コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Management Portal

Cisco Unified Contact Center Management Portal の問題のトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Contact Center Management Portal(Unified CCMP)は、ブラウザ ベースの管理アプリケーションで、コンタクト センターのシステム管理者、ビジネス ユーザおよびスーパーバイザによる使用を目的として設計されています。 コンタクト センターの機器をオーバーレイするのは、高密度のマルチテナント プロビジョニング ラットフォームです。 この資料は方法で情報を Cisco Unified CCMP にいくつかを関する問題解決する提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Contact Center Management Portal 7.5(1) に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: 指定エージェントは更新済であることができませんでした

アクティブ ディレクトリで存在 して いる スーパバイザ ユーザは ICM コンフィギュレーションマネージャで編集され。 ただし、問題は統一された CCMP で編集する不可能です。 CCMP のスーパバイザ エージェントを編集することを試みるときこのエラーは受け取られます:

The selected agent could not be updated. Unrecognized
	 user, please check the login name provided and try again.

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-management-portal/112229-ccmp-edit-sups-01.gif

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 接続サーバの下の CCMP コンフィギュレーションマネージャから、CICM を編集しますクリックして下さい。

  2. 設定アクティブ ディレクトリ マッピング ボタンをクリックして下さい。

    参照アクティブ ディレクトリ ダイアログ ウィンドウは表示する。 これがスーパバイザ メンバーシップに必要となるドメイン ユーザを提供するのに使用されています。 ドメイン ユーザはドメイン アクティブ ディレクトリのメンバーである必要があります。

    • ドメインコントローラ A —ドメインコントローラの名前を入力して下さい。

    • ドメインコントローラ B — Side B ドメインコントローラの名前をもしあれば入力して下さい。

    • 使用して下さいセキュア認証—指定 ユーザとしてドメインコントローラにログインするためにこのチェックボックスを選択して下さい。

    • username — CICMSERV \管理者のようなドメイン ユーザの名前を、入力して下さい。

    • password — ドメイン ユーザのパスワードを入力して下さい。

  3. Refresh をクリックします。

  4. 統一された ICME 例に対応するアクティブ ディレクトリ フォルダにナビゲート して下さい。

  5. 、新しい統一された ICME を保存すること良い再度『OK』 をクリック すれば。

エージェント ID を保存することが不可能

エージェント ID を設定することを試みるとき SAVE ボタンが選択不可能になるのでエージェント ID を保存することができません。

解決策

Name フィールドに非表示 文字または領域が人タブの下にあるかどうか確認して下さい。 ある場合、問題を解決するために領域か特殊文字なしで名前を再入力する必要があるかもしれません。

エラー: 処理されない例外は現在の Web 要求の実行中に発生しました

CCMP Webページを開くことを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます:

Description: An unhandled exception occurred during the execution of 
the current web request. Please review the stack trace for more information 
about the error and where it originated in the code. 

Exception Details: Exony.Reporting.Application.ExonyApplicationException: 
A connection is not currently available.

Source Error: An unhandled exception was generated during the execution of the 
current web request. Information regarding the origin and location of the 
exception can be identified using the exception stack trace below.

解決策

この問題は無効 なホスト名を使用している場合発生する場合があります。 有効なホストネームを使用することを問題を解決するために、確かめて下さい。

CCMP レポート サーバ 移行は 1 に CredentialRetrieval を設定 します

問題

8.5(3) リリースへのアップグレードした後で、項目は監査 Detail レポートの下で読み込まれていません。 この例では、CCMP は 8.5 にアップグレードされ、レポート サーバは別のシステムに移行されます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-management-portal/112229-ccmp-edit-sups-02.gif

解決策

レポート サーバー データベースが別のシステムに復元するか、または移行される時、レポート サーバー インスタンスがに接続するためにどのレポート サーバー データベース知っているようにレポート サーバー構成マネージャで設定される必要がある移行/リストア後。 アクティベーションのための移行されたレポート サーバー データベースは時々古い暗号化されたコンテンツが削除されるように要求します。

移行されたアクティブにするとき/レポート サーバを復元する、1 つは暗号化されたコンテンツを削除しなければなりません。 それから CredentialRetrieval が 1.に設定 される場合レポート サーバー構成は完了した後、チェックされる必要があります。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  • データ ソースから CredentialRetrieval を、拡張、リンク、フラグ、名前選択して下さい。

    This returned the following results:
    
    CredentialRetrieval	Extension	Link	Flags	Name
    1	                   SQL	     NULL	 3	   Portal
    1	                   SQL	     NULL	 3	   Portal
    1	                   SQL	     NULL	 3	   Portal
    1	                   SQL	     NULL	 3	   Portal

    注: 1 という最初のフィールド(CredentialRetrieval)値はそれがレポートがデータ ソース データベース「ポータル」をアクセス した度にそれ資格情報を要求する示します。

