音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Unified Communications Manager 4.x から 6.x への移行のロールバック手順

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ロールバックは、テレフォニー ソリューションが適切なサービスを提供できない重要な問題が発生した場合に検討することができます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ロールバック プロシージャ

次の手順を実行します。

  1. すべてのログを集めればそれがロールバック デシジョンに導いたイベントへの関連情報。

  2. 初期値に DHCPコンフィギュレーションおよび設定 された パラメータ 150 を元に戻して下さい。 次に、例を示します。 パブリッシャの IP アドレス、そしてサブスクライバの IP アドレス。

  3. すべてのデバイス プールの無効にする SRST、およびすべての IP 電話リセットされる。

  4. Cisco Unified Communications Manager 6 サーバをシャットダウンし、この順序で Cisco Unified Communications Manager 4 クラスタを開始して下さい:

    1. Cisco Unified Communications Manager 6.のためのパブリッシャの 2 ネットワーク ケーブルをシャットダウンするか、または切って下さい。

    2. Cisco Unified Communications Manager 4.のためのパブリッシャを開始して下さい。 すべてのサービスが開始することを確認して下さい。 そのサーバが開始するが、ネットワークに接続されない場合、それを接続し、次に再起動して下さい。

    3. Cisco Unified Communications Manager 6.のためのサブスクライバ 1 の 2 つのネットワークケーブルをシャットダウンするか、または切って下さい。

    4. Cisco Unified Communications Manager 4.のためのサブスクライバ 1 を開始して下さい。 すべてのサービスが開始することを確認して下さい。 そのサーバが開始したが、ネットワークに接続されなかった場合、それを接続して下さい、再起動して下さい。

    5. Cisco Unified Communications Manager 6.のためのサブスクライバ 2 の 2 つのネットワークケーブルをシャットダウンするか、または切って下さい。

  5. IP Phone 登録を監視して下さい。

  6. 各音声 ルータゲートウェイ バックアップコンフィギュレーションを復元する。 保存は、リセット、サブスクライバ 1.に E1 各登録をチェックし。

  7. デバイス プールの SRST を復元する、すべての IP 電話をリセットして下さい。

  8. IP 電話、内部、受信、およびアウトバウンドコールと基本コール テストを行って下さい。

  9. すべてのサービスを動作して、Cisco Unified Communications Manager サーバで CRS/TAPS を考慮するために呼出します IP Phone の TAPS サーバを確認して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112151