コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

UCCX: 履歴レポートを生成できない

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)の史的記事を生成することを試みるとき現われるいくつかの問題を解決する方法を説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Contact Center Express 5.x およびそれ以降

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Contact Center Express 5.x およびそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

史的記事で利用可能 な データ無し

ユーザは「史的記事クライアント」メッセージをからユーザが与えるレポート データを入手するために日付の範囲が有効であるのに「史的記事で」利用可能 な データ受け取るかもしれません。 このシナリオでは、「データストア コントロール センター」ディスプレイの歴史的データストアおよびエージェント データストア両方このエラーメッセージ:

エラーはオペレーションを行っている間発生しました。 クラスタ情報およびサブスクライバ 設定は一致する。 サブスクライバは(SQL サーバ ログを詳細についてはチェックして下さい)廃棄されるかもしれません

また、歴史的およびエージェント 複製ステータスは次のとおりです:

Publication Snapshot Agent is Stopped
Subscription Agent is Unknown

解決策

このエラーメッセージが Cisco Unified Contact Center Express ノード間の SQL 複製問題が原因に現れます。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. CRS AppAdmin メニュー棒から System > Control Center の順に選択 して下さい。

    コントロール センター/サーバ サマリ Webページは開きます。

  2. コンポーネント アクティベーション ハイパーリンクをクリックして下さい。

    コンポーネント アクティベーション Webページは開きます。

  3. Subscriber ノードを選択して下さい。

  4. エージェント歴史的の、およびリポジトリ データストアのチェックを外し、そして『Update』 をクリック して下さい。

    それが無効にされるように示すことを確かめて下さい。

  5. データストアをチェックし、そしてそれらを再度アクティブにするために『Update』 をクリック して下さい。

  6. プライマリおよび加入者サーバの CRS Node Manager サービスを再開して下さい。

史的記事で生成されないグラフ

時々 Reports チェックボックスの含図をチェックするのに史的記事を送るとき図かグラフは生成されません。 グラフかグラフだけレポートで生成されないし、他の図式化されていない情報はすべてあります。

問題は水晶レポート水晶 dlls を使用する他のサードパーティアプリケーションの存在が原因で起こります。 詳細については Cisco バグ ID CSCsv30102登録ユーザのみ)を参照して下さい。

解決策

回避策として、SSCSDK80.DLL ファイルを C:\WINDOWS\System32 フォルダからコピーし、C:\Program Files\Business Objects\Common\3.5\bin にそれを貼り付けて下さい。

史的記事は不正確または不足データです

史的記事クライアントからのデータを引っ張るとき、データは不正確ようです。 それは普通期待されるよりより少ない扱われた呼び出しをずっと報告します。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 最大値を得るために contactcalldetail クエリから選定された max(sessionid)を実行して下さい。

    それは 12 桁数を戻します。

  2. ステップ 1 の最大値を得た後、これらのステップを完了して下さい:

    1. 1十億で数を割ることによって求めて下さい(1,000,000,000)。 たとえば、ステップ 1 で戻る数が 323000003345 なら、値は 323 です。

    2. この数に 1 つを追加して下さい(324)。

      残りのステップでは、レジストリのシードする値として設定 されるこの値。

  3. Start > Run の順に選択 し、regedit をタイプして下さい。

  4. ナビゲートへの[HKEY_LOCAL_MACHINE > SOFTWARE > Cisco Systems、Inc.> CRS - > Properties > application.MIVR.properties。

  5. com.cisco.session.id.bl ock を見つけて下さい。

  6. 右クリックし、『Modify』 を選択 して下さい-値のデータを変更して下さい

    HA セットアップがあったら、両方のノードのシードする値を判別し、レジストリのシードするとして両方のノードのために高い値を使用して下さい。 登録値を修正した後、Node Manager を再起動して下さい。

UCCX リソース 表の歴史的レポート データベース アクセス エラー

Cisco UCCX 8.0 を使うと、リソース 表内のあらゆるフィールドからのビュー データできないし、データはあらゆるフィールドから返されません。 フィールドを追加するか、またはデータベース内の他の表からデータを表示する問題がありません。 リソース 表だけでのおよびフィールドを追加するように試みるときレポートへのレポートを作成した後、このエラーメッセージは受け取られます:

Failed to open a rowset.
Details:42000[Informix][Informix ODBC Driver][Informix]
A syntax error has occurred.

この問題は Cisco バグ ID CSCtl02126登録ユーザのみ)によって文書化されています。

解決策

UCCX 8.0 では、リソース 表はエージェント 情報を保持しています。 同じネーム リソースはまた Informix キー ワードです。 従って、リソース 表を問い合わせるとき、クエリー ステートメントがエイリアスとして(リソースを使用できない Microsoft SQL クエリはエイリアスとしてテーブル名をデフォルトで使用します)。 これにより Informix でシンタックスエラーを引き起こします。

回避策はクエリー ステートメントで他のあるエイリアスを使用することです; たとえば、resource1 を使用して下さい。


関連情報


Document ID: 112103