音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Unified Communications Manager 6.x:Cisco IP Phone 用カスタム背景イメージの作成

2011 年 10 月 21 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2011 年 4 月 8 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、Cisco Unified Communications Manager 環境で、Cisco IP Phone 用のカスタム背景イメージを作成する手順について説明します。

注:IP 電話の背景イメージ変更についての動画は、「Video:IP Phone Background Image Changeleavingcisco.comで確認できます。



前提条件

要件

シスコでは、Cisco Unified Communications Manager 6.x 以降に関する知識があることを推奨しています。



使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco Unified Communications Manager 6.x 以降に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。



表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。



設定

次の手順を実行して、Cisco Unified Communications Manager 経由で Cisco IP Phone のカスタマイズ背景イメージを設定します。

  1. イメージ ファイルの作成

  2. List.xml ファイルの編集

  3. イメージ ファイルのアップロード

  4. Cisco Unified Communications Manager TFTP サービスの再起動

注:ご使用のクラスタに複数の Cisco Unified Communications Manager が存在する場合は、これらの手順をすべて実行します。



イメージ ファイルの作成

各イメージに対して 2 つの .PNG ファイル(フル サイズ バージョンとサムネイル バージョン)を作成します。

次の表を参照して、Cisco IP Phone のモデルに基づいて、サイズおよびディレクトリの場所を設定します。

IP Phone のモデル フル サイズ イメージのピクセル レンジ サムネイル サイズ イメージのピクセル レンジ ディレクトリの場所
7906 / 7911 95x34 23x8 /Desktops/95x34x1
7941 / 7961 320x196 80x49 /Desktops/320x196x4
7942 / 7962 320x196 80x49 /Desktops/320x196x4
7945 / 7965 320x212 80x53 /Desktops/320x212x16
7970 / 7971 320x212 80x53 /Desktops/320x212x12
7975 320x212 80x53 /Desktops/320x216x16



List.xml ファイルの編集

テキスト エディタを使用して、IP Phone のモデルに基づいて対応するサブディレクトリの場所にある既存の List.xml ファイルを編集するか、または IP Phone のモデルに基づいてサブディレクトリに新しい List.xml ファイルを作成します。詳細については、「コンフィギュレーション ファイルのカスタマイズと変更」を参照してください。

ファイルを保存する正しい場所については、上記のを参照してください。

次の手順を実行します。

  1. 次のサンプル スクリプトを使用して、List.xml ファイルを作成できます。

    <CiscoIPPhoneImageList>
    		  <ImageItem Image="TFTP:Desktops/320x212x12/TN-Fountain.png"
    		  URL="TFTP:Desktops/320x212x12/Fountain.png"/>
        </CiscoIPPhoneImageList>
  2. このスクリプトでは、ファイル名を背景イメージの名前に変更する必要があります。最初のファイルはサムネイル イメージ、2 番目のファイルはフル サイズ イメージです。

    • Image:[Background Images] メニューに表示されるサムネイル イメージを、電話が取得する場所を指定する Uniform Resource Identifier(URI; ユニフォーム リソース識別子)。

    • URL:電話がフル サイズ イメージを取得する場所を指定する URL。

  3. このファイルを、List.xml として保存します。



イメージ ファイルのアップロード

これらの 3 個のファイル(イメージ ファイル 2 個と List.xml ファイル)はすべて、TFTP サブディレクトリの場所にアップロードする必要があります。次の手順を実行します。

  1. [Cisco Unified OS Administration] ページを開きます。

  2. [Software Upgrades] > [TFTP file Management] > [Upload File] を選択します。

  3. [Browse] をクリックして、背景イメージ PNG ファイルと List.xml ファイルを選択します。

    background-01.gif

  4. イメージ ファイルの作成」セクションの表で定義されている Cisco IP Phone のモデルに基づいて、[Directory] にパスを指定します。

    注:ファイル名とサブディレクトリ パラメータは、大文字と小文字が区別されます。また、サブディレクトリのパスを指定する場合は、前方スラッシュ(/)を使用してください。



Cisco Unified Communications Manager TFTP サービスの再起動

次の手順を実行します。

  1. [Cisco Unified Serviceability] ページを開きます。

  2. [Tools] > [Control Center – Feature Services] を選択します。

  3. [CM services] までスクロールダウンし、[Cisco Tftp] オプションを選択してから、さらにスクロールダウンして [Restart] ボタンをクリックします。



カスタム背景イメージの作成

ユーザに電話の LCD 画面用の背景イメージの選択肢を提供することができます。ユーザは、電話で [Settings] > [User Preferences] > [Background Images] を選択して、背景イメージを選択できます。

