音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Unified Communications Manager のサポートに関する FAQ

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2011 年 10 月 21 日) | 英語版 (2012 年 3 月 16 日) | フィードバック


質問


概要

この資料は Cisco Unified Communications Manager バージョン 5.x のために機能サポートの一部についての FAQ に、6.x,7.x および 8.x 回答します。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. Cisco Unified Communications Manager で外部コールのクォータを制御することは可能ですか。

A. Cisco Unified Communications Manager からはコール クォータを制御できません。 個別のサードパーティ アプリケーションが必要です。

Q. Inter-Cluster Trunk(ICT; クラスタ間トランク)で制御される非ゲートキーパーによって処理できるコール数はいくつですか。

A. ICT では Cisco Unified Communications Manager サーバが処理できる数と同数のコールを処理されます。この数はサーバの容量と使用できる帯域幅によって異なります。

Q. Cisco Unified Communications Manager では Dictation 機能をサポートしていますか。

A. いいえ口述は現在 Cisco Unified Communications Manager 機能ではないです。

Q. Bulk Administration Tool(BAT; 一括管理ツール)から複数のパイロット ポイントとハント グループ メンバーを追加できますか。

A. いいえ。BAT からは複数のパイロット ポイントとハント グループ メンバーを追加できません。

Q. IP 電話の属性に基づいてユーザをフィルタするにはどうすればよいですか。

A. スクリプトからのみフィルタできます。または、LDAP システムでユーザ権限を調整した場合にのみ可能です。

Q. LDAP に統合されている場合、BAT を使用してユーザを更新できますか。

A. いいえ。LDAP に統合されている場合、BAT を使用してユーザを更新することはできません。 LDAP 統合をディセーブルにして、BAT から変更を加えて、LDAP を再度イネーブルにします。

Q. Cisco Unified Communications Manager では、アナログ ポートと MGCP Gateway で Calling Line Identification(CLID; 発信回線 ID)をサポートしていますか。

A. Cisco Unified Communications Manager 7.0 ではアナログ ポートと MGCP Gateway で CLID をサポートしていません。 H323 または SIP ゲートウェイを使用する必要があります。

ただし、Cisco Unified Communications Manager 8.0(1) 以降ではサポートされています。 詳細は、「MGCP FXO Gateway での Cisco Unified Communications Manager Administration 発信回線 ID サポート」を参照してください。

Q. Cisco Unified Communications Manager 7.x で、エンド ユーザは [Cisco Unified Communications Manager User] ページから [Speed Dial BLF] 設定を変更できますか。

A. Cisco Unified Communications Manager 7.x 環境では、システム管理者のみが BLF スピード ダイヤルを設定できます。 システム ユーザは BLF スピード ダイヤルを設定できません。

Q. ワンボタン割込みの後に、別の通話者と会議を行うことはできますか。

A. 内蔵会議ブリッジにアクセスできるのは C Barge だけなので、これは C Barge でのみ可能です。

Q. Cisco Unified Communications Manager バージョン 7.0 から、実際の通話時間が記されたレポートを取得することは可能ですか。

A. 次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified Communications Manager Serviceability の Web ページを開きます。
  2. [Tools] > [CDR Analysis and Reporting] > [User Report] > [Top N] > [by Duration] > [Available Reports] > [Generate new report] の順に選択します。
  3. 日付の範囲を選択します。
  4. [View Report] をクリックします。

Q. SNMP を使用する Cisco Unified Communications Manager で 7960/40 電話機のシリアル番号を取得する方法はありますか。

A. IP Phone では SNMP がサポートされていないため、シリアル番号は取得できません。 この情報は、Cisco Unified Communications Manager が使用する SQL データベースには格納されていません。 Cisco Unified Communications Manager ではシリアル番号を使用しないため、番号を保存する必要がありません。 電話機のシリアル番号を取得する方法は 3 つあります。

  • 電話 HTTP://Phone.IP の HTTP インターフェイスからシリアル番号を得て下さい。アドレス。

  • 電話機に物理的に記されているシリアル番号を確認します。

  • お近くのシスコ アカウント マネージャに問い合わせます。

Q. Cisco Unified Communications Manager 7.x は HP Insight Manager をサポートしていますか。

A. 残念ながら、HP Insight Manager は Linux ベースの Cisco Unified Communications Manager サーバ(5.x、6.x、7.x、8.x)ではサポートされていません。 Microsoft Windows ベースの Cisco CallManager サーバ(3.x、4.x)でのみサポートされています。 Linux ベースの Cisco Unified Communications Manager サーバは HP ILO を使用して監視できます。

