音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Personal Communicator

CUPC 8.x: CUCM 8.5 でビデオ コールを確立できない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Windows Vista 32 ビットでは、Cisco Unified Personal Communicator(CUPC)8.5.1 は、両端でビデオの起動に失敗します。 CUPC でソフトフォン モードを使用すると、カメラと [Place a video call(ビデオ通話の発信)] オプションを使用できますが、両端ではビデオを見ることはできません。 このドキュメントでは、この問題を解決する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CUPC 8.x

  • Cisco Unified Presence Server 8.x

  • Cisco Unified Communications Manager(CUCM)8.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

インポートがビデオ コール オプション利用できるのに、CUPC 8.5.1 はどちらかの端のビデオを見ません。 問題は CUPC 8.5 が softphone モードのビデオ コールを(1 対 1)作れないことです。 具体的には、両側はビデオ カメラを検出する、「インポート ビデオ コール」はオプション利用でき、コールは行きますが、ビデオはどういうわけか出て来ません。

解決策

アーリー メディア(early media)が接続前に SIP エンドポイントに提供される必要があるとき CUCM は SDP の 183 のセッション処理 メッセージを常に送信 します。 CUCM は SDP の 180 警告 メッセージを生成しないが、1 つを受け取るとき SDP の 180 警告 メッセージをサポートします。 ここの問題はクライアントが機能を送信 した後でさえもそれ、CUCM ビデオのための SDP 非アクティブのセッション処理 メッセージを送信 するかもしれませんです。

最初の機能が CUCM に送信 された後、どのパラメータが使用され、ネゴシエートされたパラメータかの両端への SIP への送出決定する CUCM まであります。 これを確認し、これらのステップを完了し、ログを奪取 するため:

  1. Cisco Unified Communications Manager ログがすべてのサーバがあるように確認されるすべてのチェックボックスの詳しいの/デバッグ レベルに設定 されることを確かめて下さい。 (低いトラフィック時間の間にデバッグを実行したいと思う場合もあります。)

  2. 両側からの CUPC から終了して下さい。

  3. CUCM パブリッシャへの SSH は、型 show status、時間を書き留め。

  4. また、CUPC がインストールされている両方のワークステーションからの現地時間を書き留めて下さい。

  5. 両方のワークステーション(www.wireshark.org)で Wireshark をleavingcisco.com インストールして下さい。

  6. 両方の適切なインターフェイスの Wireshark をワークステーション開始して下さい。

  7. 両方のワークステーションの CUPC を開始して下さい。

  8. ビデオ コールを開始して下さい。

  9. ビデオ コールを停止し、この情報を収集して下さい:

    • すべてのための CUCM ログは(パブリッシャ および サブスクライバ)または従って断絶しま最後の 5 分の間カバーしますテスト(それは非常に詳しいレベルでログを持つインポートはです)を

    • 両方のワークステーションからの Wireshark キャプチャ

    • 両側からの CUPC 問題レポート

    • 両側の USERID、また呼出すことおよび呼出された DN

    • ステップ 3 および 4 で注意したコールの時

    • ワークステーションおよび CUCM サーバの IP

  10. 見つけられる問題のログの概略はここにあります:

    15379 : m=video 0 RTP/AVP 31 34 96 97
    
    15380 : c=IN IP4 0.0.0.0
    
    15381 : a=rtpmap:31 H261/90000
    
    15382 : a=fmtp:31 MAXBR=224
    
    15383 : a=rtpmap:34 H263/90000
    
    15384 : a=fmtp:34 MAXBR=225
    
    15385 : a=rtpmap:96 H263-1998/90000
    
    15386 : a=rtpmap:97 H264/90000
    
    15387 : a=inactive

ログから、ビデオが使用するべきではないことことが CUCM 送信わかります。 この問題を解決するために、CSFS 電話のデバイス プールが見つけられる CUCM 領域の 2k にビットレートを下げて下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113263