  • この値は認証のための必要なしで門脈データベースのデータにアクセスを可能にする必要があるので不正確です。

  • これを解決するために、この更新クエリを実行する必要があります:

    名前 = 「ポータル」ところでデータ ソース一定 CredentialRetrieval を = 4 アップデートして下さい

注: この問題は Cisco バグ ID CSCty85172登録ユーザのみ)で文書化されています。

アンダースコアが「含まれているユーザ名はバックスラッシュ「\」と_」取り替えられます

問題

スーパバイザ ドメイン アカウント名前に名前で「_」が(下線)あるとき、CCMP はエージェント スーパバイザ CCMP 設定 ページのアカウント ネームの自動的に名前を変更します。 これによりこのエラーメッセージと失敗するためにこのスーパバイザで変更したいと思う設定を引き起こします: The selected agent could not be updated.(選択したエージェントを更新できませんでした) オペレーション 権限のための要求は失敗しました-デマンド: [グローバル: ]、[パス: ]

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-management-portal/112229-ccmp-edit-sups-03.gif

「\」時「_」を(アンダースコア)そこにいる代わりにしているそのスーパバイザの設定を変更できません(バックスラッシュ)。

解決策

CCMP 側のアンダースコアに文字を戻すことができますがこれは 15 分(規則的な間隔)後にバックスラッシュに戻ります。 これを解決するために、ユーザ名からアンダースコアを取除いて下さい。 この問題は Cisco バグ ID CSCtq91988登録ユーザのみ)で文書化されています、8.5.2 リリースで解決されます。

データベース 例外は発生しました

エージェントチームまたはエージェントデスクトップへの変更を行なうことを試みるとき A データベース 例外を持っています発生したエラーメッセージを受け取ります。 エージェント オプションは適切に機能していますが、他の機能は適切に機能しません。

A database exception has occurred
An error has occured in the application whilst trying to execute an action on the
database. Please ensure that the database server is operational and is accessible on the
network. This exception has been logged and will be analysed in due course. We appologise
for and inconvenience this may have caused. 

The following issue number has been assigned to this
issue:{97b5b60b-a485-4c80-abb4-6adb4ee69ab9} 

Contact your system's administrator for further assistance. 

The details of the error are as follows: 
The incoming tabular data stream (TDS) remote procedure call (RPC) protocol stream is
incorrect. Too many parameters were provided in this RPC request. The maximum is 2100.

解決策

UI のさまざまな一部でユーザ向けに項目のリストを提供するのに、たとえばダイヤル番号におよびエージェントチームを割り当てるとき、選択するためにドロップダウン ボックスが使用されています。 これらのボックスを読み込むために、アプリケ− ションサーバはログインユーザ向けの権限を見るべき権限がある関連した項目を確立する評価します。 従ってユーザがセキュリティ設定に基づいて 20 のダイヤル番号を見る場合があればそして 20 の項目のリストはから選択することができるように提供されます。

多数の項目がシングル ユーザに目に見える一方、これらが単一 フォルダ含まれているところで特に、そしてリストで余りに長く、複雑になります。 この事件で見られる例外は 2100 以上の項目がリストにあるとき生成されます。 この顧客の場合には、それらは 2500 のダイヤル番号に持ち、従ってこれらはすべてにログオンされる管理者ユーザに目に見えま例外を誘発します。

CCMP の重要な設計特微の 1 つはフォルダおよびセグメント化するべきセキュリティ 構造の使用で、システム内のデータを配分しました。 これはセキュリティを不当な変更に対して提供し、不必要な詳細とより少なく知識があるユーザを間違えることを避けることです。 これらの機能の使用によって、ユーザがそれらを突然見ないし、UI が例外を示さないように 2500 のダイヤル番号を管理できます。

このアップグレードには、次の 2 つの場合があります。

  • 顧客はユーザがエージェントチーム/ダイヤル番号関係を管理することを必要としない場合 EE 借用者の下で単一コンテナー フォルダを作成し、すべてのダイヤル番号をそこに置くことができます。 それから、ユーザがそのフォルダのコンテンツを見るか、または管理できないようにするのにセキュリティ機能を使用して下さい。 これがされる場合エージェントチーム UI はダイヤル番号 割り当てのために空でリストしますします。

  • 顧客がユーザがエージェントチーム/ダイヤル番号関係を管理することを許可することを好む場合より複雑なフォルダー構造を、少数のダイヤル番号が付いている複数の含んでいるフォルダと、それぞれ必要とします。 各ユーザは特定のユーザが 1 人で、管理することができるまたは複数のフォルダが設定されますダイヤル番号含まれているフォルダへのだけセキュリティアクセスでそれから。 ユーザは 2100 以上の項目を見られない他では UI は同じ例外 動作を表示する。

    注: これは Cisco バグ ID CSCtq10069登録ユーザのみ)で文書化されています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112229