ワイヤレス : Cisco 5500 シリーズ ワイヤレス コントローラ

Cisco CleanAir:Cisco Unified Wireless Network 設計ガイド

2011 年 4 月 13 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2010 年 9 月 28 日) | フィードバック


概要

Spectrum Intelligence(SI)は、無線共有スペクトルの課題を積極的に管理するために設計されたコア テクノロジーです。事実上、SI により軍需用と同様の高度な干渉識別アルゴリズムが商用ワイヤレス ネットワーキング環境にもたらされます。SI では、Wi-Fi デバイスや外部の干渉要素を問わず、共有スペクトルのすべてのユーザを把握できます。無免許帯域で動作するデバイスがあれば、SI がその種別、位置、Wi-Fi ネットワークへの影響を示します。シスコは Wi-Fi シリコンおよびインフラストラクチャ ソリューションに SI を直接組み込むという大胆な施策をとりました。

この統合ソリューションは、Cisco CleanAir と呼ばれ、802.11 以外の干渉源を識別して位置を特定できる初めての WLAN IT マネージャであり、ワイヤレス ネットワークが管理しやすくなり、そのセキュリティが向上しました。最も重要なことは、SI の統合が新しいタイプの Radio Resource Management(RRM)の土台を作ったことです。以前の RRM ソリューションは他の Wi-Fi デバイスを認識して対処するだけでしたが、それとは異なり、SI は第 2 世代の RRM ソリューションへの道を切り開きました。無線スペクトルのすべてのユーザを十分に認識し、変化に富むデバイスのパフォーマンスを最適化できます。

設計の観点から指摘するべき重要なポイントがあります。CleanAir 対応 Access Point(AP; アクセス ポイント)は、AP とそのパフォーマンスが 1140 AP にほぼ相当するというものです。Wi-Fi カバレッジの設計は両方とも同じです。CleanAir(干渉識別プロセス)はパッシブ プロセスであり、レシーバに基づいています。分類が機能するためには、ノイズ フロアに対して 10 dB 以上の大きさでソースを受信する必要があります。クライアントと AP が互いに聞き取れるようにネットワークを配備すれば、CleanAir は十分に聞き取ることができ、ネットワーク内で問題になる干渉を警告します。ここでは、CleanAir のカバレッジ要件について詳しく説明します。最終的に選択される CleanAir 実装方法によっては特殊なケースがあります。CleanAir テクノロジーは Wi-Fi 導入時における現在のベスト プラクティスに基づいて設計されています。これには、Adaptive wIPS、音声、およびロケーションの導入など、広く使用されているその他のテクノロジーの導入モデルが含まれます。



前提条件

要件

CAPWAP および Cisco Unified Wireless Network(CUWN)に関する知識があることが推奨されます。



使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Aironet 3502e、3501e、3502i、3501i の CleanAir 対応 AP

  • バージョン 7.0.98.0 が動作する Cisco WLAN Controller(WLC; Cisco WLAN コントローラ)

  • バージョン 7.0.164.0 が動作する Cisco Wireless Control System(WCS)

  • バージョン 7.0 が動作する Cisco Mobility Services Engine(MSE)



表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。



CleanAir の動作理論

CleanAir は機能ではなく、システムです。CleanAir のソフトウェア コンポーネントおよびハードウェア コンポーネントは、Wi-Fi チャネル品質を正確に測定して、非 Wi-Fi チャネル干渉源を特定する機能を提供します。これは標準の Wi-Fi チップセットでは処理できません。設計目標と実装要件を理解するためには、CleanAir を高い水準で動作させる方法を理解する必要があります。

シスコの Spectrum Expert テクノロジーにすでに精通していれば、自然に CleanAir に進むことができます。ただし、これはエンタープライズベースの分散スペクトラム解析テクノロジーであるという点でまったく新しいテクノロジーです。そのため、Cisco Spectrum Expert と同じ部分とまったく異なる部分があります。ここでは、コンポーネント、機能、および特徴について説明します。



CleanAir アクセス ポイント(AP)

新しい CleanAir 対応 AP には、Aironet 3502e、3501e、3502i、3501i があります。e は外部アンテナを、i は内部アンテナを示します。両アンテナは、フル機能の次世代 802.11n AP であり、802.3af 規格の電力で動作します。

図 1:C3502E および C3502I CleanAir 対応 AP

cleanair-uwn-guide-01.gif

スペクトラム解析ハードウェアは無線チップセットに直接組み込まれています。50 万を超える論理ゲートが無線シリコンに追加されたことで、機能がきわめて緊密に結合しています。これらの無線によって追加または改良された、その他の従来の機能が多数あります。なお、この内容については、このドキュメントでは取り上げていません。あえて言うならば、3500 シリーズ AP は、CleanAir がなければ、多数の機能と性能を魅力的かつ強固なエンタープライズ AP に独力で詰め込むことになります。



Cisco CleanAir システム コンポーネント

基本的な Cisco CleanAir アーキテクチャは、Cisco CleanAir 対応 AP と Cisco WLAN Controller(WLC; Cisco WLAN コントローラ)で構成されます。Cisco Wireless Control System(WCS)および Mobility Services Engine(MSE)はオプションのシステム コンポーネントです。CleanAir システムで提供される情報を最大限に活用するには、WCS と MSE の両方を使用して CleanAir の効果を幅広く活用する必要があります。このコンポーネントは、履歴チャート、干渉デバイス追跡、ロケーション サービス、インパクト分析など、先進的なスペクトル機能のユーザ インターフェイスを提供します。

Cisco CleanAir テクノロジー搭載 AP は、非 Wi-Fi 干渉源の情報を収集して処理し、WLC に転送します。WLC は CleanAir システムに不可欠の中心的な要素です。CleanAir 対応 AP の制御と設定、スペクトル データの収集と処理、WCS や MSE への転送を行います。WLC には、基本的な CleanAir 機能およびサービスを設定し、現在のスペクトル情報を表示するローカル ユーザ インターフェイス(GUI と CLI)があります。

Cisco WCS には、機能のイネーブル化と設定、表示情報の統合、電波品質の履歴レコード、レポート エンジンなどを含む、CleanAir 用の高度なユーザ インターフェイスがあります。

図 2:論理システム フロー

cleanair-uwn-guide-02.gif

Cisco MSE は、干渉デバイスの位置および履歴追跡用に必要です。また、複数の WLC にまたがる干渉レポートを 1 つに統合します。

注:1 つの WLC は、直接接続されている AP の干渉アラートだけを統合できます。異なるコントローラに接続された AP のレポートをまとめるには、すべての CleanAir AP と WLC をシステム全体で表示する MSE が必要です。



干渉の分類およびスペクトラム解析エンジン(SAgE)

CleanAir システムの中心になるのは、チップ上の Spectrum Analysis Engine(SAgE; スペクトラム解析エンジン)ASIC、つまりスペクトル アナライザですが、単なるスペクトル アナライザをはるかに超えた働きをします。中核になるのは、高性能の 78 KHz Resolution Band Width(RBW; 分解能帯域幅、表示可能な最小解像度)専用パルス エンジン、統計情報収集エンジン、および DSP Accelerated Vector Engine(DAvE)を備える強力な 256 ポイント FFT エンジンです。SAgE ハードウェアは Wi-Fi チップセットと並行して動作し、ニア ライン レート情報を処理します。いずれも、ユーザ トラフィックのスループットを落とさずに、類似した多数の干渉源に対応した精度と規模が保証されています。

Wi-Fi チップセットは常時オンライン状態です。SAgE スキャンは毎秒 1 回実行されます。Wi-Fi プリアンブルが検出されると、チップセットに直接渡され、並行して動作する SAgE ハードウェアの影響は受けません。SAgE スキャン時にパケットの喪失はなく、レシーバでの Wi-Fi パケットの処理中は SAgE をディセーブルにします。SAgE は超高速かつ高精度です。ビジー状態でもスキャン時間には十二分に余裕があり、環境を正確に評価します。

なぜ RBW が重要なのでしょうか。毎秒 1600 ホップの狭帯域信号を使用した複数の Bluetooth 無線ホッピングがあり、その差異の計数や計測が必要なときに、総数を把握する場合、サンプル内の各トランスミッタ ホップを区別する必要があります。これには分解能が必要です。そうしなければ、すべてが 1 つのパルスのように見えます。これをうまく処理するのが SAgE です。DAvE とボード メモリ上での連結によって、複数のサンプルや干渉要素の並列処理が可能です。その結果、高速化によりデータ ストリームをニア リアル タイムに処理できます。ニア リアル タイムとは、多少遅延はあるが、コンピュータで測定しないと判別できないほど微小な遅延を意味します。



CleanAir アクセス ポイント(AP)の情報要素

Cisco CleanAir AP は、CleanAir システムに関する基本的な 2 種類の情報を生成します。Interference Device Report(IDR; 干渉デバイス レポート)は、分類されたそれぞれの干渉源に対して生成されます。Air Quality Index(AQI; 電波品質指標)レポートは 15 秒ごとに生成され、平均値の計算のために Cisco IOS® に渡され、設定された間隔に基づいて結果がコントローラに送信されます。CleanAir メッセージングはすべて、コントロール プレーン上で 2 つの新しい CAPWAP メッセージ タイプ(スペクトル設定とスペクトル データ)として処理されます。これらのメッセージの形式を次に示します。

スペクトル設定:

WLC – AP 

CAPWAP msg: CAPWAP_CONFIGURATION_UPDATE_REQUEST = 7
payload type: Vendor specific payload type (104 -?)
vendor type: SPECTRUM_MGMT_CFG_REQ_PAYLOAD = 65
AP-WLC

Payload type: Vendor specific payload type (104 -?)
vendor types: SPECTRUM_MGMT_CAP_PAYLOAD = 66
              SPECTRUM_MGMT_CFG_RSP_PAYLOAD = 79
              SPECTRUM_SE_STATUS_PAYLOAD = 88

スペクトル データ AP – WLC

CAPWAP: IAPP message
IAPP subtype: 0x16
data type: AQ data – 1
main report 1
worst interference report 2
IDR data – 2


干渉デバイス レポート(IDR)

Interference Device Report(IDR; 干渉デバイス レポート)は、分類された干渉デバイスの情報を含む詳細なレポートです。Cisco Spectrum Expert のアクティブ デバイスまたはデバイス表示に示される情報とほとんど同じものです。WLC GUI および CLI では、WLC 上のすべての CleanAir 無線についてアクティブな IDR を表示できます。IDR は MSE だけに転送されます。

次に IDR レポートの形式を示します。

表 1:干渉デバイス レポート

パラメータ名 単位 注記
Device ID   特定の無線の干渉デバイスを一意に識別する数字です。システム ブート時に生成される上位 4 ビットと、下位 12 ビットの通し番号で構成されます。
Class Type   デバイス クラス タイプ。
Event type   デバイス ダウン、デバイス アップのアップデート。
Radio Band ID   1 = 2.4 GHz、2 = 5 GHz、4 = 4.9 GHz。最上位 2 ビットは予約されています。最初のリリースでは、4.9 GHz はサポートされません。
Timestamp   最初のデバイスの検出時刻。
Interference Severity Index   1 〜 100。0x0 は未定義または非表示の重大度のために予約されています。
Detected on Channels ビットマップ 同じ無線帯域内の複数チャネルでの検出用にサポートされています。
Interference Duty Cycle % 1 – 100%
Antenna ID ビットマップ 複数のアンテナ レポートは、今後のリリースでサポート予定です。
Tx Power (RSSI) per antenna dBm
Device Signature length   「デバイス シグニチャ」フィールドの長さ。現在は 0 〜 16 バイトの長さです。
Device Signature   一意のデバイス MAC アドレスまたはデバイス PMAC シグニチャを表します。以降にある PMAC の定義を参照してください。

分類されたデバイスごとに IDR が生成されます。現在の Spectrum Expert と同じく、個々の無線が追跡できるデバイス数は理論的には無限です。シスコのテストで数百までは実施済みです。ただし、企業導入では数百のセンサーが存在するため、拡張可能にするため、実質上のレポートの限界が規定されています。CleanAir AP では、重大度に基づいて上位 10 件の IDR が報告されます。セキュリティ干渉要素の場合はこのルールの例外になります。セキュリティ IDR は、重大度に関係なく常に優先されます。AP はコントローラに送信された IDR を追跡し、必要に応じて追加または削除を行います。

表 2:AP の IDR 追跡テーブル例

タイプ SEV WLC
SECURITY 1 X
Interference 20 X
Interference 9 X
Interference 2 X
Interference 2 X
Interference 1 X
Interference 1 X
Interference 1 X
Interference 1 X
Interference 1 X
Interference 1  
Interference 1  

注:セキュリティ干渉要素としてマーキングされる干渉源はユーザ指定であり、[Wireless] > [802.11a/b/g/n] > [cleanair] > [enable interference for security alarm] で設定できます。分類された任意の干渉源をセキュリティ トラップ アラート用として選択できます。これで、選択された干渉要素のタイプに基づいて、セキュリティ トラップが WCS または別の設定済みのトラップ レシーバに送信されます。このトラップには IDR と同じ情報は含まれません。干渉要素が存在するときの単なるアラーム トリガー方法です。干渉要素がセキュリティ上の問題として指定されると、AP ではそのようにマーキングされ、重大度に関係なく AP から報告される 10 個のデバイスの中に必ず挿入されます。

