能性を減らします。

フェールオーバー 情報が DB で保持されるので、両側は反対側について確認しまであるのに現在複製されないか、または同じバージョンを実行します。 もしフェールオーバーがそれから発生すればデータ統合はフェールオーバー接続は各マシンのホスト ファイルにアクティブ な 側面に戻って指すために追加されることが単一味方されたモードで操作して助言される間そう失われます。

次の配備:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-contact-center-management-portal/113323-upgrade-ds-ccmp-03.gif

ホストファイル エントリは次の通りである必要があります:

CCMP DBA
127.0.0.1 CCMP DBB
CCMP DBB
127.0.0.1 CCMP DBA
CCMP WEBA
<IP ADDRESS OF CCMPDBA> CCMP DBB
127.0.0. 1 CCMP WEBB
CCMP WEBB
<IP ADDRESS OF CCMPDBB> CCMP DBA
127.0.0. 1 CCMP WEBA

これらのエントリはアップグレードが完了した、B サイドが Side A と再複製されれば削除する必要があります。

プロビジョニングおよびインポートを有効に する アップデート Side B

システムの側が支えられたある一定の時間の間独自に実行したらプロビジョニングおよびインポートが可能にすることを両側 A および Side B で同時に動作することを必要とするかもしれないあることなら。

この設定は B サイド データベースの管理手動に記載されている手動プロビジョニング/インポート フェールオーバー ステップの実行によって実現させることができます。

プロビジョニングを有効に するために CMS 制御卓およびコンフィギュレーションマネージャをアップデートして下さい

統一された CCE AW で B サイド 供給サーバのために固有のポートを使用するために CMS 制御卓をアップデートする必要があります。

AW:

  1. > Cisco Unified CCE ツール > 管理 ツール > 『Start > Programs』 をクリック し、CMS 制御アプリケーションをクリックして下さい。

  2. アプリケーション接続で存在 する B サイド接続がそれから確認すれば A 側接続に異なるポート数があります。

  3. B サイド接続がない場合、A 詳細のメモを接続味方させます。

  4. [Add] をクリックします。

  5. A 側によって詳細を入力して下さい。 ただし、サーバ名/ホスト名詳細を B サイドのそれにアップデートし、異なるポート数を使用して下さい。

  6. [OK] をクリックします。

  7. [Apply] をクリックします。

  8. CMSJserver が再起動すること知らせられます。 これを確認することを確かめて下さい。

B サイド データベースサーバ:

  1. ウィンドウズ の デスクトップで、> 管理ポータル > 『Start > Programs』 をクリック し、設定管理アプリケーションをクリックして下さい。

  2. ログインするために『OK』 をクリック して下さい。

  3. コミュニケーション サーバをクリックして下さい。

  4. 統一された ICM タブをクリックして下さい。

  5. リストから適切な例を選択して下さい。

  6. CMS 制御卓で使用されるそれらを一致するためにポート番号をアップデートして下さい。

  7. [OK] をクリックします。

  8. 再起動するプロビジョニング サービスが必要がある知識のあります。 [OK] をクリックします。

  9. [Close] をクリックします。

  10. コンフィギュレーションマネージャを終了して下さい。

統一された CCMP サービスの開始

統一された CCMP Windows サービスが統一された CCMP サーバで実行されていることを確認して下さい。

サービスが実行されていることを確認するため: 1. 2。 3.􀁸􀁸􀁸􀁸􀁸􀁸􀁸注:

  1. [Start]、[Run] の順にクリックします。

  2. Services.msc を入力し、次に『OK』 をクリック して下さい

  3. サービスをあります開始された状態に確認して下さい。 サービスが開始しない場合、サービス名を右クリックし、『Start』 をクリック して下さい。

次のサービスは Web/アプリケ− ションサーバで動作する必要があります:

  • UCCMP: システム モニタリング サービス

  • UCCMP: スケジューリング サービス

  • UCCMP: サービスの報告

  • UCCMP: アプリケーション調査業務

次のサービスはデータベースサーバで動作する必要があります:

  • UCCMP: データのインポート サーバ

  • UCCMP: パーティション表マネージャ

  • UCCMP: 供給サーバ

すべてのサービスが実行されているとき統一された CCMP は使用可能です。

注: ちょうど Web/アプリケ− ションサーバのシステム モニタリング サービスおよびアプリケーションサービスを開始する場合、完全にロードすることをサービスを許可するログオンする前に数分間待つ必要があります。

分割 side-B をアップグレードし、複製を初期設定をやり直すステップ

ステップ チェックして下さい
設定されている統一された CCMP サーバを準備して下さい:
B側によって統一される CCMP サーバのすべての統一された CCMP サービスを停止して下さい。  
Side A および Side B ポータル データベースをバックアップして下さい。  
Side A およびサービスにレポートサーバーおよび ReportServerTempDB データベースを報告する Side B SQL サーバをバックアップして下さい。  
Side B の統一された CCMP ソフトウェアの存在をアンインストールして下さい:
追加/除去 プログラムを使用する、CCMP を取除いて下さい: Side B データベースサーバのデータのインポート サーバ。  
追加/除去 プログラムを使用する、CCMP を取除いて下さい: Side B データベースサーバの供給サーバ。  
追加/除去 プログラムを使用する、CCMP を取除いて下さい: Side B データベースサーバのデータベース インストーラ。  
追加/除去 プログラムを使用する、CCMP を取除いて下さい: Side B Web/アプリケ− ションサーバのアプリケ− ションサーバ。  
追加/除去 プログラムを使用する、CCMP を取除いて下さい: Side B Web/アプリケ− ションサーバの Webアプリケーション。  
門脈データベースをアップグレードして下さい:
新しいインストールメディアから新しい CCMP をインストールして下さい: Side B データベースサーバのデータベース インストーラ。  
Side B データベースサーバの門脈データベースを統一された CCMP データベース インストール ツールを使用してアップグレードするか、または Side B の Side A バックアップを復元する。  
残りの統一された CCMP コンポーネントをインストールして下さい:
新しいインストールメディアから、新しい CCMP をインストールして下さい: Side B データベースサーバのデータのインポート サーバ。  
新しいインストールメディアから、Side B データベースサーバで新しい CCMP 供給サーバをインストールして下さい。  
新しいインストールメディアから、Side B Web/アプリケ− ションサーバで新しい CCMP アプリケ− ションサーバをインストールして下さい。  
新しいインストールメディアから、Side B Web/アプリケ− ションサーバで新しい CCMP Webアプリケーションをインストールして下さい。  
確定する 設定:
それ自身に戻って代替側面を指す A および B サイド サーバのためのホストファイル エントリを削除して下さい。  
複製の初期設定をやり直して下さい。  
すべての統一された CCMP Windows サービスをすべてのデータベースおよび Web/アプリケ− ションサーバで開始されるために確かめて下さい。  

設定されている統一された CCMP サーバを準備して下さい

統一された CCMP サービスを停止して下さい

アップグレードを開始する前に、統一された CCMP サービスはすべての Side B サーバで停止する必要があります。

統一された CCMP を停止するため: データのインポート サーバサービスは、これらのステップを完了します:

  1. Side B データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Serviceswindow は表示する。

  3. UCCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからのデータのインポート サーバサービス

  4. Stop を選択します。

  5. [Services] ウィンドウを閉じます。

統一された CCMP を停止するため: 供給サーバ サービスは、これらのステップを完了します:

  1. Side B データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Serviceswindow は表示する。

  3. UCCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからの供給サーバ サービス。

  4. Stop を選択します。

  5. [Services] ウィンドウを閉じます。

統一された CCMP を停止するため: パーティション表マネージャ サービスは、これらのステップを完了します:

  1. Side B データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Serviceswindow は表示する。

  3. UCCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからの表マネージャ サービスの配分

  4. Stop を選択します。

  5. [Services] ウィンドウを閉じます。

統一された CCMP を停止するため: 監視サービス、統一された CCMP: アプリケーション検索サーバサービスおよび統一された CCMP: サービスにサービスを報告して、これらのステップを完了して下さい:

  1. Side B データベースサーバで、Start > Run の順にクリック して下さい。 Run ウィンドウは表示する。

  2. Open フィールドでは、services.msc を入力して下さい Serviceswindow は表示する。

  3. 統一された CCMP を右クリックして下さい: サービスのリストからの監視サービス サービス。

  4. Stop を選択します。

  5. [Services] ウィンドウを閉じます。

CCMP ポータルおよびレポート サーバー データベースをバックアップして下さい

失敗の場合にそれらを復元することができるように CCMP ポータルおよびレポート サービス データベースをバックアップして下さい。

  1. Side A データベースサーバで、2005 年を > SQL サーバ 管理スタジオ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順にクリック して下さい。

  2. Windows 認証を使用してデータベース エンジンに接続して下さい。

  3. 門脈データベースへのナビゲート。

  4. ポータルを右クリックし、タスク > バックアップを選択して下さい。

  5. 宛先を適切として取除を使用して改め、機能を追加して下さい

  6. [OK] をクリックします。

Side B データベースサーバの CCMP 門脈データベースのためのこのプロセスを繰り返して下さい。

同じように、Side A および Side B データベースサーバのレポート サーバー データベースをバックアップして下さい:

  1. Webサーバで、Start > Run の順に選択 し、services.msc コマンドを発行して下さい。

  2. サービスにサービスを報告する SQL サーバを停止して下さい。

  3. Side A データベースサーバで、2005 年を > SQL サーバ 管理スタジオ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順にクリック して下さい。

  4. Windows 認証を使用してローカルデータベース エンジンに接続して下さい。

  5. レポートサーバー データベースへのナビゲート。

  6. レポートサーバーを右クリックし、タスク > バックアップを選択して下さい。

  7. 宛先を適切として取除を使用して改め、機能を追加して下さい

  8. [OK] をクリックします。

  9. ReportServerTempDB データベースへのナビゲート。

  10. ReportServerTempDB を右クリックし、タスク > バックアップを選択して下さい。

  11. 宛先を適切として取除を使用して改め、機能を追加して下さい

  12. [OK] をクリックします。

Side B データベースサーバのレポート サービス データベースのためのこのプロセスを繰り返して下さい。

統一された CCMP ソフトウェアの存在をアンインストールして下さい

データのインポート サーバコンポーネントをアンインストールして下さい

このプロセスはデータのインポート サーバコンポーネントを取除きます:

  1. Side B データベースサーバで、> 追加/除去 プログラム Start > Control Panel の順にクリック して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  2. 管理ポータルを選択して下さい: データのインポート サーバ

  3. 『Uninstall』 をクリック して下さい。 ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: データのインポート サーバ。

  4. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

供給サーバ コンポーネントをアンインストールして下さい

このプロセスは供給サーバ コンポーネントを取除きます:

  1. Side B データベースサーバで、> 追加/除去 プログラム Start > Control Panel の順にクリック して下さい。 プログラムおよび機能 ウィンドウは表示されます。

  2. 管理ポータルを選択して下さい: 供給サーバ

  3. 『Uninstall』 をクリック して下さい。 ウィンドウは管理ポータルを取除きたいと思うことを確かめるかどうか表示する尋ねます: 供給サーバ。

  4. [Yes] をクリックします。 セットアップ ステータスウィンドウは表示されます。 経過表示バーのアンインストール進行状況ディスプレイのエクステント。

  5. 手動で C:\Program Files\Management ポータル\供給サーバ\構成フォルダを存在 するそれ削除して下さい。

データベース インストーラ コンポーネントをアンインストールして下さい

このプロセスはデータベース インストーラ コンポーネントを取除きます。 データベース カタログを維持するのに使用されているこれはツールです。 このツールをアンインストールすることは(プロセスのアップグレードされた以降である)門脈 DB 取除きません。

  1. Side B データベースサーバで、> Add を Start > Control Panel の順にクリック するか、またはプログラムを取除いて下さい追加/除去 プログラムはディスプレイをリストします。

  2. 管理ポータルを選択して下さい: データベース インストール ツール

  3. 取除オプションをクリックし、確認して下さい。

アプリケ− ションサーバ コンポーネントをアンインストールして下さい

このプロセスはアプリケ− ションサーバ コンポーネントを取除きます:

  1. Side B アプリケ− ションサーバで、> Add を Start > Control Panel の順にクリック するか、またはプログラムを取除いて下さい追加/除去 プログラムはディスプレイをリストします。

  2. 管理ポータルを選択して下さい: アプリケ− ションサーバ

  3. 取除オプションをクリックし、確認して下さい。

Webアプリケーション コンポーネントをアンインストールして下さい

このプロセスは Webアプリケーション コンポーネントを取除きます:

  1. Side B アプリケ− ションサーバで、> Add を Start > Control Panel の順にクリック するか、またはプログラムを取除いて下さい追加/除去 プログラムはディスプレイをリストします。

  2. 管理ポータルを選択して下さい: Webアプリケーション

  3. 取除オプションをクリックし、確認して下さい。

CCMP ポータル データベースをアップグレードして下さい

データベースをアップグレードする前に、データベースアップグレードを行うのに使用される新しいデータベース インストール ツールはインストールする必要があります。

データベース インストーラをインストールして下さい

統一された CCMP データベース インストーラをインストールするために、これらのステップを実行して下さい:

  1. Side B データベースサーバで、統一された CCMP インストールメディアを挿入して下さい。 インストーラは自動的に起動する必要があります。 それが場合、Windowsエクスプローラのインストール用CD を参照し、autorun.hta をダブルクリックするため

  2. データベース コンポーネント タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。 各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。

  3. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に、使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  4. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    パスフレーズ-第 1 CCMP をインストールしたときにデータベースサーバ コンポーネントのインストールの間に作成した cryptographical パスフレーズを入力して下さい。 新しいパスフレーズのインストールを続ける場合、既存のデータにアクセスすることができません。

    確認して下さいパスフレーズ-このフィールド の コンテンツ が上で入るパスフレーズと同一になるまで続けることができません。

  5. 宛先 フォルダ ウィンドウで、位置を検討して下さい。 必要ならば、インストールされるデータベースサーバ コンポーネントがほしいと思う位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。

  6. [Install] をクリックします。

    注: このプロセスは新しいデータベースをインストールしません。 それはデータベースを設定するのに使用されているデータベース インストール ツールをインストールします。

この時点で新しいデータベース インストール ツールはインストールされていましたが、データベースはアップグレードされませんでした。

システムが複数の日単一味方された動作モードでオペレーティングである場合、複製が再インスタンス化 される前にデータベースが Side B で、これ復元する必要がある A側のバックアップはデータベースアップグレードが必要とならないことを意味します。 このプロセスは「Side B の A側 DB バックアップを」復元するで後で定義されます。

システムが単一味方された動作モードでのための稼動したら 1 日以下それからデータベースは次の通りアップグレードする必要があります。

B側の DB のアップグレードを行って下さい

起動管理ポータルことをデータベースを今アップグレードするために、確認して下さい: データベース インストール ツール チェックボックスは『Finish』 をクリック する前にチェックされます。

起動管理ポータルをチェックしたら: データベース コンポーネントをインストールした後データベース インストール ツール チェックボックス、データベース インストール ツールは自動的に起動します。 また Start > Programs > 管理ポータル > データベース > データベース インストーラからデータベース インストール ツールを手動で起動できます。

ウィザードはデータベースのアップグレードのプロセスによってガイドします。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。 これらの詳細を入力して下さい:

  1. SQL サーバ接続 Details ウィンドウでは:

    • サーバ名-統一された CCMP データベースがインストールする必要がある Microsoft SQL Server を選択して下さい。 この場合これはアプリケーションを実行するマシンであり従ってデフォルト(ローカル)として残す必要があります。

    • データベース名-統一された CCMP のために使用するデータベース カタログの名前を入力するか、または選択して下さい。 ポータルの既定値 の 名前を使用して下さい。

    • 接続応答を使用して-加えたいと思うログイン資格情報のオプション ボタンを選択して下さい:

      • コンピュータにログインに使用する Windows アカウント情報。 これは推奨されるオプションです。

      • システム アドミニストレータが割り当てる Microsoft SQL Server ログオン情報。 異なるドメインのデータベース カタログを使用している場合その時だけこのオプションを選択して下さい。 このオプションに関しては、提供されるフィールドでログインネームおよびパスワードを入力して下さい。

