Cisco Security Advisory: Cisco IOS Software IP Service Level Agreement Vulnerability

2011 年 9 月 29 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2011 年 9 月 28 日) | フィードバック


Advisory ID: cisco-sa-20110928-ipsla

http://www.cisco.com/warp/public/707/cisco-sa-20110928-ipsla.shtml

日本語による情報は、英語による原文の非公式な翻訳であり、英語原文との間で内容の齟齬がある場合には、英語原文が優先します。

Revision 1.2

Last Updated 2011 October 10 2020 UTC (GMT)

For Public Release 2011 September 28 1600 UTC (GMT)


要約

Cisco IOS IP Service Level Agreement(IP SLA)機能には、サービス拒否(DoS)の脆弱性があります。この脆弱性は、不正な UDP パケットが脆弱なデバイスに送信されると発生します。脆弱性のある UDP ポート番号はデバイス構成によって異なります。デフォルトのポートは、脆弱性のある UDP IP SLA オペレーションまたは UDP レスポンダのポートとしては使用されません。

シスコはこの脆弱性に対処する無償のソフトウェア アップデートをリリースしました。

このアドバイザリは次のリンクに掲載されます。 http://www.cisco.com/warp/public/707/cisco-sa-20110928-ipsla.shtml

注:2011 年 9 月 28 日の Cisco IOS ソフトウェア セキュリティ アドバイザリ バンドル公開には 10 件の Cisco Security Advisory が含まれています。9 件のアドバイザリは Cisco IOS ソフトウェアの脆弱性に対処するもので、1 件は Cisco Unified Communications Manager の脆弱性に対処するものです。各アドバイザリには、そのアドバイザリで詳述された脆弱性を解決する Cisco IOS ソフトウェア リリース、および 2011 年 9 月にバンドル公開したすべての脆弱性を解決する Cisco IOS ソフトウェア リリースを記載しています。

個々の公開リンクは次のリンクにある「Cisco Event Response: Semiannual Cisco IOS Software Security Advisory Bundled Publication」内に掲載されています。

http://www.cisco.com/web/about/security/intelligence/Cisco_ERP_sep11.html

該当製品

脆弱性が存在する製品

Cisco IOS ソフトウェアを実行するシスコ デバイスは、脆弱性のある IP SLA オペレーションのレスポンダとして、または送信元として IP SLA 用に構成された場合、脆弱性が存在します。

シスコ製品で稼動している Cisco IOS ソフトウェア リリースを確認するには、デバイスにログインし show version コマンドを実行してシステム バナーを表示させます。「Internetwork Operating System Software」、「Cisco IOS Software」あるいはこれらに類似するシステム バナーによってデバイスで Cisco IOS ソフトウェアが稼動していることを確認できます。その後ろにイメージ名が括弧の間に表示され、続いてバージョンと Cisco IOS ソフトウェア リリース名が表示されます。他のシスコ デバイスでは、show version コマンドがない場合や、表示が異なる場合があります。

以下に、Cisco IOS ソフトウェア イメージを実行するデバイスの表示例を示します。

Router> show version
Cisco IOS Software, C3900 Software (C3900-UNIVERSALK9-M), Version 15.0(1)M1, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2009 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Wed 02-Dec-09 17:17 by prod_rel_team


!--- output truncated

Cisco IOS ソフトウェアのリリース命名規則の追加情報は、以下のリンクの「Cisco IOS and NX-OS Software Reference Guide」で確認できます。 http://www.cisco.com/web/about/security/intelligence/ios-ref.html

脆弱性が存在しない製品

他のシスコ製品において、このアドバイザリの影響を受けるものは現在確認されていません。

詳細

IP SLA は Cisco IOS ソフトウェアの組み込みエージェントで、その目的は、ジッタ、遅延、パケット損失など、ネットワークの一般的なパフォーマンス基準の測定と監視です。

このアドバイザリで説明している脆弱性は、不正な IP SLA パケットが脆弱なデバイスやポートに送信されることによって引き起こされます。脆弱なデバイスとしては、IP SLA レスポンダや、脆弱な IP SLA オペレーションのソース デバイスが考えられます。

この脆弱性は Cisco Bug ID CSCtk67073 登録ユーザのみ)に文書化されており、Common Vulnerabilities and Exposures(CVE)ID として CVE-2011-3272 が割り当てられています。