IDR メッセージはリアル タイムで送信されます。検出時、IDR はデバイス アップとマーキングされます。IDR が停止すると、デバイス ダウン メッセージが送信されます。現在追跡中のすべてのデバイスのアップデート メッセージが AP から 90 秒ごとに送信されます。したがって、追跡対象の干渉源のステータス アップデートが可能であり、アップまたはダウン メッセージが転送中に失われた場合の監査証跡にできます。



電波品質(AQ)

Air Quality(AQ; 電波品質)レポートは、スペクトル対応 AP から提供されます。CleanAir の新しい概念である電波品質は、使用可能なスペクトルの「良好性」メトリックを表しており、Wi-Fi チャネルに使用できる帯域幅の品質を示します。分類されたすべての干渉デバイスが理論上の完全スペクトルに与える影響を計算したローリング平均です。0 〜100 % の範囲で、100 % が良好を表します。各無線の AQ レポートが独立して送信されます。最新の AQ レポートを WLC GUI および CLI に表示できます。AQ レポートは WLC に保存され、定期的に WCS がポーリングします。デフォルトは 15 分(最小)で、WCS 上で 60 分まで延長できます。

電波品質(AQ)が優れている理由

現在、ほとんどの標準 Wi-Fi チップは、レシーバで復調可能な全パケット/エネルギーおよび送信中の全パケット/エネルギーを追跡することでスペクトルを計算します。復調できないか、RX/TX アクティビティに起因しないスペクトル内エネルギーは、ノイズというカテゴリにまとめられます。現実世界の多くの「ノイズ」は、実際にはコリジョンの残留物です。また信頼性の高い復調では受信しきい値に届かない Wi-Fi パケットです。

CleanAir では異なるアプローチをとります。Wi-Fi でないことが明白なスペクトル内の全エネルギーが分類されて合計されます。また、802.11 変調エネルギーの表示や確認、共用チャネル ソースや隣接チャネル ソースからのエネルギーの分類も可能です。分類されたデバイスごとに重大度指標(0 〜 100 の正の整数、100 が最も重大)が計算されます(重大度のセクションを参照してください)。次に、チャネル/無線、AP、フロア、建物、またはキャンパスに対する実際の AQ を生成するために AQ 値(100(良好)から開始)から干渉重大度を減算します。ここでの AQ は環境内で分類されたすべてのデバイスの影響の大きさを示しています。

2 つの AQ レポート モード(normal と rapid update)を定義できます。normal モードがデフォルトの AQ レポート モードです。WCS または WLC のいずれかがノーマル アップデート レート(デフォルトは 15 分)でレポートを取得します。WCS はデフォルトのポーリング期間についてコントローラに通知し、それに応じて WLC は AQ 平均処理とレポート期間を変更するよう AP に指示します。

WCS または WLC で [Monitor] > [Access Points] に移動し、無線インターフェイスを選択すると、選択した無線が rapid update レポート モードに配置されます。要求を受信したときに、コントローラはデフォルトの AQ レポート期間を決められた高速アップデート レート(30 秒)に一時的に変更するよう AP に指示します。高速アップデートにより無線レベルの AQ の変化をニア リアルタイムに把握できます。

デフォルトのレポート状態は「オン」です。

表 3:電波品質レポート

パラメータ名 単位 注記
Channel number   ローカル モードではサービス チャネルになります。
Minimum AQI   レポート期間に検出された最小の AQ。
次のパラメータはレポート期間ごとに AP 上で平均処理されます。
Air Quality Index (AQI)    
Total Channel Power (RSSI) dBm これらのパラメータは干渉要素および WiFi デバイスを含むすべてのソースからの合計出力を示します。
Total Channel Duty Cycle %
Interference Power (RSSI) dBm  
Interference Duty Cycle % 非 WiFi デバイスのみ。

検出デバイスごとに複数のエントリが、デバイス内の重大度の順にレポートに追加されます。これらのエントリの形式を次に示します。

表 4:AQ デバイス レポート

パラメータ名 単位 注記
Class type   デバイス クラス タイプ。
Interference Severity Index    
Interference Power (RSSI) dBm  
Duty Cycle %  
Device Count    
total    

注:スペクトル レポートとの関係において、電波品質は、非 Wi-Fi ソースおよび通常動作時に Wi-Fi AP で検出不能な Wi-Fi ソースからの干渉を表します(たとえば、旧 802.11 周波数ホッピング デバイス、改造された 802.11 デバイス、隣接オーバーラップ チャネル干渉など)。Wi-Fi ベースの干渉についての情報は、Wi-Fi チップを使用する AP により収集および報告されます。Local モード AP は現在のサービス チャネルの AQ 情報を収集します。Monitor モード AP はスキャン オプションで設定したすべてのチャネルの情報を収集します。標準の CUWN 設定である、[Country]、[DCA]、および [All channels] がサポートされます。AQ レポートを受信すると、コントローラは必要な処理を実行してレポートを AQ データベースに保存します。



CleanAir の概念

前述のように、CleanAir は Cisco Spectrum Expert テクノロジーを Cisco AP に統合したものです。類似点もありますが、これはテクノロジーの斬新な利用法です。ここでは多くの新しい概念について紹介します。

Cisco Spectrum Expert は、Wi-Fi 以外の無線エネルギー源を確実に識別できるテクノロジーを導入しました。その結果、オペレータはデューティ サイクルや動作チャネルなどの情報に集中し、デバイスや Wi-Fi ネットワークに与えるデバイスの影響について十分な情報を得て判断ができるようになりました。Spectrum Expert では、選択した信号をデバイス検索アプリケーションに組み込み、機器を持って歩き回ることで物理的なデバイスの位置を確認できました。

CleanAir の設計目標は、オペレータを数式から解放し、システム管理の一部の作業を自動化して、次の段階に進むことです。デバイス自身とデバイスの影響を把握できるので、情報の処理方法についてシステム レベルでより優れた決定を行うことができます。Cisco Spectrum Expert から始まった作業にインテリジェンス性を加えるために、複数の新しいアルゴリズムが開発されました。干渉デバイスを物理的に停止する必要があるケース、またはデバイスと、人間に関係する影響についての決定が必要なケースは常に存在します。影響を受けたスペクトルを再生する取り組みが事後型でなく事前型の活動になるように、システム全体で修復可能なものは修復し、回避可能なものは回避する必要があります。



CleanAir アクセス ポイント(AP)の動作モード

Local Mode AP(推奨)(LMAP; Local モード AP):LMAP モードで動作する Cisco CleanAir AP は、割り当てられたチャネルでクライアントにサービスを提供します。また、そのチャネルのスペクトルだけを監視します。Wi-Fi 無線との緊密なシリコン統合により、CleanAir ハードウェアは接続クライアントのスループットをまったく損なわずに、現在サービスを提供しているチャネルでトラフィック間のリッスンを行うことができます。つまり、クライアント トラフィックを中断しないライン レートの検出です。

ノーマル オフ チャネル スキャン時には CleanAir の滞留時間処理はありません。通常動作時、CUWN Local モード AP は 2.4 GHz および 5 GHz で利用可能な代替チャネルのオフ チャネル パッシブ スキャンを実行します。オフ チャネル スキャンは、RRM メトリック検出や不正検出などのシステム メンテナンス用に使用します。これらのスキャン周波数は、確実なデバイス分類に必要となる連続した滞留時間を収集するには不十分なので、このスキャン中に収集される情報はシステムで抑制されています。オフ チャネル スキャンの周波数を上げることも望ましくありません。無線がトラフィックにサービスを提供する時間が削られるからです。

つまり、LMAP モードの CleanAir AP は、各帯域の 1 つのチャネルだけを連続してスキャンします。企業における通常の密度では、同じチャネルに多数の AP が存在する必要があります。また、RRM がチャネル選択を処理すると仮定すると、各チャネルには少なくとも 1 つの AP が必要です。狭帯域変調(単一周波数上またはその周囲で動作)を使用する干渉源は、その周波数空間を共有する AP だけに検出されます。周波数ホッピング タイプ(複数の周波数を使用:一般に全帯域を含む)の干渉ならば、帯域内での動作を聞き取ることができるすべての AP で検出されます。

図 4:LMAP AP の検出例

cleanair-uwn-guide-03.gif

2.4 GHz での LMAP には、一般に少なくとも 3 地点での分類を確保する十分な密度があります。ロケーション分解能には最低 3 つの検出ポイントが必要です。5 GHz の場合、米国では 22 チャネルが動作しているため、検出密度および十分なロケーション密度はあまり期待できません。なお、CleanAir AP のチャネルで干渉がある場合、AP は干渉を検出します。これらの機能がイネーブルであれば、アラートを発行したり、干渉を緩和する対策をとります。ほとんどの干渉は、5.8 GHz 帯域に集中して出現します。ここはコンシューマ デバイスが活動する場所であるため、最も検出される可能性のあるところです。必要ならば、チャネル プランの範囲を限定して、その空間により多くの AP を配置できます。ただし、まったく保証はありません。必要なスペクトルが使用される場合に限り干渉が問題となります。AP がそのチャネルになければ、移動先のスペクトルは十分に残っていると考えられます。セキュリティ ポリシーにより 5 GHz 全体を監視する必要が生じた場合はどうでしょうか。次の Monitor モード AP の説明を参照してください。

Monitor Mode AP(オプション)(MMAP; Monitor モード AP):専用の CleanAir Monitor モード AP はクライアント トラフィックへのサービスは提供しません。40 MHz の滞留時間ですべてのチャネルを常時スキャンします。CleanAir は、Adaptive wIPS やロケーション拡張機能など、他のすべての最新モニタ モード アプリケーションとともに Monitor モードでサポートされます。デュアル無線構成の場合、全帯域チャネルのスキャンが定期的に実行されます。

cleanair-uwn-guide-04.gif

CleanAir 対応 MMAP は、2.4 GHz および 5 GHz のカバレッジを追加するために、CleanAir 対応 LMAP の段階的導入の中で配備できます。または、既存の CleanAir AP 以外の導入に CleanAir 機能をスタンドアロンのオーバーレイ ソリューションとして配備できます。セキュリティが主眼となる前述のシナリオでは、Adaptive wIPS も要件に含まれる可能性があります。これは CleanAir とともに同じ MMAP でサポートされます。

オーバーレイ ソリューションとして導入する場合、一部の機能のサポートに明確な違いがあります。この点については、導入モデルの説明を参照してください。

Spectrum Expert(SE)Connect モード(オプション):SE Connect AP は、専用のスペクトル センサーとして設定されます。ローカル ホストで動作する Cisco Spectrum Expert アプリケーションを接続すると、CleanAir AP をローカル アプリケーションのリモート スペクトル センサーとして使用できます。Spectrum Expert とリモート AP を接続することで、データ プレーン上のコントローラをバイパスします。AP はコントロール プレーンのコントローラとの接続を維持します。このモードでは、FFT プロットや詳細な測定値など、未加工のスペクトル データを表示できます。AP がこのモードの間は CleanAir のすべてのシステム機能がサスペンドし、クライアントにサービスを提供しません。このモードはリモート トラブルシューティングのみを目的としています。Spectrum Expert アプリケーションは、TCP セッション経由で AP に接続する MS Windows アプリケーションです。VMWare でサポート可能です。



重大度指標と電波品質(AQ)

CleanAir に電波品質の概念が導入されました。電波品質は特定の観測コンテナ(無線、AP、帯域、フロア、建物)におけるスペクトルが Wi-Fi トラフィックに使用できる時間の比率を測定した値です。AQ は重大度指標の関数であり、分類された干渉源ごとに計算します。重大度指標は非 Wi-Fi デバイスを無線特性に関して評価し、このデバイスの存在によってスペクトルを Wi-Fi 用に使用できない時間の比率を計算します。

電波品質は分類されたすべての干渉源の重大度指標の積を示します。次に、無線/チャネル、帯域、または RF 伝搬領域(フロア、建物)別に総合的な電波品質として報告され、非 Wi-Fi ソース全体の有効利用時間に対する合計コストを表します。理論上では、その他の部分はトラフィックの Wi-Fi ネットワークに使用できます。

理論上というのは、Wi-Fi トラフィックの効率性測定の裏には 1 つの科学分野全体が隠されているからです。こうした内容はこのドキュメントの対象ではありません。それでも、問題の特定と緩和を達成するつもりならば、干渉がその科学分野に与える影響の有無を知ることは重要な目標になります。

干渉源はどのような要因によって重大になるのか、何によってそれが問題であるかどうかが決まるのか、ネットワークの管理にこの情報をどのように使用すればよいのか、ここではこれらの質問について説明します。

簡単に言うと、非 Wi-Fi の利用は、別の無線がユーザのネットワーク スペクトルを使用する割合(デューティ サイクル)およびユーザの無線と比較した大きさ(RSSI/ロケーション)ということになります。チャネルにアクセスする 802.11 インターフェイスから見たチャネル内のエネルギーが、特定のエネルギーしきい値よりも高くなると、ビジー チャネルと認識されます。これは Clear Channel Assessment(CCA)によって決まります。Wi-Fi では、コンテンションのない PHY アクセスを行うためにチャネル アクセス方式の開始前にリッスンが使用されます。これは CSMA-CA(Collision Avoidance(CA; 衝突回避))で処理します。

干渉要素の RSSI により、CCA しきい値より大きく聞こえるかどうかが決まります。デューティ サイクルはトランスミッタがオンの時間です。これによってチャネル内でのエネルギー持続性が決まります。デューティ サイクルが高くなるほど、チャネルのブロック回数が多くなります。

