ワイヤレス / モビリティ : ワイヤレス メッシュ

メッシュ上のビデオ サーベイランスの導入ガイド

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco メッシュ アクセス ポイント経由のビデオ サーベイランスの導入について説明します。 シスコのメッシュ アーキテクチャを紹介し、ビデオ サーベイランスの導入問題について説明します。

キー テイクアウェイ

いくつかのキー テイクアウェイはあります

  • Cisco メッシュ ネットワークはビデオ サーベイランスをサポートします。

  • ワイヤレス メッシュ メッシュ・ネットワークを渡るビデオ サーベイランスのための Cisco Aironet 1524SB 理想。

  • Mbits を理想的な環境 12Mbits で達成することができる 18 を困難 な 環境で達成することができます

背景説明

Cisco Aironet 1520 シリーズ軽量屋外メッシュ アクセス ポイントは費用効果が高くののための高性能 屋外ワイヤレス メッシュ 製品 グループ、スケーラブル なで、団体か教育キャンパス、自治体および他の公安環境および石油およびガス精製所、機雷敷設作戦、または他の屋外企業のような屋外環境の配置を保護します。 Cisco Aironet 1520 シリーズは無線多様性のための設計革新を提供し、動的環境のワイヤレス メッシュ メッシュ・ネットワークの配置の柔軟性を提供します。 Cisco Aironet 1520 シリーズ軽量屋外メッシュ アクセス ポイントはまた Cisco Unified 無線ネットワークの部分です。

配置 の ガイドライン

プラットフォームの主な特徴および利点

これらはプラットフォームの機能 および 利点です:

  • 多用途—必要な周波数帯域に関係なくモビリティを有効に する プラットフォームを提供します

  • 拡張可能—容易にに広帯域ワイヤレス インフラストラクチャをおよび安全に拡張しますサードパーティ デバイスにサービスを、最も粗い環境条件で配置される IP カメラおよび自動化されたメートル 読者のような有効に します。

  • 強化される—セキュア険しいエンクロージャおよび Cisco 自己防衛 ネットワーク アーキテクチャをセキュリティの高水準に与えます。

  • 1520 シリーズ ワイヤレス ブロードバンド な プラットフォームは拡張性にすぐれた管理を、屋内および屋外環境間の設定提供するために WLAN のキー機能およびセキュリティおよび透過的な モビリティを中心にしている Cisco WLAN コントローラおよび Cisco Wireless Control System(WCS) (WCS)ソフトウェアと動作します。

  • 18 Mbits を理想的な環境で達成することができます; 12Mbits を困難 な 環境で達成することができます。

Cisco Aironet 1520 シリーズは 1522 の二重無線メッシュ アクセス ポイントおよび 1524 の複数の無線メッシュ アクセス ポイントで構成されています

Cisco Aironet 1520 は IEEE 802.11a および 802.11b/g 規格に適合のデュアル バンド無線をサポートします。 ギガビット イーサネット(1000BaseT)のようなさまざまなアップリンク 接続 オプション、およびファイバ(100BaseBX)またはケーブルモデム インターフェイスのための Small Form-Factor Pluggable (SFP)はサポートされます。 サポート 電源オプションは 480VAC、12VDC、ケーブル電源、Power over Ethernet (POE)、および内部 バッテリー バックアップが含まれています。 それはまたセキュアの形成するために、Cisco の適応性がある無線パス プロトコル(AWPP)を大容量ワイヤレスアクセスをあらゆる Wi-Fi 対応 クライアントデバイスに提供している間リモートアクセス アクセス・ポイント間のダイナミック ワイヤレス メッシュ メッシュ・ネットワークを用います。

Cisco Aironet 1520 軽量屋外メッシュ アクセス ポイントの二重無線設定はアクセス ポイントにアクセス点の通信に 802.11a 無線を捧げましたり、メッシュ ネットワークがすべての利用可能 なチャネルを最大化し、ライセンスが不要なデバイスからの干渉の発生回数を最小限に抑え、レイテンシーを最小に するようにします。 二重無線設定は pico セル設計によって高いシステム 容量およびパフォーマンスを提供します。

Cisco Aironet 1520 の主な特徴

これらは主な特徴です:

  • 二重無線サポート(802.11a、802.11b/g)

  • 3 チャネル最大比率結合の改善された 802.11b/g 無線機密性および範囲 パフォーマンス(MRC)。

  • 複数のアップリンク オプション(ギガビット Ethernet-1000BaseT、Fiber-100BaseBX およびケーブルモデム インターフェイス)。

  • NEMA 4X はエンクロージャを、危険な場所(クラス 1、除算 2/ゾーン 2.グループ B、C、D 結合された状態/Canada/EU)のための認証証明しました、(オプションの)。

