音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Mobility

CUMA OS のパスワード リセットが「pwrecovery」プロセスで失敗する

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Mobility Advantage (CUMA)は Cisco Unified Communications ファミリー製品の一部です。 CUMA はダイレクトリサーバに従業員の携帯 電話を、IP コミュニケーション システム、グループウェアおよび会議サーバ、また他の会社リソース接続する企業 ファイアウォールの後ろで展開されるサーバソフトウェアです。 これはモービル受話器に重要なビジネスコミュニケーション機能を拡張し、皆がもっと効果的に通信するようにします。

この資料は Cisco Unified Mobility Advantage サーバのパスワードの回復を解決するためにガイドラインを提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CUMA サーババージョン 7.1.2.3 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

問題はできません SSH または CLI のログイン、またはプラットフォーム ページです。 pwrecovery プロシージャは試されました、まだコンソールにログインできません。 受け入れられないパスワードが pwrecovery の間に入力される場合、パスワードは使用可能ではないです。 パスワードには少なくとも変わるパスワードの間に受け入れられない 3 つの型があります:

  • パスワードは余りに短いです

  • パスワードはマッチしません

  • 辞書のパスワード

注: これらの型のうちのどれかが使用される場合、エラーは表示する。 それから正しいパスワードが入力されれば、パスワードをリセットされました現われます。 ただし、パスワードは使用可能ではないです。 パスワードの回復をするどの試みでもこの場合はたらきません。 プラットフォーム GUI か CLI にログインすることができません。

解決策 1

管理者 パスワードを覚えない場合、それをリセットするプロシージャはここにあります。 パスワードを変える 2 つのメソッドがあります。 最初の 1 つはリカバリ CD を使用しないであり、他は CD とあります。

  1. root アカウントの Linux ボックスにログインして下さい(これは標準 Linux ボックスです)。

  2. これらのサービスが実行されていることを確かめて下さい:

    • /sbin/service cuma_db 開始する

    • /sbin/service cuma_admin 開始する

    • /sbin/service cuma_nm 開始する

  3. vi エディタを使用してファイルを編集して下さい: /opt/cuma/conf/admin/admin.xml

  4. この行を見つけて下さい:

    <name>admin_password</name>
    
    <value>{MD5}xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx</value>

    そしてそれをに変更して下さい:

    <name>admin_password</name>
    
    <value>{plain}new_password</value>
  5. サービスを再開するためにこのコマンドを使用して下さい:

    /sbin/service cuma_admin restart
  6. 「admin」および「new_password と」ログインして下さい。

解決策 2

問題は pwrecovery プロセスを使用するとき OS 管理者 パスワードを変えることができませんです。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. リカバリ CD を用いるシステムを起動して下さい(7.1.2 またはそれ以降は推奨されます)。

  2. (リカバリ CD のメインメニューと印刷されること)それがインストールを検出することができることを確かめて下さい。

  3. リカバリ CD ルート シェルにアクセスを得るために alt+F2 を押して下さい。

  4. アクティブ パーティションは /mnt/part1 であるはずです。 きちんとマウントされることを確かめて下さい。

  5. chroot /mnt/part1 RPM を- q マスターおよび chroot /mnt/part2 RPM - q マスター コマンド アクティブ パーティションを見つけるために実行して下さい。

  6. これらのコマンドを実行した、返される結果からのサーバの作業バージョンを見つける後、はたらくパーティションとしてそれを使用する必要があります。

  7. それが新しいインストールである場合、chroot /mnt/part1 によってアクティブ パーティションを入力して下さい。

  8. サーバがアップグレードされる場合、その特定の部品番号(chroot /mnt/part <no>)を使用して下さい。

  9. 以前のリリースで、/etc/passwd から不変ビットを取除くために /root/.security/unimmunize.sh を実行して下さい。

  10. /etc/passwd を編集し、root:x:0:0:root:/root:/sbin/nologinroot:x:0:0:root:/root:/bin/bash を変更し、そして変更を保存して下さい。

  11. パスワード ルート コマンドを実行し、プロンプトでパスワードを与え、そして確認して下さい。 この場合アクティブ パーティションに(起動後)入る場合ルートアクセスをアクセスできます。

  12. 主要なリカバリ CD メニューが表示され、やめるために q を入力するように Alt+F1 を押して下さい。 それから、cd を出して下さい。

  13. リブートするために ctrl+alt+delete を押して下さい。

  14. これの後で、SSH はルートとしてこのコマンドで OS admin のための一時パスワードを設定 し、: admin が OS 管理者のユーザ ログイン名前であるところ、パスワード admin

    注: ここでは、パスワードはただ一時的に使用されます。 それをまたやる必要があります。

  15. SU の CLI を- admin が OS 管理者のログインネームであるところで、admin コマンド開始して下さい。

  16. set password ユーザ <admin id> CLI コマンドでデータベースのパスワードを変更して下さい。

  17. CLI から終了して下さい。

  18. このコマンドでデータベースパスワードを一致するために OS 管理者のシステムパスワードを設定 して下さい: admin が OS 管理者のログインネームであるところ、パスワード admin

    注: これは Cisco バグ ID CSCtf25554登録ユーザのみ)によって文書化されています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112908