次のように RSSI とデューティ サイクルだけを使用し、重大度を単純にして示すことができます。説明のため、デューティ サイクル 100 % のデバイスを想定しています。

図 5:干渉信号が減少するにつれ、AQI が上昇する

cleanair-uwn-guide-05.gif

この図のグラフで、干渉の信号出力が減少するにつれ、AQI が上昇することがわかります。理論的には、信号が -65 dBm 以下に落ちるとすぐに AP のブロックが解除されますが、セル内のクライアントに与える影響を考える必要があります。100 % Duty Cycle(DC; デューティ サイクル)では、ノイズの存在で SNR が不足し、クライアント信号が絶えず中断されることになります。信号出力が -78 dBm 以下に低下すると、急速に AQ が上昇します。

ここまでのところで重大度による電波品質メトリックで定義された干渉の主な影響について 3 つのうち、2 つを示しました。

  • CCA ブロック

  • SNR の劣化

100% DC で見ると、干渉は単純になります。これは干渉の影響を実証する際に最もよく使用される信号タイプです。スペクトログラムで確認しやすく、Wi-Fi チャネルに劇的な影響を与えます。実世界でもこの現象が起こります。たとえば、アナログ ビデオ カメラ、動作感知装置、距離測定機器、TDM 信号、旧式のコードレス電話などです。

100% DC ではない信号は多数あります。実際、検出される干渉の多くが極小まで可変のタイプの干渉です。この場合、重大度と呼ぶにはふさわしくありません。このタイプの干渉の例には、Bluetooth、コードレス電話、ワイヤレス スピーカ、距離測定装置、旧 802.11fh 機器などがあります。たとえば、1 つの Bluetooth ヘッドセットは Wi-Fi 環境をあまり損なうことはありません。しかし、伝搬のオーバーラップがある Bluetooth が 3 つあれば、歩き回ることで Wi-Fi 電話を切断できます。

CCA のほか、各種ベース プロトコルの利用時間に対応するために必要なコンテンション ウィンドウなど、802.11 仕様における規定があります。また、これにさまざまな QOS メカニズムが追加されます。各種アプリケーションでは、利用時間効率の最大化とコリジョンの最小化のために、これらすべてのメディア条件が使用されています。これは混乱を誘う可能性がありますが、いずれの無線インターフェイスも同じ規格グループに参加して協定を締結しているため、うまく機能しています。コンテンション メカニズムを認識しない特殊なエネルギーを導入するとしたら、さらに言えば CSMA-CA に関与すらしないとしたら、この秩序ある混沌の世界に何が起こるでしょうか。多かれ少なかれ大混乱を招くことになりますが、干渉を受けたときに、メディアがどれだけビジーになるかによります。

図 6:同じ比率でも同じでないチャネル デューティ サイクル

cleanair-uwn-guide-06.gif

チャネルと振幅で測定したデューティ サイクルという点で同じ 2 つの信号がありますが、Wi-Fi ネットワーク上ではまったく異なるレベルの干渉になります。高速に繰り返される短パルスは、比較的遅く繰り返される長パルスより Wi-Fi に壊滅的な影響を与える可能性があります。Wi-Fi チャネルを効率的にシャットダウンし、微小なデューティ サイクルを示す RF 妨害装置を想像してください。

正しいジョブ評価を行うためには、導入された最小干渉インターバルについて詳しく理解する必要があります。最小干渉インターバルは、次の 3 つの結果により実際の時間より長く、Wi-Fi アクティビティをチャネル内パルスが遮断する原因になります。

  • すでにカウント ダウン中の場合、Wi-Fi デバイスは、干渉パルス後さらに DIFS 期間を待機する必要があります。これは負荷の高いネットワークで一般的な事例です。Wi-Fi のバックオフ カウンタがゼロになる前に干渉が起こっています。

  • 干渉の途中で送信用の新しいパケットが到着した場合、Wi-Fi デバイスは 0 〜 CWmin のランダムな値で追加のバックオフが必要になります。これは負荷の軽いネットワークで一般的な事例です。送信する Wi-Fi パケットが MAC に到着する前に干渉が起こっています。

  • Wi-Fi デバイスがすでにパケットを送信中に干渉バーストが到着した場合、すぐ上の CW 値(CWmax 以下)を使用してパケット全体を再送信する必要があります。これは現在の Wi-Fi パケットの途中で干渉が瞬間的に起こった場合に一般的な事例です。

再送信に失敗してバックオフ時間が切れると、次のバックオフは前の値の 2 倍になります。こうして CWmax に達するか、フレームの TTL を超えるまで送信の失敗を繰り返すことができます。

図 7:802.11b/g では CWmin = 31、802.11a では CWmin = 15、ともに CWmax = 1023

cleanair-uwn-guide-07.gif

現実の Wi-Fi ネットワークでは、これら 3 つの結果の平均持続時間を求めるのは困難です。その理由は、これらが BSS のデバイス総数、BSS のオーバーラップ、デバイス アクティビティ、パケット長、サポートされるスピード/プロトコル、QoS、現在のアクティビティなどに関連して変化するからです。したがって、次善の策は、リファレンス ポイントとして不変のメトリックを作成することです。これが重大度にあたります。理論上のネットワークに対する単一の干渉要素の影響を測定し、ネットワークの基本的な使用率に関係しない一定の重大度を保持します。それにより、ネットワーク インフラストラクチャ上での相対調査ポイントが得られます。

「どのような非 Wi-Fi 干渉が良好でないのか」という質問に対しては、主観的な回答になります。負荷の軽いネットワークでは、非 Wi-Fi 干渉はユーザや管理者によって見落とされるレベルになる可能性が十分にあります。しかし、結局のところ、これによって問題が引き起こされることがあります。ワイヤレス ネットワークは時間とともにビジー状態になるという特徴があります。事業の成功に伴い組織的な採用が加速し、新しいアプリケーションが稼働していきます。初日から干渉が生じていれば、ネットワークが十分にビジー状態になったときに、干渉に関するネットワークの問題が発生したと考えることができるでしょう。しかし、現象が起きたときには、最初からずっと見えていたことが問題の発端だとは誰も気づきません。

CleanAir の電波品質と重大度メトリックはどのように使用すればよいでしょうか。

  • AQ を使用して、ベースラインのスペクトル測定値を作成および監視し、パフォーマンスへの影響を示す変化が起きたときに警告を表示します。また、レポートによる長期傾向評価にも使用できます。

  • 重大度を使用して、干渉の影響の可能性を評価し、干渉緩和のために個々のデバイスに優先順位を付けます。



Pseudo MAC(PMAC)

非 Wi-Fi トランスミッタは、一意の特性で識別するという点に関して、扱いやすいとは言えません。基本的には、Cisco Spectrum Expert ソリューションが画期的と見なされるのはその点です。CleanAir が登場した現在、複数の AP のほとんどすべてが同時に同じ干渉を聞き取ります。これらのレポートを相互に比較して一意のインスタンスを区別することが、高度な機能(干渉デバイスの位置など)および計数の精度を実現するために解決するべき課題です。

Pseudo MAC(PMAC)を入力します。アナログ ビデオ デバイスには MAC アドレスがないか、いくつかの例では他の識別デジタル タグがないため、複数のソースから報告される一意のデバイスを識別するためにアルゴリズムを開発する必要がありました。PMAC は、デバイスの分類の中で算出され、Interference Device Record(IDR; 干渉デバイス レコード)に含まれています。各 AP が独立して PMAC を生成します。各レポートで PMAC が異なりますが(少なくともデバイスの RSSI 測定値は各 AP でおそらく異なります)、同じものです。PMAC の比較と計算の機能はマージと呼ばれます。PMAC はカスタマー インターフェイスには表示されません。マージの結果だけはクラスタ ID の形式で使用できます。マージについては次で説明します。

図 8:未加工の干渉検出

cleanair-uwn-guide-08.gif

この図では、複数の AP すべてが DECT(電話エネルギーなど)を報告しているのが確認できます。ただし、実際には図の AP は 2 つの個別の DECT(電話ソースなど)の存在を報告しています。PMAC の割り当てとそれに続くマージを行う前はデバイスを分類するだけのため、誤って判断される可能性があります。アドレスなどの使用可能な論理情報がない場合でも、PMAC が個々の干渉源を識別する方法を提供します。



マージ

複数の AP すべてが同じデバイスを報告することがあります。レポーティング AP ごとに、分類された信号に PMAC が割り当てられます。次の段階では、同じソース デバイスと考えられる PMAC を、1 つのシステム レポートに結合します。これが複数のレポートを単一のイベントに統合するマージ処理です。

マージは、レポーティング AP の空間近接度を使用します。同じ IDR が 6 つ存在し、5 つが同じフロアの AP から、残りの 1 つが 1.6 キロ先の建物からの場合、後者は同じ干渉要素の見込みはありません。近接度が確認されると、関連する個々の IDR に合わせて確率計算が実行され、その結果がクラスタに割り当てられます。その干渉デバイスのレコードになるクラスタには、干渉デバイスを報告している個々の AP が取り込まれます。以降の同じデバイスに関する IDR レポートまたはアップデートは、同じ手順に従い、既存のクラスタに合わせて行われ、新しいクラスタは作成されません。クラスタ レポートでは 1 つの AP がクラスタ センターに指定されます。これが最大の干渉を聞いている AP です。

図 9:PMAC マージ後:同じ物理デバイスを聞き取る AP が識別される

cleanair-uwn-guide-09.gif

マージ アルゴリズムはすべての CleanAir 対応 WLC で動作します。WLC は、物理的に関連付けられた AP から送られるすべての IDR についてマージ機能を実行します。システムに MSE がある場合は、すべての IDR と生成されたマージ クラスタが MSE に転送されます。複数の WLC を搭載したシステムにはマージ サービスを提供する MSE が必要です。MSE はより高度なマージ機能を実行します。異なる WLC から報告されたクラスタをマージし、WCS に報告するロケーション情報を抽出します。

複数の WLC の IDR をマージするために MSE が必要になるのはなぜでしょうか。1 つの WLC は物理的に関連付けられた AP のネイバーだけを認識します。システム全体を表示しない限り、さまざまなコントローラに配置された AP から IDR が送信された場合には、RF 近接度を決定できません。MSE にはこうした表示機能があります。

物理的な近接度の決定方法は、CleanAir の実装方法に応じても異なります。

  • LMAP の段階的実装の場合、AP はすべてネイバー探索に参加するので、RF ネイバー リストを問い合わせて IDR の空間的関係を決定するのは簡単です。

  • MMAP オーバーレイ モデルの場合は、この情報がありません。MMAP は受動デバイスで、ネイバー メッセージを送信しません。したがって、1 つの MMAP と別の MMAP の空間的関係を確立するには、システム マップの XY 座標を使用して処理する必要があります。このためには、システム マップを認識し、マージ機能を提供できる MSE も必要になります。

各種動作モードおよび実用的な導入のヒントについての詳細は、導入モデルのセクションで説明しています。

混在モードでの AP の導入:MMAP CleanAir AP のオーバーレイを装備する LMAP CleanAir AP は、高精度および包括的なカバレッジには最適なアプローチです。MMAP の受信ネイバー メッセージで作成されたネイバー リストを、マージ情報の一部として使用できます。つまり、LMAP AP の PMAC と MMAP の PMAC を保有し、MMAP が LMAP AP をネイバーとして示す場合、2 つは確実にマージできます。CleanAir MMAP が標準のレガシー AP 内に導入されたら、このようにはマージできません。これらの AP はマージ プロセスに相当するような IDR を作成しないからです。MSE と XY 基準点も必要です。



非 Wi-Fi ロケーション精度

理論上、無線トランスミッタの位置の決定は、非常に簡単なプロセスです。複数の位置からの受信信号をサンプリングし、受信信号強度に基づいて三角測量を行います。Wi-Fi ネットワークでは、レシーバの密度と信号対雑音比が十分であれば、クライアントの位置が定まり、Wi-Fi RFID には良好のタグが付けられます。Wi-Fi クライアントおよびタグは、サポートされるすべてのチャネルで定期的にプローブを送信します。このため、サービスを提供するチャネルに関係なく、圏内のすべての AP はクライアントまたはタグを聞き取ることができます。これによって多くの情報が連動します。また、動作を決定する仕様にデバイス(タグまたはクライアント)が従うこともわかっています。したがって、全方向性アンテナを使用しているデバイスには予測可能な初期伝送出力があることは確実です。また、Wi-Fi デバイスには、一意の信号ソース(MAC アドレス)で識別される論理情報が含まれています。

注:非 Wi-Fi デバイスにはロケーション精度の保証はありません。精度は非常に良く、有用な可能性もありますが、コンシューマ エレクトロニクス世界での多くの変数と想定外の電気的干渉が存在します。現在のクライアントまたはタグのロケーション精度モデルから導出した精度の予測は、非 Wi-Fi ロケーションや CleanAir 機能には適合しません。

