ルータ : Cisco 3800 シリーズ サービス統合型ルータ

IOS VPN ルータ: L2L VPN トンネルのネットワークの追加または削除の設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2014 年 4 月 2 日) | 英語版 (2015 年 4 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、既存の LAN-to-LAN(L2L)VPN トンネル上でネットワークを追加または削除する方法の設定例を説明します。

前提条件

要件

この設定を試みる前に、現在の L2L IPSec VPN トンネルを正しく設定していることを確認してください。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は 2 つの Cisco IOS に基づいていますか。 ソフトウェア バージョン 12.4(15)T1 を実行するルータ。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

現在、本社(HQ)オフィスとブランチ オフィス(BO)の間に、L2L VPN トンネルが存在しています。 HQ オフィスは、営業チームが使用する新しいネットワークを増設したばかりです。 このチームは BO オフィスにあるリソースにアクセスする必要があります。 次に取り組む作業は、既存の L2L VPN トンネルに新しいネットワークを追加することです。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/112004/ios-vpn-add-network-01.gif

設定

このドキュメントでは、このセクションで示す設定を使用しています。 これらの設定には、HQ オフィスの 172.16.10.0 ネットワークと、BO オフィスの 10.10.10.0 ネットワーク間で動作している L2L VPN が含まれます。 太字のテキストで示された出力は、HQ オフィスの新しいネットワーク 192.168.10.0 を、10.10.10.0 を宛先ネットワークとする同じ VPN トンネルに統合するために必要な設定を示しています。

HQ-Router
HQ-Router#show running-config 
Building configuration...
Current configuration : 1439 bytes
!
version 12.4
service timestamps debug uptime
service timestamps log uptime
no service password-encryption
!
hostname HQ-Router
!

!--- Output suppressed.

!
crypto isakmp policy 1
 hash md5
 authentication pre-share
crypto isakmp key cisco123 address 209.165.200.225
!
!
crypto ipsec transform-set rtpset esp-des esp-md5-hmac
!
crypto map rtp 1 ipsec-isakmp
 set peer 209.165.200.225
 set transform-set rtpset
 match address 115
!
interface Ethernet0
 ip address 172.16.10.1 255.255.255.0
 ip nat inside
!
interface Ethernet1
 ip address 209.165.201.2 255.255.255.224
 ip nat outside
 crypto map rtp
!
interface Ethernet2
 ip address 192.168.10.1 255.255.255.0
 ip nat inside
!
interface Serial0
 no ip address
 shutdown
 no fair-queue
!
interface Serial1
 no ip address
 shutdown
!
ip nat inside source route-map nonat interface Ethernet1 overload
ip classless
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 209.165.201.1
!

!--- Output suppressed.

access-list 110 deny   ip 172.16.10.0 0.0.0.255 10.10.10.0 0.0.0.255
access-list 110 permit ip 172.16.10.0 0.0.0.255 any
!

!--- Add this ACL entry to include 192.168.10.0 
!--- network with the nat-exemption rule.

access-list 110 deny   ip 192.168.10.0 0.0.0.255 10.10.10.0 0.0.0.255
access-list 110 permit ip 192.168.10.0 0.0.0.255 any
access-list 115 permit ip 172.16.10.0 0.0.0.255 10.10.10.0 0.0.0.255
!

!--- Add this ACL entry to include 192.168.10.0 
!--- network into the crypto map.

access-list 115 permit ip 192.168.10.0 0.0.0.255 10.10.10.0 0.0.0.255
route-map nonat permit 10
 match ip address 110
!

!--- Output suppressed.

end

BO-Router
BO-Router#show running-config 
Building configuration...

Current configuration : 2836 bytes
!
version 12.4
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
no service password-encryption
!
hostname BO-Router
!

!--- Output suppressed.

!
crypto isakmp policy 1
 hash md5
 authentication pre-share
crypto isakmp key cisco123 address 209.165.201.2
!
!
crypto ipsec transform-set rtpset esp-des esp-md5-hmac
!
crypto map rtp 1 ipsec-isakmp
 set peer 209.165.201.2
 set transform-set rtpset
 match address 115
!