  • 保証できる FIP 140-2

  • LED状況表示

Cisco Aironet 1524 は IEEE 802.11a、802.11b/g および 4.9GHz 公安規格に適合の 3 つの無線と前もって構成されます。 ギガビット イーサネット(10/100/1000BaseT)のようなさまざまなアップリンク 接続 オプション、およびファイバインターフェイスのための Small Form-Factor Pluggable (SFP)はサポートされます。 サポート 電源オプションは 480VAC、12VDC、Power over Ethernet (POE)、および内部 バッテリー バックアップが含まれています。 それはまたリモートアクセス アクセス・ポイント間のダイナミック ワイヤレス メッシュ メッシュ・ネットワークを形成するために Cisco の適応性がある無線パス プロトコル(AWPP)を用いあらゆる Wi-Fi 対応 クライアントデバイスにセキュアの、大容量ワイヤレスアクセスを提供します。 Cisco Aironet 1524 軽量屋外メッシュ アクセス ポイントのモジューラ設計はデバイス内の別々のメッシュ アクセス ネットワークを有効に することができる適用範囲が広いプラットフォームを作成します。 アクセスするために専用されて倍数別々の無線が Cisco Aironet 1524 は公共および私用アプリケーションを同時にサポートすることできる最も強く、セキュア メッシュ インフラストラクチャを作成します。

Cisco Aironet 1524 の主な特徴

  • モジュラ無線サポート(802.11a、802.11b/g、認可された 4.9GHz 公安)

  • 新しい無線テクノロジーにアップグレード可能

  • 最大比率結合の改善された 802.11g 無線機密性および範囲 パフォーマンス(MRC)

  • 複数のアップリンク オプション(ギガビット Ethernet-10/100/1000BaseT、ファイバ SFP インターフェイス)

  • 複数の電源オプション(Power over Ethernet、480 VAC 街灯電源、12 VDC、および内部 バッテリー バックアップ電源)

  • IP デバイスを接続する 802.3af 対応 Power over Ethernet インターフェイス

  • NEMA 4X によって証明されるエンクロージャ

  • LED状況表示

メッシュ アーキテクチャおよびビデオ 配置 の ガイドライン

設定および配置ガイド

この資料にビデオ サーベイランス アプリケーションをサポートするために屋外環境のメッシュ アクセス ポイントを設定する方法を記述されています。 この 1520 シリーズ 配置ガイドで導入される概念の資料ビルドはビデオ サーベイランスに配置および設定 考察を提供し。

前提条件

設定するように試みる前に次の必要条件が満たされるようにして下さい。

  • 基本的なワイヤレス メッシュ テクノロジーの習熟度

  • はたらくメッシュ ネットワーク

  • カメラがどのようにのはたらくか基本的な知識。 カメラはエンコーダ及びデコーダの、配線された及びワイヤレス IP カメラを使用してアナログ カメラである場合もあります

Cisco メッシュ アクセス ポイント インストール考察のより基本的でよい理解のための Cisco メッシュ AP 1520 シリーズ 配置ガイドを参照して下さい。

この資料は設計を提供したもので、Cisco 内のセキュア企業、キャンパスおよび大都会 Wi-Fi ネットワークの配備のための配置 の ガイドラインはネットワークソリューションを一致させます。

ソリューション コンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • ファームウェア 6.0.182.0 を実行する Cisco WLC5500/4400

  • Cisco 152x シリーズ Omni 指向性アンテナが付いている軽量メッシュ アクセス ポイント。

  • アナログ カメラは、IP カメラを、ワイヤレス IP カメラ配線しました。

  • エンコーダ/デコーダまたはトランスミッタ/レコーダー。

  • ビデオ モニタリング ソフトウェア/サーバ

  • 同軸ケーブル /breakout ボックス、カメラのためのアクセサリ。

Cisco 4400 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ

ワイヤレス LAN コントローラは無線ネットワークの配備およびオペレーションを簡素化し、スムーズなパフォーマンス、高められた セキュリティおよび最大ネットワークアベイラビリティの確保を助けます。 Ciscoワイヤレス LAN コントローラは支援 システム広い Wireless LAN (WLAN) 機能へのあらゆるレイヤ2 またはレイヤ3 インフラストラクチャ上の Cisco Aironet アクセス ポイントと通信します(以下を参照):

  • WLAN ポリシー モニタリングおよび侵入検知を用いる高められた セキュリティ

  • インテリジェント な Radio Frequency (RF) 管理

  • 中央集中型管理

  • Quality of Service (QoS)

  • Wi-Fi 上のゲスト アクセス、音声およびロケーション サービスのようなモビリティ サービス

    Ciscoワイヤレス LAN コントローラ サポート 802.11a/b/g および IEEE 802.11n 規格、従って個別の要件を満たすソリューションを展開できます。 音声 および データサービスからトラッキングする位置への Ciscoワイヤレス LAN コントローラ 製品は非常にセキュアの必要がある制御、スケーラビリティ、セキュリティをおよび信頼性を、企業規模の無線ネットワークを構築する提供します。

    さまざまなコントローラおよび機能に関する詳細についてはワイヤレス LAN コントローラを参照して下さい。

Cisco 152x シリーズ軽量メッシュ アクセス ポイント

Cisco Aironet 1520 シリーズ メッシュ アクセス ポイントは自治体のような屋外環境の費用効果が高く、スケーラブル な、セキュア配置のための高性能 屋外ワイヤレス メッシュ製品、公安環境および石油およびガスまたは他の屋外企業です。 Cisco Aironet 1520 シリーズは無線多様性のための設計革新を提供し、動的環境のワイヤレス メッシュ メッシュ・ネットワークの配置の柔軟性を提供します。 プラットフォームの主な特徴および利点は次のとおりです:

  • 多用途—無線テクノロジーの迅速な開発および統合を可能にするユニバーサル スロットと必要な周波数帯域に関係なくモビリティを有効に する プラットフォームを提供します

  • 拡張可能—容易にに広帯域ワイヤレス インフラストラクチャをおよび安全に拡張しますサードパーティ デバイスにサービスを、最も粗い環境条件の IP カメラおよび自動化されたメートル 読者のような、有効に します

  • 強化される—セキュア険しいエンクロージャおよび Cisco 自己防衛 ネットワーク アーキテクチャをセキュリティの高水準に与えます

  • 1520 シリーズ ワイヤレス ブロードバンド な プラットフォームは Cisco WLAN コントローラおよび Cisco Wireless Control System(WCS) (WCS)ソフトウェアと動作し、屋内および屋外環境間の拡張性にすぐれた管理、設定およびセキュリティおよび透過的な モビリティを提供するために WLAN のキー機能を中心にします。

アクセス ポイントおよび機能に関する詳細については屋外ワイヤレス ネットワークソリューションを参照して下さい。

Cisco 152x アンテナ

各 Wireless LAN 配備は異なっています。 適切なアンテナはワイヤレスが配置される環境および必要条件に基づいていました識別する必要があります。

Cisco に 2.4 の、また 5 GHz アンテナの広範囲が異なる必要条件を満たすあります。 アンテナは 1520 のアクセス ポイントと完全に対応する N タイプ コネクタが付いています。

Cisco アンテナは別のゲインと利用でき、機能、ビーム幅および形式要素及びます。 適切なアンテナおよびアクセス ポイントをつなぐとき、あらゆるファシリティの効率的なカバレッジ、またデータ レートでよりよい信頼性を可能にします。 アンテナおよびサポートされたアクセス ポイントに関する詳細については Cisco Aironet Antennas および Accessories レファレンスガイドを参照して下さい。

トポロジー 外観

このセクションはメッシュ ネットワークを全く最初から構築するためにステップを説明します。 イメージでは、レイヤ3 およびレイヤ2 ネットワークは確立され、イーサネットによって接続されるコンピュータからのコントローラへのコントローラとスイッチ間の接続はログオンとテストされます。

注:  https://x.x.x.x だけデフォルトでサポートされます。

vid-over-mesh-01.gif

この場合ネットワークはアクセス ポイントによって読み込まれて準備ができています。 このイメージでは、Cisco メッシュ アクセス ポイント LAP1524 は Cisco レイヤ 2/3 スイッチにつながれます。 アクセス ポイントがコントローラに加入したようにして下さい。 コントローラの加入の第一審でアクセス ポイントはデフォルトでメッシュ アクセス ポイント(MAP)です。 アクセス ポイントの設定がルート /Roof 上アクセス ポイント(RAP)に変更されるようにして下さい。 Cisco は 54Mbits バックホールのための 802.11a 無線を設定することを推奨します。 ブリッジグループ名前を設定し、イーサネットブリッジングを有効に して下さい。

vid-over-mesh-02.gif

ネットワークへの別のアクセス ポイントを追加して下さい。 このアクセス ポイント(MAP)はバックホール インターフェイスとして 802.11a 無線を持つコントローラに加入します。 アクセス ポイントがアクセス ポイント間のコントローラおよびまたリンク SNR に加入したことを確認して下さい。 リンク SNR をです 30db に等しい、 またはそれ以上確認して下さい。 このイメージはアクセス ポイントがバックホールとして 802.11a 無線を持つコントローラに加入したことを説明します。

vid-over-mesh-03.gif

注: 注意はアクセス ポイントをインストールするとき払われる必要があります。 クリア視界が親アクセス ポイントへあることを確かめて下さい。 たとえば、1 RAP および 3 つのマップ(MAP1、MAP2、MAP3)が付いている線形ネットワークをみなして下さい。 MAP1 は RAP に、MAP2 加入します MAP1 に、MAP3 等加入します MAP2 に加入します。 アクセス ポイント間のリンク SNR を確認して下さい。 各アクセス ポイントおよび親のリンク SNR がより大きいその 30db ことを確認して下さい。

