音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

IPMA にスピード ダイヤルがない問題のトラブルシューティング

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2009 年 11 月 19 日) | フィードバック


目次


概要

マネージャに代わって呼び出しを受け取るのを助けるように PC でインストールされるアシスタント コンソールを利用する Cisco Unified Communications Manager Assistant 割り当てアシスタント。 アシスタント コンソール アプリケーションは効率を援助するためにアシスタントが速度ダイヤルを設定することを可能にします。 アシスタントは容易にプログラムし、ポイントが付いている速度ダイヤルをアクティブにし、電話キーパッドの必要 type number なしでクリックできます。

通常速度ダイヤルはすべてのアシスタント設定がサーバデータベースで保存されるので、失われません。 ただし、特定の条件下で、Cisco Unified Communications Manager Assistant コンソールは速度ダイヤルを失う場合があります。 速度ダイヤルは Cisco Unified Communications Manager Assistant コンソールにログイン するアシスタントのユーザ ID にマッピング されます。 この資料に抜けた速度ダイヤルの問題を解決する方法を記述されています、また速度ダイヤルが失われる場合がある条件を記述します。

注: Cisco Unified Communications Manager Assistant は Cisco IP マネージャ アシスタントとして以前知られていました。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Communications Manager 管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Communications Manager 5.x およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

マネージャ アシスタントが Cisco Unified Communications Manager Assistant コンソールを開くとき、速度ダイヤルが付いているすべてのタブは不在です。 これらは原因です速度ダイヤルが失われる場合がある:

  • CCMAdmin はアシスタントを削除し、次にアシスタントを再度追加します。

  • アシスタントの PC は再製されます。

  • アシスタントは他のマネージャに関連付けられます。 この場合、アシスタント エンドユーザはアシスタントとして取除かれ、次にマネージャと失われた速度ダイヤルに導く場合がある新しいアシスタントとして再び対応づけられます。

  • 速度ダイヤルは ipmastaticdata データベーステーブルで保存されます。 admin を実行して下さい: SQL を『*』 を選択 します ipmastaticdata から実行して下さい; これをチェックするために命じて下さい。 この情報は settingsdata カラムの下の暗号形式で保存されます。 どの破損でもこのデータベースに起こる場合、速度ダイヤルは失われる場合があります。

クライアント側からのデバッグ レベルおよびアシスタント コンソール ログで速度ダイヤルがなぜ失われるか判別するために IPMA ログを設定できます。

アシスタントの PC はコンソールが示されている間、サーバからの暗号化された設定データを取出し、それらを適用します。 設定データはであるようにログオンしますどんな速度 Dial エントリがアシスタントの PC で受け取られるか確認するために順序を確認する必要があります。 トレースおよびログを設定する方法の情報に関してはこの資料のステップを参照して下さい。

IPMA ログをデバッグ レベルで設定 するために、これらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco Unified Call Manager 管理のメイン ページからの Cisco Unified サービサビリティを開いて下さい。

  2. Cisco Unified サービサビリティ メイン ページから、図 1.に言及されているように Trace> 設定を、選択して下さい。

    Figure 1

    ipma_speeddail-01.gif

  3. IPMA サーバ トレースをキャプチャ するために、図 2.に示すようにこれらの設定を、加えて下さい

    1. サーバとしてパブリッシャを選択して下さい。

    2. サービス グループとして CTI サービスを選択して下さい。

    3. サービスとして IPMA マネージャ アシスタントを『Cisco』 を選択 して下さい。

    4. 水平な Debug trace としてデバッグを選択して下さい。

    5. トレース フィルタの下で設定はイネーブル IPMA サービス トレースをチェックし、IPMA CTI トレースを有効に しIPMA マネージャコンフィギュレーション変更ログをイネーブルに設定しIPMA CTI セキュリティ Trace チェックボックスを有効に します