!---  Output suppressed.

interface FastEthernet0/0
 ip address 209.165.200.225 255.255.255.224
 ip nat outside
 ip virtual-reassembly
 duplex auto
 speed auto
 crypto map rtp
!
interface FastEthernet0/1
 ip address 10.10.10.1 255.255.255.0
 ip nat inside
 ip virtual-reassembly
 duplex auto
 speed auto
!
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 FastEthernet0/1
!

!--- Output suppressed.

!
ip http server
no ip http secure-server
ip nat inside source route-map nonat interface FastEthernet0/0 overload
!

!--- Add this ACL entry to include 192.168.10.0 
!--- network with the nat-exemption rule.

access-list 110 deny   ip 10.10.10.0 0.0.0.255 192.168.10.0 0.0.0.255
access-list 110 deny   ip 10.10.10.0 0.0.0.255 172.16.10.0 0.0.0.255
access-list 110 permit ip 10.10.10.0 0.0.0.255 any
access-list 115 permit ip 10.10.10.0 0.0.0.255 172.16.10.0 0.0.0.255
!

!--- Add this ACL entry to include 192.168.10.0 
!--- network into the crypto map.

access-list 115 permit ip 10.10.10.0 0.0.0.255 192.168.10.0 0.0.0.255
!
route-map nonat permit 10
 match ip address 110
!

!--- Output suppressed.

!
end

IPSec トンネルからのネットワークの削除

このセクションで説明する手順を実行して、IPSec トンネル設定からネットワークを削除します。 ネットワーク 192.168.10.0/24 が、HQ ルータ設定から削除されていることに注意してください。

  1. 次のコマンドを使用して、IPSec 接続を切断します。

    HQ-Router#clear crypto sa
    
  2. 次のコマンドを使用して、ISAKMP セキュリティ アソシエーション(SA)をクリアします。

    HQ-Router#clear crypto isakmp
    
  3. 次のコマンドを使用して、IPSec トンネルの対象トラフィックの ACL を削除します。

    HQ-Router(config)#no access-list 115 permit ip
    	          192.168.10.0 0.0.0.255 10.10.10.0 0.0.0.255
    
  4. 次のコマンドを使用して、192.168.10.0 ネットワークに対する NAT 免除の ACL ステートメントを削除します。

    HQ-Router(config)#no access-list 110 deny ip
    	          192.168.10.0 0.0.0.255 10.10.10.0 0.0.0.255
    
  5. 次のコマンドを使用して、NAT トランスレーションをクリアします。

    HQ-Router#clear ip nat translation *
    
  6. 次のコマンドを使用して、インターフェイスのcrypto マップを削除して再度適用し、現在のクリプト設定が確実に反映されるようにします。

    HQ-Router(config)#int ethernet 1 
    
    HQ-Router(config-if)#no crypto map rtp 
    
    *May 25 10:35:12.153: %CRYPTO-6-ISAKMP_ON_OFF: ISAKMP is OFF 
    
    HQ-Router(config-if)#crypto map rtp 
    
    *May 25 10:36:09.305: %CRYPTO-6-ISAKMP_ON_OFF: ISAKMP is ON

    インターフェイスからcrypto マップを削除すると、そのcrypto マップに関連付けられている既存のすべての VPN 接続が切断されます。 この作業を行う前に、必要なダウンタイムを確保し、組織の変更管理ポリシーに従って適切に対処していることを確認してください。

  7. write memory コマンドを使用して、アクティブな設定をフラッシュに保存します。

  8. これらの手順を VPN トンネルの他端(BO-Router)で実行し、設定を削除します。

  9. IPSec トンネルを起動して接続を確認します。

確認

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

次の ping シーケンスを使用して、新しいネットワークが VPN トンネル経由でデータを渡せることを確認します。

HQ-Router#clear crypto sa
HQ-Router#
HQ-Router#ping 10.10.10.1 source 172.16.10.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 10.10.10.1, timeout is 2 seconds:
Packet sent with a source address of 172.16.10.1
.!!!!
Success rate is 80 percent (4/5), round-trip min/avg/max = 20/20/20 ms
HQ-Router#ping 10.10.10.1 source 192.168.10.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 10.10.10.1, timeout is 2 seconds:
Packet sent with a source address of 192.168.10.1
.!!!!
Success rate is 80 percent (4/5), round-trip min/avg/max = 20/20/20 ms
HQ-Router#ping 10.10.10.1 source 192.168.10.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 10.10.10.1, timeout is 2 seconds:
Packet sent with a source address of 192.168.10.1
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 20/20/20 ms
show crypto ipsec sa
HQ-Router#show crypto ipsec sa