非 Wi-Fi 干渉源によって創造力が必要となる特別な機会がもたらされます。たとえば、確認しようとする信号が、1 チャネルだけに影響する狭帯域ビデオ信号(1 MHz)であるとします。2.4 GHz の場合は、おそらく順調に働きます。ほとんどの組織では、同じチャネルで最低 3 つの AP による聞き取りができるように十分な密度が用意されているからです。一方、5 GHz の場合は、ほとんどの非 Wi-Fi デバイスが 5.8 GHz 帯域だけで動作するため、より困難な状況になります。RRM が公共チャネルを使用して DCA をイネーブルにしている場合、5.8 GHz で実際に割り当てられる AP の数が減少します。これは、チャネルの再利用を広げ、空いたスペクトルを活用することを目的にしているためです。よくない状況に見えますが、検出しなければ、いずれに対しても干渉しません。したがって、干渉の点から見れば実際に問題ではありません。

ただし、導入上の問題がセキュリティに及ぶ場合は、これは問題となります。適切なカバレッジを獲得するためには、LMAP AP に加えて複数の MMAP AP により帯域内のフル スペクトル カバレッジを確保する必要があります。使用している動作空間のセキュリティが唯一の問題となる場合、DCA で使用できるチャネルを制限し、チャネル到達範囲内の密度を強制的に上げることができます。

非 Wi-Fi デバイスの RF パラメータはばらつきが大きいことがあります。検出されているデバイスのタイプに基づいて推定する必要があります。高精度を保持するために信号ソースの開始 RSSI を知る必要があります。この値は経験に基づいて推定できますが、デバイスに指向性アンテナが取り付けられている場合、誤った計算になります。デバイスがバッテリ電源で動作し、動作時に電圧の下落または上昇が出現すると、デバイスに対するシステムの見方が変わります。別の製造元による既知製品の実装ではシステムの期待を満たせないことがあります。これは計算に影響します。

幸運にも、シスコはこの分野で多少の経験を積んでおり、非 Wi-Fi デバイス ロケーションは実際にうまく機能しています。重視する必要がある点は、非 Wi-Fi デバイス ロケーションの精度には、考慮するべき多くの変数があり、パワー、デューティ サイクル、デバイスを聞き取るチャネルの数で精度が上がるということです。一般にはより高いパワー、より高いデューティ サイクル、複数のチャネルに影響するデバイスは、ネットワークへの干渉という点では重大であると見なされるため、これは朗報といえます。



CleanAir の導入モデルおよびガイドライン

第 1 に、Cisco CleanAir AP はアクセス ポイントです。つまり、これは現在出荷中の他の AP を導入する場合と本質的に変わらないということです。変更点は CleanAir が導入されたことです。CleanAir は、ED-RRM や PDA の有名な緩和戦略を除き、Wi-Fi ネットワークの動作にまったく影響を与えないパッシブなテクノロジーです。グリーンフィールド インストールだけで使用でき、デフォルトではオフに設定されています。ここでは、優れた CleanAir 機能の感度、密度、およびカバレッジ要件について説明します。これらの要件は、音声、ビデオ、またはロケーションの導入などの確立されたその他のテクノロジー モデルとそれほど異なりません。

CleanAir の製品および機能に有効な導入モデル

表 5:CleanAir の導入モデルと機能の対応マトリクス

  機能 MMAP オーバーレイ LMAP インライン
AP サービス CleanAir X X
監視(RRM、不正、WIPS、ロケーションなど) X X
クライアント トラフィック   X
検出 RF 信号の検出と分析 X X
分類 影響の重大度による個々の干渉源の分類 X X
緩和 イベント駆動チャネル変更   X
永続的デバイス回避   X
探索 影響ゾーンによるマップ探索   X
トラブルシューティング、管理、可視化 Cisco Spectrum Expert Connect X X
WCS 統合化 X X

CleanAir はパッシブなテクノロジーです。聞き取りだけを実行します。AP は通信到達範囲外からも聞き取りを行うため、グリーンフィールド環境内での正確な設計を簡単にしています。CleanAir の聞き取り能力および分類と検出の動作を理解すれば、CleanAir の設定に必要な解決策がわかります。



CleanAir 検出感度

CleanAir は検出次第で変わります。検出感度は Wi-Fi スループット要件ほど厳しいものではありません。すべての分類子の要件は 10 dB SNR で、多くは 5 dB でも使用できます。カバレッジを段階的に広げる想定可能なあらゆる導入において、ネットワーク インフラストラクチャでの聞き取りおよび検出の干渉にどのような問題もありません。

分割する方法は単純です。平均 AP パワーが 5 〜 11 dBm(パワー レベル 3 〜 5)のいずれかであるネットワークでは、クラス 3(1 mW/0 dBm)Bluetooth デバイスならば -85 dBm まで検出されます。ノイズ フロアをこのレベルよりも上げると、dB に対して検出 dB がわずかに低下します。設計のために、最小の設計目標を -80 などに設定することによって緩衝ゾーンを設ける価値はあります。その結果、想定できる限りの状況で十分なオーバーラップが得られます。

注:Bluetooth は求めるデバイスの中でボトム エンド型パワーであるため、設計に適した分類子です。一般にこれより低ければ Wi-Fi ネットワークに出現さえしません。また、周波数ホッピング デバイスであり、2.4 GHz ではモードやチャネルに関係なく、各 AP で認識されるため、テストには便利です(また、簡単に使用できます)。

干渉源を把握することは重要です。たとえば、Bluetooth の場合、目下、市場では Bluetooth 型の製品が多数あり、ほとんどのテクノロジーと同様、その無線や仕様は時間とともに進化を続けています。携帯電話に使用する Bluetooth ヘッドセットは、クラス 3 またはクラス 2 のデバイスの可能性が高いです。低電力で動作し、適応電力プロファイルを十二分に利用することで、バッテリ寿命を延ばすと同時に干渉を緩和します。

Bluetooth ヘッドセットは、ページングでアソシエーションが確立するまで何回も送信します(ディスカバリ モード)。次に、電力を保持するために必要になるまで休止状態に入ります。CleanAir はアクティブな BT 送信だけを検出します。RF がなければ検出しません。したがって、何らかのテストを実施するならば、送信中であることを確認してください。音楽を再生する場合も必ず送信してください。Spectrum Expert Connect は送信中かどうかを確認する便利な方法で、多くの潜在的な混乱状態を終結します。



グリーンフィールド導入

CleanAir は主として標準密度の実装と見なされる事項に合わせて設計されました。標準の定義は絶えず変化するものです。たとえば、ちょうど 5 年前には同一システム上に 300 の AP を実装することは大規模実装と考えられていました。ほとんどの世界では、依然として大規模ですが、RF 伝搬によって数百もの AP が直接に知識を共有しており、3,000 〜 5,000 の AP 数はごく普通に見られます。

理解する必要のある内容は次のとおりです。

  • CleanAir LMAP は割り当てられたチャネルだけをサポートします。

  • 帯域カバレッジはチャネルのカバレッジを保証することによって実施されます。

  • CleanAir AP の聞き取りは優れており、アクティブなセルの境界が限界にはなりません。

  • ロケーション ソリューションの RSSI 遮断値は -75 dBm です。

  • ロケーション分解能には最低 3 つの高品質の計測値が必要です。

2.4 GHz のほとんどの導入では、同じチャネルの聞き取り可能な範囲内に最低 3 つの AP がカバレッジ エリアに必ず存在すると考えられます。存在しなければ、ロケーション分解能に問題が生じます。Monitor モード AP を追加してガイドラインに従ってください。ロケーション遮断は -75 dBm で、MMAP がすべてのチャネルをリッスンするので、これを修正します。

きわめて少ない密度のロケーションでは、ロケーション分解能はおそらくサポートされません。それでも、アクティブなユーザ チャネルをうまく保護しています。また、こうしたエリアでは一般に大きな空間のことではないので、干渉源の探索は複数のフロアでの滞留時間と同様の問題にはなりません。

導入に関する注意事項は、必要なキャパシティのためにネットワークを計画することや、CleanAir 機能をサポートするために正しいコンポーネントとネットワーク経路を確実に配置することにも及びます。RF 近接度および RF ネイバー関係の重要性はどれだけ理解しても十分ではありません。PMAC とマージ プロセスも十分理解してください。ネットワークの RF 設計が適切でなければ、一般にネイバー関係に影響が及びます。その結果、CleanAir のパフォーマンスに影響します。



MMAP オーバーレイ導入

既存のネットワークのオーバーレイとして CleanAir MMAP をインストールする予定の場合、考慮が必要な制限事項がいくつかあります。CleanAir 7.0 ソフトウェアは、シスコから出荷するいずれのコントローラでもサポートされます。各モデルのコントローラは、CleanAir LMAP で最大定格 AP キャパシティをサポートします。サポート可能な MMAP の数には制限があります。MMAP の最大数はメモリに依存します。コントローラは監視対象のチャネルごとに AQ 詳細を保存する必要があります。LMAP には 2 つのチャネルの AQ 情報の保存が必要です。一方、MMAP はパッシブなスキャンを行い、チャネル データは各 AP で 25 チャネルになる可能性があります。設計ガイドラインには次の表を使用してください。リリースごとの最新情報については、最新リリースのドキュメントを必ず参照してください。

表 6:MMAP の限界値(WLC)

コントローラ AP 最大数 クラスタ デバイス レコード サポートされる CleanAir MMAP
2100 25 75 300 6
WLCM 25 75 300 6
WISM* 150 750 3500 25
4400 100 750 3500 25
5500 500 2500 10000 75

*コントローラあたりの数値。WISM ブレードには 2 台のコントローラがあります。

注:クラスタ(マージされた干渉レポート)とデバイス レコード(マージ前の個々の IDR レポート)に示される数値は、厳密な数値ではなく、最悪の環境でもこれより大きくなる可能性はありません。

非 Wi-Fi 干渉の監視と警告を行うために、CleanAir を単にセンサー ネットワークとして導入するとしたら、どれだけの Monitor Mode AP(MMAP; Monitor モード AP)が必要かというと、一般に、LMAP 無線に対して 1 〜 5 の MMAP が必要となります。当然、カバレッジ モデルによって異なります。MMAP AP でどの程度のカバレッジが得られるかというと、正確なリッスンなので、実際に相当な量になります。カバレッジ エリアは、同時に通信と送信が必要な場合よりもはるかに広くなります。

マップで可視化する場合はどうでしょうか(以降で説明するような手順で市販のプランニング ツールを使用できます)。WCS を所有しており、すでにシステム マップを作成しているなら、この課題は簡単です。WCS マップでプランニング モードを使用します。

  1. [Monitor] > [Maps] の順に選択します。

  2. 使用するマップを選択します。

  3. WCS 画面の右隅にあるオプション ボタンで [Planning Mode] を選択し、[go] をクリックします。

    図 10:WCS プランニング モード

    cleanair-uwn-guide-10.gif

  4. [ADD APs] を選択します。

  5. [manual] を選択します。

  6. AP タイプを選択します。内部用のデフォルトのアンテナを使用するか、導入に合わせて変更します(5 GHz および 2.4 GHz 用の 1 AP TX パワーは 1 dBm – クラス 3 BT = 1 mW です)。

  7. 下部にある [ADD AP] を選択します。

    図 11:WCS プランナでの AP の追加

    cleanair-uwn-guide-11.gif

  8. AP を移動してマップ上に配置し、[apply] を選択します。

  9. ヒート マップが生成されます。マップの上部にある [RSSI cutoff] で [-80 dBm] を選択します。変更の場合はマップが再表示されます。

1 dBm 出力、-80 dBm までの CleanAir MMAP のカバレッジを次に示します。この結果は半径 20 m のセル、つまりカバレッジ 1400 m/2 を示します。

図 12:カバレッジに 1 dBm パワーおよび -80 dBm 遮断値を使用した CleanAir MMAP のカバレッジ例

cleanair-uwn-guide-12.gif

注:これは予測による分析であることに注意してください。分析の精度は作成に使用したマップの精度に直接依存します。WCS でマップを編集する手順を説明することは、このドキュメントの範囲外です。

次によくある質問を挙げます。「こうした MMAP は CleanAir 用に限定して導入するのですか」または「監視 AP をネットワークに追加することで多くのメリットが得られますが、それを利用しますか」

  • Adaptive wIPS

  • 不正検出

  • ロケーション拡張機能

これらすべてのアプリケーションは CleanAir 対応 AP で動作します。Adaptive wIPS については、『Cisco 適応型ワイヤレス IPS 導入ガイド』を参照してください。Adaptive wIPS のカバレッジに関する推奨事項は似ていますが、目標や顧客ニーズに応じて変わります。ロケーション サービスについては、使用するテクノロジーの導入要件を確認および理解するようにしてください。これらすべてのソリューションは、CleanAir 設計目標を補完するものです。

同一インストールでの CleanAir LMAP とレガシー非 CleanAir AP の混在

CleanAir LMAP とレガシー LMAP AP を同じ物理エリアに混在させない理由は何でしょうか。この質問は次の使用例に関係があります。

「現在、ローカル モードで非 CleanAir AP を導入しています(1130、1240、1250、1140)。カバレッジと密度を上げるために少数の CleanAir AP を追加したいと思います。複数の AP を追加したのにすべての CleanAir 機能を利用できない理由は何ですか。」

これは推奨しません。CleanAir LMAP はサービス チャネルだけを監視し、すべての CleanAir 機能が品質測定密度を利用するからです。こうしたインストールによって帯域のカバレッジが乱雑になります。CleanAir カバレッジがまったく存在しないチャネルが生じることも十分にあります。一方、ベース インストールならば、提供されるすべてのチャネルを使用することになります。RRM による管理の場合(推奨)、通常のインストールですべての CleanAir AP を同じチャネルに割り当てることは十分可能です。できる限り最適な空間カバレッジを得るためにそれらを展開すると、実際に実現する確率も上昇します。

