音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager Version 7.1

Unified Communications Manager 7.x/8.x での Unified Mobility の設定例

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 13 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Mobility は、Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)内のネイティブのモビリティ機能のことで、モバイル コネクト、モバイル ボイス アクセス、エンタープライズ機能アクセス機能が含まれています。 このドキュメントでは、Cisco Unified CM 7.x または 8.x でモバイル コネクトを設定する方法について説明します。

前提条件

要件

モービル接続応答を有効に する前にこれらのポイントを考慮して下さい:

  • Cisco Unified Communications Manager 管理は複数のユーザに Cisco Unified Mobility に同じデバイスを割り当てることを許可しません。

  • 設定を計画するとき、ユーザがデスクトップ電話および携帯 電話を両方使用するかどうか判別して下さい。 ユーザがデスクトップ電話および携帯 電話を両方使用する場合、エンドユーザ コンフィギュレーションウィンドウのモービル接続応答を有効に した後ユーザに付加物デバイスを割り当てることを確かめて下さい。

  • モービル接続応答のためのデバイス ライセンス ユニットを消費するために認可するエンドユーザ コンフィギュレーションウィンドウ トリガーのイネーブル モビリティ チェックボックスのチェック。

  • 別のネットワークへのコール転送に関しては、コールはゲートウェイの出かけなければなりません。 その結果、統一されたモビリティは同じ IPネットワークの内であることができないし、1 つの電話番号だけに転送できます。

  • モービル接続応答 機能は T1 CAS、FXO、FXS および BRI のためにサポートされません。

  • モービル接続応答 ユーザは有効に なることができますまたはモービルをディセーブルにするために Cisco IP Phone から接続して下さい。

  • 細胞キャリアによっては、余りにすぐに/遅くタイマーそれに応じて調節されるには必要があります答えて下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CM 8.x

  • Cisco IP Phone 7961

  • CUBE が UCM の H323 ゲートウェイで設定したように機能する Cisco ISR 2811

  • PSTN への SIP トランク

  • 携帯 電話 キャリア

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/113060/unified-mobility-01.gif

  1. PSTN の A に呼出しますモービル接続応答 ユーザの企業 Directory Number (DN) 408-555-1234 を電話をかけて下さい。

  2. コールは企業 PSTN ゲートウェイに、です DN 408-555-1234 の IP Phone に統一された CM によって拡張入って来、この電話は鳴り始めます。

  3. コールはまたユーザのリモート宛先 プロファイルに伸びます、同じ DN を共有する。

  4. 次に、コールはユーザのリモート宛先 プロファイル(この場合 408-555-7890)と関連付けられるリモート宛先に送信されます。

  5. リモート宛先への送信コールは PSTN ゲートウェイを通してルーティングされます。

  6. 最終的には、コールは第 408 555-7890 のリモート宛先 PSTN 電話で鳴ります。

コールはどちらかの電話でそれから応答することができます。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Cisco Unified Mobility ははたらいているところはどこでもユーザが着信 ビジネス呼び出しをすべて単一 ビジネス 電話番号に強化し、受け取ることを可能にします。 モバイルユーザがコールに応答することができない場合 Cisco Unified Mobility は Cisco Unity 音声メールの単一 ビジネス 音声 メールボックスに未解答コールを強化します。 Cisco Unified Mobility および Cisco Unified CM を使うと、従業員はデバイスの同僚および顧客から呼び出しをオフィスにしかしデスクからいる、または外部、ホテルで、または家庭用旅するキャンパスできますかどうか選択の受信。

この資料はモバイルユーザ設定されると CUCM 間の呼び出しをルーティングするために PSTN ゲートウェイがおよびそれ故に PSTN ゲートウェイの設定を論議しないと仮定します。

Cisco Unified Mobility 設定

設定手順

次の手順を実行します。

  1. ユーザアカウントを設定して下さい。

  2. フックおよび接続されたモードの 2 つの「モビリティ」ソフトキーを作成して下さい。

  3. IP Phone のソフトキー テンプレートを関連付けて下さい。

  4. リモート宛先 プロファイルを設定して下さい。

  5. 新しいリモート宛先を作成して下さい。

ユーザアカウントを設定して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified CM 管理 ページに行って下さい。

  2. User Management メニューからエンドユーザを選択して下さい。

  3. [Add New] をクリックします。

  4. USERIDパスワードPIN、先祖などを入力して下さい

  5. スクロールし、エンドユーザ コンフィギュレーションウィンドウのモビリティ インフォメーション セクションのイネーブル モビリティ チェックボックスをチェックすることを確かめて下さい。

    unified-mobility-03.gif

フックおよび接続されたモードの 2 つの「モビリティ」ソフトキーを作成して下さい

これらをステップ完了して下さい:

  1. Cisco Unified Communications Manager 管理 ページへのナビゲート。

  2. デバイス > デバイス設定 > ソフトキー テンプレートに行って下さい。

  3. [Add New] をクリックします。

  4. システムはでどんなソフトキー テンプレートが新しいテンプレートを基づかせたいと思うか尋ねます。 標準ユーザ テンプレートを選択し、次に『Copy』 をクリック して下さい。

    unified-mobility-04.gif

  5. 標準ユーザ ソフトキー テンプレートの名前をモビリティ ソフトキーに変更し、『SAVE』 をクリック して下さい。

    unified-mobility-05.gif

  6. 関連リンク オプションを設定する右上隅にいるドロップダウンからのソフトキー レイアウトを選択した後『Go』 をクリック して下さい。

  7. 指定ソフトキー セクションにこれら二つの状態のためのモビリティ(モビリティ)ソフトキー キーがあることを確かめて下さい:

    • オンフック

    • 接続済み

    ステップ 7 は両方のために引っ掛け、別々に接続しました状態を繰り返されなければなりません。

    /image/gif/paws/113060/unified-mobility-06.gif

  8. [Save] をクリックします。

IP Phone のソフトキー テンプレートを関連付けて下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified Communications Manager 管理 ページに行って下さい。

  2. Device > Phone の順に選択 して下さい。

  3. 『Find』 をクリック し、IP Phone を選択して下さい。

  4. Phone Configuration ページで、モビリティ ソフトキーとしてソフトキー テンプレートを選択して下さい。

    unified-mobility-07.gif

  5. 『SAVE』 をクリック し、電話をリセットして下さい

リモート宛先 プロファイルを設定して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified Communications Manager 管理 ページに行って下さい。

  2. デバイス > デバイス設定 > リモート宛先 プロファイルに行って下さい。

  3. [Add New] をクリックします。

  4. 次のウィンドウが表示されます。

    unified-mobility-08.gif

  5. 次のように設定します。

    1. [Name]: mobilityuser_RDP

    2. [Description]: Mobilityuser リモート宛先 プロファイル

    3. [User ID]: モビリティ ユーザ

    4. デバイス プール: 適切なデバイス プール

    5. Calling Search Space: 適切な CSS

    6. User ホールド可聴周波ソース: プリファレンスのオプション

    7. Network ホールド MOH オーディオ ソース: プリファレンスのオプション

    8. プライバシー: オフ

    9. 再ルーティング検索を呼出します: できれば CSS PSTN にアクセスできる

    10. コーリングパーティ変換 CSS: なし

    11. デフォルトとして他を残して下さい。

    unified-mobility-09.gif

  6. [Save] をクリックします。

  7. クリックして下さい Line[1] -新しい DN に進むために新しい DN リンクを追加して下さい

  8. 卓上電話機として DN およびパーティションを入力するとき、オートにデータを入力するべきです。

  9. [Save] をクリックします。

新しいリモート宛先を作成して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified Communications Manager 管理 ページに行って下さい。

  2. > リモート宛先 『Device』 を選択 して下さい。

  3. [Add New] をクリックします。

    unified-mobility-10.gif

  4. 次のように設定します。

    1. [Name]: mobilityuser_mobilephone

    2. 宛先番号: (アウトバウンドコールを作るために 9 つが押されれば) 9+mobile 電話番号

    3. 返事余りにすぐにタイマー: デフォルトとして去って下さい

    4. 余りに遅いタイマーに答えて下さい: デフォルトとして去って下さい

    5. タイマーを鳴らす前に遅れます: デフォルトとして去って下さい

    6. リモート宛先 プロファイル: [新しく作成されたリモート宛先 プロファイルを選択して下さい mobilityuser_RDP である]

    7. 携帯 電話 チェックボックスをチェックして下さい。

  5. [Save] をクリックします。

  6. ライン Association チェックボックスをチェックし、『SAVE』 をクリック して下さい。

モービル接続応答 ユーザと対応づけられる電話をリセットする必要がある場合もあります。 ユーザはモービル接続応答 機能を使用し始めて現在準備ができています。

発信者ID 変換

問題

H323 ゲートウェイはモバイル ボイス アクセス IVR 数にコールを受け入れるために設定されました。 この場合内線から呼出しているように PSTN によってあらゆる DID の電話にコールを(ない MVA IVR 数を使用して)作るとき、まだ見えます。 この場合、クラスタのあらゆるディレクトリ番号に向かうユーザのリモート宛先電話からのどのコールでも自動的にリモート宛先数からディレクトリ番号に変更された発信者ID があります。

解決策

設定された遠隔 宛先番号によってクラスタになされたどの呼び出しでも自動的に呼出すリモート宛先 電話番号から関連する卓上電話機の企業 ディレクトリ番号に変更された発信者ID か発信者番号があります。 これは従ってどの帰り呼び出しでもユーザの料金受信人払い番号になされることアクティブ コール 発信者ID ディスプレイおよびコールヒストリ ログ 発信者ID が携帯 電話数よりもむしろモビリティ ユーザの企業 卓上電話機数を反映する、企業内のそれらの呼び出しを固定することを確かめますようにし。

リモート宛先 設定は失敗しました

問題

add 失敗しました。 [10108] リモート宛先は関連するエンド ユーザーがモビリティを有効に してもらわないので追加することができません。 エラーメッセージは受け取られます。

解決策

エンドユーザ ページのイネーブル モビリティ チェックボックスがチェックされることをこの問題を解決するために、確かめて下さい。

次の手順を実行します。

  1. 行き、> エンドユーザは CCMAdmin ページに『User Management』 を選択 します。

  2. モビリティを設定しているエンドユーザを選択して下さい。

  3. イネーブル モビリティ チェックボックスをチェックして下さい。


関連情報


Document ID: 113060