interface: Ethernet1
    Crypto map tag: rtp, local addr. 209.165.201.2

   local  ident (addr/mask/prot/port): (192.168.10.0/255.255.255.0/0/0)
   remote ident (addr/mask/prot/port): (10.10.10.0/255.255.255.0/0/0)
   current_peer: 209.165.200.225
     PERMIT, flags={origin_is_acl,}
    #pkts encaps: 9, #pkts encrypt: 9, #pkts digest 9
    #pkts decaps: 9, #pkts decrypt: 9, #pkts verify 9
    #pkts compressed: 0, #pkts decompressed: 0
    #pkts not compressed: 0, #pkts compr. failed: 0, #pkts decompress failed: 0
    #send errors 1, #recv errors 0

     local crypto endpt.: 209.165.201.2, remote crypto endpt.: 209.165.200.225
     path mtu 1500, ip mtu 1500, ip mtu interface Ethernet1
     current outbound spi: FB52B5AB

     inbound esp sas:
      spi: 0x612332E(101856046)
        transform: esp-des esp-md5-hmac ,
        in use settings ={Tunnel, }
        slot: 0, conn id: 2002, flow_id: 3, crypto map: rtp
        sa timing: remaining key lifetime (k/sec): (4607998/3209)
        IV size: 8 bytes
        replay detection support: Y

     inbound ah sas:

     inbound pcp sas:

     outbound esp sas:
      spi: 0xFB52B5AB(4216501675)
        transform: esp-des esp-md5-hmac ,
        in use settings ={Tunnel, }
        slot: 0, conn id: 2003, flow_id: 4, crypto map: rtp
        sa timing: remaining key lifetime (k/sec): (4607998/3200)
        IV size: 8 bytes
        replay detection support: Y

     outbound ah sas:

     outbound pcp sas:


   local  ident (addr/mask/prot/port): (172.16.10.0/255.255.255.0/0/0)
   remote ident (addr/mask/prot/port): (10.10.10.0/255.255.255.0/0/0)
   current_peer: 209.165.200.225
     PERMIT, flags={origin_is_acl,}
    #pkts encaps: 4, #pkts encrypt: 4, #pkts digest 4
    #pkts decaps: 4, #pkts decrypt: 4, #pkts verify 4
    #pkts compressed: 0, #pkts decompressed: 0
    #pkts not compressed: 0, #pkts compr. failed: 0, #pkts decompress failed: 0
    #send errors 1, #recv errors 0

     local crypto endpt.: 209.165.201.2, remote crypto endpt.: 209.165.200.225
     path mtu 1500, ip mtu 1500, ip mtu interface Ethernet1
     current outbound spi: C9E9F490

     inbound esp sas:
      spi: 0x1291F1D3(311554515)
        transform: esp-des esp-md5-hmac ,
        in use settings ={Tunnel, }
        slot: 0, conn id: 2000, flow_id: 1, crypto map: rtp
        sa timing: remaining key lifetime (k/sec): (4607999/3182)
        IV size: 8 bytes
        replay detection support: Y

     inbound ah sas:

     inbound pcp sas:

     outbound esp sas:
      spi: 0xC9E9F490(3387552912)
        transform: esp-des esp-md5-hmac ,
        in use settings ={Tunnel, }
        slot: 0, conn id: 2001, flow_id: 2, crypto map: rtp
        sa timing: remaining key lifetime (k/sec): (4607999/3182)
        IV size: 8 bytes
        replay detection support: Y

     outbound ah sas:

     outbound pcp sas:

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングについて説明します。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • debug crypto ipsec:フェーズ 2 の IPSec ネゴシエーションを表示します。

  • debug crypto isakmp:フェーズ 1 の ISAKMP ネゴシエーションを表示します。

  • debug crypto engine:—暗号化されたセッションを表示します。


関連情報


Document ID: 112004