Q. 内部コール(内線から内線)に使用するコーデックを G.722 から G.711 に変更するにはどうすればよいですか。

A. 領域はすでに G.711 に通信しているが、電話機が G.722 をアドバタイズする場合、[System] > [Enterprise Parameters] > [Advertise G.722 Codec] > [Disabled] の順に選択します。

注: この操作は電話機レベルで個別に行うこともできます。

Q. Cisco Unified Communications Manager クラスタ間でセキュアな TLS および SRTP SIP トランクを設定するにはどうすればよいのですか。

A. 次の手順を実行して、Cisco Unified Communications Manager クラスタ間でセキュアな TLS と SRTP SIP トランクを設定します。

  1. [System] > [Security Profile] > [SIP Trunk Security Profile] から新しい SIP トランク セキュリティ プロファイルを作成します。 [Device Security Mode] が [Encrypted] に設定されていることと、[incoming/outgoing transport type] が [TLS] に設定されていることを確認します。

  2. このセキュリティ プロファイルを SIP トランクに適用し、宛先ポートを 5061 に設定します。

  3. SIP トランク デバイス プールに設定されている Cisco Unified Communications Manager グループにあるすべてのサーバから Cisco Unified Communications Manager 証明書をダウンロードして、他のクラスタのサーバにそれらをアップロードします。 [SIP Trunk] > [device pool] > [Cisco Unified Communications Manager group] から、ClusterA にあるサーバを記録します。 最大で 3 つあります。 ClusterB でも同じことを実行します。 結果は次のようになります。

    ClusterA            ClusterB
    
    Server1             Server1
    
    Server2             Server2
    
    Server3             Server3
  4. リストにある各サーバの [OS Administration] ページに移動して、ログインします。

    [Security] > [Certificate Management] の順に進み、[Find] をクリックします。 [Certificate Name] 列を探して、CallManager-Trust 証明書ではなく、CallManager 証明書を見つけます。 名前の右にある [.pem] リンクをクリックして、ダウンロード ボタンをクリックします。 このようにして、各サーバからの証明書を保存します。

  5. 必要なすべての証明書(両方のクラスタからのすべてのサーバ証明書)をダウンロードしたら、他のクラスタに証明書をアップロードします。 ClusterB からの ClusterA サーバ ClusterA サーバ 2 のための 1.リピートこれおよびサーバ 3.にサーバ 1、2、および 3 の証明書をアップロードして下さい。 ClusterB で Server1 は ClusterA サーバ 1 からの証明書を、2 アップロードし、3.はこれらのそれぞれのための同じ証明書管理 ページに ClusterB サーバ 2 および 3.のためにこれを行き、『Upload』 をクリック します 認証を繰り返します。 今回は、[CallManager-Trust] 証明書タイプを選択します。 反対のクラスタにある各サーバにすべての証明書がアップロードされたら、証明書をアップロードしたすべてのサーバで CallManager サービスを再起動します。

  6. SIP トランク セキュリティ プロファイルを再度編集します。 [X.509 Subject Name] フィールドを見つけます。 ClusterA のそのフィールドに、ClusterB の Server1、ClusterB の Server2、ClusterB の Server3 のそれぞれのサブジェクト CN を、証明書に記されているとおりに入力します。 名前はスペース、カンマ、セミコロン、コロンのいずれかで区切ります。 ClusterB に進み、SIP トランク セキュリティ プロファイルを編集して、すべての ClusterA サーバの証明書からのサブジェクト名も追加します。

Q. 割り込みを設定するにはどうすればよいですか。

A. 割り込みにより、共有回線上のリモート アクティブ コールにユーザが追加されます。 回線のリモート アクティブ コールは、その回線とディレクトリ番号を共有する別のデバイスとのアクティブ(接続済み)コールによって構成されます。

割り込みを設定する方法については、次のドキュメントを参照してください。

Q. ユーザがログインしようとするときに、内線を使用できないエラーをどのように解決すればよいですか。

A. この問題は、エンド ユーザのアカウントが [CTI enabled] として割り当てられていない場合に発生することがあります。 そのため、エンド ユーザに [CTI enabled] が割り当てられていることを確認してください。

Q. Cisco Unified Communications Manager 7.x で LDAP 同期はどのように行われますか。

A. Cisco Unified Communications Manager 7.x での LDAP 同期については、『LDAP 同期』を参照してください。

Q. Cisco Unified Communications Manager CDR レポートのデフォルトの受信者はどこで変更しますか。

A. [CCMAdmin] > [User Management] > [End User] の順に選択して、レポートを受信するユーザを選択します。 ページの下部の [Permissions Information] セクションで、[Standard CAR Admin Users] グループを削除します。