    • テスト接続は Microsoft SQL Server への接続が確立されることを確かめます。 メッセージ接続は成功しましたが、データベースはですこの時点で修正挙動ありません。 [OK] をクリックして続行します。

  2. 選り抜きではウィンドウを行う処理は既存のデータベースを『Upgrade』 を選択 し、『Next』 をクリック します。

  3. 暗号化されたパッケージ オプションを選択し、『Next』 をクリック して下さい。

  4. アップグレードを行うために『Next』 をクリック して下さい。

Side B の A側 DB バックアップを復元する

システムが複数の日単一味方された動作モードでオペレーティングのとき、監査情報を確認するために門脈 DB が B側のデータベースに復元する必要がある A側の最新のバックアップは両側を渡って一貫しています。

新しい Side B データベースサーバ:

  1. 2005 年を > 管理スタジオ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順にクリック して下さい。

  2. 門脈データベースを右クリックし、タスク > 復元をクリックして下さい。

  3. 復元 Database ウィンドウではデバイスから選択し、A側 データベースサーバから門脈バックアップ・ファイルの位置を追加して下さい。 それにアクセスするためにバックアップ ファイルをローカルでコピーする必要がある場合もあります。

  4. 門脈データベースを復元する、『OK』 をクリック するためバックアップ ファイルを選択して下さい。

  5. ちょうど追加したバック アップセットの隣でチェックボックスを選択して下さい。

  6. からデータベース ドロップダウン リスト復元 宛先として門脈データベースを選択して下さい。

  7. 『Options』 を選択 し、上書きを既存のデータベース選択して下さい。

  8. 復元を開始するために『OK』 をクリック して下さい。

残りの統一された CCMP コンポーネントをインストールして下さい

このセクションのステップは Side B の関連したサーバで実行する必要があります。

データのインポート サーバコンポーネント インストール

統一された CCMP データのインポート サーバコンポーネントをインストールするために、データのインポート サーバコンポーネント タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを… 『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。 これらの詳細を入力する必要があります:

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  2. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ- cryptographical パスフレーズを入力して下さい CCMP が最初にインストールされたときに使用された

    • 確認して下さいパスフレーズ-このフィールド の コンテンツ が上で入るパスフレーズと同一になるまで続くことができません。

  3. 設定 Database ウィンドウでは:

    • SQL サーバ-データベースが常駐するサーバとして localhost のデフォルト値を受け入れて下さい。

    • カタログ名-データベース コンポーネントのインストール時に定義されるようにデータベースの名前を入力して下さい。 デフォルトは門脈です。

    • Windows 認証を使用して『Connect』 を選択 して下さい。 Microsoft SQL Server 認証はこのリリースでサポートされない別のネットワークのデータベースサーバに接続するときだけだけ使用されます。

  4. 完了しますまたはカスタム セットアップ型選択して下さい。 カスタム セットアップはデータのインポート サーバコンポーネントが異なる宛先 フォルダにインストールされるようにします。 よくある宛先 フォルダのすべてのコンポーネントを維持するために完全なセットアップを使用して下さい。 以降は推奨されるオプションです。

  5. 宛先 フォルダ ウィンドウで、データのインポート サーバコンポーネントがインストールする位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。 同じ位置にすべての門脈コンポーネントをインストールすることは必要ではないです。

  6. セッション ファイル フォルダー ウィンドウで、一時インポーター ファイルが保存される位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。 これらのためのデフォルト ディレクトリは前の手順で規定 される 宛先 フォルダに基づいています。

  7. [Install] をクリックします。

  8. インストールが完了するとき、『Finish』 をクリック して下さい。

  9. インストーラ ウィンドウを閉じて下さい。

データのインポート サーバコンポーネントのインストールは現在完了しました。

プロビジョニングする サーバコンポーネント インストール

統一された CCMP プロビジョニング コンポーネントをインストールするために、供給サーバ Component タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  2. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ- CCMP が最初にインストールされたときに入る cryptographical パスフレーズを入力して下さい。