脆弱性のある IP SLA レスポンダの構成

一般的な IP SLA レスポンダ、または永続的な IP SLA UDP レスポンダとして構成されたデバイスには脆弱性があります。

一般的なレスポンダは IP SLA コントロール プロトコル パケットを UDP ポート 1967 で処理し、次に、コントロール プロトコルを使用して要求された IP SLA オペレーションに従って、脆弱性のある UDP ポートを動的に開く可能性があります。一般的なレスポンダ用の構成は次のとおりです。

ip sla responder 

永続的な IP SLA UDP レスポンダにも脆弱性があります。構成例は次のとおりです。

ip sla responder udp-echo port 300

永続的な UDP レスポンダにはデフォルトの UDP ポート番号はありません。

また、一般的なレスポンダと永続的なレスポンダのいずれも、show ip sla responder コマンドによって特定できます。一般的なレスポンダは、有効化された場合に脆弱性が存在します。永続的なレスポンダは、有効化され、「udpEcho Responder」が存在する場合のみ脆弱性が存在します。次の例では、一般的なレスポンダは有効化されていないため脆弱性はありませんが、永続的なレスポンダは有効化されており、さらに UDP エコー レスポンダが存在するため、脆弱性があります。

Router# show ip sla responder
        General IP SLA Responder on Control port 1967
General IP SLA Responder is: Disabled

        Permanent Port IP SLA Responder
Permanent Port IP SLA Responder is: Enabled

udpEcho Responder: 
  IP Address             Port
  0.0.0.0                 300

脆弱性のある IP SLA ソース デバイス構成

IP SLA ソース デバイスとは、少なくとも 1 つの IP SLA オペレーションが構成されている Cisco IOS デバイスです。脆弱性が存在するのは、次の IP SLA オペレーションのいずれかを使用するプローブが少なくとも 1 つ、プローブ発信元にスケジュールされている場合です。

  • udp-jitter probe
  • udp-echo

脆弱性のある IP SLA ソース デバイス構成には、次のすべてのコマンドが含まれます。

  • IP SLA オペレーションを定義する ip sla グローバル コンフィギュレーション コマンド
  • udp-echo または udp-jitter のいずれかの IP SLA コンフィギュレーション コマンド
  • 脆弱性のある IP SLA オペレーションを使用するプローブの 1 つをアクティブ化する ip sla schedule グローバル コンフィギュレーション コマンド

次の例は、IP SLA UDP エコーおよび UDP ジッタ プローブ用に構成されたソース デバイスを示します。

ip sla 201
 udp-echo 192.168.134.21 201
ip sla schedule 201 start-time now

ip sla 301
 udp-jitter 192.168.134.121 122
ip sla schedule 301 start-time now

プローブ用の宛先 UDP ポートを構成する必要があります。ソース UDP ポートが構成されていない場合は、プローブが開始されたときに使用可能なポート番号が使われます。脆弱性のあるオペレーションの発信元となるデバイスでは、プローブのソース UDP ポート上で脆弱になり、レスポンダでは、プローブに使用される宛先 UDP ポート上で脆弱になります。

IP SLA プローブは、SNMP(Simple Network Management Protocol)を使用して構成できます。この場合、デフォルトでは、show running-config コマンドに IP SLA プローブ構成は含まれません。show ip sla configuration コマンドを使用すること、プローブがコマンド ラインで構成されたか、SNMP 経由で構成されたかを確認できます。

Router# show ip sla configuration | include operation
Type of operation to perform: udp-jitter
Type of operation to perform: udp-echo

脆弱性スコア詳細

シスコはこのアドバイザリでの脆弱性に対して Common Vulnerability Scoring System(CVSS)に基づいたスコアを提供しています。このセキュリティ アドバイザリでの CVSS スコアは CVSS バージョン 2.0 に基づいています。

CVSS は、脆弱性の重要度を示唆するもので、緊急性および対応の優先度を決定する手助けとなる標準ベースの評価法です。

シスコは基本評価スコア(Base Score)および現状評価スコア(Temporal Score)を提供しています。お客様はこれらを用いて環境評価スコア(Environmental Score)を算出し、個々のネットワークにおける脆弱性の影響度を導き出すことができます。

