コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

ICM PG エージェントのログインの問題

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)ペリフェラル ゲートウェイ(PG)エージェントのログインの問題をトラブルシューティングするために必要な手順について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Intelligent Contact Management (ICM)バージョン 7.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ(PG)によって、エージェントはログインにないです。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. PG4A/PG4B の一方がアイドル状態であること、そして反対側がアクティブであることを確認して下さい。

  2. コマンド プロンプトを開き、procmon Exp. PGXX jgw1 を入力し、次に JLI を入力して下さい。

    結果はこの例に類似したのようである必要があります:

    Addr:   ActiveLines   RegistrationState     DeviceStatus
    1600    0             OUT_OF_SERVICE        UnmonitoredDevice
    4183    0             IN_SERVICE            UnmonitoredDevice
    • システムが JLI の下にアドレスをリストしない場合これらのステップを完了して下さい:

      1. PG の一方をシャットダウンし、アクティブ な 側面を再起動して下さい。

      2. PG が循環すれば、電源投入シャットダウンされた A/B 側。

      3. CUCM > Users に行き、PG ユーザをチェックし、エージェントがすべて PG に関連付けられるようにして下さい。

        User 値 PG の不確実である場合このレジストリキーの下で PGXX でそれを見つけることができます: HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズ、Inc.\ICM\exp\PGXX\PG\CurrentVersion\JGWS\jgw1\JGWData\Config\jtapiLoginString

    • OUT_OF_SERVICE が登録されている電話デバイスのための登録州列の下でリストされている場合これらのステップを完了して下さい:

      1. PG を再起動して下さい。

      2. CUCM をチェックし、電話が登録されているようにして下さい。

      3. 電話が登録されている場合、各 CUCM のステータスをチェックして下さい; それは CUCMs を両方で登録されているように現われる必要があります。 サブスクライバ Webページが登録済みを示すが、パブリッシャ Webページが、SDI 通信を確認するためにサブスクライバをはたらいています再起動することは。

      4. 次に電話がサブスクライバおよびパブリッシャの登録済みを示す場合、両方の CTI マネージャをパブリッシャ および サブスクライバ シャットダウンし、10 秒を待ち、パブリッシャおよびサブスクライバの CTI マネージャを開始して下さい。

  3. Javaコントロールパネルを開き、Java プラグインが無効であることを確かめて下さい。


関連情報


Document ID: 112927