音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection Version 7.0

Cisco Unity Connection からユーザを削除できない

2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 11 月 3 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はユーザが Cisco Unity Connection からユーザを削除することができないとき解決ステップを記述したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity Connection 2.x/7.x/8.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: オペレーションはオブジェクトが使用中であるので完了することができません

Cisco Unity Connection 管理者は Cisco Unity Connection からユーザを削除することを試みるときこれらのエラーメッセージの 1 つを受け取ります:

  • オペレーションはオブジェクトが使用中であるので完了することができません

    または

  • Error: java.lang.NullPointerException

解決策

ユーザはコール ハンドラ「コール 入力 処理」のための宛先に指名され、それからコール ハンドラは削除されます。 これによりレコード コール 処理を引き起こしま孤立するようになるためにコール 入力 処理を表します。 孤立したコール 処理レコードはユーザは削除されることを防ぐユーザを参照します。

孤児コール 処理レコードを見つけ、取除くためにこれらのステップを実行して下さいそうすればユーザは取除くことができます:

Unity 接続 CLI から、これらのクエリを実行して下さい:

  1. 削除することができない各ユーザ向けに「UserAlias」とユーザのエイリアスを取り替える CLI からのこのクエリを発行して下さい: tbl_callaction から cuc dbquery unitydirdb 選定された objectid を targethandlerobjectid IN (vw_subscriber からの選定された callhandlerobjectid alias='UserAlias 実行しなさい)

  2. 各コール 処理 objectid に関してはステップ 1 によって、発行します戻ったコール 処理の objectid と objectid 取り替える CLI からのこのクエリを戻りました: tbl_callaction から cuc dbquery unitydirdb 削除を objectid='267db053-fff2-488c-af1d-98b3c70e5ea5 実行しなさい

  3. Cisco Unity Connection 管理のユーザを削除して下さい。

また、管理者およびセキュリティパスワードを変えることを参照して下さい。

エラー: ユーザを同期されない

Cisco Unity Connection 7.1/8.x によって、ユーザを削除することができません。 ユーザを同期することを試みる時更に、ユーザを同期する失敗するの: ユーザ名 エラーメッセージは受け取られます。 場合によっては、Delete ボタンは利用できないです。

解決策

Unity 接続 CLI から、これらのクエリを発行して下さい:

  1. ユーザのオブジェクトID を得るためにこのコマンドを発行して下さい:

    run cuc dbquery unitydirdb SELECT ObjectId from vw_User WHERE Alias = 'alias'
    
  2. この場合、ユーザを削除するためにこのコマンドを発行して下さい:

    run cuc dbquery unitydirdb EXECUTE PROCEDURE csp_UserDelete 
    (pObjectId = 'Object id from the above command')
    

エラー: 承認されない

Cisco Unity Connection 8.5 のユーザを削除することを試みている間承認されなかったエラーメッセージは受け取られます。

解決策

このエラーはログオンされるアカウントに特権 ユーザ 管理者権限だけあるので発生します。 ユーザを削除するために、アカウントにシステム管理者ロールを割り当てて下さい。 詳細については、Cisco バグ ID CSCtn59526登録ユーザのみ)を参照して下さい。

削除されたユーザをインポートすることが不可能

AXL によって Cisco Unified Communications Manager と統合スタンドアロン Cisco Unity Connection システムでバルクアドミニストレーションツール (BAT)のインポートされたユーザを削除することは可能性のあるです。 これがされるとき、削除されたユーザはもはや利用できませんに再インポートします。

これは Unity スタンドアロン Cconnection バージョン 2.x および それ 以上に発生しますが、7.1(2) で固定されます。 それは共存するシステムに BAT をユーザを削除するのに使用できないので発生しません。 これはユーザが BAT と削除されたときに、Cisco Unified Communications Manager ユーザにそれらをマッピング した データベーステーブルのエントリが更新済ではなかったので起こります。 行き、これらのレコードを削除するユーザを再インポートすること可能にする新しい CLI コマンドがあります。

この問題は Cisco バグ ID CSCsy32273登録ユーザのみ)によって文書化されています。

解決策

この問題を、削除ユーザ 管理Webページを通して回避するため。 もはやインポートすることができないユーザがあったらこの CLI コマンドを発行して下さい(7.1(2) で利用可能 で、より高い):

utils cuc users bulk_clean_orphans mapentries

Unity 接続のユーザを削除することが不可能

Unity 接続データベースからユーザを削除することが不可能。

解決策

これは削除することを望むユーザへの参照が理由でそうなったものである可能性があります。 次の手順を実行します。

  1. ユーザへの参照を見つけるためにこのクエリを実行して下さい:

    run cuc dbquery unitydirdb select * from vw_subscriberreference where
    objectid IN (select objectid from vw_subscriber where fn_tolower(alias) =
    fn_tolower('UserAlias'))
    
  2. ユーザへのすべての参照を知っていれば; GUI を使用して参照を取除き、ユーザを削除できます。

また、Cisco バグ ID CSCts28305登録ユーザのみ)を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112030