シスコは次の URL にて CVSS に関する FAQ を提供しています。

http://www.cisco.com/web/about/security/intelligence/cvss-qandas.html

また、シスコは個々のネットワークにおける環境影響度を算出する CVSS 計算ツールを以下の URL にて提供しています。

http://tools.cisco.com/security/center/cvssCalculator.x

CSCtk67073 IP SLA Memory Corruption Vulnerability

Calculate the environmental score of CSCtk67073

CVSS Base Score - 7.8

Access Vector

Access Complexity

Authentication

Confidentiality Impact

Integrity Impact

Availability Impact

Network

Low

None

None

None

Complete

CVSS Temporal Score - 6.4

Exploitability

Remediation Level

Report Confidence

Functional

Official-Fix

Confirmed

影響

このアドバイザリで説明されている脆弱性が悪用されると、脆弱なデバイスが再起動する可能性があります。この脆弱性が繰り返し悪用されると、DoS 状態となる可能性があります。

ソフトウェア バージョンおよび修正

ソフトウェアのアップグレードを検討する際には、 http://www.cisco.com/go/psirt/ および本アドバイザリ以降に公開のアドバイザリも参照して、起こりうる障害と完全なアップグレード ソリューションを判断してください。

いずれの場合も、アップグレードするデバイスに十分なメモリがあること、および現在のハードウェアとソフトウェアの構成が新しいリリースで引き続き適切にサポートされていることの確認を十分に行ってください。情報が不明確な場合は、Cisco Technical Assistance Center(TAC)もしくは契約しているメンテナンス プロバイダーにお問い合わせください。

また、次のリンク先にある Cisco Security Intelligence Operations(SIO)ポータルで、Cisco IOS ソフトウェア チェッカーを入手できます。 http://tools.cisco.com/security/center/selectIOSVersion.x このツールでは、特定の Cisco IOS ソフトウェア バージョンに影響のあるセキュリティ アドバイザリを調べるための機能をいくつか提供しています。

Cisco IOS ソフトウェア

Cisco IOS ソフトウェア テーブル(下記)の各行は Cisco IOS ソフトウェア トレインを示します。あるトレインが脆弱である場合、修正を含む最初のリリースは「First Fixed Release For This Advisory」列に示されます。「First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication」列は、その Cisco IOS ソフトウェア セキュリティ アドバイザリ バンドル公開で公開済みであるすべての脆弱性を修正する最初のリリースを示します。シスコは利用可能な最新のリリースへのアップグレードを推奨します。

Major Release

Availability of Repaired Releases

Affected 12.0-Based Releases

First Fixed Release

First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication

There are no affected 12.0-based releases

Affected 12.1-Based Releases

First Fixed Release

First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication

There are no affected 12.1-based releases

Affected 12.2-Based Releases

First Fixed Release

First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication

There are no affected 12.2-based releases

Affected 12.3-Based Releases

First Fixed Release

First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication

There are no affected 12.3-based releases

Affected 12.4-Based Releases

First Fixed Release

First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication

There are no affected 12.4-based releases

Affected 15.0-Based Releases

First Fixed Release

First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication

There are no affected 15.0-based releases

Affected 15.1-Based Releases

First Fixed Release

First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication

15.1EY

Not vulnerable

Vulnerable; contact your support organization per the instructions in the Obtaining Fixed Software section of this advisory.

15.1GC

Vulnerable; first fixed in Release 15.1T

Vulnerable; first fixed in Release 15.1T

15.1M

Not vulnerable

15.1(4)M2; Available on 30-SEP-11

15.1MR

Not vulnerable

Vulnerable; contact your support organization per the instructions in the Obtaining Fixed Software section of this advisory.