確かに既存のインストール環境に少数の CleanAir AP を導入できます。1 つの AP の場合、クライアントとカバレッジから見れば、問題なく機能します。CleanAir 機能は低下し、スペクトルについてシステムが何を報告し、何を報告しないかを実際に保証することはとうていできません。密度とカバレッジには予測のために導入できるオプションが膨大にあります。どれが動作するでしょうか。

  • AQ は報告する無線だけに有効です。つまり、サービス チャネルだけに関連します。また、常に変化する可能性があります。

  • 干渉のアラートと影響ゾーンは有効です。ただし、生成された位置は信頼できません。位置を同時に除外し、最も近い AP 分解能と見なすのが最適です。

  • 導入環境のほとんどの AP は同じように動作しないため、緩和戦略は十分に考慮されていません。

  • AP を使用して、Spectrum Connect でスペクトルを確認できます。

  • また、環境のフル スキャンを実行するために、いつでも Monitor モードに一時的に切り替えることもできます。

いくつかのメリットはあるにしても、想定外の危険性を理解し、それに応じて期待するものを変えることが重要です。これは推奨しません。このような導入から起こる問題は、この導入モデルのサポート範囲外になります。

クライアント トラフィックにサービスを提供しない AP(MMAP)を追加する予算がない場合、望ましいオプションは、十分な数の CleanAir AP を集めて 1 つのエリアにまとめて導入する方法です。マップ エリア上で囲まれた領域には、フル機能がサポートされるグリーンフィールド CleanAir を導入できます。ここで唯一注意することは位置です。位置には十分な密度も必要です。

同一コントローラでの CleanAir AP とレガシー AP の動作

レガシー AP とローカル モードで動作する CleanAir AP を同じ導入エリアに混在させることは推奨されませんが、同じ WLC で両者を実行するのはどうでしょうか。これはまったく問題ありません。CleanAir の設定は、CleanAir をサポートする AP だけに適用できます。

たとえば、802.11a/n および 802.11b/g/n の RRM 設定パラメータには、ED-RRM と RRM 用の PDA 設定があります。CleanAir 対応 AP ではない AP に適用された場合、悪影響が及ぶと考えられるかもしれませんが、これらの機能は RRM と相互に通信するとしても、CleanAir イベントだけでトリガーされ、トリガー側の AP まで追跡されます。設定が RF グループ全体に適用されても、非 CleanAir AP が設定を適用する可能性はありません。

ここから別の重要なポイントが提起されます。7.0 以降のコントローラでの CleanAir 設定はそのコントローラに接続された任意 CleanAir AP に有効ですが、ED-RRM と PDA は RRM 設定のままです。



CleanAir の機能

CleanAir の実装は、CUWN 内に存在する多くのアーキテクチャ要素を利用します。これは機能を強化し、各システム コンポーネントに追加するためのものです。また、利便性を高め、機能を緊密に統合するために、すでに存在する情報を利用します。

これはライセンス層に分類されている項目全体を表しています。優れた機能を得るために、システムに WCS や MSE を搭載する必要はありません。コントローラで使用できる MIB は、これらの機能を既存の管理システムに統合するユーザに開放されています。



ライセンス要件

基本システム

基本の CleanAir システムには、CleanAir AP およびバージョン 7.0 以降のコードを実行する WLC が必要です。これでカスタマー インターフェイスの CLI と WLC GUI が提供され、帯域別に報告される干渉源や SE Connect 機能など、現在のすべてのデータが表示されます。セキュリティ アラート(セキュリティ上の問題に指定されている干渉源)は、SNMP トラップのトリガー前にマージされます。前述のように、WLC マージはそのコントローラに関連付けられている AP の表示に限定されます。WLC インターフェイスから直接サポートされる傾向分析には履歴サポートはありません。

WCS

基本の WCS を追加し、コントローラを管理すると、AQ のトレンディング サポートとアラームが追加されます。履歴 AQ レポート、SNMP によるしきい値アラート、RRM ダッシュボード サポート、セキュリティ アラート サポート、クライアント トラブルシューティング ツールなどのその他多くのメリットが提供されます。提供されないのは、干渉履歴とロケーションです。これは MSE に保存されます。

注:ロケーション用として MSE を WCS に追加するには、WCS に加えて MSE のライセンスと Context Aware 機能ライセンスが必要です。

MSE

MSE とロケーション ソリューションをネットワークに追加することによって、IDR 履歴レポートおよびロケーション ベースの機能がサポートされます。既存の CUWN ソリューションに追加するには、WCS 上に余分に 1 つライセンスが必要であり、ロケーション ターゲット用に CAS または Context Aware ライセンスが必要です。

1 つの干渉要素 = 1 つの CAS ライセンス

干渉要素はコンテキスト対応で管理され、システム内で追跡される干渉はライセンスの目的上、クライアントと同じように扱われます。これらのライセンスの管理方法および使用目的には多くのオプションがあります。

ロケーション用に追跡し、マップ内で報告する干渉源を WLC の設定で制限するには、[controller] > [Wireless] > [802.11b/a] > [CleanAir] メニューから選択します。

ここで選択された干渉デバイスが報告されます。また、そのデバイスを無視する選択をすると、ロケーション システムや MSE の対象外となります。これは AP での実際の現象とはまったく切り離されています。すべての分類子は AP レベルで常に検出されます。これによって IDR レポートの処理が決まります。レポートを制限するために使用した場合でも、全エネルギーが AP で確認され、AQ レポートに取り込まれるので、かなり信頼性があります。AQ レポートでは、カテゴリ別に寄与干渉源が分類されます。ライセンスの浪費を防ぐためにここでカテゴリを取り除いても AQ に寄与因子として報告され、しきい値を超えた場合は警告を受けます。

図 13:WLC CleanAir 設定:レポート

cleanair-uwn-guide-13.gif

たとえば、インストールしているネットワークがリテール環境内にあり、ヘッドセットから届く Bluetooth ターゲットがマップに散らばっているとします。Bluetooth リンクの選択を解除すれば、これを排除できます。しばらく後に Bluetooth が問題になった場合、このカテゴリが AQ レポートに掲載されるので、任意に再イネーブルにすることができます。インターフェイスをリセットする必要はありません。

また、MSE 設定の下に要素マネージャがあります([WCS] > [Mobility Services] > [Your MSE] > [Context Aware Service] > [administration] > [tracking Parameters])。

図 14:MSE Context Aware 要素マネージャ

cleanair-uwn-guide-14.gif

要素マネージャでは、使用するライセンスおよびターゲット カテゴリ間でのライセンス配分について評価や管理を行うための制御がすべて装備されています。



CleanAir の機能マトリクス

表 7:CUWN コンポーネント別の CleanAir 機能マトリクス

デバイス 別 Cisco CleanAir 機能 3500 WLC WCS MSE
無線に関するトラブルシューティング
AP/無線ごとの電波品質と干渉(WLC GUI および CLI インターフェイス) X    
WLC からの AQ しきい値トラップ(無線単位) X    
WLC からの干渉デバイス トラップ(無線単位) X    
無線の現在の AQ チャートと干渉要素を使用した Rapid Update モード X    
CleanAir 対応 RRM X    
Spectrum Expert Connect モード X    
サード パーティにオープンな WLC のスペクトル MIB X    
ネットワーク電波品質
全帯域のグラフィック AQ 履歴を表示する WCS CleanAir ダッシュボード   X  
AQ 履歴追跡およびレポート   X  
WCS フロア マップでの AQ ヒートマップおよび AQ の総計(フロア単位)   X  
WCS フロア マップの Hover オプションで表示される AP の上位 N デバイス   X  
CleanAir 対応 WCS RRM ダッシュボード   X  
CleanAir 対応 WCS Security ダッシュボードおよびレポート   X  
CleanAir 対応 WCS クライアント トラブルシューティング ツール   X  
ロケーション
WCS CleanAir ダッシュボードと重大度に基づいた上位 N デバイス     X
AP 全体の干渉デバイスのマージ     X
干渉デバイス履歴追跡とレポート     X
干渉要素のロケーション:影響ゾーン     X

WLC でサポートされる機能

Cisco CleanAir の最小構成要件は、Cisco CleanAir AP およびバージョン 7.0 を実行する WLC です。この 2 つのコンポーネントを使用すると、CleanAir AP で提供するすべての情報を表示できます。また、CleanAir AP の追加と RRM の拡張機能で緩和機能を使用できます。この情報は CLI または GUI で表示可能です。ここでは簡単に GUI に注目します。

WLC 電波品質および干渉レポート

WLC では GUI メニューから現在の AQ および干渉レポートを表示できます。干渉レポートを表示するためには、アクティブな干渉が存在する必要があります。レポートは現在の状態だけを示します。

干渉デバイス レポート(IDR)

[Select Monitor] > [Cisco CleanAir] > [802.11a/802.11b] > [Interference Devices]

CleanAir 無線ごとに報告されているすべてのアクティブな干渉デバイスが無線/AP レポートで表示されます。詳細情報には、AP 名、無線スロット ID、干渉タイプ、影響を受けるチャネル、検出時刻、重大度、デューティ サイクル 、RSSI、デバイス ID、クラスタ ID などがあります。

図 15:WLC 干渉デバイス レポートへのアクセス

cleanair-uwn-guide-15.gif

電波品質レポート

電波品質は無線/チャネル別に報告されます。次の例の AP0022.bd18.87c0 は Monitor モードで、チャネル 1 〜 11 の AQ を表示しています。

各行の最後にあるオプション ボタンを選択すると、無線詳細画面の情報を表示するオプションが許可され、CleanAir インターフェイスで収集されたすべての情報が表示されます。

図 16:WLC 干渉デバイスレポート

cleanair-uwn-guide-16.gif

CleanAir 設定:AQ およびデバイス トラップ制御

CleanAir ではしきい値と、受信するトラップのタイプを指定できます。帯域別の設定になります([Wireless] > [802.11b/a] > [CleanAir])。

図 17:WLC CleanAir 設定

cleanair-uwn-guide-17.gif

CleanAir パラメータ

コントローラ全体で CleanAir をイネーブルおよびディセーブルする、すべての干渉要素のレポートを抑制する、報告あるいは無視する干渉要素を決定することができます。無視する干渉デバイスの選択は便利な機能です。たとえば、比較的影響が少なく、保有数が多いので、すべての Bluetooth ヘッドセットを追跡しない方がよい場合があります。これらのデバイスは、無視するように選択するだけでレポートから除外されます。その場合でも、デバイスからの RF はスペクトルの合計 AQ に加算されます。

トラップの設定

電波品質トラップをイネーブル/ディセーブルにします(デフォルトはオン)。

[AQI Alarm Threshold (1 to 100)]:トラップの電波品質しきい値を設定すると、電波品質のトラップをどのレベルで表示するかが WLC に通知されます。デフォルトのしきい値は非常に高く、35 です。テストのために、この値を 85 または 90 に設定すると、実用性が証明されます。実際には、しきい値は可変であるため、特定の環境に合わせて調整できます。

[Enable Interference for Security Alarm]:WLC を WCS システムに追加した場合、このチェックボックスを選択して、干渉デバイス トラップをセキュリティ アラーム トラップとして処理できます。これで WCS アラーム サマリー パネルにセキュリティ トラップとして表示されるデバイスのタイプを選択できます。

[Do/do not trap device] の選択では、干渉/セキュリティ トラップメッセージを生成するデバイスのタイプを制御できます。

最後の部分に、ED-RRM([Event Driven RRM])のステータスが表示されています。この機能の設定については、このドキュメントの「イベント駆動 RRM(EDRRM)」で後ほど説明します。

Rapid Update モード*:CleanAir 詳細

[Wireless] > [Access Points] > [Radios] > [802.11a/b] の順に選択すると、WLC に接続された 802.11b または 802.11a の無線のすべてが表示されます。

各行の最後にあるオプション ボタンを選択すると、無線詳細(従来の非 CleanAir メトリックの使用率、ノイズなど)または CleanAir 詳細を表示できます。

図 18:CleanAir 詳細へのアクセス

cleanair-uwn-guide-18.gif

[CleanAir] を選択すると、その無線に関連するすべての CleanAir 情報のグラフ(デフォルト)が表示されます。現在、デフォルトでは Rapid Update モードで情報が表示されます。つまり、システム レベル メッセージングによる平均 15 分間隔の表示でなく、30 秒ごとに AP から更新されます。上位から下位まで、その無線で検出されているすべての干渉要素とともにタイプ、影響を受けるチャネル、検出時刻、重大度、デューティ サイクル 、RSSI、デバイス ID、クラスタ ID の干渉パラメータが含まれています。

図 19:[CleanAir Radio Detail] ページ

cleanair-uwn-guide-19.gif

この図で表示されているチャートは次のとおりです。

  • チャネル別電波品質

  • 非 Wi-Fi チャネル使用率

  • 干渉パワー

チャネル別電波品質には、監視されているチャネルの無線品質が表示されます。

非 Wi-Fi チャネル使用率は、表示されている干渉デバイスに直接関連する使用率を示します。つまり、そのデバイスを取り除くと、その分のスペクトルが回復し、Wi-Fi アプリケーションで使用できます。

電波品質詳細の下に次の 2 つのカテゴリが追加されます。

  • Adjacent Off Channel Interference(AOCI):報告する動作チャネルにないがチャネル空間をオーバーラップする Wi-Fi デバイスからの干渉です。チャネル 6 の場合のレポートは、チャネル 4、5、7、8 の AP に起因する干渉を特定します。

