ワイヤレス : Cisco 4400 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ

IOS DHCP サーバを使用した WLC の自動インストール機能の設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は AutoInstall 機能がワイヤレス LAN コントローラ(WLC)にその使用 Cisco IOS をどのようにで取り組むか情報を提供したものですか。 DHCPサーバとしてルータ。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • WLC の基本動作の設定

  • Lightweight アクセス ポイント プロトコル(LWAPP)に関する基礎知識

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • バージョン 6.0 が稼働する 4400 シリーズ WLC

  • ソフトウェア バージョン 12.4(11) が稼働する 2800 シリーズ ルータ

  • 32 MB を超えるファイルをアップロードできる TFTP サーバ

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

WLC の AutoInstall 機能

AutoInstall 機能は、WLC ソフトウェアのバージョン 5.0 以降に実装されています。 設定のないコントローラを起動したときは、AutoInstall 機能によって TFTP サーバから設定ファイルをダウンロードし、設定をコントローラに自動的にロードできます。 ネットワークにすでに存在するコントローラから(または WCS フィルタを使用して)設定ファイルを作成し、その設定ファイルを TFTP サーバに配置します。 WLC に IP アドレス、TFTP サーバ、ホスト名などを提供するように DHCP サーバを設定します。 AutoInstall 機能では、新しいコントローラの設定ファイルを自動的に取得できます。 コントローラが起動すると、AutoInstall プロセスの開始時にこのプロンプトが 30 秒間表示されます。

Would you like to terminate autoinstall? [[yes]:

Enter キーを押すか「yes」と入力すると、AutoInstall が終了します。 30 秒の中断タイムアウトが経過すると、AutoInstall は DHCP クライアントを起動します。 30 秒のタイムアウトが経過した後でも、プロンプトで「Yes」と入力すれば、AutoInstall のタスクを停止できます。 ただし、TFTP タスクによってフラッシュがロックされており、有効な設定ファイルのダウンロードとインストールが進行中のときは、AutoInstall を停止することはできません。

AutoInstall が使用するインターフェイスは、

  • 4400 シリーズ コントローラ

    • eth0 - サービス ポート(タグなし)

    • dtl0 - NPU を介したギガビット ポート 1(タグなし)

  • 2100 シリーズ コントローラ

    • dtl0:FastEthernet ポート 1(タグなし)

AutoInstall 機能が動作するには、IP アドレスと TFTP サーバの情報に加えて、次のいずれかのオプションを WLC に提供するように DHCP サーバを設定する必要があります。

  • [DHCP Boot File Name] オプションによって提供されるファイル名

  • [DHCP File] フィールドによって提供されるファイル名

  • host name-confg

  • host name.cfg

  • Base MAC Address-confg(0011.2233.4455-confg など)

  • serial number-confg

  • ciscowlc-confg

  • ciscowlc.cfg

AutoInstall は、TFTP サーバ上の設定ファイルが見つかるまで、このリストの項目を順に確認します。 AutoInstall は、DHCP IP アドレスを取得するインターフェイスごとに 3 回の完全なダウンロードを繰り返します。 たとえば、4400 シリーズ コントローラが eth0 と dtl0 の両方で DHCP IP アドレスを取得すると、各インターフェイスは設定のダウンロードを試行します。 正常にダウンロードされ、インストールされた最初の設定ファイルがコントローラのリブートをトリガーします。 AutoInstall 機能の詳細については、『WLC コンフィギュレーション ガイド 6.0』を参照してください。

注: この例では、[DHCP Boot File Name] オプションを使用しています。

注: ダウンロードされる設定ファイルは、完全な設定を行えることもあれば、WCS で管理されるコントローラに十分な程度の情報を持つ最小限の設定のこともあります。 完全な設定ファイルは、WCS から直接展開できます。 WCS リリース 5.0 以降には、コントローラの AutoInstall 機能があります。 WCS 管理者はコントローラのホスト名、MAC アドレス、シリアル番号を含むフィルタを作成し、このフィルタのルールにテンプレートのグループ(設定グループ)を関連付けることができます。 WCS は、コントローラの最初の起動時に初期設定をコントローラにコピーします。 コントローラが検出された後、WCS は設定グループで定義されているテンプレートをコピーします。