15.1S

15.1(2)S

Cisco IOS XE devices: Please see Cisco IOS-XE Software Availability

15.1(2)S2

15.1(3)S

Cisco IOS XE devices: Please see Cisco IOS-XE Software Availability

15.1T

15.1(1)T3

15.1(2)T4

15.1(3)T2

15.1(1)T4; Available on 08-DEC-11

15.1(2)T4

15.1(3)T2

15.1XB

Vulnerable; first fixed in Release 15.1T

Vulnerable; first fixed in Release 15.1T

Affected 15.2-Based Releases

First Fixed Release

First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication

There are no affected 15.2-based releases

Cisco IOS XE ソフトウェア

Cisco IOS XE ソフトウェアは、このアドバイザリで説明されている脆弱性の影響を受けます。

Cisco IOS XE Release

First Fixed Release

First Fixed Release for All Advisories in the September 2011 Bundled Publication

2.1.x

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

2.2.x

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

2.3.x

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

2.4.x

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

2.5.x

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

2.6.x

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

3.1.xS

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

3.1.xSG

Vulnerable; migrate to 3.2.0SG or later

Vulnerable; migrate to 3.2.0SG or later

3.2.xS

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

Vulnerable; migrate to 3.3.2S or later

3.2.xSG

Not vulnerable

Not vulnerable

3.3.xS

3.3.0S

3.3.2S

3.4.xS

Not vulnerable

Not vulnerable

Cisco IOS XE と Cisco IOS リリースのマッピングについては、 『 Cisco IOS XE 2 Release Notes』、 『 Cisco IOS XE 3S Release Notes』、 『 Cisco IOS XE 3SG Release Notes』を参照してください。

Cisco IOS XR ソフトウェア

Cisco IOS XR ソフトウェアは、2011 年 9 月のバンドル公開で説明されているいずれの脆弱性の影響も受けません。

回避策

この脆弱性に対する回避策はありませんが、この脆弱性による問題の発生を減らすために一般的な IP SLA レスポンダに適用できる対応策はあります。

一般的な IP SLA レスポンダの対応策

一般的なレスポンダとして構成されているデバイスの場合は、脆弱なデバイスを宛先としている UDP ポート 1967 上の IP SLA コントロール パケットを制限し、信頼できるプローブ発信元のみが、悪用される可能性のある UDP ポートをオープンできるようにすることです。この対応策は、インフラストラクチャ アクセス リストやコントロール プレーン保護といった方法で実行できます。

一般的なレスポンダとして構成されたデバイスの場合、ネットワーク内のシスコ デバイスに適用可能な対応策は、このアドバイザリの付属ドキュメントである『Cisco Applied Mitigation Bulletin』にて参照できます。 http://www.cisco.com/warp/public/707/cisco-amb-20110928-ipsla.shtml

永続的な IP SLA レスポンダの対応策

永続的なレスポンダの場合は、各レスポンダに構成された UDP ポートに送信される UDP パケットをフィルタリングし、信頼できるデバイスの IP アドレスからのパケットのみを許可するようにします。

IP SLA ソース デバイスの対応策

IP SLA ソース デバイスの場合は、信頼できるデバイス(IP SLA オペレーションのターゲットであるデバイス)からの UDP パケットのみを許可するようにします。

修正済みソフトウェアの入手

シスコはこれらの脆弱性に対応するための無償ソフトウェア アップデートを提供しています。ソフトウェアの導入を行う前にお客様のメンテナンス プロバイダーにご相談いただくか、ソフトウェアのフィーチャ セットの互換性およびお客様のネットワーク環境に特有の問題に関してご確認ください。

お客様がインストールしたりサポートを受けたりできるのは、ご購入いただいたフィーチャ セットに対してのみとなります。そのようなソフトウェア アップグレードをインストール、ダウンロード、アクセスまたはその他の方法で使用した場合、お客様は http://www.cisco.com/en/US/docs/general/warranty/English/EU1KEN_.html に記載のシスコのソフトウェア ライセンスの条項、または Cisco.com ダウンロード サイトの http://www.cisco.com/public/sw-center/sw-usingswc.shtml に説明のあるその他の条項に従うことに同意したことになります。

ソフトウェアのアップグレードに関し、psirt@cisco.com もしくは security-alert@cisco.com にお問い合わせいただくことはご遠慮ください。

サービス契約をご利用のお客様

サービス契約をご利用のお客様は、通常のアップデート チャネルからアップグレード ソフトウェアを入手してください。ほとんどのお客様は、シスコのワールドワイド Web サイト上の Software Center からアップグレードを入手することができます。 http://www.cisco.com