ユーザに対して表示されるイメージの選択肢は、電話が使用する TFTP サーバに保存されている PNG イメージおよび XML ファイル(List.xml)が元になっています。TFTP サーバに独自の PNG ファイルを保存して、XML ファイルを編集することで、ユーザが選択する背景イメージを指定できます。この方法で、会社ロゴなどのカスタム イメージを提供できます。

次のセクションでは、独自の PNG ファイルを作成し、List.xml ファイルを編集して、サイトで使用できる背景イメージをカスタマイズする方法を説明します。



List.xml ファイル フォーマットの要件

List.xml ファイルでは、背景イメージのリストが含まれる XML オブジェクトが定義されます。List.xml ファイルは、TFTP サーバの次のサブディレクトリに保存されます。/Desktops/320x212x16

List.xml ファイルには、最大 50 個の背景イメージを含めることができます。イメージは、電話の [Background Images] メニューに表示される順番になっています。List.xml ファイルでは、各イメージに対して ImageItem という要素タイプが 1 つずつ含まれています。ImageItem 要素には、次の 2 つの属性が含まれています。

  • Image:電話の [Background Images] メニューに表示されるサムネイル イメージを、電話が取得する場所を指定する Uniform Resource Identifier(URI; ユニフォーム リソース識別子)。

  • URI:電話がフル サイズ イメージを取得する場所を指定する URI。

次に、2 つのイメージを定義する List.xml ファイルの例を示します。各イメージについて、必要な Image 属性および URL 属性を含める必要があります。例に示されている TFTP URI は、フル サイズ イメージおよびサムネイル イメージにリンクする方法として唯一サポートされている方法です。HTTP URL はサポートされていません。

<CiscoIPPhoneImageList>

<ImageItem Image="TFTP:Desktops/320x212x16/TN-Fountain.png" 
URL="TFTP:Desktops/320x212x16/Fountain.png"/> 

<ImageItem Image="TFTP:Desktops/320x212x16/TN-FullMoon.png" 
URL="TFTP:Desktops/320x212x16/FullMoon.png"/> 

</CiscoIPPhoneImageList>

Cisco Unified IP Phone のファームウェアには、デフォルトのバックグラウンド イメージが含まれています。このイメージは、List.xml ファイルでは定義されていません。デフォルト イメージは、電話の [Background Images] メニューで常に最初に表示されるイメージです。



カスタム背景イメージの PNG ファイルの要件

各背景イメージに対して、2 つの PNG ファイルが必要です。

  • フル サイズ イメージ:電話に表示されるバージョン。

  • サムネイル イメージ:ユーザがイメージを選択する、[Background Images] メニューに表示されるバージョン。フル サイズ イメージの 25 % である必要があります。

背景イメージの PNG ファイルは、Cisco IP Phone 上で正しく表示されるためには、次の要件を満たしている必要があります。

  • フル サイズ イメージ:320 ピクセル(幅)X 212 ピクセル(高さ)

  • サムネイル イメージ:80 ピクセル(幅)X 53 ピクセル(高さ)



カスタム背景イメージの設定

Cisco Unified IP Phone 用のカスタム背景イメージを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 各イメージに対して 2 つの PNG ファイル(フル サイズ バージョンとサムネイル バージョン)を作成します。PNG ファイルが、「カスタム背景イメージの PNG ファイルの要件」セクションにリストされているフォーマット ガイドラインに適合していることを確認します。

  2. ファイルをアップロードするには、Cisco Unified Communications Operating System Administration Web ページにログインします。

    background-02.gif

  3. [Software Upgrades] > [TFTP File Management] を選択します。

    background-03.gif

  4. [Upload File] をクリックします。次に示すように、ウィンドウがポップアップ表示されます。[Browse] をクリックし、PNG ファイル(サムネイルおよびフル サイズ イメージ)と List.xml ファイルから、背景イメージを 1 つずつ選択する必要があります。

    background-04.gif

  5. 作成した新しい PNG ファイルと List.xml を、Cisco Unified Communications Manager の TFTP サーバにある次のディレクトリにアップロードします。/Desktops/320x212x16

  6. 新しい List.xml ファイルをキャッシュするには、Cisco Unified Communications Manager Serviceability を使用して TFTP サービスを停止および開始します。[Cisco Unified Serviceability] ページから、[Tools] > [Control Center - Feature Services] に移動します。

    background-05.gif

  7. TFTP サービスを停止して、開始します。

    background-06.gif

注:以上で、IP Phone で [Settings] > [User Preferences] > [Background Images] を選択することで、アップロードされた背景イメージを選択したり、変更したりできるようになります。



関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112041