  • 未分類:Wi-Fi ソースまたは非 Wi-Fi ソースとの関連がはっきりしないエネルギーです。フラグメント、コリジョン、この特徴を持つ要素、細分化されて判別不能なフレームなどです。CleanAir での推測は禁物です。

干渉パワーには、その AP での干渉要素の受信パワーが表示されます。[CleanAir Detail] ページにすべての監視チャネルの情報が表示されます。上の例は、Monitor モード(MMAP)AP のものです。Local モード AP は、同様の詳細情報を表示しますが、現在のサービス チャネルに限定されます。

CleanAir 対応 RRM

CleanAir に付属する重要な緩和機能が 2 つあります。両機能ともに CleanAir だけが収集できる情報を直接利用します。

イベント駆動 RRM(ED-RRM)

Event Driven RRM(ED-RRM; イベント駆動 RRM)では、問題のある AP が通常の RRM インターバルを無視して、即座にチャネルを変更できます。CleanAir AP は常時 AQ を監視し、15 秒間隔で報告します。電波品質は、分類された干渉デバイスだけを報告するため、通常の Wi-Fi チップのノイズ測定値に頼るよりも優れたメトリックです。電波品質が信頼できるメトリックであるのは、Wi-Fi エネルギー(したがって、一時的な通常のスパイクではない)だからではなく、レポートの内容が周知であるからです。

ED-RRM では、電波品質が重大な影響を受ける場合にだけチャネルの切り替えが生じます。電波品質は、CleanAir に既知の分類された非 Wi-Fi 干渉源(または隣接する Wi-Fi チャネルのオーバーラップ)だけの影響を受けるので、その影響は次のように認識できます。

  • Wi-Fi の異常ではない

  • この AP の危機的状態

危機とは CCA がブロックされることを意味します。クライアントや AP は現在のチャネルを使用できません。

こうした状況で RRM は次の DCA パスでチャネルを切り替えます。ただし、チャネルの切り替えは数分先の可能性があります(いつ最終パスが実行されたかに応じて最大 10 分)。つまり、ユーザがデフォルトのインターバルを変更した場合は、さらに延びる可能性があります(DCA 処理を長くするためにアンカーの時間とインターバルを選択した場合)。ED-RRM がすばやく(30 秒)反応するので、AP に伴って切り替えを行うユーザは、危機が終結したことに気づかない可能性があります。30 〜 50 秒では、ヘルプ デスクを呼び出すには至りません。切り替えを行わないユーザも最初の状態より悪くなることはありません。いずれの場合も、干渉源が特定されており、AP の切り替え理由にその干渉源が記録されます。ローミング状態が悪いユーザにはチャネルの切り替えが行われた理由についての回答が送られます。

チャネルの切り替えはランダムではありません。デバイス コンテンションに基づいてチャネルが選ばれるため、インテリジェントな代替チャネルの選択といえます。チャネルが切り替えられると、ホールド ダウン タイマー(60 秒)で ED-RRM の再トリガーを防ぎます。干渉要素が断続的なイベントであり、DCA ですぐに認識されない場合に、影響を受けた AP がイベント チャネルに戻らないように(3 時間)、イベント チャネルも RRM DCA でマーキングされます。いずれの場合も、チャネル切り替えの影響は、影響を受けた AP には及びません。

ハッカーまたは悪意を持つ何者かが 2.4 GHz の妨害装置を作動し、すべてのチャネルがブロックされたとします。最初に圏内のすべてのユーザは仕事にならない状態に陥ります。しかし、それを確認できるすべての AP で ED-RRM がトリガーするとします。すべての AP はいったんチャネルを切り替え、60 秒間そのままの状態を保ちます。条件は再び満たされます。そこで、60 秒後も条件が満たされていたらもう一度チャネル切り替えが起こります。切り替え先のチャネルがすでに残っていなければ、ED-RRM アクティビティは停止します。

セキュリティ アラートは妨害装置の消火を行います(デフォルトのアクション)。位置(MSE 搭載の場合)または最も近い検出 AP を指定する必要があります。ED-RRM は影響を受けたすべてのチャネルの主要な AQ イベントを記録します。切り替え理由は RF 妨害装置になります。そのイベントは、結果の RF 領域内に格納され、アラートに役立てられます。

ここでよくある質問を挙げます。「ハッカーが妨害装置を持って歩き回るとどうなりますか。それが原因で、すべての AP が ED-RRM をトリガーしますか。」

確かに、ED-RRM をイネーブルにしているすべての AP で ED-RRM のチャネル切り替えがトリガーされるでしょう。しかし、妨害装置が移動すれば、その影響も一緒に動きます。妨害装置が近くからなくなれば、使用効率は元に戻ります。妨害装置を抱えたハッカーが動き回り、行く先々でユーザを切断しているということであれば、それは大した問題にはなりません。むしろ、ハッカーを動き回らせているということ自体が問題です。ED-RRM がこの問題をいっそうひどくすることはありません。一方、CleanAir もまた、警告やロケーション探索、ハッカーの訪問先や現在位置に関するロケーション履歴の提供で、忙しくなります。こうした場合には非常に役に立つ情報です。

設定は、[Wireless] > [802.11a/802.11b] > [RRM] > [DCA] > [Event Driven RRM] の順に選択します。

図 20:イベント駆動 RRM 設定

cleanair-uwn-guide-20.gif

注:AP やチャネルで ED-RRM がトリガーされると、AP は 3 時間そのチャネルに戻ることができません。これは、信号ソースが断続的な性質を持っている場合に、頻繁な変化を避けるためです。

永続的デバイス回避

永続的デバイス回避は、CleanAir AP だけで利用できるもう 1 つの緩和機能です。電子レンジなど、定期的に動作するデバイスは、その動作中に有害なレベルの干渉をもたらす可能性があります。ただし、使用されなくなれば、電波は再び静かになります。ビデオ カメラ、屋外ブリッジ装置、電子レンジなどのデバイスはすべて、永続的と呼ばれるデバイス タイプの例です。これらのデバイスは連続的または定期的に動作可能ですが、それらすべてに共通することは、あまり移動しないということです。

当然、RRM は所定のチャネルの RF ノイズ レベルを確認します。デバイスが十分長く動作すると、RRM は アクティブな AP さえも、干渉があるチャネルから移動させます。なお、デバイスが静かになると、元のチャネルは再び適切な選択候補として出現する可能性があります。各 CleanAir AP はスペクトル センサーであるため、干渉源の中心を計算して位置を特定します。また、デバイスが確かに存在しており、動作する可能性があり、動作時はネットワークを中断させる場合、ユーザはそのデバイスが影響を与える AP を把握できます。永続的デバイス回避により、こうした干渉の存在を記録できます。また、存在が認められるので、AP をそのチャネルに戻さないようにしてください。永続的デバイスを特定していれば、7 日間は「記憶」されます。確認できなくなると、システムからクリアされます。確認すると毎回、クロックがゼロから起動します。

注:永続的デバイス回避についての情報は、AP とコントローラに記憶されます。リブートによっても値がリセットされます。

永続的デバイス回避の設定は、[Wireless] >[802.11a/802.11b] > [RRM] > [DCA] > [Avoid Devices] の順に選択します。.

無線に永続的デバイスが記録されたかどうかを確認するために、[Wireless] > [Access Points] > [Radios] > [802.11a/b] > でステータスを表示できます。

無線を選択します。各行の最後にあるオプション ボタンをクリックし、[CleanAir RRM] を選択します。

図 21:CleanAir の永続的デバイス回避ステータス

cleanair-uwn-guide-21.gif

cleanair-uwn-guide-22.gif

Spectrum Expert Connect

CleanAir AP はいずれも、Spectrum Expert Connect モードをサポートできます。このモードでは AP の無線を専用スキャン モードにして、ネットワーク経由で Cisco Spectrum Expert アプリケーションを操作できます。Spectrum Expert コンソールは、Spectrum Expert カードがローカルに取り付けられているように機能します。

注:Spectrum Expert ホストとターゲット AP 間にルーティング可能なネットワーク経路が存在する必要があります。ポート 37540 および 37550 は接続のためにオープンにする必要があります。プロトコルは TCP であり、AP が リッスンします。

Spectrum Expert Connect モードは、Monitor モードを拡張したものであり、そのためこのモードをイネーブルにしている間は、AP はクライアント サービスを行いません。モードの開始時に AP が再起動します。コントローラを再結合すると Spectrum Connect モードに入ります。アプリケーション接続に使用するセッション キーが生成されます。Cisco Spectrum Expert 4.0 以降およびアプリケーション ホスト とターゲット AP 間にルーティング可能なネットワーク経路が必要になります。

接続を開始するためには、まず [Wireless] > [Access Points] > [All APs] でモードを変更します。.

図 22:AP モードの設定

cleanair-uwn-guide-23.gif

[AP Mode] に移動して [SE-Connect] を選択します。設定を保存します。警告の画面が 2 つ表示されます。1 つめは、SE Connect モードがクライアント サービス モードではないことを通知するもの、2 つめは AP が再起動する警告です。モードを変更して設定を保存したら、[Monitor] > [Access Points] の画面に移動します。AP ステータスをチェックしてリロードします。

AP の再結合とリロードが終了したら、AP 設定画面に戻ります。そこに表示されているセッションの NSI キーが必要です。Spectrum Expert の起動時に組み込む NSI キーをコピーして貼り付けることができます。

図 23:生成された NSI キー

cleanair-uwn-guide-24.gif

Cisco Spectrum Expert 4.0 が必要です。インストールしたら、Spectrum Expert を起動します。最初のスプラッシュ画面に新しいオプション [Remote Sensor] が表示されます。[Remote Sensor] を選択し、NSI キーを貼り付け、Spectrum Expert に AP の IP アドレスを入力します。接続に使用する無線を選択し、[OK] をクリックします。

図 24:Cisco Spectrum Expert Sensor Connect 画面

cleanair-uwn-guide-25.gif

WCS 対応 CleanAir の機能

WCS を機能群に追加すると、CleanAir 情報の表示オプションが豊富になります。WLC は現在の情報を表示できますが、WCS ではすべての CleanAir AP に関する履歴レベルの電波品質の追跡、監視、アラート、レポートの機能が追加されます。また、WCS 内で受賞歴のあるダッシュボードに CleanAir 情報を関連付ける機能によって、スペクトルをこれまでにないほど詳細に理解できるようになります。

WCS CleanAir ダッシュボード

ホーム ページに複数の要素が追加されており、ユーザがカスタマイズできます。ホーム ページに表示する要素は、ユーザの好みに応じて並べ替えることができます。カスタマイズについてはこのドキュメントの対象外ですが、システムを使用する際には留意してください。ここではデフォルトの表示だけを紹介します。[CleanAir] タブを選択すると、システムで提供する CleanAir 情報が表示されます。

図 25:WCS ホーム ページ

cleanair-uwn-guide-26.gif

注:ページのデフォルト設定では、上位 10 件の帯域別干渉要素レポートが右隅に表示されます。MSE がない場合、このレポートには何も表示されません。このページは、編集したり、コンポーネントを追加または削除したり、好みに応じてカスタマイズできます。

図 26:WCS CleanAir ダッシュボード

cleanair-uwn-guide-27.gif

このページのチャートには、CleanAir スペクトル イベントに関する実行中の平均値と最小値の履歴が表示されます。平均 AQ はここに表示されたシステム全体の平均です。たとえば、最小 AQ チャートは、15 分のレポート期間にシステムが特定の無線から受信した AQ の最小値を帯域別に記録しています。チャートを使用すると、最小値の履歴をすぐに確認できます。

図 27:最小電波品質の履歴チャート

cleanair-uwn-guide-28.gif

チャート オブジェクト内の右下にある [Enlarge Chart] ボタンを選択すると、ポップアップ ウィンドウが開き、問題のチャートが拡大表示されます。チャート内にマウスを移動すると、日時スタンプが出力され、そのレポート期間の AQ レベルがわかります。

図 28:拡大された最小電波品質チャート

cleanair-uwn-guide-29.gif

日時が判明すると、特定のイベントの探索やその他の詳細情報(その時間にイベントを登録した AP や動作中のデバイス タイプなど)の収集に必要な情報が得られます。

AQ しきい値アラームはパフォーマンス アラームとして WCS に報告されます。また、ホーム ページ上部にある [Alarm Summary] パネルで確認することもできます。

図 29:[Alarm Summary] パネル

cleanair-uwn-guide-30.gif

[Advanced Search] を使用するか、または [Alarm Summary] パネルのパフォーマンス カテゴリ(パフォーマンス アラームがある場合)を選択するだけでパフォーマンス アラームのリストが表示されます。ここには設定されたしきい値を下回る AQ イベントが詳細に記載されています。

図 30:電波品質しきい値アラーム

cleanair-uwn-guide-31.gif

特定のイベントを選択すると、そのイベントに関連する詳細(日付、時間、および最も重要になるレポーティング AP など)が表示されます。

図 31:パフォーマンス アラーム詳細

cleanair-uwn-guide-32.gif

電波品質しきい値の設定は、WCS GUI またはコントローラの GUI の [Configure] > [Controller] の下にあります。これはすべての CleanAir 設定に使用できます。コントローラを WCS に割り当てた後は、WCS を使用するのがベスト プラクティスです。

