コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

UCCX のアップグレード後に履歴レポートのクライアント レポートを実行できない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は方法でエージェントが歴史的報告 Client レポートを実行すると情報を発生するいくつかの問題を解決する提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Communications Manager 7.x

  • Cisco Unified Contact Center Express 8.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: An Exceptional Error occurred, Application exiting. エラー 5022 に関してはログファイルをチェックして下さい

エージェントが歴史的報告 Client レポートを実行するとき、このエラーメッセージが現れます: An Exceptional Error occurred, Application exiting. Check the log file for error 5022. エラーは 7.x から 8.0.2 に Cisco Unified Contact Center Express のアップグレードの後で発生します。

解決策

問題がカスタム レポートだけとある場合、レポートを作成するのに水晶レポート デザイナーの間違った バージョンが使用されているので可能性が高いです。 CR-11 かレポートを作成するのに 11.5 を使用して下さい。

問題がすべてのレポートと発生する場合、水晶 DLL は破損します。 Histroical レポート クライアント(HRC)、きれいなレジストリおよび DLL をアンインストールする必要があり新しい HRC をインストールします。 DLL およびレジストリを DLL 問題を解決するためにきれいにするためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. オペレーティング システムが Microsoft Windows XP /Vista /7 であることを確認して下さい。

  2. 水晶レポート ソフトウェアがマシンにないことを確認して下さい。

  3. HRC を完全にアンインストールして下さい。

    • アンインストールの間に、インストーラはいくつかの DLL を削除するために権限を求めます。 そのようなメッセージのために『Yes』 をクリック して下さい。

    • アンインストールの間に、インストーラはいくつかの exe ファイルのファイル オペレーションをするために権限を求めます。 そのようなメッセージのために『Yes』 をクリック して下さい。

  4. アンインストールの後で、DLL の登録を解除するためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. [Start]、[Run] の順に選択して、cmd と入力します。

    2. System32 ディレクトリ cd C:\Windows\System32 へのナビゲート。

    3. regsvr32/u craxdrt.dll を入力し『Enter』 を押して下さい。

    4. regsvr32/u crviewer.dll を入力し『Enter』 を押して下さい。

    5. C:\Windows\System32 へのナビゲート。

    6. 削除 craxdrt.dll および crviewer.dllfrom System32 フォルダ。

    7. コマンドプロンプトウィンドウを終了して下さい。

  5. Start > Run から、regedit コマンドを入力し、シスコシステムズ > Cisco 史的記事 クライアントに行って下さい。 HKEY_CURRENT_USER および HKEY_LOCAL_MACHINE からこれらのレジストリ entries(if present)を取除いて下さい。

    • 水晶レポート

    • ビジネス オブジェクト

  6. C:\WINDOWS\System 32 フォルダから水晶 DLL を削除して下さい。

  7. C:\Program ファイルからこれらのフォルダを、もしあれば削除して下さい。

    • Cisco CRS 史的記事

    • Cisco Cisco Unified Contact Center Express 史的記事

    • ビジネス オブジェクト

    • 水晶レポート

  8. 史的記事クライアント(HRC-7.0(1)SR5)をアンインストールして下さい。

  9. アンインストールの間に、インストーラはいくつかのファイルをインストールするために権限を求めます。 そのようなメッセージのために『Yes』 をクリック して下さい。

  10. 再度ブートするがアンインストールの後で実行された場合マシンをリブートして下さい。

  11. 史的記事クライアントの新しいインストールをして下さい。

  12. DLL を登録して下さい。

    1. [Start]、[Run] の順に選択して、cmd と入力します。

    2. System32 ディレクトリ cd C:\Windows\System32 へのナビゲート。

    3. regsvr32 craxdrt.dll を入力し『Enter』 を押して下さい。

    4. regsvr32 crviewer.dll を入力し『Enter』 を押して下さい。

    5. コマンド プロンプトを終了します。

  13. 史的記事クライアントを起動させて下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/112914-hrcuccx.gif

    注: 理解するために統一された CCX データベースに水晶レポートを設定するためにカスタム レポートを生成するために接続する方法を Cisco Unified CCX のためのカスタム史的記事の作成を参照して下さい。

エラー: フィルター パラメーター値によって超過される最大 entries(32765)that VB listbox の数は保持できます

コール CCDR レポートによって詳しいコールを実行することを試みるときこのポップアップ メッセージが現れ、史的記事は無理解になります。

The number of filter parameter values exceeded maximum entries(32765)that VB listbox can
hold. Only the first 32765 filter parameter values will be available for selection.

