セキュリティ インテリジェンス オペレーション(IPSシグニチャ)

McAfee ePolicy Orchestrator Framework HTTP Buffer Overflow

 
McAfee ePolicy Orchestrator Framework HTTP Buffer Overflow
 
機械翻訳について |  フィードバック
 

IPSシグニチャ


シグニチャ ID: 19860/0
オリジナルリリース: S446
リリース: S446 ダウンロード
初版リリース日: 2009年11月04日
最新リリース日: 2009年11月04日
デフォルトで有効: False
デフォルトでリタイア: True
CVE: CVE-2008-1855
BugTraq ID: 28573
 
危険度: High  
シグニチャ精度: 90  
 
説明
バッファオーバーフローの脆弱性はMcAfeeのePolicyのOrchestratorおよび他の製品で利用されるMcAfeeのフレームワークサービスにあります。 具体的には、脆弱性は製品のポート8081/TCPに渡されるHTTP要求の処理の際に発生する境界エラーが原因です。 この脆弱性の不正利用に成功すると、影響を受けたサービスの特権でコード実行を可能にすることができます。またはサービス拒否の状態を引き起こす可能性があります。このシグニチャは、巧妙に細工された HTTP 要求によってトリガーされます。

推奨されるフィルタ
推奨されるフィルタはありません。

正常動作でのトリガー
既知の誤検知要因はありません。
 
ダウンロード
 
すべての IPS アップデートファイルは、Cisco Secure Software Download よりダウンロード可能です。
 
英語版
 

LEGAL DISCLAIMER
THE INFORMATION ON THIS PAGE IS PROVIDED ON AN "AS IS" BASIS AND DOES NOT IMPLY ANY KIND OF GUARANTEE OR WARRANTY, INCLUDING THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR USE. YOUR USE OF THE INFORMATION CONTAINED HEREIN, OR MATERIALS LINKED FROM THE DOCUMENT, IS AT YOUR OWN RISK. INFORMATION IN THIS DOCUMENT AND ANY RELATED COMMUNICATIONS IS BASED ON OUR KNOWLEDGE AT THE TIME OF PUBLICATION AND IS SUBJECT TO CHANGE WITHOUT NOTICE. CISCO RESERVES THE RIGHT TO CHANGE OR UPDATE THIS DOCUMENT AT ANY TIME.