このイメージはまたメッシュ AP 1520 シリーズ 配置ガイドで説明されているように親/子関係を説明します。 お勧めの リンク SNR と達成することができるスループットをまたこの図で示しますあります。 54Mbits のバックホール データ レート、および 802.11b/g クライアント トラフィックを使うと、14.1Mbits 程に高くスループットを達成することができません。 ここに述べられるスループットはアクセス ポイントで設定されるアクセス ポイントとまた電力レベル間の距離に基づいています。 これらのパフォーマンス 番号はアクセス ポイントが特定の位置でインストールされている屋外セットアップ用にだけ制限されます。 パフォーマンス 番号はインストールからインストールに異なることができます。

vid-over-mesh-04.gif

ネットワークへの最終的なアクセス ポイントを追加し、すべてのマップがコントローラに加入したようにして下さい。 親/子のリレーションシップおよびデータスループットはこの図で連結されます。

vid-over-mesh-05.gif

vid-over-mesh-06.gif

この図はクライアント トラフィック無しで達成することができる親/子のリレーションシップおよびまたスループット データの 3 ホップ ネットワークを説明します。

vid-over-mesh-07.gif

注: 注意はアクセス ポイントをインストールするとき払われる必要があります。 クリア視界が親アクセス ポイントへあることを確かめて下さい。 たとえば 1 RAP および 3 つのマップ(MAP1、MAP2、MAP3)ののような線形ネットワークをみなして下さい。 MAP1 は RAP に、MAP2 加入します MAP1 に、MAP3 等加入します MAP2 に加入します。 アクセス ポイント間のリンク SNR を確認して下さい。 各アクセス ポイントおよび親のリンク SNR がより大きいその 30db ことを確認して下さい。

この図はクライアント トラフィック無しで達成することができる親/子のリレーションシップおよびまたスループット データの 4 ホップ ネットワークを説明します。

vid-over-mesh-08.gif

注: メッシュ アクセス ポイントは AC 入力 コネクタによって動力を与えられる必要があります。 イーサネット上のパワーインジェクタか電源と動力を与えられるメッシュ アクセス ポイントは Cisco メッシュ アクセス ポイントの POE 接続されるカメラをつける十分な電力をポートに提供しません。

メッシュ ネットワークを確認して下さい。 この図は RAP およびマップがコントローラに加入したことを示します。 これはまた CLI によって確認することができます。 show ap summary コマンドはコントローラに加入したアクセス ポイントのリストを提示したものです。

vid-over-mesh-09.gif

親/子のリレーションシップおよびリンク SNR を確認するとき、ほとんどすべてのアクセス ポイントに 30db のリンク SNR があることがわかります。 これを確認するために、プルダウン矢印を画面の右へクリックし、ネイバ情報をクリックして下さい。

vid-over-mesh-10.gif

『Details』 を選択 するためにプル下 矢印をクリックして下さい。 これはリンク SNR のより多くの詳細を説明します。 また親アクセス ポイントを確認して下さい。

vid-over-mesh-11.gif

イーサネット ブリッジング

セキュリティの理由からすべてのマップのイーサネットポートはデフォルトでディセーブルにされます。 それはルートおよびそれぞれマップのイーサネットブリッジングを設定するときだけ有効に することができます。 イーサネットブリッジングは 2 つのシナリオで有効に する必要があります:

  • ブリッジとしてメッシュ ノードを使用したいと思う時。

  • イーサネットデバイスを接続したいと思う時イーサネットポートを使用する MAP のビデオ カメラのような。

これは VLAN タギングを有効に する 第一歩です。

イーサネットブリッジングを有効に するのに GUI を使用して下さい

イーサネットブリッジングがトラフィックのためのデバイスすべてでフローするために有効に なることを確かめて下さい。 ブリッジはこのイメージに示すように確認することができるマップ有効に する必要がありますおよび RAP で。

vid-over-mesh-12.gif

この図はまた設定されるブリッジグループ名前(BGN)を表記します。 BGN は論理的に AP をグループ化し、メッシュ ネットワークを sectorize のに使用することができます。 メッシュ アクセス ポイントは同じブリッジグループにメンバシップを管理するか、またはネットワークセグメンテーションを提供するために置くことができます。

この図はまたバックホール データ レート 設定を示します。 ワイヤレス メッシュ メッシュ・ネットワークを設計し、構築するとき、考慮するべき少数のシステム 特性があります。 これらのいくつかは CAPWAP コントローラ 設計にバックホール ネットワーク 設計および他に適用します:

  • 36 Mbps は最適バックホール 比率として MAP のクライアント WLAN の最大カバレッジと一直線に並ぶので選択されます。 36 Mbps バックホールを用いるマップ間の距離はマップ間のシームレス WLANクライアント カバレッジを可能にする必要があります。

  • より低いビットレートはメッシュ アクセス ポイント間の遠距離を割り当てることができますが無線クライアント カバレッジにギャップがあるために本当らしくがありその結果バックホール ネットワークのキャパシティは減ります。

  • バックホール ネットワークのための増加されたビットレートはより多くのメッシュ アクセス ポイントを必要とするか、または制限が信頼性および相互接続を一致させるメッシュ アクセス ポイント間の減らされた SNR という結果に終ります。

  • コントローラで、メッシュ チャネルのような設定 される ワイヤレス メッシュ バックホール ビットレートは RAP によって設定 されます。

イーサネットVLAN タギングの詳細については Cisco 1520 メッシュ ユーザガイドを参照して下さい。

ビデオ配置 の ガイドライン

ビデオトラフィックの概要によって、理解される必要がある少数のデータ点があります。 ビデオ帯域幅および品質を定義するこれらはメトリックです。 カメラ ベンダーが使用するメトリックの一部は異なって、すべてのカメラ ベンダーを渡ってよくありません。

