音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager Version 7.1

Unified Communications Manager 7.x: 使用できるパーク番号なし

2015 年 4 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 13 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Communications Manager 7.0 クラスタのサイトの 1 つで呼び出しを駐車することを試みている間この資料にエラーを解決する方法を利用可能 な公園数記述されていません。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Communications Manager 7.x

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Communications Manager 7.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

コール パーク 機能はコールを保留の状態で送信することを可能にします従って Cisco Unified Communications Manager システムの別の電話から取得することができます(たとえば、別のオフィスまたは会議室の電話)。 電話にアクティブ コールにある場合、コール パーク 拡張に公園ソフトキーかコール パーク ボタンを押すことによってコールを駐車できます。 システムの別の電話の誰かはそれからコールを取得するためにコール パーク 拡張にダイヤルできます。

コール パーク 拡張番号と使用のためのディレクトリ番号の一つのディレクトリ数か範囲を定義できます。 各コール パーク 拡張番号で 1 コールだけ駐車できます。

コール パークを設定するとき、この情報と Cisco バグ ID CSCsl70911登録ユーザのみ)で文書化されています考えて下さい:

  1. コール パーク数は Cisco Unified CM サーバの間でオーバーラップできません。 各々の Cisco Unified CM サーバに自身の固有の番号 範囲があることを確かめて下さい。

  2. コール パーク数はコール パーク数にアクセスを制限し、駐車された呼び出しの検索を防ぐ関連するパーティションを備えるかもしれません。 コール パーク数にアクセスを制限すればのにパーティションが使用されている場合コール パーク 拡張番号のユニークなコール パーク番号か範囲はクラスタの各々の Cisco Unified CM の各パーティションのために定義する必要があります。

  3. エンドユーザがコール パークを呼び出すとき、Cisco Unified CM はコール パークを呼び出したパーティのための Calling Search Space によって現在アクセス可能であるコール パーク パーティションからの利用可能 な コール パーク番号を見つけるように試みます。

次のような制限はコール パークに適用されます:

  1. Cisco Unified Communications Manager は各コール パーク 拡張番号で 1 コールだけ駐車できます。

  2. 各コール パーク ディレクトリ番号、パーティションおよび範囲が Cisco Unified Communications Manager クラスタの内でユニークであることを確かめて下さい。

  3. デバイスが登録されている各 Cisco Unified Communications Manager は自身のユニークなコール パーク ディレクトリ番号および範囲を必要とします。

エラー: 使用できるパーク番号なし

公園キーを押すことを試みるとき利用可能 な公園数を言いません。

このエラーに関しては、CUCM の設定をチェックするためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. 公園数が電話が登録されている Cisco Unified Communications Manager ノードのために設定されるようにして下さい。

  2. 設定電話 CSS がコール パーク 範囲のためのパーティションを備えていることを確認して下さい。

内部 IP 電話の間でなされた呼び出しは駐車できましたが PSTN 数からなされた呼び出しは駐車されませんでした。 電話が Cisco Unified Communications Manager に登録されていたおよびコール パーク 範囲が同じノードにまたあったのに、コール パークは必要条件が一致したけれども失敗していました。

注: 問題は 1 つのサイトにだけ駐車呼び出しとあります。

解決策

テスト コールを PSTN 数からし、コールを駐車することを試みて下さい。 この場合、コールのトレースを奪取 し、コールが RTMT の助けによって駐車される指定時間 範囲のトレースをつかんで下さい。 トレースの設定を参照し、RTMT の本部を詳細については記録 して下さい

トレース ログ ファイルは H.323 ゲートウェイがコールを駐車することを試みているものより異なる CUCM に登録されていることを示します。 これにより別の CUCM ノードを指すためにゲートウェイで設定されるダイヤル ピアで session target ipv4 コマンドを引き起こします。 それ故に、呼制御およびコール駐車は異なる CUCM ノードに発生します。 その結果、コールを駐車することを試みたときに公園数利用可能 な メッセージを受け取りませんでした。

H.323 ゲートウェイが登録されている CUCM ノードの新しいコール パーク 範囲を設定 するためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. 内部名前で新しいパーティションを作成して下さい。

  2. 内部 H.323 電話およびゲートウェイが使用している Calling Search Space にパーティションを追加して下さい。

  3. Cisco から結合された CM 管理 ページは呼ルーティング > コール パークに、ナビゲート します。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-communications-manager-version-70/112043-ucm-callpark-01.gif

  4. ここに表示する ウィンドウの Add New ボタンをクリックして下さい:

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-communications-manager-version-70/112043-ucm-callpark-02.gif

  5. New ウィンドウは開きます:

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-communications-manager-version-70/112043-ucm-callpark-03.gif

  6. コール パーク番号/範囲を入力して下さい。 これは PSTN から来る駐車されたコールを受信するのに使用される新しい数です。

  7. 新しく作成されたパーティションを選択して下さい。 この例では、それは内部です。

  8. H.323 ゲートウェイが登録されている Cisco Unified Communications Manager を選択して下さい。

  9. [Save] をクリックします。

H.323 ゲートウェイで PSTN から来る呼び出しを駐車現在できます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112043