コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

ICM 7.2(5)、7.2(6)、および 7.2(7): OPC キャプチャ ファイルでハード ドライブがいっぱいになり、信頼性の低いシステムになる

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Intelligent Contact Management (ICM)バージョン 7.2(5)では、7.2(6) および 7.2(7) は、Peripheral Gateway (PG)の Open Peripheral Controller (OPC) プロセス トラブルシューティングのためのデータファイルを作成します。 これらのファイルでは、PG のスケジュール済みジョブによるメンテナンスがサポートされます。 7.2(5)、7.2(6)、および 7.2(7) では、このジョブを作成するスクリプトが壊れているため、スクリプトは作成されません。 これらのキャプチャ ファイルは制御されなくて非常に大きくなることができハード ドライブを育て、一杯にし続けます。

このドキュメントでは、この問題のトラブルシューティング方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM

  • Cisco ICM 周辺装置

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ICM バージョン 7.2(5)、7.2(6) および 7.2(7) に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

解決に時間を減らす方法が 7.2(5) から開始する PG コンポーネントの OPC プロセスに新しい 機能追加されたように。 この機能は OPC のメッセージングを記録します従って問題は診断の送受反転 時間を減らし、解決を促進することによって再生することができます。 このメッセージングをキャプチャ することは維持される必要がある従って PG のハード ドライブは一杯になりません大きいデータファイルを作成します。 これらのファイルが維持される 1 つの方法はシステムのスケジュール済みジョブによってことパージ古いファイル、適切なデータ量を維持します。 ICM 7.2(5) では、7.2(6) および 7.2(7)、きちんと実行しない OPC キャプチャ ファイルのためにこのジョブをスケジュールするのに使用するおよびスケジュール済みジョブは作成されませんスクリプト。 作成されない PG のハード ドライブを一杯にするスケジュール済みジョブの結果として OPC キャプチャ データは制御され、自由になることができる。 この問題は二重にされた PG の両側で OPC プロセスが両方の側で同期して動作している、従って両側はキャプチャ ファイルを作成しますように発生します。 これは同時にほぼいっぱいになる PG の両側の原因となります。

これらのファイルが育つ音量はシステムのコールフローおよびロードと直接関連しています。

簡単だった IPCC 配置のインストールの後で実行される第 2 スクリプトが理由で、スケジュール済みジョブは別の手段(方法)によって作成され、ログファイルは制御されています。

問題

ICM 7.2(5) で開始して、PG の OPC プロセスはトラブルシューティングのためのデータファイルを作成します。 これらのファイルでは、PG のスケジュール済みジョブによるメンテナンスがサポートされます。 7.2(5)、7.2(6)、および 7.2(7) では、このジョブを作成するスクリプトが壊れているため、スクリプトは作成されません。 これらのキャプチャ ファイルは制御されなくて非常に大きくなることができハード ドライブを育て、一杯にし続けます。

ハード ドライブ塗りつぶしとして、システムは予測不可能、信頼できないです。 同じ問題は PG 達するキャパシティの両側という結果に同じ頃終る PG の二重にされた側で同時に発生します。 また、これらのファイルのデータ量はシステムのロードに比例しています。

注: この問題は簡単 Cisco コンタクトセンター 企業の配備で第 2 スクリプトがスクリプトを作成するセットアッププロセスの以降を実行すると同時に見るべきではありません。

クリーンアップが起こっていないことを確認する最も簡単な方法はへ PG のスケジュール済みジョブをチェックすることです。 これは 2 つのさまざまな方法ですることができます。

  1. 最初に、コントロール パネルから、『Scheduled Tasks』 を選択 して下さい。 タスクのリストでは、クリーンアップ タスクがある場合、もし 2:57am でスケジュールされるジョブがあれば。 スケジュールされた項目および詳細のダブルクリックは「c:\icm\bin\OPCCleanup.bat 5g" と同じようなクリーンアップ スクリプトを示します。 上記のエントリがない場合、ジョブは作成されませんでした。

  2. スケジュール済みジョブがあるように確認するもう一つの方法はコマンド・ラインからあります。 システムのすべてのスケジュールされたジョブをリストするその AT コマンドを使用して下さい。 再度クリーンアップ ジョブがなければ、そしてジョブはスケジュールされませんでした。

    コマンド・ラインからスケジュール済みジョブはこれに類似したに検知 します:

    Status ID Day Time Command Line 
    ------------------------------------------------------------------------------- 
    19 Each M T W Th F S Su 2:57 AM cmd /C "C:\icm\bin\OPCCleanup.bat 5g"

解決策

Cisco ICM 7.2.5 または 7.2.6 を実行する場合、ジョブはコマンド プロンプトから容易に作成することができます。 次のコマンドは正しい ICM を指すために応援しますある特定のインストールを修正される必要があります。 コマンドはすべての PG コンポーネントで実行する必要があります。

AT 2:57 /EVERY:m,t,w,th,f,s,su cmd /C "C:\icm\bin\OPCCleanup.bat 5g"

コマンドから再度ジョブが上記されているように作成されたことを確認する AT コマンドを使用して下さい。 PG が手動回避策の後で再度ブートするを必要とする場合、手動回避策/ジョブは問題なしに残ります。 セットアップを再実行することは AT ジョブを取消しません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 110592