コラボレーション : Cisco サポート ツール

ユーザが WebView のレポートを作成できない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

WebView は、ICM 製品ラインの一部である Web ベースのレポーティングお よびスクリプト モニタリング ツールです。 Web View により、Web にアクセスし、ICM Web View Serverの適切なユーザ名およびパスワードを使用しているほかのコンピュータが、リアルタイムでの ICM レポートの生成や、呼ルーティング スクリプトをモニタできます。

この資料にユーザが WebView システムからのレポートを収集するように試みるとき発生する問題を解決する方法を記述されています。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM

  • Cisco WebView

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ICM バージョン 7.5.1.0 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: 利用可能 な 項目がありません

ユーザがコール タイプおよびスキル グループ レポートを引っ張ることを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます:

There are no items available, because you are not
authorized to view this data or the items have not been configured in the ICM
and/or IPCC database. Contact your administrator to confirm your
authorization and the ICM and/or IPCC configuration 

webview-report-error-01.gif

解決策

問題を解決するためにこのソリューションを使用して下さい:

  1. ServletExec.log および Jaguar.log ログファイルをチェックして下さい。

  2. ログファイルから、ユーザがスーパバイザ エージェントまたは通常のユーザーとしてログオンする場合チェック。 スーパバイザ エージェントはエージェント レポートしか意図的に送らないことができます。

    注: WebView への最初のログオンはドメイン ログオンで、大文字/小文字の区別がありません。 ただしユーザがレポートを生成することを選択するとき、ユーザ ID およびパスワードは SQL データベースに対して認証されます。 この場合、ユーザ ID は大文字/小文字の区別があり、小文字であるはずです。

  3. ユーザがスーパバイザ エージェントとして、およびログオンしたら、スーパバイザ ユーザがチームのためのエージェント レポート以外レポートを送ることを試みる場合エラーを生成します。

  4. 問題を解決するために、ユーザを WebView 正常なユーザとしてスーパバイザ ユーザの代りに追加し、ログインして下さい。

エラー: ずっと非アクティブがログアウトされた原因です

ブラウザ Internet Explorer 8 を使用してエージェントのアクティビティのためのレポートを引っ張るように試みるときこのエラーメッセージは受け取られます:

You have been logged out due to inactivity. 
Close all browser windows and log into WebView again

この問題は Cisco バグ ID CSCsy89990登録ユーザのみ)によって文書化されています。 あらゆる利用可能 な修正のためのこの不具合を参照して下さい。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Start > Run を開き、regedit を入力して下さい。

  2. HKEY_CURRENT_USER \ソフトウェア\ Microsoft \インターネット エクスプローラ\本管に行って下さい。

  3. TabProcGrowth を設定 して下さい: DWord = 0

エラー: サーバは fulfillng からそれを要求防いだ予想外条件に出会いました

WebView でレポートを作成することを試みるときこのエラーは現われます:

Error: The server encountered an unexpected condition 
which prevented it from fulfillng the request

解決策

この問題を解決するために、これらのソリューションの 1 つを試して下さい:

解決策 1

このエラーはブラウザの言語が WebView でそれと異なっているとき生じる場合があります。 ブラウザの言語設定を変更するために、これらのステップを実行して下さい:

  1. ブラウザを開き、Tools > Internet Options の順に選択 して下さい。

  2. General タブで、言語プリファレンス ダイアログボックスを開くために言語をクリックして下さい。

  3. [Add] をクリックします。

  4. 『English』 を選択 するためにスクロールして下さい。

  5. 言語プリファレンス ダイアログボックスに戻るために『OK』 をクリック して下さい。

  6. リストの上に追加した言語を移動するために移動 Up/Move ボタンを使用して下さい。

  7. [OK] をクリックします。

解決策 2

<drive> の大文字の言語のためのこれらの行を追加して下さい: \ icm \ Web \ webview \レポート\ Servlet \ wvLocale.properties WebView サーバ ファイル:

en-US=dd/mm/yy

!--- Replace en-US with the language (en-us) you configure in IE.

または

ブラウザの言語をユーザ definedoption を使用して追加し、小文字(EN 私達)で言語を手動で追加して下さい。

Cisco ICM WebView ははたらきません

ユーザが WebView ページ、無効 な ユーザネームまたはパスワードにログインすることを試みる時。 もう一度試。 エラーメッセージ ディスプレイ。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. ICM Admin Workstation (AW)か AW にログイン する時ドメインにログイン するのに使用するパスワードおよび同じ ユーザ名が使用するものであることを確かめて下さい。

  2. ユーザが Cisco_Root、ファシリティおよび例 レベルに WebView グループの一部であることを確かめて下さい。

  3. Apache ジャガー、Tomcat および IIS サービスを再開して下さい。

エラー: ディスパッチャーをのための得るために失敗する含んで下さい: /webview/reportstyle.css

ICM バージョン 7.5.1 では、ユーザは WebView の Generate レポートにできないし、このエラーメッセージは表示されます:

error: include failed to get dispatcher for: /webview/reportstyle.css

解決策

このエラーメッセージはサード パーティ ツールのインストール失敗を示します。 唯一の矯正的な方式はアンインストールし、次に再インストールすることです。 このリストはアンインストールおよび再インストールに適切な順序を提供します:

  1. メンテナンスリリースをアンインストールし、7.x リリースにシステムを持って来て下さい。

  2. WebView コンポーネントを取除いて下さい/アンインストールして下さい。

  3. サード パーティ ツールをアンインストールして下さい。

  4. サード パーティ ツールをインストールして下さい。

  5. WebView コンポーネント追加して下さい/インストール。

  6. ベース 7.x リリースの WebViewレポートをテストして下さい。

  7. メンテナンスリリースをインストールし、7.x.x リリースの WebViewレポートをテストして下さい。

次の手順を実行します。

  1. ICM サービスを停止して下さい。

  2. Start > Administrative Tools > Services からこれらの Windows サービスを停止して下さい:

    • ジャガー

    • IIS および WWW

    • Sybase EP 管理 エージェント

    • sysam

  3. すべてのメンテナンスリリースを取除き、リリース 7.5.1 にシステムを持って来て下さい。

  4. ICM インストーラを CD から実行し、WebView コンポーネントを取除くためにボックスをチェックを外して下さい。

  5. Start > Settings > Control Panel > Add からのすべてのサードパーティアプリケーションをアンインストールするか、またはプログラムを取除いて下さい

  6. c:\program files\Sybase 全体のフォルダを削除して下さい。

  7. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Sybase レジストリキーを削除して下さい。

  8. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Sybase を、株式会社レジストリキー削除して下さい。

  9. これらの環境変数を削除して下さい:

    • ジャガー

    • LM_LICENSE_FILE

    • SYBASE_SYSAM

  10. PATH およびクラスパス 環境変数から Sybase フォルダへの参照を取除いて下さい。

  11. C:\Windows\system32 フォルダから pbvm80.dlls を取除いて下さい。

  12. キャッシュを消去し、これら二つのディレクトリにナビゲート して下さい:

    1. [ドライブ]: \ ICM \ Web \ WebView \レポート-アンダースコアから始まるすべてのフォルダを削除して下さい(前。 レポート ディレクトリの_admin)。

    2. [ドライブ]: \プログラム ファイル\新しいアトランタ\ ServletExec ISAPI \ Servlet \ pagecompile -削除 pagecompile ディレクトリの内で含まれているすべて。

  13. 見つけられた場合システムをこれらのファイルを捜し、削除して下さい:

    1. libjeas.dll

    2. libjcc.dll

  14. コンピュータを再起動します。

  15. 削除および C:\ から残っている SDK フォルダ。

  16. サード パーティ ツール CD からセットアップの起動によってサード パーティ ツールをインストールして下さい。

  17. サード パーティ ツール インストールの後の再度ブートするは完了しました。

  18. WebView をインストールする前にこのチェックを行って下さい:

    コマンド プロンプトを開き、Java を- version コマンド発行して下さい。 それが正しいですかサポートされた Java バージョンを表示することを確認して下さい。

  19. ICM インストーラを CD から実行し、WebView をインストールして下さい。

  20. サーバをリブートします。

  21. ベース 7.x リリースの WebViewレポートをテストして下さい。

  22. メンテナンスリリースをインストールし、7.x.x リリースの WebViewレポートをテストして下さい。

HTTP 404 エラー

このセクションは HTTP 404 エラーメッセージに関する問題が含まれています。

問題

問題 1

WebView URL およびブラウザへ参照することが不可能 Error ページ HTTP 404 を見つけられたエラーメッセージである場合もありません戻します。 また、ServletExec ログは示します:

ServletExec: caught exception - java.io.FileNotFoundException: E:\Program Files\New
Atlanta\ServletExec ISAPI\ServletExec Data\default\default-app\jsptimestamps.properties
(Access is denied. This is followed by a shutdown of the ServletExec virtual server.

この問題は Cisco バグ ID CSCsm35233登録ユーザのみ)によって文書化されています。

解決策

回避策として、WebView AD キャッシュ タイムアウトをゼロに設定して下さい(0)分。 Registry 値名前は Sadlib_AD_Webview_Cache_Timeout_Minutes です。 ゼロを読むためにそれを修正して下さい(0)。 それは HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズ、株式会社\ ICM \ SystemSettings レジストリキーあります。 デフォルトで、この値は 15 分に設定 されます。 この方法は、ICM 即刻 WebView が使用される各ユーザ ログオンのために、キャッシュ正しく構築され、使用されます。 欠点はキャッシュ タイムアウトが 15 分に残っていた場合ログオンが遅いよりことです。

問題 2

WebView にアクセスした場合、HTTP 404 -ファイルかディレクトリ見つけられなかったエラーメッセージは受け取られます。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. C:\Program Files\New アトランタ\ ServletExec ISAPI \ webapps \デフォルト\デフォルト アプリケーション\ WEB-INF に行き、web.xml が破損または欠落 して いないことを確認して下さい。

  2. それが破損または欠落 して いる場合、新しいファイルとそれを取り替えて下さい。

  3. IIS およびジャガー サービスを再開して下さい。

ICM 7.5: WebViewレポートを保存することが不可能

このエラーメッセージは Cisco ICM 7.5 が付いている WebViewレポートを保存することを試みるとき受け取られます:

This feature is currently disabled because of problems identified with
the configuration of the webview database

解決策

WebView DB のための ODBC 接続が正しいホスト名を指していることをこの問題を解決するために、確かめて下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 111022