音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection Version 8.0

Unity 5.x から Unity Connection 8.5 への COBRAS のインポートの設定例

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 11 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unity 5.x から Cisco Unity Connection 8.5 に Cisco Objected Backup and Restore Application Suite(COBRAS)をインポートするための設定例を紹介します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 5.x

  • Cisco Unity Connection 8.5

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

コブラは特定の音声メッセージシステムの以前のバージョンから現在の Cisco Unity Connection サーバにユーザのデータおよびメッセージを移行するために管理者のワークステーションの実行がツールを提供する外部アプリケーションを提供し。

コブラはバックアップを行うときディレクトリ構造全体をキャプチャ します。 コブラ エクスポート ユーティリティを使用して必要な情報をエクスポートした後、コブラ Import ユーティリティに www.ciscounitytools.com からアクセスし、Cisco Unity Connection に必要なデータをインポートする必要があります。

Unity 接続 8.5 にコブラをインポートするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. メールボックスなしでユーザを設定して下さい。

  2. データベース プロキシサービス シャットダウン時間を設定 して下さい。

  3. リモート データベース プロキシサービスをアクティブにして下さい。

  4. メッセージをインポートするための SMTP 接続を可能にして下さい。

メールボックスなしでユーザを設定して下さい

メールボックスなしでユーザを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity Connection 管理 Webインターフェイスに行って下さい。

  2. メールボックスなしでユーザを作成して下さい:

    1. ユーザ > 新規 ユーザに行って下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-01.gif

    2. ユーザー定義型ドロップダウン リストからメールボックスなしで『User』 を選択 して下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-02.gif

    オフ ボックス データアクセス目的でメールボックスの有無にかかわらずユーザを活用できます。 ただしリモート管理タスクの為にもっぱら使用されるべきメールボックスなしで新規 ユーザを作成することが、セキュリティの理由から、強く推奨されます。 メッセージをバックアップする場合、メールボックスなしでユーザをこのために使用して下さい; メールボックスを持つユーザはメールボックスのないユーザは問題があるはずである一方他のメールボックスからメッセージを得ることができないかもしれません。

  3. 変更ログオンを最初は必要としないためにユーザ向けの Web管理 パスワードが設定されることを確かめて下さい:

    1. ユーザページからユーザを選択して下さい。

    2. > パスワード設定 『Edit』 をクリック して下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-03.gif

    3. ユーザが次のサインイン チェックボックスチェックされない変更する必要があることを確かめて下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-04.gif

  4. 必要ならば、Password ページ変更の Web管理 パスワードを変更して下さい。

    注: Webアプリケーション パスワードだけ間接資料データ アクセスのために始まります。

  5. ユーザ向けのページ編集ロールので、リモート管理者を追加すれば Assigned roles へのシステム管理者ロールはリストし、『SAVE』 をクリック します。 他の一部またはすべてのロールを余りに割り当てることができますがデータベースおよび更新へのリモートアクセスの目的でユーザへの作成、これら二つのロールは必要です。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-05.gif

データベース プロキシサービス シャットダウン時間を設定 して下さい

独自には、データベース プロキシサービス動作しなくて、サービスを開始することを試みればすぐにシャットダウンします。

このサービスを起動するには、次の手順を実行します。

  1. > 進みました > Cisco Unity Connection 管理 ページの接続管理はシステム設定に行きます。

  2. データベース プロキシを設定 して下さい: 999シャットダウン タイマー値最高を保守して下さい。 デフォルトで、これは 0 に設定 されます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-06.gif

ここに設定された日数がリモート データベース プロキシサービス シャットダウンした後。 これは役立ちます、一例として、セキュリティの理由からディセーブルにされる移行作業をしたいと思い、サービスを持つことを忘れたいと思いません。

リモート データベース プロキシサービスをアクティブにして下さい

サーバを再起動しても、Remote Database Proxy Service はシャットオフしたままです。 システム 再始動の後で、リモート Database 要求をではない非アクティブ受信するおよび手動でそれをつける必要がありますサービス。

リモート データベース プロキシサービスをアクティブにするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity Connection サービサビリティ Web管理 ページに行って下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-07.gif

  2. Tools > Service 管理に行って下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-08.gif

  3. オプションのサービス セクションの下の接続データベース プロキシ 項目は「無効にされ」、停止されるとしてマークされます。 『Activate』 を選択 すれば、それは自動的にアクティブになり、開始します。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-09.gif

