コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

IPCC デバイスの管理者パスワードの変更

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、IPCC デバイスの管理者アカウント パスワードを変更する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はこのソフトウェアに基づいています:

  • すべての Cisco ICM バージョン

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

管理者パスワードを変更して下さい

/image/gif/paws/112918/ipcc-admin-pass-01.gif

ICM サーバか ICM Central Controller は単一サーバとして表されますが、それは実際に統一された CCE エージェント数およびコール音量に従って大きさで分類される一組のサーバです。 ICM Central Controller はこれらの冗長 な/デュプレックス サーバが含まれています:

  • 呼び出しルータ—リアルタイムに基づいてインテリジェント コール ルーティング 指示を提供する ICM 複合体の「頭脳」は A側および B側の呼び出しルータ プロセス両方を渡るメモリでそれを維持します調節します。

  • ロガー/データベースサーバ—システムによって収集されるすべての設定のためのリポジトリおよびスクリプトを書く情報、また履歴データ。 ロガーは呼び出しルータ Side A がロガー A にだけデータを、呼び出しルータ B がロガー B.にだけ読み、書く読み込み、書き込みこと呼び出しルータによってそのような物を「組み合わせられます」。 呼び出しルータ プロセスの両側が同期されるので、両方のロガーに書き込まれるデータは同一です。

    特定の配置 モ デルでは、これら二つのコンポーネントは Rogger と言われる、または結合されたルータ/ロガーでことができます同じ物理サーバー インストールする。

対策

ドメイン管理者 パスワードがサービスを開始するのに使用されていません Cisco Unified Contact Center Enterprise で何でも壊します。 ただし、万が一のために、全システム ICM、ロガーおよび他のコンポーネント(AW を、ICM 奪取 して下さい--NIC)バックアップはラボ の セットアップの下で、それらのバックアップを復元する。 これらのバックアップが申し分なく使用することテストして下さい。 また現在のパスワードに注意し、時間後にタスクを念のために行い、確かめることはすぐに転送できることを、確かめて下さい。

変更されるべき唯一のパスワードは Windows のためのサーバ ログオンです。 この管理者 アカウントはドメイン アカウントであり、パスワードはアクティブ ディレクトリで変更される必要があります。

この作業を行うには、次の手順を実行します。

  1. アクティブディレクトリサーバに行って下さい。

  2. [Active Directory Users and Computers] を開きます。

  3. ユーザを開き、管理者を選択して下さい。

  4. 右クリックし、『Reset Password』 を選択 して下さい。

新しいパスワードを入力して下さい。 パスワードはセキュリティ条件(すなわち、数および大文字および小文字含む必要があります)を満たす必要があります。 たとえば、Cisc0123

アクティブ ディレクトリの変更を行えばロガーおよび Admin Workstation (AW) クライアント「SQL」サービスだけこの管理者ユーザ ユーザー アカウントを使用しています。

次の手順を実行します。

  1. ロガーを再起動して下さい。

    理想的には、ロガーを再起動することはあらゆるルータの問題という結果に終るべきではありません。 ルータが再始動される場合歴史的ロギング データだけ失われます。

  2. ロガーがもう一度正常に動作しているとき、AW を再起動して下さい。

    AW 再始動の間に、ICM スクリプトを修正するか、保存するか、または変更できません。


関連情報


Document ID: 112918