    6. All ノード チェックボックスに適用をチェックして下さい。 これはトレースが有効に なる IPMA があるすべてのサーバから奪取 されなければならなかったのでする必要があります。

  4. 『SAVE』 をクリック し、ウィンドウを閉じて下さい。

    図2

    ipma_speeddail-02.gif

  5. サーバのログファイル 常駐する Cisco IP マネージャ アシスタント サービスを実行する。 サーバからこれらのファイルをダウンロードするためにこれらのメソッドの 1 つを使用して下さい:

    • ファイルを得ます activelog tomcat/logs/ipma/log4j CLI コマンドを発行して下さい。

    • Cisco Unified Communications Manager 実時間監視 ツール(RTMT)でトレース 収集 機能を使用して下さい。

IPMA クライアント トレースを収集するために、アシスタントのマシンのハードディスクからのログを奪取 して下さい。 次の手順を実行します。

  1. $INSTALL_DIR \ Cisco Unified Communications Manager Assistant アシスタント コンソールが常駐する同じ位置のクライアント デスクトップのログ\ ACLog*.txt

  2. デバッグ・ トレースを有効に するために、Cisco Unified Communications Manager Assistant コンソールの Settings ダイアログボックスに行って下さい。 Advanced パネルでは、イネーブル Trace チェックボックスをチェックして下さい。

    注: これはデバッグ・ トレースだけ有効に し、トレースするエラーは常に残ります。

  3. デフォルトで、位置は次のとおりです: C:\Program Files\Cisco\IPMA アシスタント コンソール\ ACLog*.txt。 ファイルを読み込むためにこの位置に参照して下さい。

  4. ファイルから、速度ダイヤルは失われたことを検出した時間に注意して下さい。

  5. IPMA をログオンします速度ダイヤルが失われたタイムスタンプのデバッグ レベルでサーバ側をチェックして下さい。

解決策

問題を解決するために、Cisco Unified Communications Manager Assistant の速度ダイヤルをバックアップする必要があります。 必要な場合速度ダイヤルをバックアップし、取得するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unified Communications Manager Assistant コンソール アプリケーションへのログインは、図 3 に示すように、すべての速度ダイヤルを設定し。

    図3

    ipma_speeddail-04.gif

  2. 図 4 に示すようにアシスタント コンソールで、設定されるすべての速度ダイヤルがあったらアシスタント コンソール アプリケーションがインストールされているコンピュータからのネットワーク接続をディセーブルにして下さい。

    図 4

    ipma_speeddail-05.gif

  3. アシスタント コンソール アプリケーションを閉じて下さい。

    アプリケーションは新しい速度ダイヤル 設定を送信 するために Cisco Unified Communications Manager に接続することを試みますが予想通り失敗します。 このように、それは C:\Program Files\Cisco\Unified Call Manager アシスタント コンソール\データ\ <assistant userid>.xml にある XML ファイルの速度ダイヤルのバックアップを奪取 します。

    この XML ファイルは速度ダイヤル設定が含まれています。

  4. バックアップ・ ファイルとしてこのファイルのコピーを、別の位置の C:\Program Files\Cisco\Unified Call Manager アシスタント コンソール\データ\ <assistant userid>.xml のような、撮って下さい。

  5. PC に再びネットワークケーブル、および Cisco Unified Communications Manager Assistant コンソールにログインを差し込んで下さい。 C:\Program Files\Cisco\Unified Call Manager アシスタント コンソール\データ\ <assistant userid>.xml ファイルは Cisco Unified Communications Manager にすぐに送信 され、ローカルPC にもうありません。

速度ダイヤルは失われることが分れば、C:\Program Files\Cisco\Unified Call Manager AssistantConsole \データ\ <assistant ユーザー ID >.xml に別の位置で保存したバックアップ・ ファイルをコピーできます。 XML ファイルをコピーした後、ログイン速度ダイヤルがあることがわかるために再度でき。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 111006