音声 : セッション開始プロトコル(SIP)

通話の進行状態の分析について

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はコールプログレス 分析(CPA)を、特殊可聴音(坐ります)、ファクシミリ/モデムトーン、人間の言葉および応答機を探すために Time Division Multiplexing (TDM) 音声 ストリームを分析する新しいデジタル信号プロセッサ(DSP)アルゴリズム説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CPA ソフトウェア概要

コールプログレス 分析(CPA)は探すために TDM 音声 ストリームを分析する新しい DSP アルゴリズム坐ります、ファクシミリ/モデムトーン、人間の言葉および応答機です。 CPA はまた Cisco IOS に情報を渡します

新しい SIP アプリケ− ションタイプが、発信者に情報を中継するように CPA オペレーションを要求する発信者とゲートウェイのための x Ciscocpa、あります。 CPA はコールレグの 1 つが終わる TDM ゲートウェイでだけサポートされます。

CPA は SIP が x Ciscocpa アプリケーション/コンテンツ本文と送信 される誘うとき始められます。 コールが進行中の間、DSP は着信音声ストリームを分析します。 DSP は統計的な音声パターンか特定のトーン周波数に基づいて音声 ストリームの種類を識別します。 CPA 結果が含まれているゲートウェイは x Ciscocpa との SIP アップデートを送信します。 この CPA 結果に基づいて、発信者はコールを転送するか、またはコールを終了する次 の ステップを、のようなことにします。 CPA は既存の SIP プロトコルと干渉しません。

/image/gif/paws/111980/cpa-01.gif

典型的な CPA コールフロー

このダイアグラムは典型的な CPA コールフローを描写します。

/image/gif/paws/111980/cpa-02.gif

新しい x Ciscocpa アプリケーション本文

これらは新しい x Ciscocpa のためのアプリケーション本文です:

SIP の新しい x Ciscocpa アプリケーション本文は誘います

--uniqueBoundary
Content-Type: application/x-cisco-cpa
Content-Disposition: signal;handling=optional
Events=FT,Asm,AsmT,Sit
CPAMinSilencePeriod=<int16>
CPAAnalysisPeriod=<int16>
CPAMaxTimeAnalysis=<int16>
CPAMinValidSpeechTime=<int16>
CPAMaxTermToneAnalysis=<int16>
--uniqueBoundary--

SIP 18x の新しい x Ciscocpa アプリケーション本文

--uniqueBoundary 
Content-Type: application/x-cisco-cpa
Content-Disposition: signal;handling=optional?
event=enabled
--uniqueBoundary--

SIP アップデートの新しい x Ciscocpa アプリケーション本文

Content-Disposition: signal;handling=optional
Content-Type: application/x-cisco-cpa
CSeq: 102 UPDATE
Max-Forwards: 70
?
event=detected
status=FT

CPA パラメータ セット

この表は各パラメータの CPA パラメータ、デフォルト値、定義を、および各パラメータが設定される方式を示したものです。

/image/gif/paws/111980/cpa-03.gif

CPA CLI

すべての CPA 関連 CLI コマンドは音声 サービス VOIPモードの下で設定される必要があります。 グローバル な ゲートウェイ configutaion の CPA サポートを有効に するために、この CLI コマンドを入力して下さい:

[default | no] cpa

これらは CLI によってさまざまな CPA パラメータを設定するのに使用されるコマンドです:

x Ciscocpa 本文上書き CLI 値の値。

cpa timing live-person 
	 	cpa timing timeout 
		cpa timing term-tone
		cpa timing silent
		cpa timing valid-speech 
		cpa timing noise-period
		cpa threshold active-signal
		cpa threshold noise-level min 
		cpa threshold noise-level max

これは CLI によって CPA 設定のための例です:

#
!
voice service voip
 cpa
 cpa timing silent 375
 cpa timing live-person 2500
 cpa timing timeout 3000
 cpa timing noise-period 100
 cpa timing valid-speech 112
 cpa timing term-tone 15000
 cpa threshold noise-level max -50dBm0
 cpa threshold noise-level min -60dBm0
 cpa threshold active-signal 15db
!

CPA 設定をデバッグするために、有用な情報をキャプチャ するためにこれらのコマンドを発行して下さい:

追加デバッグ情報は次のコマンドおよび PCM キャプチャと収集することができます:


関連情報


Document ID: 111980