コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

UCCX の CAD エージェントの自動ログアウトの設定

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Agent Desktop はカスタマー コンタクト センターのための強力なソフトウェアソリューションです。 Cisco Agent Desktop は、Cisco Unified Contact Center の透過的に統合されたコンポーネントとして簡単に導入できます。 この資料は彼らがログアウトすることを忘れている場合ある特定の時間以降に Cisco Agent Desktop (CAD)からエージェントを自動的に記録 する方法を記述したものです。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco デスクトップ 管理者

  • Cisco Agent Desktop

  • Cisco Customer Response Solutions(CRS)

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は UCCX 7.0(1) に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

自動ログアウト機能を設定して下さい

Cisco デスクトップ 管理者について

Cisco デスクトップ管理者(CDA)はシステム アドミニストレータが中央集中型ロケーションからのエージェントデスクトップおよび作業 の 流 れを定義し、設定することを許可します。 管理者はどのエージェントの状態がエージェントのツールバーで目に見えたり、エージェントおよび知識労働者 ツールバーボタンのためのユニークなアイコンを定義し、要約およびエージェントの状態 の 変更のための理由コードを選択追加しできましたり、エージェントデスクトップかのユーザインターフェイスをカスタマイズします。

UCCX 7.x の CDA によって CAD エージェントのための自動ログアウト機能を設定するステップはこの資料で提供されます。 日イベントの時間通りに基づいて作業 の 流 れ グループを作成し、自動ログアウトを必要とするエージェントにこのグループを追加する必要があります。

新たな業務 フロー グループを作成して下さい

最初に、新たな業務 フロー グループを作成して下さい。 次の手順を実行します。

  1. > Cisco > デスクトップ > Admin Cisco デスクトップ管理者(CDA)を起動させるために『Start > Programs』 をクリック して下さい。

    cda-logout-01.gif

  2. > 作業 の 流 れは場所 > コール センター 1グループ化します > CAD エージェント > エージェント 管理 作業 の 流 れ ナビゲート します。

    cda-logout-02.gif

  3. エージェント 管理 作業 の 流 れ ノードを選択するとき、作業 の 流 れ ウィンドウは現われます。

    cda-logout-03.gif

  4. イベント ペインから Time Of Day イベントを選択して下さい。

  5. ルール ペインの下で、新しいルールを設定するために『New』 をクリック して下さい。 新しいルール名前ダイアログボックスは現われます。

  6. 新しいルールの名前を入力し、次に『OK』 をクリック して下さい。

  7. ウィンドウの現在のルール条件セクションのフィールドは有効に なり、Time Of Day 状態ダイアログボックスは現われます。

    cda-logout-04.gif

  8. 日を設定すれば日付はルールのために調節し、次に『OK』 をクリック します。 設定する作業 の 流 れ ウィンドウの現在のルール状態セクションの下のデータフィールド条件のための条件は自動的に最初のラインで入り、イネーブル ルール チェックボックスは自動的に選択されます。

    • 処置がある特定の日にまたはある特定の時に毎週とられること規定 するために、曜日を選択し、次に望ましい日をチェックして下さい。 Time Of Day を同様に規定 して下さい。

    • 処置が特定の日付にとられること規定 するために、日付を選択し、次に望まれるカレンダーさかのぼります選択して下さい。 今日の日付はレッドで一周されます。 Time Of Day を同様に規定 して下さい。

  9. 状態状態ダイアログボックスを表示するために 2 残りのデータフィールド状態の隣で『Edit』 をクリック し更にルールを、必要であれば定義して下さい。

    • フックを離れてようにフック状態を規定 して下さい。

    • エージェントの状態を用意するために等しく『OK』 をクリック します 規定 して下さい。

    cda-logout-05.gif

  10. 操作ウィンドウの下で、『Add』 をクリック して下さい。 『Action』 を選択 ダイアログボックスは現われます。

    cda-logout-06.gif

  11. 『New』 をクリック し、操作を指名し、リストからログアウト操作を選択し、処理を『Add』 をクリック して下さい。

  12. 新しい Time Of Day 作業 の 流 れを保存するために『Apply』 をクリック して下さい。

作業 の 流 れグループ ツリーに作業 の 流 れを追加して下さい

次 の ステップは作業 の 流 れグループ ツリーの下でこの新たな業務 フロー グループを追加することです。 次の手順を実行します。

  1. > 作業 の 流 れグループは場所 > コール センター 1 にナビゲート します。

  2. File > New の順に選択 するか、またはツールバーで『New』 をクリック して下さい。 作業 の 流 れ グループ名 エディタ ダイアログボックスは現われます。

  3. 新たな業務 フロー グループ名を入力して下さい。

  4. コピーを次のワーク グループ言うチェックボックスを選択して下さい。

    cda-logout-07.gif

  5. [OK] をクリックします。 新たな業務 フロー グループは Agents ノードの下でナビゲーションペインに現われます。

エージェントに作業 の 流 れグループを追加して下さい

最終的には、エージェントにこの新たな業務 フロー グループを追加して下さい。 次の手順を実行します。

  1. デスクトップ管理者を開始して下さい。 Cisco デスクトップ管理者ウィンドウは現われます

    cda-logout-08.gif

  2. 場所 > コール センター 1 >Personnel 設定 > エージェントにナビゲート して下さい。

  3. 機能を有効に したいと思う Time Of Day イベントを設定した作業 の 流 れを選択するために選択すればエージェントを。

  4. SAVE ボタンをクリックして下さい。

  5. CAD エージェントにログアウトし、ログインして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112113