パフォーマンス アラームを生成するために、AQ しきい値を、90 またはさらに 95 にするなど、しきい値を低く設定します(AQ では 100 が良好、0 が不良です)。アラームのトリガーには電子レンジなどの干渉が必要になります。最初に水の入ったコップを入れ、3 〜 5 分間稼働させます。

電波品質履歴追跡レポート

電波品質には、各 CleanAir AP で無線レベルの追跡が行われます。WCS では、インフラストラクチャの AQ の監視およびトレンディングに関する履歴レポートが可能です。レポート起動パッドに移動してレポートにアクセスできます。[Reports] > [Report Launchpad] の順に選択します。

CleanAir のレポートはリストの先頭にあります。[Air Quality vs Time] または [Worst Air Quality APs] を選択して確認できます。このレポートはともに、時間とともに変化する電波品質の追跡や注意が必要なエリアの特定に役立ちます。

図 32:レポート起動パッド

cleanair-uwn-guide-33.gif

CleanAir マップ:[Monitor] > [Maps]

[Monitor] > [Maps] を選択すると、システムに設定されているマップが表示されます。AQ 平均値および最小値が、キャンパス、建物、フロアのコンテナ レベルに応じて階層的に表示されます。たとえば、建物レベルの平均/最小 AQ は、建物に設置されたすべての CleanAir AP の平均を示します。最小値は、1 つの CleanAir AP で報告された最も低い AQ を示します。フロア レベルを見ると、平均 AQ はそのフロアに配置されたすべての AP の平均を表し、最小 AQ はそのフロア上にある AP の最も低い AQ です。

図 33:[Maps] メイン ページ:電波品質の階層表示

cleanair-uwn-guide-34.gif

任意のフロアのマップを選択すると、選択したフロアに関連する詳細が表示されます。マップに情報を表示する方法は多数あります。たとえば、AP タグを変更して、CleanAir ステータス(CleanAir 対応 AP を表示)、AQ 平均値または AQ 最小値、平均値および最小値などの CleanAir 情報を表示できます。表示される値は選択されている帯域に関連したものです。

図 34:AP タグで多数の CleanAir 情報を表示

cleanair-uwn-guide-35.gif

AP ごとに報告される干渉要素は、複数の方法で確認できます。AP 上にマウスを移動、無線を選択、干渉要素を表示するホットリンクを選択などがあります。これによって、そのインターフェイスで検出されたすべての干渉のリストが作成されます。

図 35:AP で検出された干渉デバイスの表示

cleanair-uwn-guide-36.gif

その他、干渉の影響をマップに表示する興味深い方法として、干渉タグを選択する方法があります。MSE がなければ、干渉をマップに配置できません。なお、[show interference labels] は選択できます。これは、現在検出されている干渉要素のラベルで、すべての CleanAir 無線に適用されます。表示される干渉要素の数を制限するためにカスタマイズできます。タブ内のホットリンクを選択すると、個々の干渉要素の詳細を拡大表示でき、すべての干渉要素が表示されます。

注:CleanAir AP が追跡できる干渉要素の数に制限はありません。セキュリティ上の脅威に与えられた優先度の順に、重大度ごとに上位 10 件だけが報告されます。

図 36:すべての CleanAir AP で表示される干渉タグ

cleanair-uwn-guide-37.gif

非 Wi-Fi 干渉および影響を表示するのに便利な方法は、AQ をマップ表示上にヒートマップで表示することです。[heatmaps] を選択し、[Air Quality] を選択して表示します。平均または最小 AQ を表示できます。各 AP のカバレッジ パターンを使用してマップが作成されます。マップの右上は白色になっています。AP が Monitor モードでパッシブなため、AQ が作成されません。

図 37:電波品質ヒート マップ

cleanair-uwn-guide-38.gif

CleanAir 対応 RRM ダッシュボード

CleanAir では、どのような非 Wi-Fi がスペクトルに含まれているかを確認できます。つまり、単なるノイズと見なされたすべてを分析して、データ ネットワークに影響するかどうか、どのように影響するのかを理解できるようになりました。RRM では、良好なチャネルを選択してノイズを緩和できる可能性があり、実際にノイズが緩和されます。緩和された場合、一般にその解決策は以前より優れたものですが、まだデータ ネットワークではない何かがスペクトルに混在しています。したがって、スペクトルのすべてがデータ アプリケーションや音声アプリケーションに提供されることになりません。

有線ネットワークでは帯域幅が必要になれば、スイッチ、またはポート、またはインターネット接続を増設できます。その点で、有線ネットワークと無線ネットワークは異なります。信号がすべてケーブル内に封じ込められており、干渉し合うことはありません。一方無線ネットワークでは、使用できるスペクトル量には限りがあります。いったん使用すれば、簡単には増設できません。

WCS の CleanAir RRM ダッシュボードでは、非 Wi-Fi 干渉、ネットワークからの信号、外部ネットワークからの干渉を追跡したり、使用できるスペクトル内で全体を調整したりすることによって、スペクトル内の状況を理解できます。RRM による解決策が常に最適とは限りません。いったい何が原因で 2 つの AP が同じチャネルで動作しているかわからないことがよくあります。

RRM ダッシュボードは、スペクトルのバランスに影響を与えるイベントを追跡し、なぜそのようになるのかを導き出すために使用するものです。このダッシュボードにまとめられる CleanAir の情報は、スペクトルを総合的に制御する大きな一歩になります。

図 38:RRM ダッシュボードから見た CleanAir RRM のチャネル切り替えの理由

cleanair-uwn-guide-39.gif

チャネル切り替えの理由には、以前のノイズ カテゴリ(非 Wi-Fi などがシスコおよびその他の競合他社でノイズと認識される)の改良版として複数の新しいカテゴリが含まれるようになりました。

  • [Noise (CleanAir)] は、チャネル切り替えの理由または主要な寄与因子になるスペクトル内の非 Wi-Fi エネルギーを表します。

  • [Persistent Non-WiFi interference] は、持続的な干渉要素が検出されて AP に登録され、AP がこの干渉を回避するためにチャネルを切り替えたことを示します。

  • [Major Air Quality Event] は、イベント駆動 RRM 機能によって実行されたチャネル切り替えの理由です。

  • [Other]:Wi-Fi として復調されず、既知の干渉源に分類できないエネルギーがスペクトル内に必ず存在します。この原因は多数あります。可能性としては、信号が区別できないほど崩れている、コリジョンの残留物などです。

非 WiFi 干渉によるネットワークへの影響を認識することは大きな強みです。この情報をネットワークが認識し、これに対応することは大きな利益になります。干渉は緩和したり、除外したりできる場合とできない場合があります(ネイバーの放射の場合)。一般にほとんどの組織には程度の差こそあれ、干渉が存在し、多くの干渉は実際の問題を引き起こさないほど低いレベルです。ただし、ネットワークがビジー状態になれば、影響を受けないスペクトルがより多く必要になります。

CleanAir 対応セキュリティ ダッシュボード

非 Wi-Fi デバイスはワイヤレスのセキュリティに相当な課題を提起します。物理層の信号を評価できれば、微細なセキュリティが可能です。日常的な標準のコンシューマ ワイヤレス デバイスは標準の Wi-Fi セキュリティを回避でき、実際に回避しています。既存のすべての WIDs/WIPs アプリケーションは Wi-Fi チップセットを利用して検出するため、今までこうした脅威を正確に特定する方法がありませんでした。

たとえば、正常な Wi-Fi 信号の位相を 180 度ずらして、ワイヤレス信号のデータを反転できます。または、チャネルの中心周波数を数 kHz 変更でき、クライアントを同じ中心周波数に設定すれば、他の Wi-Fi チップによる参照や認識ができないプライベート チャネルを持つことになります。必要になるのは、チップの HAL 層へのアクセス(多くは GPL で使用可能)とわずかなスキルだけです。CleanAir はこの信号がどのようなものかを検出および認識できます。また、RF Jamming などの PhyDOS 攻撃を検出および探索できます。

セキュリティ上の脅威に分類されたデバイスを報告するように CleanAir を設定できます。その結果、ファシリティ内で何が伝搬し、何が伝搬しないかを判定できます。これらのイベントを表示するには、3 つの方法があります。WCS ホーム ページ上部にある [Alarm Summary] パネルを使用するのが最も便利です。

メイン ページの [Security Dashboard] タブを使用すると、さらに詳細な分析が得られます。ここにセキュリティに関連するすべてのシステム情報が表示されます。このダッシュボード内に CleanAir 固有のセクションがあり、すべてのワイヤレス ソースから接続されるネットワークのセキュリティを徹底的に把握できるようになりました。

図 39:セキュリティ ダッシュボードと CleanAir の統合

cleanair-uwn-guide-40.gif

この情報はどのような場所から表示しても、検出 AP、イベントの日時、現在のステータスを使用できます。MSE を追加すると、CleanAir セキュリティ イベントだけを含む定期レポートを実行できます。または、移動中の場合でもマップ上のロケーションを参照したり、イベントの履歴を確認したりできます。

CleanAir 対応 クライアント トラブルシューティング ダッシュボード

WCS ホーム ページのクライアント ダッシュボードは、1 箇所ですべての情報がクライアントに提供されます。干渉は、AP に影響が及ぶ前にクライアントに影響を与えることが多いので(低パワー、不良アンテナ)、クライアント パフォーマンスの問題のトラブルシューティングでは、非 Wi-Fi 干渉が要因かどうかを知ることが重要です。そのため、CleanAir が WCS のクライアント トラブルシューティング ツールに組み込まれています。

ダッシュボードから選択した方法(MAC アドレスまたはユーザを検索)を使用してクライアント情報にアクセスします。クライアントが表示されたら、クライアント トラブルシューティング ツール アイコンを選択し、クライアント トラブルシューティング ダッシュボードを起動します。

図 40:クライアント トラブルシューティング ダッシュボード:CleanAir の使用

cleanair-uwn-guide-41.gif

cleanair-uwn-guide-42.gif

クライアント ツールからは、ネットワーク上のクライアントのステータスに関する豊富な情報が提供されます。[Monitor Client] 画面で [CleanAir] タブを選択します。クライアントが現在関連付けられている AP が干渉を報告している場合、ここに表示されます。

図 41:クライアント トラブルシューティング ツールの [CleanAir] タブ

cleanair-uwn-guide-43.gif

この例で検出されている干渉は DECT 系列の電話です。重大度はわずか 1(非常に低い)のため、問題を引き起こす可能性はあまりありません。ただし、重大度 1 のデバイスが複数集まれば、クライアントの問題になる可能性があります。クライアント ダッシュボードでは、論理的な方法で問題を検査するだけでなく、これをすみやかに除外できます。

MSE 対応 CleanAir の機能

MSE は、膨大な情報を CleanAir の機能に追加します。また、すべてのロケーション計算を担当します。この計算は、Wi-Fi ターゲットよりも非 Wi-Fi 干渉に対して集中的に行われます。その理由は、ロケーションが機能するための条件が広範だからです。世界中に多くの非 Wi-Fi 干渉要素が存在し、すべて動作が異なります。同じデバイスでも信号強度や放射パターンが大きく異なる可能性があります。

また、MSE は複数のコントローラに分散するデバイスのマージを管理します。前にも説明したように、WLC は AP が報告する管理中のデバイスをマージできます。しかし、AP 全体が同じコントローラに配備されているわけではありません。これらの AP に存在する干渉を検出できるのです。

MSE による拡張機能をすべて装備するのは WCS だけです。マップ上で干渉デバイスのロケーションを確認したら、その干渉とネットワーク間の相互の影響についていくつかの計算と表示が可能です。

WCS CleanAir ダッシュボードと MSE

MSE がない状態での CleanAir ダッシュボードおよび帯域ごとの上位 10 件の干渉要素が表示されないことは、前のセクションで説明しました。MSE を装備すると、MSE のおかげで干渉デバイスとロケーションの情報が得られるため、これらの機能がアクティブになります。

図 42:MSE 対応 CleanAir ダッシュボードダッシュボード

cleanair-uwn-guide-44.gif

右上の表には、各帯域(802.11a/n および 802.11b/g/n)について検出された最も重大な 10 個の干渉源が表示されています。

図 43:802.11a/n の最も重大な干渉

cleanair-uwn-guide-45.gif

表示される情報は、各 AP の干渉レポートと同じものです。

  • [Interference ID]:MSE 上の干渉データベース レコード。

  • [Type]:検出された干渉要素のタイプ。

  • [Status]:アクティブな干渉要素だけを現在表示しています。

  • [Severity]:デバイスに対して算出された重大度。

  • [Affected Channels]:[Discovered/Last Updated] タイム スタンプにデバイスの影響が確認されているチャネル。

  • [Floor]:干渉のマップ ロケーション。

フロア ロケーションを選択すると、干渉源のマップ表示に直接リンクされます。ここには詳しい情報が掲載されています。

注:AP の無線レベルの表示に対して、表示される干渉要素の情報の間でロケーション以外に異なる点が 1 つあります。干渉の RSSI 値がないことにお気づきかもしれません。ここに表示されるレコードがマージされていることによります。デバイスを報告する AP が複数ある結果です。各 AP はさまざまな信号強度のデバイスを参照するので、RSSI 情報は適切なものでなくなり、表示したとしても正しくありません。

