音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection Version 8.0

Cisco Unity Connection 8.5: バージョンの切り替えを試みるときのエラー

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity Connection クラスタが 7.x/8.x バージョンから 8.5(1) バージョンへアップグレードされた後、スイッチのバージョン コマンドが動作する時、数分後にプロセスエラー。 このドキュメントでは、これらの問題をトラブルシューティングする方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity Connection 8.5(1) に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

7.x および 8.x バージョンからの Cisco Unity Connection 8.5(1) へのクラスタをアップグレードした後で、utils システム スイッチのバージョン コマンドは完了しません。 その結果、クラスタはアップグレードを完了できません。 また、このエラーメッセージはバージョン スイッチ ログ(cuc-version-switch.log)にあります:

Cannot insert a null into column (tbl_handler.partitionobjectid)

この問題は Cisco バグ ID CSCtr59602登録ユーザのみ)によって文書化されています。

解決策

回避策はスイッチのバージョン コマンドの実行に成功するために影響を受けたユーザの削除が要求します。 影響を受けたユーザは Unity 接続管理を使用して取除かれ、csp_subscriberdelete 保存された手順の使用を必要とすることができません。

run cuc dbquery unitydirdb execute procedure csp_subscriberdelete
(pObjectId='8af5fef8-8001-460e-861d-992ec1d857a8')

影響を受けたユーザ全員がシステムから取除かれるまで必要に応じて影響を受けたユーザおよび再実行の ObjectId の ObjectId を代わりにする必要があります。 これの後で、utils システム スイッチのバージョン コマンドを再度実行して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113285