音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity-CM TSP Version 8.1

Cisco Unity 7.0 エラー: "「8004010f /web/common/include/saconstinc.asp,- 122」

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 11 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity System Administrator (SA)にナビゲート し、サブスクライバをリンクするクリックするとき、このエラーメッセージが現れます。

Error: 8004010f/web/common/include/saconstinc.asp,- 122

このドキュメントでは、これらの問題をトラブルシューティングする方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は IBM Lotus Domino によって統合 Cisco Unity 7.0(2) に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

IBM Lotus Dominoを使用するCisco Unity の新しいインストールの後で、エラーメッセージが Cisco Unity System Administrator (SA)を開き、サブスクライバ リンクをクリックするとき含まれているページは表示する:

Error: 8004010f /web/common/include/saconstinc.asp,-122

またアプリケーション ログイン イベント ビューアのこのエラーを次のように表示できます:

Event Type: Error
Event Source: CiscoUnity_UMR
Event Category: UMR Thread Error
Event ID: 137
Description:
Attempts to deliver Unity Message Repository messages 
have failed due to Unity configuration or connectivity 
issues with the Partner Mail Server.
AvUMRSyncSvr will suspend message delivery for 300 s

この時点で、Cisco Unity はデフォルトユーザ Unity メッセージングのためのメール ファイルが Cisco Unity インストールおよび Configuration assistant (CUICA)から起動するウィザードの 1 才であるメッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザード(MSCW)の間に作成されなかったのでメッセージを提供できません。 実際、MSCW はすなわちすべての 3 人のデフォルトユーザ、管理者例作成しませんでした、Unity メッセージングおよび UnityBroadcast [UnityServerName]のためのメール ファイルを。 Domino 管理者を検知 する場合、Domino ディレクトリにリストされているこれらのユーザに会いますが人 文書を開くとき、メール サーバおよびメール File フィールドは空であり、メール ファイルは Domino サーバにありません。 デフォルトユーザは適切に機能する Cisco Unity のためにメール ファイルを持たなければなりません。

この問題はこれらのコンフィギュレーションで観察されました:

  • Cisco Unity 5.0(1) は Novell SUSE Linux エンタープライズ サーバ(SLES)の Domino 8.0.1 サーバーで実行と 10 と組みました

  • Domino と 8.5 サーバーで実行 Windows と組まれる Cisco Unity 7.0(2) はそこに Domino ドメインの Domino の以前のバージョンでなく

ただし、問題は Cisco Unity、Domino および Domino Unified Communication (DUC)の他のバージョンにある可能性があります。

Cisco Unity 7.0(2) およびそれ以降では、エラーがデフォルトユーザの作成の間にあれば、MSCW はエラーメッセージを表示する、失敗するはずです。 CUICA は MSCW がうまく働くまでセットアップと続けることを可能にしません。 ただし、MSCW はデフォルト アカウントのためのメール ファイルの作成が失敗します MSCW 7.0(2) はエラーメッセージを表示する完了するかもしれませんすべてのエラー状態を検知し。

解決策

問題は Cisco バグ ID CSCsr92707登録ユーザのみ)によって文書化されています。 可能な回避策および解決方法については、このバグを参照してください。

問題を解決するためにステップに進む前にこの情報を確認して下さい:

  • メモ クライアントが Cisco Unity サーバでうまくインストールされ、設定されたことを確認して下さい

  • Domino サーバにリストされている UnityServers グループがあることを確認して下さい

メモ クライアントが CUICA を起動させる前に Cisco Unity サーバでうまくインストールされ、設定された場合、MSCW が場合があるデフォルトユーザ向けのメール ファイルをなぜ作成しないためにか複数の既知原因があります:

  • UnityServers グループに Domino のデータベースおよびテンプレートを作成する権限がありません。 この問題は Cisco バグ ID CSCsj57016登録ユーザのみ)によって文書化されています。

  • デフォルトユーザ向けのメール ファイルを作成するのに MSCW が使用するメール ファイル テンプレートは Cisco Unity が組まれる Domino サーバにありません。 これはパートナー サーバの唯一のメール テンプレートが mail85.ntf である Domino 8.5 設定で起こる場合があります。

  • Domino のネットワーク接続は非常に遅く、デフォルトユーザを作成するように試みている間 MSCW はタイムアウト期間を見つけます。

前の手順を確認した後、問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Domino からこれらのアカウントを削除して下さい:

    • 管理者例

    • Unity メッセージング

    • UnityBroadcast [UnityServerName]

  2. デフォルトユーザ向けのメール ファイルを作成するのにメッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザード(MSCW)が使用するメール ファイル テンプレートは Cisco Unity が組まれる Domino サーバにありません。 このように、Cisco Unity サーバにメール ファイル テンプレート レジストリキーを追加する必要があります。

    メール ファイル テンプレートを作成するためにこれらのステップを完了して下さい。

    1. Cisco Unity サーバで、regedit を Start > Run の順に選択 し、タイプして下さい。

    2. このキーを拡張して下さい: HKEY_LOCAL_MACHINE > ソフトウェア > アクティブな音声 > ディレクトリ コネクタ > DirSynchDomino > 1.00

    3. MailFileTmplt と呼ばれる新しい文字列値を追加して下さい。

    4. MailFileTmplt をダブルクリックして下さい。 Value Data フィールドでは、Domino パートナー サーバで利用可能であるメール テンプレートの名前を入力して下さい。

      Domino 8.5 設定に関しては、パートナー サーバの唯一のメール テンプレートは mail85.ntf です、従ってその値を入力して下さい。

    5. 、密接な regedit 『OK』 をクリック すれば。

  3. この場合メッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザード(MSCW)を再度実行して下さい。

  4. UnityDb の Subscriberの表にナビゲート し、EAdmin ユーザ向けのサブスクライバ型をあって下さい。

  5. EAdmin に SubscriberType が = 3.あったこと Verifiy

    デフォルトで、SubscriberType は Exchange ユーザ向けの 1 の ID のために設定 され、Domino のための 3 であるはずです。 SubscriberType がサブスクライバ 表の 3= 1、ID を変更すれば。

    これらのステップの後で、単一性 SA ページにログイン できます問題なしでサブスクライバ セクションを開くことできる。


関連情報


Document ID: 111503