セキュリティ インテリジェンス オペレーション(IPSシグニチャ)

BEA Weblogic Server Console-help.portal Cross-Site Scripting

 
BEA Weblogic Server Console-help.portal Cross-Site Scripting
 
機械翻訳について |  フィードバック
 

IPSシグニチャ


シグニチャ ID: 21220/0
オリジナルリリース: S496
リリース: S798 ダウンロード
初版リリース日: 2010年06月16日
最新リリース日: 2014年05月19日
デフォルトで有効: True
デフォルトでリタイア: low-mem-retired
CVE: CVE-2009-1975
BugTraq ID: 35673
 
危険度: High  
シグニチャ精度: 90  
 
説明
BEA Weblogic Server にクロスサイト スクリプティングの脆弱性が存在します。 脆弱性は、ユーザの Web ブラウザで実行される任意の HTML および JavaScript コードを攻撃者が注入できる、特定のコンソール ヘルプのポータル ページでの入力検証エラーが原因です。 リモート非認証の攻撃者は、この脆弱性を不正利用してクライアント システムで任意の HTML またはスクリプト コードを実行する可能性があります。不正利用に成功すると、サイトに関連付けられているターゲット ユーザのクッキー(認証クッキーを含む)が侵害され、ユーザ情報が変更される可能性があります。このシグニチャは、巧妙に細工された URI によってトリガーされます。この脆弱性は、CVE-2009-1975 でさらに文書化されています。

推奨されるフィルタ
推奨されるフィルタはありません。

正常動作でのトリガー
既知の誤検知要因はありません。
IntelliShield アラート
 
IntelliShield ID 見出し バージョン CVSS スコア 最新発行日
18672 Oracle WebLogic Server searchQuery Remote Cross-Site Scripting Vulnerability 1 6.8/5.3   2009年07月17日 01:13 PM EDT
 
ダウンロード
 
すべての IPS アップデートファイルは、Cisco Secure Software Download よりダウンロード可能です。
 
英語版
 

LEGAL DISCLAIMER
THE INFORMATION ON THIS PAGE IS PROVIDED ON AN "AS IS" BASIS AND DOES NOT IMPLY ANY KIND OF GUARANTEE OR WARRANTY, INCLUDING THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR USE. YOUR USE OF THE INFORMATION CONTAINED HEREIN, OR MATERIALS LINKED FROM THE DOCUMENT, IS AT YOUR OWN RISK. INFORMATION IN THIS DOCUMENT AND ANY RELATED COMMUNICATIONS IS BASED ON OUR KNOWLEDGE AT THE TIME OF PUBLICATION AND IS SUBJECT TO CHANGE WITHOUT NOTICE. CISCO RESERVES THE RIGHT TO CHANGE OR UPDATE THIS DOCUMENT AT ANY TIME.