サードパーティのサポート会社をご利用のお客様

シスコ パートナー、正規販売代理店、サービス プロバイダーなど、サードパーティのサポート会社と以前に契約していたか、または現在契約しており、その会社からシスコ製品の提供または保守を受けているお客様は、該当するサポート会社に連絡し、本脆弱性に関する適切な処置について指示と支援を受けてください。

回避策の効果は、使用製品、ネットワーク トポロジー、トラフィックの性質や組織の目的などのお客様の状況に依存します。影響製品が多種多様であるため、回避策を実際に展開する前に、対象とするネットワークで適用する回避策が最適であるか、お客様のサービス プロバイダーやサポート会社にご相談ください。

サービス契約をご利用でないお客様

シスコから直接購入したがシスコのサービス契約をご利用いただいていない場合、また、サードパーティ ベンダーから購入したが修正済みソフトウェアを購入先から入手できない場合は、Cisco Technical Assistance Center(TAC)に連絡してアップグレードを入手してください。TAC の連絡先は次のとおりです。

  • +1 800 553 2447(北米内からのフリー ダイヤル)
  • +1 408 526 7209(北米以外からの有料通話)
  • 電子メール:tac@cisco.com

無償アップグレードの対象であることをご証明いただくために、製品のシリアル番号と、このお知らせの URL をご用意ください。サービス契約をご利用でないお客様に対する無償アップグレードは、TAC 経由でご要求いただく必要があります。

さまざまな言語向けの各地の電話番号、説明、電子メール アドレスなどの、この他の TAC の連絡先情報については、 http://www.cisco.com/en/US/support/tsd_cisco_worldwide_contacts.html を参照してください。

不正利用事例と公式発表

Cisco PSIRT では、本アドバイザリに記載されている脆弱性の不正利用事例とその公表は確認しておりません。

この脆弱性はシスコ内部でのテストによって発見されました。

この通知のステータス:FINAL

本アドバイザリは無保証のものとしてご提供しており、いかなる種類の保証を示唆するものでもありません。本アドバイザリの情報およびリンクの使用に関する責任の一切はそれらの使用者にあるものとします。またシスコシステムズはいつでも本ドキュメントの変更や更新を実施する権利を有します。

後述する情報配信の URL を省略し、本アドバイザリの記述内容に関して単独の転載や意訳を実施した場合には、事実誤認ないし重要な情報の欠落を含む統制不可能な情報の伝搬が行われる可能性があります。

情報配信

本アドバイザリは、次のシスコのワールドワイド Web サイト上に掲載されます。

http://www.cisco.com/warp/public/707/cisco-sa-20110928-ipsla.shtml

ワールドワイド Web 以外にも、次の電子メールおよび Usenet ニュースの受信者向けに、この通知のテキスト版が Cisco PSIRT PGP キーによるクリア署名つきで投稿されています。

  • cust-security-announce@cisco.com
  • first-bulletins@lists.first.org
  • bugtraq@securityfocus.com
  • vulnwatch@vulnwatch.org
  • cisco@spot.colorado.edu
  • cisco-nsp@puck.nether.net
  • full-disclosure@lists.grok.org.uk
  • comp.dcom.sys.cisco@newsgate.cisco.com

このアドバイザリに関する今後の更新は、いかなるものもシスコのワールドワイド Web サイトに掲載される予定です。 しかしながら、前述のメーリング リストもしくはニュースグループに対し 積極的に配信されるとは限りません。この問題に関心があるお客様は上記 URL にて最新情報を ご確認いただくことをお勧めいたします。

更新履歴

Revision 1.2

2011-Oct-10

Clarify malformed IP SLA packets in Details section.

Revision 1.1

2011-Oct-07

Updated show running-config command nomenclature in Details section

Revision 1.0

2011-Sep-28

Initial public release

シスコ セキュリティ手順

シスコ製品におけるセキュリティの脆弱性の報告、セキュリティ事故に関する支援、およびシスコからセキュリティ情報を入手するための登録方法について詳しく知るには、シスコ ワールドワイド Web サイトの http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_vulnerability_policy.html にアクセスしてください。このページには、シスコのセキュリティ通知に関してメディアが問い合わせる際の指示が掲載されています。すべてのシスコ セキュリティ アドバイザリは http://www.cisco.com/go/psirt/ で確認することができます。