音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection Version 8.0

Unity Connection を使用した IMAP の設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

電話によってまたは Cisco Unity Connection Web インボックスからメッセージをチェック常にできない音声 メッセージにアクセスするユーザへの利便性としてコンピュータの IMAP クライアントアプリケーションを使用することをユーザが可能にすることができます。 この資料は情報を Unity 接続で IMAP を設定する方法を提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Microsoft のための Cisco Unity Connection ViewMail の Cisco Unity Connection 8.5 に基づいていますか。 クライアントとして Outlook プラグイン。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unity Connection 8.x の IMAP アクセスを設定する手順

Cisco Unity Connection は IMAP クライアントによって生成される SMTP メッセージを受け取り、処理できます; たとえば、ViewMail for Outlook の使用によって Microsoft Outlook 電子メール クライアントに記録される音声 メッセージ。

  1. スマートなホストに中継通信文に Cisco Unity Connection サーバを設定して下さい

  2. メッセージ リレー設定を設定して下さい

  3. IMAP クライアントアクセスおよび認証のための Cisco Unity Connection サーバを設定して下さい

  4. SMTP メッセージ パラメータを設定して下さい

  5. ViewMail for Outlook 8.0 のための IMAP アカウントを設定して下さい

設定

スマートなホストに中継通信文に Cisco Unity Connection サーバを設定して下さい

ユーザ向けの SMTP アドレスにメッセージ の タイプを中継で送ることを Cisco Unity Connection が可能にするために接続サーバはスマートなホストによる中継通信文に設定する必要があります。 このタスクを完了するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity Connection 管理では、システム設定 >SMTP 設定を拡張し、そしてスマートなホストを選択して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-connection-version-80/113234-imap-uc-config-01.gif

  2. スマートなホスト ページから、スマートな[Host] フィールドで、SMTP スマートなホスト サーバの IP アドレス完全修飾ドメイン ネームを入力して下さい。

  3. [Save] をクリックします。

メッセージ リレー設定を設定して下さい

メッセージ リレー設定を行うためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity Connection 管理では、システム設定を > 進めましたり、そして選択しますメッセージングを拡張して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-connection-version-80/113234-imap-uc-config-02.gif

  2. マークされた private である Cisco Unity Connection 中継通信文を持つために、プライベートメッセージ チェックボックスの割り当て中継で送ることをチェックして下さい。

  3. 接続リレー セキュア メッセージを持つために、割り当て中継で送をの保護します Messages チェックボックスをチェックして下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-connection-version-80/113234-imap-uc-config-03.gif

  4. [Save] をクリックします。

IMAP クライアントアクセスおよび認証のための Cisco Unity Connection サーバを設定して下さい

どのクライアントが Cisco Unity Connection の SMTP 接続を開始できるか制御するためのいくつかのオプションがあります。 許可しまたは拒否アクセスたいクライアントと対応する特定の IP アドレスまたは IP アドレス パターンを設定することを可能にするアクセス リストを作成できます。

またすべてのクライアントを IP アドレスに関係なく、接続する割り当てることを選択できます。 そう場合、それらのクライアントが(信頼できない IP アドレスとして知られている)認証を受ける必要があるかどうか、そして Transport Layer Security が信頼できない IP アドレスのクライアントのために必要となるか、または許可されるかどうか規定できます。

適当ように 1 つのまたは両方の手順を、完了して下さい。

  1. Cisco Unity Connection IP アドレス アクセス リストを設定して下さい

    1. Cisco Unity Connection 管理では、システム設定 > SMTP 設定を拡張して下さい。 それから、『Server』 を選択 して下さい。

    2. SMTP Server Configuration ページから、Edit メニューで、IP アドレス アクセス リストを『Search』 を選択 して下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-connection-version-80/113234-imap-uc-config-04.gif

    3. 検索 IP アドレス アクセス リスト ページから、リストに新しい IP アドレスを追加するために『Add New』 を選択 して下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-connection-version-80/113234-imap-uc-config-05.gif