プロキシサービスを開始したら、ユーザネームおよび Web管理 パスワードを使用してオフ ボックス データベースアクセスを必要とするあらゆるツールと接続できます。

メッセージをインポートするためのイネーブル SMTP 接続

システムに SMTP メール メッセージを送るためにアクセスをイネーブルにする必要があります。 これをするために SMTP サービスの認証制限をディセーブルにして下さい。

  1. [Cisco Unity Connection Administration] Web ページで、[System Settings] の [SMTP Configuration] セクションに移動します。

  2. [Server] ページで [Allow Connections from Untrusted IP Addresses] をオンにします。

  3. [Transport Layer Security from Untrusted IP Addresses] で [Disabled] を選択し、変更を保存します。

これらのステップが完了した後、インポート オペレーションを始めるためにコブラ Import ユーティリティを開いて下さい。 希望 の ファイルに参照によってエクスポートされたデータベース ファイルを選択して下さい。 ウィザードはユーザがどのサブスクライバおよびオブジェクトが Cisco Unity Connection にインポートされるべきであるか選択できる一連のオプションを示すことによって始まります。 インポート オペレーションが完了した後、コブラ ユーティリティは閉じます。

注:  問題のトラブルシューティングために、www.ciscounitytools.com を参照して下さい。 この Webサイトに多くの役に立つツール、更新およびトレーニング情報があります。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

エラー: メッセージ抽出のための DOH に接続できませんでした

コブラ ツールを使用してメッセージをエクスポートすることを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます:

Could not attach to DOH for message extraction- be sure you are logged
in as the account associated with the AvCsMgr service before selecting
this option

Exchange ストア サービスが実行されていることをこの問題を解決するために、確かめて下さい。

エラー: サーバへの SMTP 接続は失敗しました

コブラはサーバ 失敗エラー メッセージへの SMTP 接続と失敗しますインポートし、コブラ インポート ログはこのエラーメッセージを表示します:

538 Encryption required for requested authenticated mechanism

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. [Cisco Unity Connection Administration] Web ページで、[System Settings] の [SMTP Configuration] セクションに移動します。

  2. [Server] ページで [Allow Connections from Untrusted IP Addresses] をオンにします。

  3. [Transport Layer Security from Untrusted IP Addresses] で [Disabled] を選択し、変更を保存します。

エラー: ODBC によって Conection リモート サーバに失敗しましたログインして下さい

コブラはこの警告メッセージと失敗しますインポートします:

Login to remote Conection server via ODBC failed
Error number=2147217843.System error 908.This usually means the server is not 
found or that ODBC Proxy is not enabled or cannot be reached on port 20532. 
Make sure that port is not being blocked,that the database proxy 
service is currently active and running and that the server name can be resolved
properly from this Windows machine.

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. > 進みました > Cisco Unity Connection 管理 ページにいる接続管理はシステム設定に行きます。

  2. データベース プロキシの隣のフィールド: シャットダウン タイマーを(幾日で)保守して下さい1 のおよび 999 日間の値を入力して下さい。

    注: 0 という値は(ゼロ)データベース プロキシサービスをディセーブルにします。

  3. [Save] をクリックします。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-10.gif

  4. Cisco Unity Connection サービサビリティ Web管理 ページの Tools > Service 管理に行って下さい。

  5. Server ドロップダウン ボックスから、Cisco Unity Connection サーバかサーバを選択して下さい。『Go』 をクリック して下さい。

  6. 接続データベース プロキシサービスをオプションのサービスの下でアクティブにするために、『Activate』 を選択 して下さい。 それは自動的にアクティブになり、開始します。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-11.gif

エラー: bCanUploadWAVFile で実行するべき csp_AllocateVOiceFile 失敗する

コブラはこのエラーメッセージと失敗しますインポートします:

(error)csp_AllocateVOiceFile failed to execute in bCanUploadWAVFile.

Unable to upload WAV file to the remote Connection server. Make sure that
you turn off web proxies and ensure that HTTP traffic on port 80 and 443 to
the Connection server is not being blocked by a virus scanner or a firewall.

解決策

Windows 7 を使用している場合、Windows XP を使用してインポートを試みて下さい。 また、問題を解決するために接続データベース プロキシサービスを再開して下さい。

コブラ SMTP は失敗します接続します

この SMTP Connect エラーメッセージはコブラを実行している間受け取られます:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113181-cobras-cucx-12.gif

解決策

この問題はウイルス対策が SMTP のために CUC によって使用されているポート 25 にトラフィックをブロックする場合発生する場合があります。 この問題を解決するために、ウイルス対策をディセーブルにし、Import ユーティリティか開港 25 を実行して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113181