注: Cisco WiSM コントローラでは、AutoInstall 機能はサポートされません。

DHCP サーバの設定

このドキュメントの例では、DHCP サーバとして Cisco IOS ルータを使用しています。 次の IP アドレスを使用します。

  • 10.77.244.196:TFTP サーバ

  • 10.77.244.220:DHCP サーバ

IOS ルータがすでに設定され、ネットワーク上でアクティブであることを前提としています。 ここでは、このドキュメントで必要な DHCP 設定のみを示します。

2800-ISR-TSWEB#show run
Building configuration...

Current configuration : 2029 bytes


ip dhcp excluded-address 10.77.244.193 10.77.244.196
ip dhcp excluded-address 10.77.244.200 10.77.244.206
ip dhcp excluded-address 10.77.244.210 10.77.244.220

!--- (Exclude the addresses that are already assigned in the Subnet)

!
ip dhcp pool pool1 

!--- Configures the IP Pool to be assigned to this WLC.

   network 10.77.244.192 255.255.255.224
   bootfile WLC-4400.cfg 

!--- (Name of the bootfile that is provided to the - WLC)

   default-router 10.77.244.193
   option 150 ip 10.77.244.196 

!--- (This option is meant to assign TFTP Server to the WLC)
.
!
!
interface FastEthernet0/0.1
 encapsulation dot1Q 1 native
 i

WLC の AutoInstall 実装の出力例

これは、AutoInstall の全プロセスの例です。

(Cisco Controller) >reset system


System will now restart!


Would you like to terminate autoinstall? [yes]:
AUTO-INSTALL: starting now...
rc = 0

AUTO-INSTALL: interface 'service-port' - setting DHCP file ==> 'WLC-4400.cfg'

AUTO-INSTALL: interface 'service-port' - setting DHCP TFTP Server IP ==> 10.77.244.196

AUTO-INSTALL: interface 'service-port' - setting DHCP siaddr ==> 10.77.244.220

AUTO-INSTALL: interface 'service-port' - setting DHCP Host Name ==> ' '

AUTO-INSTALL: interface 'service-port' - setting DHCP yiaddr ==> 10.77.244.197

AUTO-INSTALL: interface 'service-port' - setting DHCP Netmask ==> 255.255.255.224

AUTO-INSTALL: interface 'service-port' - setting DHCP Gateway ==> 10.77.244.193

AUTO-INSTALL: interface 'service-port' registered

AUTO-INSTALL: iteration 1 -- interface 'service-port'

AUTO-INSTALL: hostname ' '

AUTO-INSTALL: TFTP server 10.77.244.196 (from DHCP Option 150)

AUTO-INSTALL: attempting download of 'WLC-4400.cfg'

AUTO-INSTALL: TFTP status - 'TFTP Config transfer starting.'

AUTO-INSTALL: TFTP status - 'TFTP receive complete... updating configuration.'

AUTO-INSTALL: TFTP status - 'Warning! No AP will come up unless the time is set.
 
'

AUTO-INSTALL: TFTP status - 'TFTP receive complete... storing in flash.'

AUTO-INSTALL: TFTP status - 'System being reset.'


Resetting system ...

この例では、サービス ポートの IP アドレス(10.77.244.196)、TFTP サーバの情報、および TFTP サーバからダウンロードする必要があるブート ファイル名(WLC-4400.cfg)が WLC に割り当てられていることを確認できます。 TFTP サーバから設定ファイルを取得した後、WLC は取得した設定ファイルを使用して自動的に再起動します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 111452