音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco Unified Communications Manager のブートアップ中のエラーのトラブルシューティング

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2010 年 3 月 3 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Media Convergence Server 7816 の Cisco Unified Communications Manager ブートアップの間に、このエラーは受け取られます:

*** An error occured during the file system check.
*** Dropping you to a shell; the system will reboot
*** when you leave the shell.
Give root password for maintenance
(or type Control-D to continue):

また、ユーザは他のいくつかの状況の Cisco Unified Communications Manager にログインすることができません。

この資料にこれらのエラーを解決する方法を記述されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Communications Manager 5.x/6.x/7.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CUCM 5.x/6.x/7.x を起動している間エラー

Cisco Unified Communications Manager サーバは起動することができません。 サーバをリブートすることを試みるときこのエラーメッセージが現れまファイル システムの不整合を見なします:

/common contains a file system with errors, check forced
/common Inodes that were part of a corrupted orphan link list found.
 
/common: UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY (i.e. without -a or -p options)
 
/grub: clean, 26/66520 files, 16820/265072 blocks
/partB: clean, 11/3515680 files, 118535/7018396 blocks
[FAILED]
 
*** An error occured during the file system check.
*** Dropping you to a shell; the system will reboot
*** when you leave the shell.
Give root password for maintenance
(or type Control-D to continue):

または

ユーザは Cisco Unified Communications Manager にログインすることができ、EXT3-fs エラーメッセージを受け取ります。

解決策

ファイル システムにアクセスを復元するのに Unified Communication マネージャ リカバリ CD を使用して下さい。 Unified Communication マネージャ リカバリ CD はこの問題に直面するあらゆるサーバおよびアプリケーションで使用することができます。 このプロセスがファイル システム影響を受けているルートおよびコモン両方パーティション回復 するのに使用することができます。 最初に、製品バージョンに関係なくリカバリ ディスクのための最新の ISO ファイルを、ダウンロードする必要があります。 新しいリカバリ ディスクはより古いリリースを一般に使用します。

最新の Unified Communication マネージャ リカバリ CD はここに利用できます: Unified Communication マネージャ 7.1(3a) リカバリ CD登録 ユーザだけ)。

エラーを解決するのにこれらのステップを使用して下さい:

  1. ダウンロード Now ボタンをクリックし、ISO ファイルの最新リリースをダウンロードして下さい。

  2. .iso イメージを CD に焼き付け、起動可能なリカバリ ディスクを作成して下さい。

  3. リカバリ ディスクを作成した後、リカバリ ディスクからのサーバを起動して下さい。

  4. リカバリ ディスクのためのこのメニューは現われます:

    boot-error-01.gif
  5. F を『Option』 を選択 し、YES 応答して下さい。 これはファイル システムを自動的にチェックし、訂正します。

  6. 最終的には、リカバリ ディスク プログラムを終了するために Q を『Option』 を選択 して下さい。

  7. リカバリ ディスクを取り出し、サーバをリブートして下さい。 システムは普通起動する必要があります。

注:  それは全システム バックアップを行う、次に DR を使用してファイル システムを確かめるためにシステムを、将来安定 して いますイメージ変更しますこと強く推奨されて。

注: また、Cisco バグ ID CSCtq52199登録 ユーザだけ)を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 111822