音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Presence Version 7.0

Unified Presence Bulk Administration Tool(BAT)を使用したユーザのボイスメール プロファイルの追加

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Communications 環境の完全な値を提供するための重要なコンポーネントである Cisco Unified Presence Server(CUPS)は、ユーザのアベイラビリティに関する情報を収集します。 この情報を使用して、Cisco Unified Personal Communicator(CUPC)および Cisco Unified Communications Manager などのアプリケーションは、コラボレーション通信に最も効果的な方法を決定して生産性を向上できます。

この資料は Cisco Unified Presence バルクアドミニストレーションツール (BAT)の助けによって Cisco Unified Presence ディレクトリのすべてのユーザへ音声メール プロファイルを追加するために設定を提供したものです。

前提条件

要件

バルクの複数のユーザを設定する Cisco Unified Presence で BAT のナレッジがあることを確かめて下さい。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CUPC および CUPS に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unified Presence BAT

Cisco Unified Presence は Cisco Unified Communications 環境の完全な 値を提供するための重大なコンポーネントです。 それはユーザが電話のような通信装置を特定の時に使用しているかどうかユーザのステータス アベイラビリティのについての情報を、のような収集します。 それはまた Web コラボレーションかビデオ会議がアクティブであるかどうかユーザの通信機能に関する情報を、のような収集します。 Cisco Unified Presence によってキャプチャ される 情報を使用する CUPC のようなアプリケーションおよび Cisco Unified Communications Manager (以前 Cisco Unified CallManager)はユーザのヘルプによって同僚と共同通信のためのほとんどの有効な手段の判別によってより効率的に接続します生産性を改善できます。

CUPC および卓上電話機コントロールのクライアント クライアント アプリケーションのためのアップデート ユーザ レコード

LDAP 統合が使用されるので、アクティブ ディレクトリでユーザがあります。 CUCM が LDAP と同期されれば、これらのユーザに存在機能を割り当てる必要があります(有効に なる CUPS および CUPC)。 これをした後、これらのユーザは CUPS にい、次にアップデート ユーザに BAT に行き、必要なプロファイルとそれらを関連付けることができます。

Cisco Unified Presence ディレクトリのユーザのグループをアップデートするために、ユーザネーム、制御されたデバイス名およびディレクトリ番号が含まれている Comma-Separated Value(CSV) 形式のデータファイルを持たなければなりません。 Cisco Unified Presence BAT の助けによって Cisco Unified Presence ディレクトリですべてのユーザへ音声メール プロファイルを追加するために下記のステップを実行して下さい。

ユーザのデータのエクスポート ファイルを生成 する エクスポート ユーティリティ

  1. バルク Administration > CUPC/Deskphone > エクスポートに行って下さい。

  2. ここでは、登録されているすべてのユーザを捜す必要があります。 次の手順を実行します。

    1. Query ページ エクスポート ユーザでは検索ドロップダウン・メニューから認可された Cisco Unified Presence を選択して下さい。

    2. ユーザ全員をリストするためにユーザ ID ブランクを残して下さい

  3. [Next] をクリックします。

  4. ファイル名 テキストボックスでエクスポート ユーザ ファイル名を入力して下さい。

  5. ジョブ情報 エリアで職務を入力して下さい。

  6. ユーザ レコードをすぐにエクスポートするために『Run immediately』 をクリック して下さい。

  7. ユーザ レコードをエクスポートするためのジョブを作成するために『SUBMIT』 をクリック して下さい。

  8. 入れられる、バルク Administration > ジョブ・スケジューラーに行き、ジョブのステータスが完了することを確認して下さい。

ダウンロード ファイル

  1. [Bulk Administration] > [Upload/Download Files] の順に選択します。

  2. ファイル名によってファイルを捜して下さい。 (たとえば、オプションから名前を丁度あり、入力します上で保存したファイル名を選択して下さい。)

  3. [Find] をクリックします。

  4. ダウンロードしたいと思うファイルをチェックして下さい。

  5. [Download Selected] をクリックします。

  6. File Download ポップアップウィンドウが表示されると『SAVE』 をクリック して下さい。

.CSV ファイルを編集して下さい

  1. ファイルがダウンロードされたら、ファイルのコピーを作成し、.txt から .csv にコピーされたファイルの拡張を変更して下さい。

  2. Excel のファイルを編集し、既に設定されているユーザ向けの音声メール プロファイルを追加して下さい。

  3. すべての変更を行ったら、コピーされたファイルを保存し、次に .txt に拡張を戻して下さい。

ファイルをアップロードして下さい

  1. [Bulk Administration] > [Upload/Download Files] の順に選択します。

  2. 『Add New』 を選択 して下さい。

  3. ファイル アップロード 設定 ページで、アップ ロードしたいと思うファイルのフル パスを入力して下さい。

  4. 『Browse』 をクリック し、編集されたファイルを見つけて下さい。

  5. 選り抜きからコップ ユーザとしてターゲットをターゲット リスト ボックス選択して下さい。

  6. トランザクション タイプをようにアップデート コップ ユーザ-トランザクション タイプ リスト ボックスからのカスタム ファイル 設定 して下さい。

  7. 同じ名前の既存のファイルを上書きしたいと思う場合上書きファイルを存在 するそれチェックして下さい。

  8. [Save] をクリックします。

バルクのユーザ レコードをアップデートして下さい

  1. ファイルがアップロードされたら、バルク Administration > CUPC/DeskPhone > アップデートに行って下さい。

  2. ネーム フィールドのこのバルク トランザクションのために作成した CSV データファイルを選択して下さい。

  3. ジョブ情報 エリアで職務を入力して下さい。

  4. ユーザ レコードをすぐに追加するために『Run immediately』 を選択 して下さい。

  5. [Save] をクリックします。

  6. バルク Administration > ジョブ・スケジューラーを選択して下さい。

  7. 最初の検索ジョブから更新オプションのためのジョブ ID をリスト ボックス選択しなさい。

  8. 示します第 3 リスト ボックスから選択して下さい。

  9. このトランザクションのためのログファイルを表示するためにログ ファイル名 カラムのリンクを選択して下さい。

    No エラーが受け取られる場合、ユーザは望ましい設定とアップデートされました。

  10. アプリケーション > Cisco Unified Personal Communicator > ユーザ設定へ行くことによって設定を確認できます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-presence-version-70/112152-bat-presence-01.gif

関連情報


Document ID: 112152