Q. アテンダント コンソールから Cisco Unified Communications Manager 7.x に接続できず、「Unable to connect to server」というエラー メッセージが表示されます。 この問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか。

A. アテンダント コンソールは 7.x 以降の新しいインストールではサポートされていません。 7.x の新しいインストールでアテンダント コンソールを使用するには、CUBAC/CUDAC/CUEAC ライセンス済みサーバを使用する必要があります。 ただし、5.x や 6.x などの以前のバージョンから 7.x にアップグレードする場合、アテンダント コンソールはサポートされています。 また、アテンダント コンソールは、新しいインストールまたはアップグレードにかかわらず、5.x と 6.x のすべてのバージョンでサポートされています。

Q. CDR ファイルが FTP 課金サーバに送信される頻度を変更する方法はありますか。

A. デフォルトでは、CDR ファイルが作成されると、Cisco Unified Communications Manager はそのファイルを課金サーバに送信します。 これを回避するには、[CDR File Time Interval] エンタープライズ パラメータを変更します。このパラメータでは、ファイルの作成頻度を決定します。

Q. CCMADMIN をディセーブルにせずに、一部の CUCM サーバで CCMUSER アクセスをディセーブルにできますか。

A. 現在、特定のサーバの CCMUSER アクセスをディセーブルにはできません。

特定のユーザの CCMUSER アクセスをディセーブルにするには、 Standard CCM End Users グループと Standard CCM Admin Users グループにユーザを関連付けないようにします。 ユーザは引き続き CCMUSER Web ページを表示できますが、このページにはログインできません。 これらのグループに追加しないと、ユーザは [Cisco Unified CM User Option] を表示したり更新したりできません。

Q. Cisco Unified Communications Manager 7.1 で実行されている重要なサービスのプロセス名を見つけるにはどうすればよいのですか。

A. SSH 接続を使用してサーバに show process list コマンドを発行できます。 コマンドを発行すると、PID とプロセスおよびそのパスが表示されます。 次に、CUCM 7.1 の重要なサービスの一部と実際のプロセス名の対応表を示します。

サービス プロセス名
Cisco DB Replicator dblrpc
Cisco CDP cdpd
Cisco CDP Agent cdpAgt
Cisco CTIManager CTIManager
Cisco CallManager ccm
Cisco CallManager Admin tomcat
Cisco CallManager Attendant Console Server acserver
Cisco CallManager Cisco IP Phone Services tomcat
Cisco CallManager Personal Directory tomcat
Cisco CallManager Serviceability tomcat
Cisco CallManager Serviceability RTMT tomcat
Cisco Database Layer Monitor dbmon
Cisco IP Voice Media Streaming App ipvmsd
Cisco License Manager CiscoLicenseMgr
Cisco RIS Data Collector RisDC
Cisco Tftp ctftp
Cisco Tomcat tomcat
Host Resources Agent hotsagt
MIB2 Agent mib2agt
Native Agent Adapter naaagt
System Application Agent syslogd
Cisco AXL Web Service tomcat

Q. Cisco Unified Communications Manager 7.1.3 の Attendant Console(AC; アテンダント コンソール)のプラグインをダウンロードおよびインストールするにはどうすればよいのですか。

A. Cisco Unified Communications Manager 7.1.3 では、アテンダント コンソールのプラグインはダウンロードできません。これは、プラグインがスタンドアロン バージョンに置き換えられているためです。 詳細は、『Cisco Unified Enterprise アテンダント コンソール』を参照してください。

注: 以前のバージョンからアップグレードしている場合、次のリンクから AC をダウンロードできます。 https://<callmanagerserver_IP_Adress>:8443/plugins/CiscoAttendantConsoleClient.exe.

