コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

CAD 8.0 エージェントが発信ボタンがグレーであるためにコールに応答できない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco エージェント Dektop CAD 8.0 エージェントがコールを受信するとき(CAD)によって 8.0、直接プレビュー送信キャンペーンの間に、エージェントは予約済みの状態に置かれます。 エージェントは同じのためのボタンが選択不可能になるのでまたは unhold コール応答できません。 この資料はこの問題を解決するために情報を提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco エージェントに Dektop 8.0(1) 基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco エージェントによって Dektop CAD 8.0 エージェントがコールを受信するとき 8.0、直接プレビュー送信キャンペーンの間に、エージェントは予約済みの状態に置かれます。 エージェントは同じのためのボタンが選択不可能になるのでまたは unhold コール応答できません。

解決策

この問題はこれが要件のとき BAStatus フィールドが有効に ならない場合発生する場合があります。 たとえば、直接プレビュー予約 コールを使用していれば、BAStatus フィールドの最初の文字は D である必要があります。 BAStatus フィールドに関する詳細については、Cisco Unified Contact Center Enterprise およびホストされた 8.0(1) のための送信 オプション ガイドを参照して下さい

Expanded Call Context (ECC)変数および Expanded Call Variable をシステム情報 ツールを使用して有効に するためにツールを、実行しますこれらのステップをリストして下さい:

  1. ツールシステム情報 ツールを > ICM コンフィギュレーション マネージャ アプリケーションのいろいろ な フォルダ開いて下さい。

  2. Expanded Call Context Enabled チェックボックスを有効に して下さい。

  3. [Save] をクリックします。

  4. リスト ツールを開いて下さい。

  5. Expanded Call Variable リスト ツールを開いて下さい。

  6. BAxxxx すべての変数(BAAccountNumber、BABuddyName、BACampaign、BADialedListID、BAResponse、BAStatus および BATimezone)をクリックして下さい。

  7. Attributes タブから、各変数のための Enabled チェックボックスをクリックして下さい。

  8. [Save] をクリックします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112257