    • 確認して下さいパスフレーズ-パスフレーズを再入力して下さい。

  3. 設定 Database ウィンドウでは:

    • SQL サーバ-現在のマシンのためのデフォルトをの(ローカル)受け入れて下さい。

    • カタログ名-統一された CCMP データベースの名前。 デフォルトで、これは門脈です。

    • 接続応答を使用して-加えたいと思うログイン資格情報のオプション ボタンを選択して下さい:

      • Windows 認証

      • SQL サーバ 認証。 異なるドメインのデータベース カタログを使用している場合その時だけこのオプションを選択して下さい。 このオプションに関しては、提供されるフィールドで Microsoft SQL Server ログインネームおよびパスワードを入力して下さい。

  4. 宛先 フォルダ ウィンドウで、供給サーバ コンポーネントがインストールされている位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。 同じ位置にすべての統一された CCMP コンポーネントをインストールすることは必要ではないです。

  5. [Install] をクリックします。

  6. インストールが完了するとき、『Finish』 をクリック して下さい。

供給サーバ コンポーネントのインストールは現在完了しました。

アプリケ− ションサーバ コンポーネント の インストール

統一された CCMP アプリケ− ションサーバ コンポーネントをインストールするために、アプリケ− ションサーバ Component タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ウィンドウを次々と通過するために『Next』 をクリック して下さい。

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に、使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意します。 それ受け入れる前に完全に読まれる。

  2. 宛先 フォルダ ウィンドウで、フォルダを受け入れるか、またはアプリケ− ションサーバ コンポーネントのための位置を変更するために『Change』 をクリック して下さい。

  3. 暗号解読法 コンフィギュレーションウィンドウでは:

    • パスフレーズ-最初に統一された CCMP をインストールした場合選択される Cryptographical パスフレーズを入力して下さい。

    • 確認して下さいパスフレーズ-このフィールド の コンテンツ が上で入るパスフレーズと同一になるまで続くことができません。

      注意 注意: 最初に使用されたと同じ cryptographical パスフレーズを使用して下さい。 オリジナル パスフレーズを知らない場合、すぐにインストールを終え、サポート プロバイダーに問い合わせて下さい。 新しいパスフレーズのインストールを続ける場合、既存のデータにアクセスすることができません。

  4. クラスタ設定 データベース接続 ウィンドウでは:

    • SQL サーバ-この側のための門脈データベースが見つけられるサーバの名前を入力して下さい。

    • カタログ名-データベース コンポーネント インストールで選択されるようにデータベースの名前を、入力して下さい。 デフォルトでこれは門脈です。

    • 推奨しま接続することを Windows 認証を使用します。 データベースサーバが別のネットワークにある場合、SQL サーバ 認証を『Microsoft』 を選択 し、提供されるフィールドで適切なログインID およびパスワードを入力して下さい。

  5. [Install] をクリックします。 インストールの間に、コマンド ウィンドウはインストーラがサービスを報告することを設定する間、表示されます。 これらのコマンド ウィンドウは独自で閉じ、あなたからのアクションを必要としません。

  6. インストールが完了したら、『Finish』 をクリック して下さい。

アプリケ− ションサーバ インストールは現在完了しました。

Webサーバ コンポーネント の インストール

統一された CCMP Webサーバ コンポーネントをインストールするために、Webサーバ Component タブを選択し、前提条件があるように確認するためにテストを『Run』 をクリック し 『Install』 をクリック して下さい。

各ステップを次々と通過して下さい:

  1. 使用許諾契約 ウィンドウでは:

    • 使用許諾契約の条件を受け入れます。 続けることができる前にこのオプションを選択して下さい。 その際に使用許諾契約の用語によって結合 されることを同意し従って受け入れる前にそれを完全に読んで下さい。

  2. [Install] をクリックします。 インストールの間に、コマンド ウィンドウはインストーラが Microsoft IIS を設定する間、表示されるかもしれません。 これらのコマンド ウィンドウは独自で閉じ、あなたからのアクションを必要としません。

