コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Unified Contact Center Express: エージェントを自動的に Cisco Agent Dektop に記録するように設定する

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、エージェントが自動的に Cisco Agent Desktop に記録されるように設定する手順を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

主要なタスク

タスク

このセクションではエージェントを自動的に Cisco Agent Desktop に記録されるために、設定するための情報が表示されます。

手順説明

エージェントを自動的に Cisco Agent Desktop に記録されるために設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. UCCX サーバから、> Cisco > デスクトップ > Admin 『Start > Programs』 を選択 し、Cisco デスクトップ 管理者を起動させて下さい。

  2. コールセンターを選択し、作業 の 流 れ 設定を拡張して下さい。

  3. 作業 の 流 れグループを選択し、画面の上から『File』 を選択 し、『New』 をクリック して下さい。

  4. 自動レコードのような作業 の 流 れ グループ名を、入力して下さい。

  5. オート レコード作業 の 流 れ グループが作成されたら、オート レコード作業 の 流 れ グループを拡張し、CAD エージェントを拡張して下さい。

  6. 音声連絡先作業 の 流 れを選択して下さい。

    ウィンドウは右に表示されます。

  7. [Add] をクリックします。

    名前のためにプロンプト表示されます。

  8. 選択の名前を、自動レコードのような入力し、『OK』 をクリック して下さい。

    編集音声連絡先分類 画面はドロップダウン メニューのデフォルト インバウンドコールと現われます。

  9. Editオプション・ボタンをデータフィールド状態に選択して下さい、でし空、『OK』 をクリック します選択して下さい。

  10. 条件をで実行操作のための本当省略時 の オプション時セクション、『OK』 をクリック します受け入れて下さい。

    音声連絡先作業 の 流 れ-自動レコード ウィンドウは現われます。

  11. イベントに関しては、答えられる選択し、(発生したイベント)のルールの下で『New』 を選択 して下さい。

    ルールの名前のためにプロンプト表示されます。

  12. 返事に記録する開始するのような選択の名前を、入力し『OK』 をクリック して下さい。

  13. (現在のルール)の操作セクションの下で『Add』 をクリック して下さい。

    ボックス ディスプレイ。

  14. ユーティリティ [Action] タブをクリックし、『New』 をクリック して下さい。

    アクション名のためにプロンプト表示されます。

  15. 返事に記録する開始するのような選択の名前を、入力して下さい。

  16. レコードをアクションの種類ドロップダウン メニューから選択し、処理ドロップダウン ウィンドウから『Start』 を選択 し、『OK』 をクリック して下さい。

  17. 追加アクションボタンをクリックして下さい。

    答えられたイベント、返事ルールに記録する開始するおよび返事操作に記録する開始するを表示できます。

  18. Editオプション・ボタンを現在のルール条件の下で選択して下さい、でし空、『OK』 をクリック します選択して下さい。

    イネーブル ルール チェックボックスは自動的にチェックされます。

  19. 『Apply』 をクリック すれば、ルールおよびイベントは保存されます。

    ステップ 7.のための画面に戻ります。

  20. ステップ 7 で作成した選択し、停止記録イベントおよび対応したルールを追加するために『Edit』 をクリック して下さい音声連絡先作業 の 流 れを

  21. 停止記録ルールを追加するためにステップを 8-20 繰り返して下さい。 ステップ 12 のために、答えられたイベントの代りに廃棄されたイベント構成を行うことに留意して下さい。

  22. 最終的には、Cisco デスクトップ Admin によって作業 の 流 れ グループに監視したいと思うエージェントを追加して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 111873