音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection Version 7.0

ビジュアル ボイスメールのエラーのトラブルシューティング

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 11 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はビジュアル ボイスメールに関する問題を解決する方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Communications Manager 7.x/8.x

  • Cisco Unity 7.x/8.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: 署名できません。 不正確な拡張か PIN

Cisco Unity 音声 メッセージにアクセスするためにビジュアル ボイスメールをインストールした後このエラーメッセージが現れます: 署名できません。 不正確な拡張か PIN。 すべては電話から Telephone User Interface (TUI)によって呼出すとはたらきます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. GUSI ファイルを集めるためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. Cisco Unity サーバ デスクトップで、Cisco Unity Tools Depot アイコンをダブルクリックして下さい。

    2. レポーティング ツールの下の左ペインでは、収集する 統一システム 情報をダブルクリックして下さい。

    3. 収集する Cisco Unity システム情報 ユーティリティを実行して下さい。

    4. .CAB ファイルのための位置を選択して下さい Cisco Unity システム情報が含まれている。

    5. ファイルに『write』 をクリック し、指定された位置にシステム情報を保存して下さい。 ほとんどの場合、デフォルト ディレクトリはの下に\ COM ポート\ SystemInfo \です。

      注: このユーティリティは地元のCisco ユニティサーバ インストールについての基本情報およびアプリケーションおよびシステム イベント ログ データの最後の 5 日価値を収集します。 この情報は圧縮された CAB ファイルに Cisco Unity 問題を解決するとき組み込まれます非常に役立つ。

  2. ビジュアル ボイスメールがあるように Cisco Unified Communications System 設定を確認して下さい。

  3. TFTPサービスを再起動して下さい。

  4. 電話機をリセットします。

問題がそれでも続く場合、問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity サーバで、> すべての Programs > Administrative Tools > Internet 情報サービス(IIS)マネージャ『Start』 を選択 して下さい。

  2. Internet Services Manager ウィンドウで、クエリ(Cisco Unity サーバの名前)を > デフォルト の Webサイト選択して下さい。

  3. デフォルト の Webサイトの下で、VMWS Webサイトを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  4. Directory Security タブで、セキュアコミュニケーションの下で Edit ボタンをクリックして下さい。

    vvm-error-01.gif

  5. セキュアコミュニケーション ウィンドウで、必要とセキュア チャネル(SSL)ボックスのチェックを外して下さい。

    vvm-error-02.gif

エラー: 宛先は到達可能でし、見つけることができません。

Cisco Unity 8.x/CUCM 電話コンソールによってビジュアル ボイスメールに接続するとき 8.x と、このエラーメッセージは受け取られます。

Destination is not reachable or cannot be found

解決策

これは Cisco Unity の IP アドレスの代りにホスト名を使用するためにビジュアル ボイスメール 設定の CUCM 部品が設定されたら起こる場合があります。 問題を解決するために、IP アドレスを使用するために設定を変更して下さい。

ビジュアル ボイスメールははたらかないし、「管理者」にエラー現われます連絡して下さい

問題

電話の Message 鍵がエラー押されるとき管理者エラー メッセージに現われます連絡して下さい

解決策

このエラーメッセージはユーザがビジュアル ボイスメール サービスのインストール時に Messages ボタンを押す場合表示する。 ビジュアル ボイスメール アプリケーションがダウンロードするまでこの問題を解決するために、ユーザにおよそ 1 分を待つように頼んで下さい。 それからユーザに Messages ボタンを再度押すように頼んで下さい。 ビジュアル ボイスメールが開始する場合、問題は解決されます。

サービス ベンダー名が .jad ファイルの Cisco だった、Cisco Unified Communications Manager で異なっていましたことがキャプチャされるスニファーおよびトレースは分り。 それが Cisco に変更されたら、ビジュアル ボイスメールは正しくはたらきました。

ビジュアル ボイスメール サービスだけその他のサービスにアクセスすることが利用可能 なできません

問題

標準 IP電話サービスとして VisualVoicemail サービスがあるとき、ビジュアル ボイスメールおよび終了にログインします。 それからサービスを見つけるとき次に、それはビジュアル ボイスメール ログオンの同じ画面に連れて行きます。

解決策

問題は IP電話サービスとしてビジュアル ボイスメールを選択し、ログインすればです。 これは他の電話サービスに戻るために機能性を失います。

メッセージとしてサービス タイプを選択するとき、音声メールおよびビジュアル ボイスメールである IP Phone の 2 つのオプションを得ます。 ビジュアル ボイスメールにログインする必要があります。 『Options』 を選択 して下さい > 可聴周波音声メール インボックスに行って下さい。 それからメッセージを再度見つければ、2 つのオプションを得ます: 音声メールおよびビジュアル ボイスメール

  • ビジュアル ボイスメールのためにメッセージを使用して下さい。 ログイン された ビジュアル ボイスメールなら好む場合可聴周波音声メール ボックスに行くことができます。

原因はこのサービスを作成するとき、.jad ファイルはメッセージ URL のための置換を機能することです。

vvm-error-03.gif

この場合 Services ボタンを選択した後、ビジュアル ボイスメールに標準 IP電話サービスおよびログインでこれを設定することを選択できます。 .jad URL はまだビジュアル ボイスメールとマッピング されます。 そういうわけでサービス agai で見つかるとき、その他のサービスをリストされていて得ません。 それはビジュアル ボイスメールのための Login 画面だけ示します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 111726