  3. インストールが完了するとき、『Finish』 をクリック して下さい。

Webサーバ コンポーネントのインストールは現在完了しました。

強制されるアクティブ な 側面へのフェールオーバー接続をディセーブルにして下さい

アクティブ な 側面へのフェールオーバー接続を指すすべてのサーバでホスト ファイルになされる Remove エントリ。

複製の初期設定をやり直して下さい

CCMP データベース複製を再インスタンス化 して下さい

複製を再インスタンス化 するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 両方のデータベースサーバ上の管理権限のドメイン レベル ユーザとして Side A データベースサーバにログオンされることを確かめて下さい。

  2. ウィンドウズ の デスクトップで、> 管理ポータル『Start > Programs』 をクリック し、設定管理アプリケーションをクリックして下さい。

  3. ログインを『OK』 をクリック して下さい。

  4. UCCMP サーバをクリックして下さい。

  5. UCCMP Database タブをクリックして下さい。

  6. 複製をクリックして下さい。 UCCMP データベース複製 コンフィギュレーションウィンドウはすべての選択されたサーバ 詳細を開き、表示する。 修正を必要ならばこの段階で行って下さい。

  7. 変更を保存することを頼まれた場合レプリケートを(『Yes』 をクリック して下さい)クリックし、確認して下さい。 これは複製のための進行状況ステータスを表示する作業実行ウィンドウを開きます。

  8. レプリケーション構成プロセスを開始するために、『Execute』 をクリック して下さい。 複製を確認することを頼まれた場合『Yes』 をクリック して下さい。 複製の設定が完了した後、『Close』 をクリック して下さい。

  9. UCCMP データベース複製 コンフィギュレーションウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

  10. UCCMP コンフィギュレーションウィンドウを閉じるために、『Close』 をクリック して下さい。

  11. コンフィギュレーションマネージャを終了して下さい。

  12. Side B データベースサーバで、2005 年を > SQL サーバ 管理スタジオ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順にクリック して下さい。

  13. Windows 認証を使用してローカルデータベース エンジンに接続して下さい。

  14. 複製 フォルダを右クリックし、起動レプリケーション モニターをクリックして下さい。 レプリケーション モニター ディスプレイ。

  15. パブリッシャを拡張して下さい。 Side A データベースサーバ パブリッシャが示されていない場合、それは追加する必要があります:

    1. パブリッシャ > Add パブリッシャを右クリックして下さい。 追加パブリッシャ ダイアログボックス ディスプレイ。

    2. > Add SQL サーバ パブリッシャを『Add』 をクリック して下さい。

      1. サーバ名- Side A (パブリッシャ)サーバの名前を入力して下さい。

      2. 認証-サーバに接続するために認証 詳細を入力して下さい。

  16. [Connect] をクリックします。 ディストリビューター位置についての通知 メッセージが表示する場合、ディストリビューターに接続詳細を『OK』 をクリック し、提供して下さい。

  17. 監視されたパブリッシャのリストにパブリッシャを追加するために『OK』 をクリック して下さい。

  18. パブリッシャの下にリストされているスナップショットにナビゲート して下さい。 問い合わせられる 2 つのスナップショット・ディスプレイ:

    • [ポータル]ベース

    • [ポータル] NonQueued

  19. 基礎出版物スナップショットをクリックし、警告および Agents タブをクリックして下さい。

  20. エージェントのスナップショットエージェントを右クリックすればジョブはリストし、『Start Agent』 をクリック します。 「完了されるに」変更するためにステータスを待って下さい。 これは数分かかるかもしれません。

  21. 非並べられたスナップショット用のステップ 19 および 20 を繰り返して下さい。

  22. レプリケーション モニターおよび密接な SQL サーバ 管理スタジオを終了して下さい。

統一された CCMP データベース複製 セットアップは現在完了しました。

レポート サーバー データベース複製

次の手順を実行します。

  1. 両方のデータベースサーバ上の管理権限のドメイン レベル ユーザとして Side A データベースサーバにログオンされることを確かめて下さい。

  2. ウィンドウズ の デスクトップで、> 管理ポータル『Start > Programs』 をクリック し、設定管理アプリケーションをクリックして下さい。

  3. ログインを『OK』 をクリック して下さい。

  4. UCCMP サーバをクリックして下さい。

  5. レポート サーバー データベース タブをクリックして下さい。

  6. コンフィギュレーションマネージャのレポート サーバー データベース タブの複製をクリックして下さい。 レポート サーバデータベース 複製 コンフィギュレーションウィンドウは表示されます。

