セキュリティ インテリジェンス オペレーション(IPSシグニチャ)

Long SMTP Command

 
Long SMTP Command
 
機械翻訳について |  フィードバック
 

IPSシグニチャ


シグニチャ ID: 3109/1
オリジナルリリース: S2
リリース: S573 ダウンロード
初版リリース日: 2001年02月02日
最新リリース日: 2011年06月13日
デフォルトで有効: False
デフォルトでリタイア: True
CVE: CVE-2002-1337 , CVE-2005-0560 , CVE-2005-1987
BugTraq ID: 6991
 
危険度: Medium  
シグニチャ精度: 75  
 
説明
このシグニチャは、メール サーバに過度に長いコマンド文字列を渡す試みが行われた時にトリガーされます。

推奨されるフィルタ
宛先として false positive アラームに関連するメール サーバをフィルタリングしてください。

正常動作でのトリガー
センサーが SMTP セッションで特定のパケットを失う場合、このシグニチャは false positive アラームを引き起こす可能性があります。 これは、監視されているネットワークでのパフォーマンスの理由または非対称ルーティングのパターンが原因で、センサー廃棄パケットによって引き起こされる可能性があります。
IntelliShield アラート
 
IntelliShield ID 見出し バージョン CVSS スコア 最新発行日
5456 Linux/Unix: Sendmail Header Buffer Overflow Vulnerability 19   2003年08月19日 11:51 AM EDT
9042 Microsoft Exchange SMTP Verb Request Code Execution Vulnerability 3   2005年04月19日 04:15 PM EDT
9841 Microsoft Windows Collaboration Data Objects Buffer Overflow Vulnerability 3   2005年10月14日 07:53 AM EDT
 
ダウンロード
 
すべての IPS アップデートファイルは、Cisco Secure Software Download よりダウンロード可能です。
 
英語版
 

LEGAL DISCLAIMER
THE INFORMATION ON THIS PAGE IS PROVIDED ON AN "AS IS" BASIS AND DOES NOT IMPLY ANY KIND OF GUARANTEE OR WARRANTY, INCLUDING THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR USE. YOUR USE OF THE INFORMATION CONTAINED HEREIN, OR MATERIALS LINKED FROM THE DOCUMENT, IS AT YOUR OWN RISK. INFORMATION IN THIS DOCUMENT AND ANY RELATED COMMUNICATIONS IS BASED ON OUR KNOWLEDGE AT THE TIME OF PUBLICATION AND IS SUBJECT TO CHANGE WITHOUT NOTICE. CISCO RESERVES THE RIGHT TO CHANGE OR UPDATE THIS DOCUMENT AT ANY TIME.