    4. IP address ページ新しいアクセスから IP アドレスを入力して下さい。 または、すべての可能性のある IP アドレスを一致するために単一 * (アスタリスク)を入力することができます。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-connection-version-80/113234-imap-uc-config-06.gif

    5. [Save] をクリックします。

    6. IP address ページ アクセスからステップ d で入力した IP アドレスからの接続を許可するために、割り当て Connection チェックボックスをチェックして下さい。 この IP アドレスからの接続を拒否するために、チェックボックスのチェックを外して下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-connection-version-80/113234-imap-uc-config-07.gif

    7. アクセスで変更を IP address ページに行なう場合、『SAVE』 をクリック して下さい。

    8. ステップ d からアクセス リストに追加したいと思う各々の追加 IP アドレスのためのステップ g を繰り返して下さい。

  2. 信頼できない IP アドレスのためのアクセスおよび認証を設定して下さい

    1. Cisco Unity Connection 管理では、システム設定 > SMTP 設定を拡張して下さい。 それから、『Server』 を選択 して下さい。

    2. SMTP Server Configuration ページから、すべてのクライアントを SMTP の使用によってとりわけ IP アドレスからの接続を可能にするために接続が設定されるかどうかに関係なく、接続する割り当てるように信頼できない IP アドレス チェックボックスからの割り当て接続をチェックして下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-connection-version-80/113234-imap-uc-config-08.gif

      クライアントのこれらの型のための認証を設定するために信頼できない IP アドレス チェックボックスからの必要と認証をチェックして下さい。 それから信頼できない IP アドレスかのための接続ハンドル Transport Layer Security どのように、選択して下さい:

      • 無効—接続は SMTP セッションのためのオプションとして TLS を提供しません信頼できない IP アドレスのクライアントかサーバによって始められる。

      • required —信頼できない IP アドレスから接続しているクライアントかサーバは接続サーバの SMTP セッションを始めるのに TLS を使用する必要があります。

      • オプションの—信頼できない IP アドレスから接続しているクライアントがかサーバは接続サーバの SMTP セッションを始めるのに TLS を使用できますがそうするために必要となりません。

    3. [Save] をクリックします。

SMTP メッセージ パラメータを設定して下さい

設定可能な合計サイズより大きい着信 SMTP メッセージを拒否するためにまたは受信者の構成可能 番号より多くがあるために接続は設定できます。 デフォルトで、接続は 10 MB より大きいメッセージを受け入れましたりまたは 15,000 人以上の受信者があります。

SMTP メッセージ パラメータを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity Connection 管理では、システム設定 > SMTP 設定を拡張して下さい。 それから、『Server』 を選択 して下さい。

  2. Message フィールドの限界 サイズの SMTP Server Configuration ページから、SMTP クライアントが送信 する個々のメッセージのサイズを制限するためにキロバイトで番号を入力して下さい。

  3. Message フィールドごとの受信者の限界数から、メッセージごとに許可される受信者の数を入力して下さい。

  4. [Save] をクリックします。

ViewMail for Outlook 8.0 のための IMAP アカウントを設定して下さい

ユーザが複数の IMAP アカウントを設定してもらう場合接続にアクセスするのに使用されている IMAP アカウントを使用するために ViewMail 8.0 を設定して下さい。 これは ViewMail の使用によって構成されるメッセージが接続サーバことをに送られるようにします。 ユーザが 1 IMAP アカウントだけ設定してもらう場合 ViewMail は自動的に接続にメッセージを送るのにそれを使用します。

ViewMail for Outlook 8.0 設定を行うためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Outlook Tools メニューから、ViewMail オプションを選択して下さい。

  2. アカウント タブを選択して下さい。

  3. 接続にアクセスするのに使用されている選り抜きからフィールドの Cisco Unity Connection にアクセスするアカウントは IMAP アカウントを選択します。

  4. [Save] をクリックします。

注: その他の情報に関しては、設定します ViewMail for Outlook を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113234