Q. Cisco Unified Communications Manager にログインしているユーザの詳細を追跡するにはどうすればよいのですか。

A. この情報を見つけるには、[Trace] > [Configuration] > [Performance and Monitoring Services] > [Cisco audit event service] の [Serviceability] ページから監査ログを [detailed] に設定する必要があります。 設定すると、RTMT ツールから監査ログを収集できます。 RTMT にログインして、[Trace and log central] > [Collect files] の順に進み、[Cisco Audit Event Service] を選択します。

Q. サードパーティの SIP 電話機は CUCM 7.x の SRST モードでサポートされていますか。

A. サードパーティの SIP 電話機は Cisco Unified Communications Manager 7.x の SRST モードではサポートされていません。 詳細は、『Cisco Unified SRST 7.1 のサポート対象ファームウェア、プラットフォーム、メモリ、および音声製品』を参照してください。

Q. Internet Explorer 6.0/7.0/8.0 を使用すると、ライセンス ファイルをアップロードできません。 この問題を解決するにはどうすればよいですか。

A. ライセンスをアップロードするには、Firefox 3.6.3 を使用する必要があります。 詳細は、Cisco Bug ID の CSCtj31708登録ユーザ専用)を参照してください。

Q. iDivert ソフトキー を Cisco IP Phone で表示するにはどうすればよいですか。

A. 次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified Communications Manager Administration から、[Device] > [Device Settings] > [Feature Control Policy] の順に選択して、新しい機能ポリシーを作成します。

  2. [Add New] をクリックして、ポリシーのセットを定義します (新しいポリシーの機能をすべてイネーブルにします。 [Override Default] と [Enable Setting] のボックスがオンになっていることを確認してください)。

  3. 新しい Feature Control Policy を Cisco IP Phone に割り当てるには、[Phone Configuration] ページに移動して、新しい Feature Control Policy を選択します。

  4. Cisco IP Phone に設定を適用するには、[Save] をクリックします。

Q. CUCM システムにログインしているユーザと CUCM システムを変更したユーザを特定するにはどうすればよいですか。

A. CUCM 監査ログと監査サービスでは、CUCM データベースに加えられた変更と、サービスの再起動や停止などのサービス操作を監視してアラートします。 CUCM 監査ログと監査サービスの設定については、『監査ログの設定』を参照してください。

Q. CM 4.x から CUCM 5.x に移行すると、電話機の設定ページの説明フィールドでフランス語を使用できません。 この問題を解決するにはどうすればよいですか。

A. この問題は、Cisco Bug ID の CSCsj40566登録 ユーザ専用)に記述されています。 回避するには、移行前に、アクセント付き文字や特殊文字を説明フィールドから削除します。

Q. Route リストをインポートするとき、このエラーメッセージを受け取ります: Route リスト メンバーは空です。 少なくとも 1 メンバーは追加する必要があります。 この問題を解決するにはどうすればよいですか。

A. この問題は Cisco バグ ID CSCts76265登録 ユーザだけ)で文書化されています。 回避策は Route リストを手動で入力することです。

Q. バージョン 6.x/7.x からの 8.x への CUCM アップグレードは DB 移行 エラーと失敗しました。 この問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか。

A. この問題は Cisco バグ ID CSCts34871登録 ユーザだけ)で文書化されています。 可能性のある回避策のための不具合を参照し、固定して下さい。

Q. CUCM 6.x から CUCM 8.x に Cisco IP Phone を移行した後、電話はコール ログ(不在着信、送信された呼び出し、または受信された呼び出し)で情報を示しません。 この問題を解決するにはどうすればよいですか。

A. この問題を解決し、CUCM 管理者ページに行き、ロールの前に CUCM 8.x の本当前に 8.0 オプション System > Enterprise Parameters の順に選択 し、ロールバックのための準備クラスタを設定 するため。

このオプションはデフォルトでであり、前に 8.0 リリースにロールバックにクラスタを準備するときだけこのオプションを有効に する必要があります。 本当にこのパラメータを設定 する直後のすべてのノードのこれらのステップを(述べられる順序で)完了する必要があります。

  1. すべてのノードの信頼確認サービス(TV)を再開して下さい。

  2. TFTP がアクティブになったあるすべてのノードの TFTPサービスを再起動して下さい。

  3. エンタープライズ パラメータ Configuration ウィンドウで、すべての電話をリセットするために Reset ボタンをクリックして下さい。

Q. CUCM バージョン 8.6.2 にアップグレードするときこのエラーメッセージを受け取ります: 外部 NTP サーバのどれも応答しませんでした。 この問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか。

