音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager Express

Unified Communications Manager Express 7.x 以降に関する FAQ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

この資料はいくつかの Cisco Unified Communications Manager Express な(Cisco Unified CME) 7.x およびそれ以降 バージョンについてのほとんどの FAQ に回答します。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. どこで最新の Cisco Unified CME バージョンのための IOS 互換性 マトリックスを得ることができますか。

A. Cisco Unified CME および Cisco IOS ソフトウェア バージョン 互換性 マトリックスを参照して下さい。

Cisco Unified CME のためのサポート情報を、設計を含んで得ることは、設定し、トラブルシューティング情報は、Cisco Unified Communications Manager Express 示します。

Q. Cisco Unified CME のディレクトリの発注を変更できますか。

A. いいえ、ディレクトリの発注を変更することはできません。 最初の 3 つのコールヒストリ ディレクトリは IP Phone で「ハードコードされています」。

Q. iDivert キーは Cisco Unified CME でサポートされますか。

A. 現在、iDivert は Cisco Unified Communications Manager のために、ない Cisco Unified CME のためにだけサポートされます。 ただし、回避策として、音声メールへの直接転送を使用することを試みて下さい。 この設定は E.164 オプションを使用してすることができます。 構成情報に関しては Unity Express メールボックスに転送を発信者直接参照して下さい。

Cisco Unified CME の iDivert 機能性を実現させるもう一つの回避策は DND ソフトキーの使用によって行います。 これは自動転送 宛先に電話で設定された各行のための着信コールを転送します。 たとえば、音声メールに転送するために、DND ソフトキーを押して下さい。

注: 自動転送 宛先が設定 されない場合、DND ソフトキーを押すことは信号器をディセーブルにします。 Call Forward No Answer が有効に なる場合着信コールの間に DND ソフトキーを Call Forward No Answer 宛先にコールを転送するために押すこと。 自動転送が有効に ならない場合、DND ソフトキーを押すことは聞こえるリングおよび視覚警告をディセーブルにしますが、呼び出し情報は電話ディスプレイで目に見えます。 詳細については Do Not Disturb(サイレント)の設定を参照して下さい。

第 3 回避策は Cisco Unified CME 4.3 またはそれ以降に利用できます。 音声メール 機能への転送は電話ユーザが音声メール拡張に発信者を直接転送することを可能にします。

次の手順を実行します。

  1. コールを保留の状態で送信するために TrnsfVM ソフトキーを押して下さい。

  2. 拡張番号を入力して下さい。

  3. 転送を託すために TrnsfVM ソフトキーを再度押して下さい。

注: TrnsfVM ソフトキーは Cisco Unified IP Phone 7905、7912、か Cisco VG224 か Cisco ATA に接続される 7921、またはアナログ式電話でサポートされません。 これらの電話は trnsfvm FAC をサポートします。

Q. Cisco Unified CME は[+]数ダイヤルパターンをサポートしますか。

A. はい、Cisco Unified CME はバージョン 7 にはじまって + 番号ダイヤルパターン サポートします。

Q. Cisco Unified CME サポート ディレクテッド コール パークはか。

A. はい、Cisco Unified CME はバージョン 7.1 にはじまってディレクテッド コール パークをサポートします。

Q. Cisco Unified CME は機能を監察するコールをサポートしますか。

A. はい、Cisco Unified CME はバージョン 7.1 にはじまって機能を監察するコールをサポートします。

Q. Cisco Unified CME は個人的な住所録を提供しますか。

A. はい、Cisco Unified CME はバージョン 8.x にはじまって個人的な住所録を提供します。

Q. Cisco Unified CME サポート モビリティか SNR は特色になりますか。

A. バージョン 7.1 にはじまって Cisco Unified CME サポート モビリティまたは 1 桁範囲(SNR)機能。 Cisco Unified CME のモビリティを設定するためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. モビリティ 機能を有効に し、ディレクトリ番号の下で SNR を設定して下さい。

  2. ephone テンプレートを作成し、この ephone テンプレートの下でモビリティ ソフトキー オプションを割り当てて下さい。

  3. ephone に新しく作成された ephone テンプレートを加えて下さい。

Q. Cisco Unified CME 7.1 および 8.0 で利用可能 な先発機能とは何か。

A. リリース 12.4(24)T はいくつかの高度 Cisco Unified CME を提供し、Cisco Unified SRST 機能は、SNR を含んで、通話装置、SIP ラインサイド機能拡張、PRI 上の CME/CUE ユーザ名/パスワード 同期、MLPP、拡張 な BLF モニタリング、CMEs 間の SIP トランクを渡る SIP ラインサイド DND アップデートおよびビデオささやきます。

Q. CME のどのバージョンが新しい Cisco 8900 および 9900 シリーズ IP 電話をサポートしますか。

A. CME 8.5 は新しい Cisco 8900 および 9900 シリーズ IP 電話にサポートを提供し、CME 8.6 は Cisco IP 電話のためのビデオ テレフォニー サポート、また Cisco 複数の IP 電話のためのネイティブ テレビ会議を含む拡張 な コラボレーション機能を、提供します。 また、CME 8.6 はユーザの iPod touch iPhone かデバイスでビジネス 内線番号にアクセスすることを許可によって改善されたモビリティを提供します。

Q. Cisco Unified CME 8.5 で何ローカル speed-dial が設定することができます番号が付いていますか。

A. Cisco Unified CME 8.5 に関しては、制限は 33 のローカル speed-dial エントリ(第 1 33)です。 ローカル速度ダイヤルは speeddial.xml ファイルを使用します。

注: Cisco Unified CME システムでは、各電話は 99 までのシステム レベル speed-dial 数(99)へのコード 1、または 2 の組み合せ 33 までのローカル speed-dial 数(33)へのコード 1 を備える場合があります。 同じ speed-dial コード(タグ)のローカルおよびシステム レベル speed-dial 数をプログラムすれば、ローカル 番号は優先します。 通常、ローカル、毎電話 speed-dial 数および使用コード 34 に競合がないようにシステム レベル speed-dial 数のための 99 のためのコード 1 に 33 を予約したいと思います。

詳細については資料速度 Dial ボタンおよび短縮されたダイヤルを参照して下さい。

Q. CME ローカルディレクトリのブランク検索はロシア ロケールとの IP 電話の XML 解析エラーを返します。 この問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか。

A. 回避策として、英国ロケールを使用して下さい。 この問題は Cisco バグ ID CSCtq80497登録ユーザのみ)で文書化されています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112093