  7. レプリケートをクリックして下さい。 保留中の変更を保存することを頼まれた場合『Yes』 をクリック して下さい。

  8. レプリケーション構成プロセスを開始するために、『Execute』 をクリック して下さい。

  9. 複製を設定する前にパブリッシャからのレポート サーバ 暗号化キーのバックアップを奪取 するように頼まれます。

    データベースが以前に複製されたのでこれがこの場合必要となりません。

  10. 複製が正常なとき、言うレポート サーバデータベース 複製 マネージャウィンドウのメッセージがパブリッシャ レポート サーバから Subscriber レポート サーバに暗号化キーを復元する必要があることを見ます。

  11. [Close] をクリックします。

  12. レポート サーバデータベース 複製 コンフィギュレーションウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

  13. UCCMP コンフィギュレーションウィンドウを閉じるために『Close』 をクリック して下さい。

  14. コンフィギュレーションマネージャを終了して下さい。

統一された CCMP サービスを開始して下さい

統一された CCMP Windows サービスが統一された CCMP サーバで実行されていることを確認して下さい。

次の手順を実行します。

  1. Start > Run の順にクリックします。

  2. Services.msc を入力し『OK』 をクリック して下さい

  3. サービスをあります開始された状態に確認して下さい。 サービスが開始しない場合、サービス名を右クリックし、『Start』 をクリック して下さい。

これらのサービスは Web/アプリケ− ションサーバで動作する必要があります:

  • UCCMP: システム モニタリング サービス

  • UCCMP: スケジューリング サービス

  • UCCMP: サービスの報告

  • UCCMP: アプリケーション調査業務

これらのサービスはデータベースサーバで動作する必要があります:

  • UCCMP: データのインポート サーバ

  • UCCMP: パーティション表マネージャ

  • UCCMP: 供給サーバ

すべてのサービスが実行されているとき、統一された CCMP は使用可能です。

注: ちょうど Webサーバのシステム モニタリング サービスおよびアプリケーションサービスを開始する場合、完全にロードすることをサービスを許可するログオンする前に数分間待つ必要があります。

アップグレード 検証

確認しまシステムが機能であることをアップグレードにこれらのテストと続きます:

チェックして下さい 成功基準
統一された CCE プロビジョニング テスト
Side A Webサーバへのログインは(門脈)および新しいスキル グループを作成します。 これは側面 Webサーバからのプロビジョニングをテストします。 各々の設定された UCCE 例に対してこのテストを実行して下さい。 スキル グループは正常に作成する必要があります。
Side B Webサーバへのログイン(門脈)。 作成される前回 の テストでスキル グループを見つけて下さい。 これは側からの B サイドへの変更の複製をテストします。 スキル グループは B サイドで目に見えるはずです。
Side B Webサーバへのログインは(門脈)および新しいスキル グループを作成します。 これは B サイド Webサーバからの UCCE プロビジョニングをテストします。 スキル グループは正常に作成する必要があります。
Side A Webサーバへのログイン(門脈)。 作成される前回 の テストでスキル グループを見つけて下さい。 これは B サイドからの側への変更の複製をテストします。 スキル グループは側で目に見えるはずです。
Cisco スキル グループ エクスプローラ ツールを使用して AW の新しいスキル グループを作成して下さい。 数分間待ち、スキル グループが統一された CCMP にインポートされることを確認して下さい。 スキル グループは A および B サイドで目に見えるはずです。
CUCM プロビジョニング テスト
Side A Webサーバへのログインは(門脈)および新しい IP Phone を作成します。 これは側面 Webサーバからの CUCM プロビジョニングをテストします。 IP Phone は正常に作成する必要があります。
Side B Webサーバへのログインは(門脈)および新しい IP Phone を作成します。 これは B サイド Webサーバからの CUCM プロビジョニングをテストします。 IP Phone は B サイドで目に見えるはずです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113323