WCS マップと CleanAir デバイス ロケーション

レコードの終わりにあるリンクを選択して、CleanAir ダッシュボードから干渉デバイスのマップ ロケーションに直接移動します。

図 44:マップ上に配置された干渉

cleanair-uwn-guide-46.gif

ここで干渉源の位置をマップ上で確認すれば、干渉源とその他の要素との関係をマップ上で理解できます。デバイス自身に関する特定の情報(図 36 を参照)を表示するためには、干渉アイコンの上にマウスを移動します。検出 AP に注目してください。現在このデバイスを聞いている AP のリストになっています。クラスタ センターは、デバイスに最も近い AP です。最後の行は影響ゾーンを示しています。干渉デバイスが影響を及ぼすとされる半径を示します。

図 45:マウスの移動で表示される干渉の詳細

cleanair-uwn-guide-47.gif

影響ゾーンについては、一部しか説明していませんが、デバイスの到達範囲が大きいか、デバイスが大規模な影響ゾーンを持つことがあるので注意する必要があります。なお、重大度が低ければ、問題になるかどうかは不明です。影響ゾーンは、[map display] メニューの [Interferers] > [Zone of Impact] を選択してマップ上に表示できます。

cleanair-uwn-guide-48.gif

ここでは、マップ上の Zone of Impact(ZOI; 影響ゾーン)を確認できます。ZOI は検出されたデバイスを囲む円で表示され、重大度が高い場合には色が濃くなります。これは干渉デバイスの影響を強調して表示するのに役立ちます。色の濃い小さな円は、半透明の大きな円よりも注意が必要です。この情報は、他のマップ表示または選択した要素に結合できます。

干渉アイコンをダブルクリックすると、干渉の詳細レコードが表示されます。

図 46:MSE 干渉レコード

cleanair-uwn-guide-49.gif

干渉の詳細には、検出された干渉要素のタイプに関する情報が多数あります。右上のヘルプ フィールドには、このデバイスの内容とこのタイプのデバイスがネットワークに与える影響の説明が表示されます。

図 47:詳細なヘルプ

cleanair-uwn-guide-50.gif

詳細レコード内のその他のワークフロー リンクは次のとおりです。

  • [Show Interferers of this Type]:このデバイス タイプを持つ他のインスタンスを表示するためにフィルタにリンクします。

  • [Show Interferers affecting this band]:同一帯域のすべての干渉要素についてフィルタ後の表示にリンクします。

  • [Floor]:このデバイスのマップ ロケーションに戻るリンクです。

  • [MSE]:MSE のレポート設定にリンクします。

  • [Clustered by]:最初のマージを実行したコントローラにリンクします。

  • [Detecting APs]:AP 詳細から直接干渉を表示するときに利用するレポーティング AP へのホット リンクです。

干渉ロケーション履歴

レコード表示の右上にあるコマンド ウィンドウから、この干渉デバイスのロケーション履歴を表示するように選択できます。

cleanair-uwn-guide-51.gif

ロケーション履歴は、位置のほかに、時間/日付や干渉デバイスの検出 AP など、すべての関連データを表示します。干渉の検出場所、干渉の動作またはネットワークへの影響を理解するのに大変有用です。この情報は、MSE データベースにある干渉の長期レコードに含まれています。

WCS:干渉の監視

MSE 干渉要素データベースの内容は、[Monitor] > [Interference] を選択して、WCS から直接表示できます。

図 48:干渉要素の監視表示

cleanair-uwn-guide-52.gif

デフォルトではリストがステータスでソートされます。また、カラムの内容でソートできます。干渉要素の RSSI 情報が欠落しています。これは、マージされたレコードであるためです。複数の AP が特定の干渉源を聞いています。それぞれの聞き取りが異なるため、重大度で RSSI を代用します。このリストの干渉 ID を選択して、前述と同様の詳細レコードを表示できます。デバイス タイプを選択すると、レコード内に格納されたヘルプ情報が表示されます。フロア ロケーションを選択すると、干渉のマップ ロケーションにつながります。

[Advanced Search] を選択し、干渉要素データベースに直接にクエリーを送り、複数の条件を使用して結果を絞り込むことができます。

図 49:干渉の詳細検索

cleanair-uwn-guide-53.gif

干渉要素はいずれも ID、タイプ(すべての分類子を含む)、重大度(範囲)、デューティ サイクル(範囲)、ロケーション(フロア)で選択できます。期間またはステータス(アクティブ/非アクティブ)の選択、特定の帯域またはチャネルでも選択できます。必要であれば、将来使用するときのために検索を保存できます。



要約

システム内の CleanAir コンポーネントで生成される情報には基本的に 2 種類あります。それは干渉デバイス レポートと電波品質です。コントローラは、接続されたすべての無線の AQ データベースを保持します。また、ユーザ設定可能なしきい値に基づいてしきい値トラップを生成する役割があります。MSE は干渉デバイスレポートを管理し、コントローラとコントローラに分散する AP から送られる複数のレポートを 1 つのイベントにマージし、インフラストラクチャ内のロケーションを確定します。WCS は CUWN CleanAir システム内の各種コンポーネントで収集および処理された情報を表示します。個々の情報要素は、個々のコンポーネントから加工前のデータで表示できます。また、WCS を使用してシステム全体をまとめて表示したり、自動化やワークフローを装備したりできます。

cleanair-uwn-guide-54.gif



インストールおよび検証

CleanAir インストール プロセスは簡単です。ここでは、最初のインストールで機能を検証するためのヒントについて説明しています。現在のシステムをアップグレードするか、新しいシステムをインストールする場合、最適な操作順序は、コントローラ コード、WCS コードに続き、混在環境に MSE コードを追加します。各段階での検証を推奨します。



CleanAir をイネーブルにする(AP)

システムの CleanAir 機能をイネーブルにするためには、まず [Wireless] > [802.11a/b] > [CleanAir] を選択してコントローラで機能をイネーブルにする必要があります。

CleanAir がイネーブルになっていることを確認します。これは、デフォルトではディセーブルになっています。

cleanair-uwn-guide-55.gif

デフォルトのレポート インターバルが 15 分であるため、イネーブルにした後、通常は電波品質情報がシステムに伝搬されるまで 15 分かかります。なお、無線の CleanAir 詳細レベルで結果を即座に確認できます。

[Monitor] > [Access Points] > [802.11a/n] または [802.11b/n]

これで所定の帯域のすべての無線が表示されます。CleanAir ステータスは、[CleanAir Admin Status] 列および [CleanAir Oper Status] 列に表示されます。

cleanair-uwn-guide-56.gif

  • [Admin Status] :CleanAir の無線ステータスに関連しています。デフォルトではイネーブルです。

  • [Oper Status] :システムの CleanAir の状態に関連しています。前述の [controller] メニューにある enable コマンドで制御します。

無線の管理ステータスをディセーブルにすると、動作ステータスをアップにできません。[Admin Status] が [Enable] であり、[Operational Status] が [Up] であるとすれば、行の終わりにあるオプション ボタンを使用して、任意の無線の CleanAir 詳細を表示するように選択できます。CleanAir の詳細表示を選択すると、無線は Rapid Update モードの状態に入り、電波品質の瞬時(30 秒)アップデートを行います。電波品質を取得すると、CleanAir が動作します。

cleanair-uwn-guide-57.gif

この時点で干渉要素は表示されることもされないこともあります。アクティブな干渉要素があるかどうかに依存します。



CleanAir をイネーブルにする(WCS)

前述したように、[WCS] > [CleanAir] タブで初めて CleanAir をイネーブルにした後、最大 15 分間は電波品質レポートが表示されません。なお、電波品質レポートはデフォルトでイネーブルになっており、この時点でインストールの検証に使用できます。MSE を搭載していなければ、[CleanAir] タブの 802.11a/b の最悪のカテゴリに干渉要素が報告されません。

干渉源を指定して干渉トラップを個別にテストできます。この干渉源は、次の CleanAir 設定ダイアログで簡単にセキュリティ上の脅威として表示できます。[Configure] > [controllers] > [802.11a/b] > [CleanAir]

図 50:CleanAir 設定:セキュリティ アラーム

cleanair-uwn-guide-58.gif

セキュリティ アラームの干渉源を追加すると、コントローラは検出時にトラップ メッセージを送信します。これは [CleanAir] タブの [Recent Security-risk Interferers] 見出しの下に表示されます。

cleanair-uwn-guide-59.gif

MSE が存在しなければ、[Monitor] > [Interference] の機能は提供されません。これは MSE だけで使用できます。



CleanAir 対応 MSE のインストールおよび検証

CleanAir をサポートするために CUWN に MSE を追加する場合、特記事項はありません。追加した後に固有の設定がいくつか必要です。CleanAir 追跡パラメータをイネーブルにする前にシステム マップとコントローラが同期していることを確認してください。

WCS コンソールで [Services] > [Mobility Services] > [select your MSE] > [Context Aware Service] > [Administration] > [Tracking Parameters] の順に選択します。

[Interferers] を選択して、MSE 干渉の追跡およびレポートをイネーブルにします。必ず保存してください。

図 51:MSE Context Aware の干渉設定

cleanair-uwn-guide-60.gif

Context Aware Services の [Administration] メニューにいる間に、[History Parameters] にアクセスし、ここでも [Interferers] をイネーブルにします。選択を保存します。

図 52:Context Aware の履歴追跡パラメータ

cleanair-uwn-guide-61.gif

これらの設定をイネーブルにすると、同期しているコントローラに信号が送られ、CleanAir IDR 情報が MSE に流れ始めます。また、MSE 追跡およびコンバージェンス プロセスが起動します。CleanAir から見ると、MSE とコントローラが同期しないことがあります。この現象は、コントローラ コードのアップグレード時に複数のコントローラの干渉源がバウンドする(非アクティブになった後、再アクティブになる)可能性がある場合に発生します。これらの設定をディセーブルにした上、再びイネーブルして保存すると、MSE は同期しているすべての WLC を強制的に再登録します。その場合、WLC は新しいデータを MSE に送り、干渉源のマージおよび追跡プロセスが実際に再起動します。

初めて MSE を追加する場合、ネットワーク設計を格納した MSE とサービス提供先の WLC を同期させる必要があります。同期は時間に大きく依存します。同期および NMSP プロトコル機能は、[Services] > [Synchronization services] > [Controllers] の順に移動して検証できます。

図 53:コントローラ:MSE 同期ステータス

cleanair-uwn-guide-62.gif

同期している各 WLC の同期ステータスを確認します。MSE の列見出し [NMSP Status] の下に特に有用なツールがあります。

このツールを選択すると、NMSP プロトコルの状態に関する豊富な情報が示され、特定の同期が起こっていない理由が表示されます。

図 54:NMSP プロトコル ステータス

cleanair-uwn-guide-63.gif

よくある共通の問題として MSE と WLC の時間が異なるというものがあります。そのような場合は、ステータス画面に表示されます。2 つの状態があります。

  • WLC 時間が MSE 時間より遅れている:同期しますが、複数の WLC 情報をマージするときにエラーが発生する可能性があります。

  • WLC 時間が MSE 時間より進んでいる:MSE のクロックに従うとイベントがまだ発生していないので、同期できません。

優れた実践例としては、すべてのコントローラと MSE に NTP サービスを使用することです。

MSE を同期させて CleanAir をイネーブルにすると、[CleanAir] タブの [Worst 802.11a/b interferers] で干渉源を確認できます。また、[Monitor] > [Interference] で表示することもできます。これは MSE 干渉データベースから直接表示されます。

最後になりましたが、干渉要素の監視表示で確認できることがあります。最初のページは、重大度が 5 以上の干渉要素だけを表示するようにフィルタ処理されています。

図 55:WCS:干渉要素の監視表示

cleanair-uwn-guide-64.gif

これは最初の画面に記載されていますが、新しいシステムの初期化と検証を行うときに見落とされることがよくあります。変更してすべての干渉源を表示するには、重大度を 0 にするだけです。



用語集

このドキュメントでは、ほとんどのユーザには馴染みのない用語が多数使用されています。こうした用語のいくつかはスペクトラム解析に基づくものですが、そうでない用語もあります。

  • Resolution Band Width(RBW; 分解能帯域幅)、最小 RBW:正確に表示可能な最小の帯域幅。SAgE2 カード(3500 を含む)はすべて、20 MHz の滞留時間で 156 KHz の最小 RBW、40 MHz の滞留時間で 78 KHz の最小 RBW を持ちます。

  • 滞留時間:レシーバが特定の周波数をリッスンする時間の長さ。すべての Lightweight Access Points(LAPs; Lightweight アクセス ポイント)は、不正検出サポートおよび RRM 用に収集するメトリックのサポートでオフ チャネル滞留時間を実行します。スペクトル アナライザは、帯域の一部だけに対応するレシーバを使用して全帯域に対応するために、一連の滞留時間を実行します。

  • DSP:Digital Signal Processing(DSP; デジタル信号処理)

  • SAgE:Spectrum Analysis Engine(SAgE; スペクトラム解析エンジン)

  • デューティ サイクル:トランスミッタのアクティブなオン タイム。トランスミッタが特定の周波数をアクティブに使用する場合、別のトランスミッタがその周波数を使用できる唯一の方法は、最初のトランスミッタより音を大きくすることです。その周波数の音を特別大きくします。認識には SNR マージンが必要です。

  • Fast Fourier Transform(FFT; 高速フーリエ変換):計算に興味のある方は Google で検索してください。本質的に、FFT はアナログ信号を数量化して、その出力を時間領域から周波数領域に変換するために使用します。




関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112139