この問題は Cisco バグ ID CSCtg06706登録ユーザのみ)で文書化されています。

解決策

回避策はこの問題、VB ボックスに 32765 以下のエントリを引っ張るためにクエリを制限します。 次の手順を実行します。

  1. 史的記事 クライアントがインストールされている PC で、c にナビゲート して下さい: |\ Cisco UCCX 史的記事\ ReportTemplates \ <language>

  2. ICD_Detailed_Call_CSQ_Agent_en_us.xml を開いて下さい ローカル言語と en_us を取り替えて下さい

  3. db_cra.dbo.contactcalldetail</SQL> 行からの <SQL>SELECT 個別の callednumber を見つけて下さい

  4. <SQL>SELECT db_cra.dbo.contactcalldetail</SQL> からの個別の上 32000 callednumber を読むためにこの行を変更して下さい

  5. db_cra.dbo.contactcalldetail</SQL> 行からの <SQL>SELECT 個別の originatordn を見つけて下さい

  6. <SQL>SELECT db_cra.dbo.contactcalldetail</SQL> からの個別の上 32000 originatordn を読むためにこの行を変更して下さい

エラー: このレポートはレコードの最大数を超過すると同時に切捨てられます

UCCX 8.x HR クライアントは詳報を生成し損いこのエラーメッセージが現れます:

This report is truncated as it exceeds the maximum number of records

解決策

この問題はレポート サイズが 10kb の最大限を超過するときので、レポート切捨てられる発生し、「切捨てられた終了時刻」以降のデータは表示する。 可能性のある修正に関しては、Cisco バグ ID CSCti90729登録ユーザのみ)を参照して下さい。

予期しないエラー: やめること

UCCX 8.5 に最近アップグレードしてしまいました。 HRC をダウンロードした、インストールする後、このエラーを受け取ります: 予期しないエラー: やめること。 これは Windows Vista 32bit および Windows 7 64bit で起こります。

解決策

史的記事 クライアントは Windows セカンダリ ログオン サービスを利用します。 それはエージェントかスーパバイザが自身のアカウントがある PC ログイン されるとき CiscoHistRptUsr とソフトウェアを実行するのにこれを使用します。 これは実行を右クリックするときオプションとして実行を与えるサービスです。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Services.msc を実行し、入力することを行って下さい

  2. セカンダリ ログオン サービスが開始されるように示すことを確かめて下さい。

  3. サービスが実行されている場合、史的記事クライアント(HRC)を右クリックし、管理者として『Run』 を選択 して下さい。

HRC クライアントにログインにない

HRC クライアントにログインに試みるとき、このエラーメッセージは受け取られます:

Unable to establish connection to database with the error 5051

解決策

PC のユーザとしてログインは、問題を解決するためにこれらのステップを完了し:

  1. HRC を実行可能モジュールの右クリックによってインストールしドメイン admin としてログオンされた場合)、ように『Run』 を選択 し、ドメイン管理者アカウントを選択して下さい(これは必要ではないです。

  2. ステップをインストーラを通して完了し、PC をリブートして下さい。

  3. ドメイン admin としてログインは Windows 管理を通してパワー ユーザーとして、ユーザを設定 し。

  4. PCユーザとしてログアウトおよびログイン。

  5. 手動で デスクトップ(1 および HRC スケジューラーのための HRC のための 1)の 2 ショートカットを作成して下さい:

    1. HRC 実行可能モジュールはディレクトリ c:\Program Files\Cisco UCCX 史的記事にあります。 CiscoAppReports.exe を右クリックし、デスクトップに送信 して下さい。

    2. HRC スケジューラー実行可能モジュールはディレクトリ c:\Program Files\Cisco UCCX 史的記事\スケジューラーにあります。 ReportScheduler.exe を右クリックし、デスクトップに送信 して下さい。

    3. スケジューラーが自動的に開始すれば、フォルダ C:\Documents and Settings\ <username> \ Start メニュー\プログラム\始動かちょうどドラッグ・アンド・ドロップの上の開始するに開始するために > すべての Programs > 始動それを追加できます。

CSQ、スキル、チーム、またはリソースの名前を変更した場合無感覚な HRC フィルタ・ケース

Cisco 史的記事クライアントからの史的記事を提出するように試みるときエラーは返されます。 さらに、リソース、スキル、リソース グループ、CSQ、またはチームによってフィルタリングするように試みるとき史的記事クライアントはこのエラーを表示するかもしれません:

'An Exceptional Error occurred. Application exiting. Check the log file for
   error 5022.'

解決策

問題は別のケースの同じ名前として CSQ、スキル、リソース、リソース グループ、またはチームの名前を変更したり/作り直すと発生します。

その結果ユーザが「フィルター パラメーターの選択した値として古いおよび新しい名前を選択しなければ、「史的記事クライアント」は古いですか名前を変更された CSQ/Skill/Team/Resource 名前に基づいて履歴データを取得できないかもしれません。 CSQ、スキル、リソース、リソース グループ、またはチームがまたは別のケースの作り直された複数回名前を変更されれば、史的記事クライアントのそのオブジェクト タイプによってフィルタリングする試みによりアプリケーションはクラッシュしますかもしれません。

フィルタ パラメータ(技術、CSQ、リソース、リソース グループ、またはチーム)に指定値として古い名前および一緒に名前を変更された/作り直された名前を両方間、Generate レポート選択します。 これは Cisco バグ ID CSCty08886登録ユーザのみ)で文書化されています。

エラー: 「史的記事を送るときタイムゾーン ストリング 無効」はです

史的記事が送られるとき、このエラーメッセージはどの史的記事でも PC の現地時間に動作するために選択される場合表示する:

La cadena de zona horaria no es valida

メッセージは意味します:

The timezone string is not valid

この問題はウィンドウズオペレーティングシステムがスペイン ロケールが付いているコンピュータでインストールされている場合発生します。

解決策

対応策は英国場所が付いているコンピュータでオペレーティング システム Install ウィンドウにまたは Universal Coordinated Time (UTC)の史的記事を送るためにあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112914