付録を参照して下さい。

ビデオ 解像度

ビデオ 解像度はカメラ、エンコーダまたはビデオ システムの機能のメジャー詳細を再生するです。 イメージを構成するアナログ・システムでは、解決は通常行数を示します。 デジタルシステムと、解決はイメージを生成するのに使用されるピクセルの数のメジャーを与えます一方。 これはよくある中間形式(CIF)として常に当たります。

よくある中間形式(CIF)

用語 CIF が特定のビデオ 解像度を意味するのに使用されています: NTSC の PAL 352x240 の 352x288。

書式 基づく NTSC 基づく PAL
QCIF 176*120 176*144
CIF 352*240 352*288
2 CIF 702*240 702*576
4 CIF 704*480 704*576
D1 720*480 720*576

書式 基づく NTSC 基づく PAL
QQVGA 160*120 160*120
QVGA 320*240 320*240
VGA 640*480 640*480

ビットレート な ビデオ

ビデオ品質は 2 つのコンポーネントのファクタです: ビットレート な ビデオ 解像度およびビデオ。 ビデオ ビットレートようにビデオトラフィックの量常に測定され、Mbits/秒に量を示される。 ビデオ ビットレート 512kbps から 8Mbps まで及ぶことができます。

Fps (FPS)

FPS はカメラ、別名イメージ毎秒およびフレーム レートの単一 スナップショットの出力の比率のメジャーです。

パン傾きズーム(PTZ)

PTZ は参照の 3 つの平面を通してカメラの視野を変更する機能です。 パンは傾きが上下それを移動する機能である一方、カメラの物理的 な移動を(X-Y 平面)左右に示します(方位角)。 ズームはポイントのフォーカスがより密接にまたはさらに遠くあることカメラのレンズ拡大を変更し、視覚効果を与えます。

Cisco 機能メッシュ ネットワークが推奨されるメッシュ 設計のガイドラインに従ってある場合この帯域幅をテスト 条件の下で達成することができます。 これらはアクセス ポイントのデータトラフィック無しで実現するスループット数です。

最初ホップ 第 2 ホップ 第 3 ホップ 第 4 ホップ
14.1Mbps 10.9Mbps 10.01Mbps 9.43Mbps

注: この設定およびスループットをテスト 条件/グリーン フィールド インストールの下で達成することができます。 スループット数はインストールとそれが距離(セルのサイズ)およびまたリンク SNR に依存している直接ので、異なります。

注: 同時にイーサネットによって接続されるカメラで 2 Mbps、30 の fps および 4CIF 解像度のために、設定されたメッシュ ネットワーク設定されるこの図で各ホップの 1 台のカメラの概要は説明されます。

vid-over-mesh-13.gif

この表は異なる構成でネットワークのカメラ トラフィックの概算見積もりを出したものです。

10 の fps 15 の fps 30 の fps
CIF 0.78 Mbps 1.03 Mbps 1.35 Mbps
4 CIF 1.56 Mbps 1.92 Mbps 2.32 Mbps

各カメラはバックホール無線でトラフィックの 2.32Mbps について生成するために推定されます。 カメラのそれぞれでそれらがエリアをスキャンすると同時に生成されるこれには PTZ トラフィックが含まれています。

複雑な状況を設計にもたらすために、追加ワイヤレス カメラが付いている 802.11b/g 無線にクライアント トラフィックを追加して下さい。 ワイヤレス カメラがまた親へのメッシュ アクセス ポイントのために述べられるように同じような SNR (>30db)を維持することを推奨します。

この図は別のカメラ コンフィギュレーションを説明しますメッシュ ネットワークに導入される。 これらは使用するいくつかの標準設定テンプレートです。 熟読し、メッシュ ネットワークの影響を理解して下さい。

vid-over-mesh-14.gif

この図で左から右へ開始して下さい。 最初のアイコンはカメラ 1 台あたりのネットワーク/バックホールで 2.32Mbps トラフィックについて生成します。 この設定は 4CIF、30 の fps および 2Mbit ストリームの組み合せとあります。 第 2 アイコンはカメラ 1 台あたりのネットワーク/バックホールで 1.35Mbps トラフィックについて生成します。 この設定は CIF、30fps および 1Mbit ストリームとあります。 第 3 アイコンはカメラ 1 台あたりのネットワーク/バックホールで 1.03Mbps トラフィックについて生成します。 この設定は CIF、15fps および 1Mbit ストリームとあります。 最後のアイコンはカメラ 1 台あたりのネットワーク/バックホールで 0.78Mbps トラフィックについて生成します。 この設定は CIF、10 の fps および 0.512Mbit ストリームとあります。 によってこのカメラ設定と利用可能 な スループット、次の図は異なるホップでカメラの利用可能 な組み合わせを説明します。 図はメッシュ バックホール リンクのカメラ設定および影響を明らかに示します。

vid-over-mesh-15.gif

1 台のカメラが各ホップで導入されるとき、バックホールの影響は観察することができます。 4CIF の設定のカメラの概要の第 4 ホップ、MAP4 から、30fps および 2Mbits は、そこに利用可能 な 帯域幅の 7.2Mbps です。 これはまた RAP までカメラ トラフィックパスがパスのアクセス ポイントのバックホール無線を渡すと同時に帯域幅に影響を与えます。