A. この問題は NTP 参照が定義された到達不能の間、アップグレードを行うと発生します。 バージョン 8.6.2 にアップグレードする前に問題を解決するために、設定された NTP 参照を取除いて下さい。 詳細については Cisco バグ ID CSCtt18005登録 ユーザだけ)を参照して下さい。

Q. 関連するデバイスは何人かのユーザ向けの CUCM ユーザページで書かれていません。 この問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか。

A. Cisco Unified Communications Manager 管理 ページから、> エンドユーザ 『User Management』 を選択 し、それらの特定のユーザがデバイス プロファイルに関連付けられることを確認して下さい。

Q. どのように隠しましたモビリティを保守するために使用してはいけないそれらのユーザ向けのモビリティ 設定をできますか。

A. エンタープライズ パラメータからすべてのユーザ向けのモビリティ 動作を変更するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unified CM 管理 ページから、ユーザマネージメント > 役割にナビゲート し、新規 ユーザを追加するために『Add New』 をクリック して下さい。

  2. エンドユーザを『Cisco Call Manager』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。

    役割設定 ページは提示されます。

    cucm-faq-01.gif

  3. 名前を Name フィールドで入力し、Description フィールドで説明を入力して下さい。

  4. リソース アクセス情報の下で、最初の 2 つのオプションを除いてすべてのチェックボックスをチェックして下さい: CCMUser: 許可されたか、またはブロックされたリストおよび CCMUser: 代替数。

  5. [Save] をクリックします。

  6. ユーザマネージメントからグループを『User』 を選択 して下さい。

    ユーザグループ 設定 ページは提示されます。

    /image/gif/paws/111900/cucm-faq-02.gif

  7. 『Find』 をクリック し、標準 CCM エンドユーザを選択し、『Copy』 をクリック して下さい。

  8. 新しい名前を入力して下さい; たとえば、Deny_Mobility_UG

  9. 右上隅の関連リンク メニューから、割り当てますユーザグループにロールを選択して下さい。

  10. ロールの割り当てが Deny_Mobility および標準 CCM エンドユーザが含まれているようにして下さい。

    /image/gif/paws/111900/cucm-faq-03.gif

  11. 否定する必要があるすべてのユーザことを確かめて下さいエンドユーザ 設定 ページの許可インフォメーション・ セクションに Deny_Mobility_UG ユーザグループを含めなさい。

    cucm-faq-04.gif

Q. Cisco Phone プロキシ 機能を設定する方法

A. 信頼できないネットワークのリモートフォンからのデータを暗号化させますによるセキュアな方法の団体 IP テレフォニー ネットワークとインターネット間の ASA ブリッジ IP テレフォニーの Cisco Phone プロキシ。 在宅勤務者は VPN トンネルに接続する必要なしで電話プロキシ インターネット上の団体 IP テレフォニー ネットワークにによって IP 電話を安全に接続できます。

設定に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:

Q. ライセンス ファイルが適用していないところで CUCM 6 の問題を解決する方法

A. Internet Explorer を使い、DLU ライセンス ファイルがアップロードしなかったら、Mozilla Firefox を使用することを試みて下さい。

CUCM ライセンスをアップロードすることを記述する Ciscoサポートleavingcisco.com コミュニティのビデオはここにあります:

/image/gif/paws/111900/cucm-faq-05.gif

Q. CUCM 環境の X.509 Web セキュリティ 証明書を設定する方法

A. CUCM 環境の X.509 Web セキュリティ 証明書を設定する方法の情報に関してはこれらの資料を参照して下さい:

Q. CDR/CMR の globalCallID_callManagerID および globalCallId_calId 識別の最大値または文字の長さとは何か。

A. globalCallID_callManagerID および globalCallId_calId のための文字の長さは 16777216 の最大値を与える 24 ビットです。

Q. 2 つの LDAP ドメイン間の LDS サーバを設定する方法

A. LDS サーバを設定する方法の情報に関してはleavingcisco.com Ciscoサポート コミュニティのこの資料を参照して下さい: マルチフォレスト環境で Unified Communication Manager ディレクトリ統合を設定する方法(英語)

Q. 6945/8945 の自己ビュー ソフトキーを取除く方法

A. ビデオ コールにあるとき、非表示ビデオ ボタンの近くで自己ビュー ボックスのようなオプションを受け取り、ボックスだけそこにあります。 そのボックスをクリックする場合、自己意見ビデオは消えます。 同じボックスを再度押す場合、画面で再度現われます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 111900