コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

UCCX 8.0 ログイン エラー: "「The number of configured extensions for agent devices exceed maximum allowed」

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

エージェントが Cisco Agent Desktop にログインに試みるとき、ログオンは失敗し、このエラーメッセージは表示する:

The number of configured
extensions for agent devices exceed maximum allowed

このドキュメントでは、エラー メッセージを解決する方法と推奨処置について説明します。

また、これらの文書を参照して下さい:

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Communications Manager 7.x

  • Cisco Unified Contact Center Express (CCX 統一される) 8.x

  • Cisco 6900/8900/9900 シリーズ IP Phone

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

複数の回線は統一された CCX 8.0 のためにサポートします

Cisco Unified CCX はエージェント デバイスとして 6900/8900/9900 シリーズ電話の使用をサポートします。 複数の回線の Cisco Unified CCX モニター コール行(JAL)を渡る加入をサポートし、それらのエージェント デバイスの行(DTAL)を渡る転送を指示するため。 4 つまでの行は Cisco Unified CCX によって監察されます。 これらは 1 つの ACD 行および 3 つの非 ACD 行が含まれています、ACD 行だけエージェントデスクトップから制御されます。 4 つ以上の行がエージェント デバイスで設定される場合、エージェントはその電話を使用してログインできません。 JAL および DTAL はまた 7900 シリーズ電話を使用してエージェント デバイスでサポートされ、4 ラインまでそれらの電話で設定することができます。

問題

ログインに試みるとき、Cisco Agent Desktop か IPPA はこのエラーメッセージと失敗します:

The Number of Configured extensions for the agent device exceeds
	 the maximum allowed.

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/112200-uccx-log-in-01.gif

注: エージェント ログオンの間に共有回線設定をチェックして下さい。 拡張が共用 ラインで設定される場合ログインにエージェントを許可しないで下さい。

解決策

これらのコンフィギュレーションはエージェント電話のためにサポートされません:

  • 多数のデバイスに割り当てられる統一された CCX 拡張。

  • 同じ拡張があるエージェントの電話の 2 つの行は異なるパーティションに、ありますが。

  • 同じの設定は複数のデバイス プロファイルの CCX 拡張を統一しました、または同じの設定はデバイス プロファイルおよびデバイスを任意に組み合わせて CCX 拡張を統一しました。 (単一 の デバイス プロファイルの統一された CCX 拡張の設定はサポートされます。)

統一された CCX ドキュメントによって、共用 ラインはサポートされません。 これは拡張が同じパーティションの複数のターミナルデバイスにあることができないことを意味します。 統一された CCX バージョンでは先により 8.0(1) は、そこにチェック共用 ラインが使用されるようにするためにではないです。 その結果、エージェントはログインに共用 ラインが使用されるかどうかに関係なく許可されます。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 統一された CCX エージェントに電話で設定される 4 つの拡張だけあることを確かめて下さい。

  2. これらのステップの実行によって CTI マネージャを再起動して下さい:

    1. Cisco Unified Communications Manager アプリケーションのナビゲーション領域から、統一されたサービサビリティを『Cisco』 を選択 し、『Go』 をクリック して下さい。

    2. Tools > Control Center の順に選択 して下さい-サービスを特色にして下さい

    3. アクティブにしたいと思う、『Cisco』 を選択 し 『SAVE』 をクリック して下さい CTI マネージャを

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/112200-uccx-log-in-02.gif

この問題およびソリューションに関する詳細については Cisco バグ ID CSCth96226登録ユーザのみ)の回避策を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112200