MAP3 の同じような設定のカメラの概要は HOP4 の帯域幅に影響を与えません。 影響は HOP3 にこのホップに 2 台のカメラからのトラフィックが今あるのであります。 このホップの利用可能 な 帯域幅は 5.7Mbps です。 MAP2 に同じ 設定カメラを追加する場合、アップストリーム リンクに、HOP2 影響を与えます。 これらのホップは 3 台のカメラからのトラフィックを運び、それ故に利用可能 な 帯域幅はおよそ 4.3Mbps です。 MAP1 の同じ演習を繰り返す場合、HOP1 は 4 台のカメラからのトラフィックを運びます。 それ故に利用可能 な 帯域幅は 5.3Mbps です。 これらの計算によって、設定される提案されたシリアル配備の 4CIF、30fps および 2Mbits の解決を使うと 5 台のイーサネット カメラだけある場合があることがはっきり理解されます。

注: この設定およびスループットをテスト 条件/インストールの下で達成することができます。 スループット数はインストールとそれが距離(セルのサイズ)およびまたリンク SNR に依存している直接ので異なります。 詳細についてはセル計画および距離を参照して下さい。

これはバックホールのカメラ トラフィックの影響を示します。 ワイヤレス カメラが 802.11b/g 無線に追加された増加クライアント トラフィックである場合の設計への複雑な状況の概要。 ワイヤレス カメラがまた親へのメッシュ アクセス ポイントのために述べられるように同じような SNR (>30db)を維持することを推奨します。 次の セクションは WLC に同じ 設定とカメラを関連付けることは可能性のあるであるかどうか論議します。

vid-over-mesh-16.gif

すべてのワイヤレス カメラは接続される配線されたカメラの設定を一致することができますか。 このダイアグラムは同じような設定の影響を説明します。

vid-over-mesh-17.gif

ワイヤレス メッシュ メッシュ・ネットワークに Cisco 2500IP ワイヤレス カメラを追加する場合、バックホール 帯域幅にもう少しの複雑な状況を追加します。 Cisco 2500IP ワイヤレス カメラは SNR 値が 30db でまたはより大きい維持されることそのような物置かれます。 ワイヤレス カメラからのアクセス ポイントへの距離は環境の種類に基づいて変わることができます。 カメラの標準の設定を用いる 1 台のワイヤレス カメラを追加すればネットワークで 2.24Mbps トラフィックのまわりで生成します。 MAP4 のこの付加によって、バックホール 帯域幅は 4.8Mbps に制限されます。 これがシリアル バックホール 設定であるので、アップストリーム バックホール リンクに等しい影響があります。 MAP3 に 1 台のワイヤレス カメラを追加する場合、十分 な 帯域幅がないので HOP1 の深刻な影響があります。 このシナリオでは、結果はバックホール 帯域幅計算を撃つことです。 第 2 ホップで利用可能 な多くの帯域幅がないので第 3 および第 4 ホップのワイヤレス カメラからのリンクを渡るビデオがないのでカメラを追加することを推奨しません。

こので接続されるカメラとの最終トポロジーは次の図でシナリオ示されています。 トポロジーはバックホールで 2.32Mbps をロードする各カメラが付いているすべてのマップのイーサネットによって接続されるカメラで活発に設定されます。 MAP1 に 4CIF、30 の帯および Mbit 2 ストリームで設定されるイーサネットによって接続されるカメラおよびワイヤレス カメラがあります。 MAP2 に CIF のために設定される 4CIF で、30 の帯および 2 台の Mbit ストリームおよびワイヤレス カメラ 30 の帯および 1Mbit ストリーム設定されるイーサネットによって接続されるカメラがあります。 MAP3 に CIF のために設定される 4CIF で、30 の帯および 2 台の Mbit ストリームおよびワイヤレス カメラ 30 の帯および 1Mbit ストリーム設定されるイーサネットによって接続されるカメラがあります。 MAP4 に 4CIF、30 の帯および Mbit 2 ストリームで設定されるイーサネットによって接続されるカメラがあります。

vid-over-mesh-18.gif

この表は異なる構成を用いるセクターごとにインストールされるカメラの数の推定を出したものです。

ビデオ 解像度 ビデオ ビットレート(CBR) ビデオ帯(fps) サポートされる/セクター カメラの数
4 つの CIF/MPEG 4 2 Mbps 15 11-13
4 つの CIF/MPEG 4 2 Mbps 30 10
CIF/MPEG 4 2 Mbps 15 10-12
CIF/MPEG 4 2 Mbps 30 8-10
4 つの CIF/MPEG 4 2 Mbps 15 9-10
4 つの CIF/MPEG 4 2 Mbps 30 10-12
CIF/MPEG 4 2 Mbps 15 13-14
CIF/MPEG 4 2 Mbps 30 11-12

