WAN : フレーム リレー

フレームリレー トラフィック シェーピング フローチャート

2011 年 10 月 21 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2007 年 11 月 17 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
フローチャート
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

次のフローチャートは、フレームリレー トラフィック シェーピングを実装する場合のパケット フローを示しています。



前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。



使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。



表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。



フローチャート

トラフィック シェーピングの詳細については、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2 メインラインの「ポリシングとシェーピングに関する概要」を参照してください。

frts_fchart.gif

このフローチャートで使用されている用語の定義は、次のとおりです。

  • FIFO:先入れ先出し

  • CQ:カスタム キューイング

  • PQ:プライオリティ キューイング



関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報



Document ID: 14195