音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

UTIM で Unified Communications Manager と Unity を接続できない

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2011 年 11 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity 4.0(4) では、動作するように試みるとき統合(UTIM)を、壊れるロード MiuRegistry Component エラー 0x80070005 管理して下さい。 テレフォニー 統合マネージャを使用するために Windows アカウントは Cisco Unity 管理者である必要があり、この Computer エラーメッセージの管理者 グループのメンバーは現われます。 このドキュメントでは、この問題のトラブルシューティング方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 4.x は Cisco 公認のサーバの Microsoft ウィンドウ 2003 オペレーティング・ システムでインストールしました

  • Cisco Unified Communications Manager 5.x およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unity Telephony Integration マネージャ(UTIM)

あなたが電話 システムによって Cisco Unity を統合ことができるように Cisco Unity Telephony Integration マネージャ(UTIM)はステップを提供します。 Cisco Unity は IP テレフォニー(Cisco Unified Communications Manager)、回線交換 PBX およびセッション開始プロトコル(SIP)のための統合をサポートします。

Cisco Unified Communications Manager 統合のためのサービス プロバイダー(TSP)を『Telephony』 を選択 する場合、UTIM を実行する前に Cisco Unified Communications Manager を Cisco Unity と統合ために設定して下さい。 UTIM はこれらの項目を頼みます:

  • Cisco Unified Communications Manager IP アドレス

  • 作成されるボイスメールポートのための表示名

  • 待っているダイヤル番号(DN)を離れて待っているメッセージおよびメッセージ

プロセスの終わりに、成功する統合プロセスを確認するためにテストを実行できます。

エラー 0x8007005: 壊れるロード MiuRegistry コンポーネント。

問題

Cisco Unity が動作している間統合を実行される Cisco Unity 4.0(4) で管理しなさい、Cisco Unity Telephony Integration マネージャ(UTIM)を起動できない時このエラーメッセージを受け取り:

壊れるロード MiuRegistry コンポーネント。 エラー 0x8007005 はテレフォニー 統合マネージャを使用するために Windows アカウントこのコンピュータの管理者グループの Cisco Unity 管理者およびメンバーである必要があります。

解決策 1

間違って設定されたサービス アカウントはこの問題を引き起こしています。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity インストール アカウントのような適切な特権のアカウントとして、ログオンして下さい。

  2. Permissions ウィザードを実行して下さい。

  3. 管理 ツールの下で Cisco Unity ツール ターミナルで見つけられるサービス設定 ウィザードを実行して下さい。

これらのステップを完了した後問題が持続したら、Cisco バグ ID CSCsi54038登録 ユーザだけ)で文書化されています次の 2 つのオプションのどちらかを試みて下さい。

  • オプション 1

    Cisco Unity サービスを停止する場合、UTIM は問題なく起動します。

  • オプション2

    次の手順を実行します。

    1. MTXMiuRegistryReadWrite オブジェクトに所有権およびアクセスを変更するためにプロセス エクスプローラを(Microsoft から利用可能 な)使って下さい。

    2. プロセス エクスプローラを起動させ、AvCsMgr.exe を選択して下さい

    3. 下部ペインでは、突然変異体オブジェクト\ BaseNamedObjects \ MTXMiuRegistryReadWrite を見つけて下さい。

    4. ローカル管理者グループはオーナーで、アクセスできるようにこのオブジェクトのセキュリティ設定をダブルクリックし、変更して下さい。

    これらのステップを完了した後、UTIM を起動できます。

    注: Cisco Unity またはサーバの再始動が、本当らしいローカル セキュリティ ポリシー デフォルトの動作を無効にした、管理者グループに既定のオブジェクト オーナーをしない後問題が持続すれば。 これを変更するために、ローカルか DC セキュリティポリシーを割当て直して下さい。 これは Cisco Unity サーバをリブートすることを必要とします。

解決策 2

次の手順を実行します。

  1. Microsoft Distributed Transaction Coordinator サービスを再開して下さい。

  2. DCOM が開始したら、> コンポーネント サービス Start > Programs > Administrative Tools の順に選択 して下さい。

  3. Component Services > Computers > My Computer > COM+ Applications の順に開きます。

  4. Cisco Unity を右クリックし、『Properties』 をクリック して下さい。

  5. Identity タブをクリックし、使用されるアカウントが期待するものであることを確認して下さい。

  6. アカウントのための正しいパスワードを入力し、『OK』 をクリック して下さい。

  7. Cisco Unity を右クリックし、『Shut Down』 をクリック して下さい。

  8. Cisco Unity を右クリックし、『Start』 をクリック して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 112026