注: サポートされる/セクター カメラはメッシュ アクセス ポイントのためのセル 計画ガイドから得られます。 詳細についてはセル計画および距離を参照して下さい。

要約

安全な、セキュア環境を提供するために、作業これらのガイドラインと効率的に展開された場合ビデオ サーベイランスのための Cisco メッシュ アーキテクチャ。 ビデオ サーバへの /DVR Cisco メッシュ アクセス ポイントは接続されるのためにキャリアとしてカメラからのビデオトラフィック使用することができます。

サポートされたカメラ

これらのカメラは Cisco メッシュ アクセス ポイントとのインターオペラビリティのためにサポートされ、テストされます。

付録ビデオ用語

用語 定義
アラート メッセージは緊急事態または脅威の位置および性質を示す保安要員に送信 しました。
減衰 低下か信号消失。 ファイバか同軸ケーブル接続された監視サーベイランス制度の中では、これによりビデオ イメージ(例えばジッタ、ノイズ、信号消失)で劣化を引き起こします。
カメラ ある特定のエリアを表示し、電気信号にそのビューを変換できる光 デバイス。
中央ステーション 物理的セキュリティ システムからの場合を監察するように設計されている遠隔地。
Channel 単一 ビデオシグナル。
閉回路テレビ ジョン(CCTV) 場合が監視の閉じたネットワークへのケーブルと配られるテレビ システム。 このシステムはビルドのような小さい、閉じるエリアまたは駐車場のセキュリティ サーベイランスのために最も頻繁に使用されます。
同軸ケーブル 時々同軸として参照されて。 低損失の周波数レンジを渡せるケーブルの種類。 それは空金属シールドで互いとシールドから設定され、接続されていないどれにまたはより多くのセンター コンダクターの構成されています。
よくある中間形式(CIF) 用語 CIF が特定のビデオ 解像度を意味するのに使用されています: NTSC の PAL 352x240 の 352x288。 CIF は「完全な解決」TV の 1/4、また D1 と呼出されてです
コンソール(CCTV) オペレータが監視カメラを制御するのに使用するモニタリングステーションの一部。 通常ジョイスティックのための PTZ 制御およびオペレータが接続されたモニタで表示するカメラを切り替えることを可能にする一組の番号を付けられたボタンで構成されています。 それはまた物理的セキュリティ システムを制御するのに使用されるキーボード、ジョイスティック、監視、電話、等を収容するモニタリングステーションで全体の構造を示すことができます。
コントラスト ビデオ イメージの暗い部分への光の比率。
昼も夜も 両方の軽く、暗い状態のイメージを提供するためにカラーから白黒にイメージ形式を変更するビデオ カメラの機能をそれぞれ参照します。
デコーダ モニタのディスプレイのためのアナログ出力にデジタル 形式からの場合を変換するためにコーデックを用いるソフトウェア デバイスかハードウェア。
被写界深度 放映された場面のフォーカスにある背部への 2 つのオブジェクト間の距離、先頭。 すばらしい被写界深度によって、ずっとへのの近くで場面の多くは、フォーカスに、あります。
デジタル PTZ (別名、ePTZ)。 デジタル画像内の機能事実上パン傾きズーム。 機能は機械的にカメラかフォーカスを移動する機能を必要としません。 現在 megapixel カメラの出現機能。
ハードディスク・レコーダー(DVR) ハードディスク・レコーダーは PC ベースに適用されるコンピュータ ハード ドライブにビデオ イメージを符号化し、記録する組み込みシステムまたは業界標準条件です。 DVRs オファーはより速い方式 VHS のようなメディアとは違うレコード情報を、検索する他の機器順次方法のそのストア情報録音し。 DVRs は頻繁に単一 イーサネットインターフェイスを通してエンタープライズ ネットワークに統合されています、けれどもそれらは複数のアナログ カメラ、一般的に 4 つ、8 つまたは 16 を終えます。 ネットワーク ビデオ レコーダーをまた参照して下さい。
カメラを半球形に作って下さい demisphere の内で含まれているビデオ撮像装置。 通常ドーム自体によって正当な視野内のフォーカス(ドームの中のすなわちカメラ PTZ)を変更する機能をサポートします。
エンコーダ デジタル 形式にアナログビデオ信号を変換するためにコーデックを用いるソフトウェア デバイスかハードウェア。
視野(FOV) 場合がある何を見る)カメラのフォーカスのエリア(すなわち。
Frame スキャンされるピクチャの全域。 織り交ぜられたビデオによって、フレームは 2 つのフィールドで構成されます。
フレーム レート Fps
Fps (FPS) カメラの単一 スナップショットの出力の比率のメジャー。 別名イメージ毎秒およびフレーム レート
水平解像度 単一走査線で区別することができる個々の画素の最大数。
イメージサイズ(レンズ) イメージのサイズへの参照はカメラ積み込みデバイスにレンズによって形成しました。 現在の規格は次のとおりです: 1"、2/3"、か。「、1/3"および 1/4"斜めに測定される。
IP かネットワーク カメラ イーサネットネットワークにネイティブで接続し、IP パケットのイメージを提供するビデオ撮像装置。 それはアナログ等量と外部エンコーダがビデオをデジタル信号に変換するように IPネットワークに接続するように要求しないこと異なります。
