コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

UCCX: アプリケーションが作成または更新されたときにエラーが発生する

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Unified Contact Center Express 8.x/7.x のアプリケーションを作成するか、またはアップデートするように試みるとき発生する問題を解決する方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Contact Center Express 8.x/7.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: エンジン ヒープメモリ 使用方法によって超過される設定された閾値としてアプリケーションをアップデートすることを推奨しません

アプリケーションをアップデートするように試みるときこのエラーメッセージが現れます:

It is not recommended to update the application as Engine heap memory usage
exceeded configured threshold. Click OK to continue and Cancel to exit

さらに、自動的に生成されたヒープ なダンプ(hprof ファイル)は C:\Program Files\wfavvid\log\MIVR にある場合もあります

これは DeferredDocumentImpl 多数のオブジェクトがヒープで保たれ、複数の大きい XML 文書が UCCX エンジンのロードの下のメモリにロードされるとき発生します。

この問題は Cisco バグ ID CSCtf13713登録ユーザのみ)によって文書化されています

解決策

問題を解決するためにこれらの回避策の 1 つを試みて下さい。

  • コールフローで使用される XML 文書の数およびサイズを減らして下さい。

  • スクリプトを書くロジックを定めるのに複数の大きい XML 文書を代りに使用しますデータベースに呼び出しを使用しないで下さい。

  • コール音量に基づいて UCCX エンジンを一定の間隔で再起動して下さい。

  • グローバル会議を XML データを入手するのに利用するようにスクリプトを修正して下さい。 この場合、XML ファイルの 1 枚のコピーはグローバル会議にコールによって必要とされる時最初にロードされます。 XML ファイルの同じ情報を探す 後に続くコールはコールごとのメモリにもはや XML ファイルをロードしません。 むしろ、それらはグローバル会議に行き、必要とされるデータを達成します。 これは XML ファイルの 1 枚のコピーだけ積み重ねにロードされるようにしセッションのライフのヒープで保たれます。 30 分の間セッションにロードされる XML ファイルからの情報を必要とする呼び出しがなければ、セッションはヒープから荷を下されるすべての XML 文書老化し。 新しいコールがそれ必要とすれば XML データを入って来、セッションはヒープにオンデマンド式で再度ロードされる XML ファイル自動的に作り直され。

    Cisco Unified Contact Center Express 設計の指針の下でスクリプト リポジトリ Readme のいくつかの有用なプログラミング リソースを検出できます。

エラー: 初期化されないリポジトリ データ ストア

アプリケーション > スクリプト管理からスクリプト管理にアクセスすることを試みるときこのエラーメッセージが現れます:

Error reading Scripts
Repository Data Store not initialized. 
Please activate the Repository Data Store by
navigating to control center page.

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. UCCX サーバで、> Cisco Unified CCX 管理者 > Cisco 統一しました CCX サービサビリティ ユーティリティを『Start > Programs』 を選択 して下さい

  2. プロセス アクティベーション ボックスでは、Cisco デスクトップ LDAP モニタ サービスCisco デスクトップ同期化サービスおよび Microsoft SQL エージェント サービスを有効に して下さい。

  3. services.msc を実行しNode Manager Cisco Unified サービスを再開して下さい。

作成ファイル 資料ステップ失敗のスクリプト

現在の作業ディレクトリ失敗からファイルを、XML ファイルのような、ロードするのにアクセスCreateFileDocument ステップを使用するスクリプトはセキュリティ例外を否定しました。 この問題は前UCCX 8.x スクリプトが Cisco Unified Contact Center Express 8.x にインポートされる発生し、仕様ウィンドウ スタイル パスか CreateFileDocument (「test.xml」)を参照する CreateFileDocument ステップをとき記載されています

この問題は Cisco バグ ID CSCti89552登録ユーザのみ)で文書化されています。

解決策

XML 資料にアクセスしている間資料 リポジトリにアップロードされる、CreateFileDocument は必要ではないです。 その代り、読まれるべき XML 資料を参照するのに CreateXMLDocument (DOCS [test.xml])使用して下さい。

注:  ファイルにアクセスしているリポジトリにアップロードされない場合、ファイルがスクリプトで最初にアップロードされ、次に参照されることが推奨されます。

エラー: 不十分なブロブ データ

XML ファイルがスクリプトに読み込まれるとき、不十分な BLOB Data エラーメッセージは受け取られます。

解決策

これは大きいファイルがスクリプトによって処理される方法においての問題が原因です。 彼らは読取られますが、システムのメモリを超過します。 キャッシュ 資料ステップを追加することはスクリプトが正常にアップロードされるようにそれにより資料がするスクリプトに十分なメモリを、割り当てるようにします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112199