音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

アドレス帳同期化ツール(TABSynch): "「Unable to login with configured password」エラー メッセージ

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 9 月 4 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、アドレス帳同期ツール(TABSynch)から受信したエラー メッセージ「Unable to login (e479092) with configured password(設定されたパスワードでログインできません(e479092))」をトラブルシューティングするために必要な手順について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Communications Manager (Cisco Unified CM) 7.x

  • Cisco Unified CallManager 住所録シンクロナイザー 5.0

  • Microsoft Outlook 2007

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

TABSynch の使用

パーソナルディレクトリはこれらの機能で構成されています:

  • 個人的な住所録(PAB)

  • 個人的なファースト ダイヤル(ファースト ダイヤル)

  • TABSynch

PAB は頻繁に呼出し、だれがクライアント、サプライヤー、友人およびファミリーメンバーのような社内 ディレクトリに、含まれていないか民を住まわせる個人についての連絡先 情報を保存するインポートです。 PABs を Microsoft Windows 住所録(WAB)と同期するために、ユーザはあなたによって TABSynch ユーティリティをインストールする必要があります。

ユーザにディストリビューションのための TABSynch ソフトウェアを入手するためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unified CM 管理から > プラグイン 『Application』 を選択 して下さい。

  2. 統一された IP Phone 住所録シンクロナイザーを取付け、『Cisco』 をクリック して下さい。

Microsoft WAB からのエントリは Cisco Unified IP Phone およびユーザー オプション Webページで現在アクセス可能です。

問題

このエラーは TABSynch で受け取られます:

Unable to login (e479092)with configured password.

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/unified-communications/unified-communications-manager-callmanager/112120-tabsynch-error-01.gif

解決策

設定を確認するためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unified CM サーバおよび TABSynch がインストールされているユーザ マシンが異なる VLAN にあることを確認して下さい。

  2. UDP ポート 138,139、および 140 が開いていることを確認して下さい。

  3. Cisco UXL サービスがアクティブになることを確認して下さい。 確認するためにこれらのステップを実行して下さい:

    1. Cisco Unified サービサビリティ ページにナビゲート し、ツール > コントロール センター機能 サービスに行って下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/unified-communications/unified-communications-manager-callmanager/112120-tabsynch-error-03.gif

    2. パブリッシャを選択し、『Go』 をクリック して下さい。

    3. ここでは、サービスのリストを見つけます。 Cisco UXL サービスが実行アクティブになることを確かめれば。

  4. Cisco Unified CM 管理 ページで、システム > LDAP > LDAP認証にナビゲート し、エンドユーザ チェックボックスのための使用 LDAPauthentication をチェックを外して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/unified-communications/unified-communications-manager-callmanager/112120-tabsynch-error-02.gif

問題がそれでも続く場合、TABSynch が自動的に Microsoft Outlook 連絡先を同期しなかったという理由によります。 これは不具合 CSCsh45275登録ユーザのみ)で文書化されています。

TABSynch は WAB とない Microsoft Outlook 住所録としか同期できません。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. .csv ファイルに Microsoft Outlook 住所録連絡先をエクスポートして下さい。 このタスクを完了するためにこれらのステップを実行して下さい:

    1. Microsoft Outlook を開いて下さい。

    2. File メニューで、『Import』 をクリック し、エクスポートして下さい

    3. 次にファイルに、および次に『Export』 をクリック して下さい。

    4. 次にカンマによって分離されている値(DOS)を次にクリックすれば。

    5. 連絡先フォルダを強調表示し、『Next』 をクリック して下さい。

    6. 『Browse』 をクリック し、新しい .csv ファイルを保存したいと思う位置を選択して下さい。

    7. ファイル名テキストボックスでは、ファイルに名前をつけて下さい。

    8. 『Next』 をクリック し、次に終えて下さい

  2. Windows にローカル コンピュータの住所録(*.WAB)を保存した .csv ファイルをインポートして下さい。 このタスクを完了するためにこれらのステップを実行して下さい:

    1. 住所録を開くために、ポイントすべてのプログラムに、ポイント アクセサリに『Start』 をクリック し、次に『Address Book』 をクリック して下さい。

    2. 住所録では、File メニューインポートするために指し次に他の住所録をクリックして下さい。

    3. テキストファイル(カンマによって分離されている値)を選択し、『Import』 をクリック して下さい。

    4. Microsoft Outlook からのエクスポートされた .csv ファイルが保存される位置に、選択し .csv ファイルを、『Next』 をクリック します 『Browse』 をクリック し、行って下さい。

    5. インポートしたいフィールドをマッピング し 『Finish』 をクリック して下さい。

Microsoft Outlook 連絡先が WAB にあった後、CallManager PAB に個人的な連絡先を追加するために IP Phone 住所録シンクロナイザーを実行して下さい。


関連情報


Document ID: 112120