IP ビデオ サーベイランス(IPVS) リモート ビデオシグナルのための転送するとして IPネットワークの使用のエリアのモニタのシステムかプロセスを参照します。 IPVS システムのコンポーネントは IP カメラ、IP エンコーダ、または DVRs のようなエッジ デバイスが含まれています; 転送するのための IPネットワーク; NVRs のような記録デバイス; 監視およびコンソールを含むモニタリングステーションはモニタリング ソフトウェアを実行するデコーダか PC によって動作しました; そして設定およびメンテナンスのための管理用ソフト。
アイリス カメラの目。 レンズからカメラを入力する光の量を制御する調節可能な開始はカメラのトナーに写し出しました。
キーパッド セキュリティ システムかサブシステムを制御するためにユーザインターフェイスを提供するデバイス。 通常パスコードおよびコマンドを入力することを可能にする数値的な 10 キー タッチパッドが含まれています。 コンソールをまた参照して下さい。
レベルコントロール 主要なアイリス制御。 ユーザが望んだビデオ レベルに自動アイリス回線を設定 するのに使用しました。 セットアップの後で、回線はいろいろな光条件のこのビデオ レベルを維持するためにアイリスを調節します。 制御は回された最高のとき、アイリスを開きます。 下位はアイリスを閉じます。
手動アイリス レンズ 固定位置のアイリス入り口(F 停止)を設定 する手動調整が付いているレンズ。 通常固定照明アプリケーションのために使用されて。 また修復されたアイリス レンズを参照して下さい。
マトリクス スイッチ 出力の何れかにの入力(すなわちカメラ)ルーティングすることできるビデオシグナル デバイス(すなわち監視およびレコーダー)。 マトリクス スイッチを通して、出力への入力のリレーションシップはループ デバイスがもたらされなければ 1 対 1 接続です。 出力への入力の実際の数は一般に 1 対 1 ではないです。 入力は通常利用可能 な出力の数を超過します。 マトリクス スイッチは通常すべてのビデオが複数の監視にディスプレイ集中するセキュリティ オペレーション・センターにあり。 ユーザは切り替えるようにがするおよびパン傾きズーム カメラの遠隔制御装置制御しますジョイスティックによって行列をおよびキーボード。
巨大ピクセル カメラ 非常に詳しい解像度を提供できる HDTV 品質の順序の IP カメラ。 数百万ピクセルが含まれている巨大ピクセルは緩く単一 イメージを示します。
モニタ ライブのおよび記録されたアナログビデオを表示するのに使用される CRT。
監視 セキュリティ オペレーション・センターのような遠隔地へのアラーム、トラブルおよび他の場合の伝達。
動き検出(ビデオ) プロセスは確認するためにカメラのビデオシグナルを分析するピクチャに移動(ピクセル変更がことを)あった、次に引き起こしますかどうか続いてアラームを。
ネットワーク ビデオ レコーダー(NVR) IP カメラおよびエンコーダから出るイメージをキャプチャ し、保存するのに使用される特別なソフトウェアを実行するネットワーク機器か PC。 NVR は DVR とアナログビデオ信号のエンコードを提供しないこと異なります。 すなわち、それにビデオ入力がありません。 通常 NVR は IPネットワーク上のソースにビデオを得るために接続します。 ハードディスク・レコーダーをまた参照して下さい。
NTSC (National Television Systems Committee) 米国カラー テレビ システムのための規格を作り出すために FCC を使用した委員会。 NTSC は 30 の fps で 480 の行の解決を規定 します。 PAL をまた参照して下さい。
物理的なセキュリティ ファシリティおよびアセットにアクセスを制御する人員、機器および手順の使用。
PTZ (パン傾きズーム) 機能を参照の 3 つの平面を通してカメラの視野を変更するために記述します。 傾きが上下それを移動する機能である一方、カメラを左右にスイープするパン手段(方法) 物理的に(X-Y 平面) (方位角)。 ズームはポイントのフォーカスはより密接にまたはさらに遠くあること視覚効果を与えるカメラのレンズ拡大を変更します。
解決策 詳細を再生するカメラ、エンコーダまたはビデオ システムの機能のメジャー。 イメージを構成するアナログ・システムでは、解決は通常行数を示します。 デジタルシステムと、解決はイメージを生成するのに使用されるピクセルの数のメジャーを与えます一方。
セキュリティ オペレーション・センター(SOC) 保安要員がセキュリティおよび安全関連事件に監視し、応答するところ司令部。
UTP 非シールド ツイストペア。 絶縁されたツイスト銅線の 1つ以上のペアのケーブル メディア。
ズーム(デジタル) デジタル信号の計算アルゴリズムとのビデオ イメージを拡大して下さい。
ズーム(光の) レンズの焦点距離のビデオ イメージを拡大して下さい。
ズームレンズ 焦点距離の変更を通した規格か望遠レンズとして効果的に使用できるレンズ。
ズーム比 ズームレンズの終わり焦点距離(望遠レンズ位置)への最初の焦点距離(広い位置)の比率。 10X ズーム比が付いているレンズは 10 回までに広角端にイメージを拡大します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 110996