コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

Historical Data Server(HDS)で高いディスク領域の使用量が表示される

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ICM 7.0、7.1、か 7.2 システムからの拡張 な データベース 移行 ツール(EDMT)の ICM 7.5 へのヒストリカル データ サーバ(HDS)システムのアップグレードが、HDS 複製プロセス 利用可能 なディスク領域の使用率の増加を表示する後。 それは 80% 利用 しきい値に達し、Auto Purge オペレーションを引き起こします。 このドキュメントでは、この問題のトラブルシューティング方法について説明します。

注: これは ICM 7.0、7.1、か 7.2 から EDMT の ICM 7.5 へアップグレードされる HDS サーバでもっぱら観察されます。 問題はアップグレードの直後に可能性のある見られません、長い期間発生する場合があります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は ICM/IPCC/UCCE HDS 7.5(x) に基づいています。

注: EDMT だけによってアップデートされたないし、HDS システムで存在 するこの問題はロガー システムに。 ICM 7.0、7.1、か 7.2 からアップグレードした顧客は、および ICMDBA の作成された新しい HDS データベースにこの問題がありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

ICM 7.0、7.1、か 7.2 システムからの EDMT の ICM 7.5 への HDS システムのアップグレードが HDS データベースのこれらの表で、毎日 Auto Purge 引き起こされなかった後:

  1. t_Termination_Call_Data

  2. t_Termination_Call_Variable

  3. t_Route_Call_Data

  4. t_Route_Call_Variable

  5. t_Dialer_Detail

  6. t_Agent_Event_Detail

  7. t_Network_Event_Detail

その結果、HDS のディスク領域の使用率は一定時間にわたり増加します。 HDS は 80% に達し、Auto Purge は複製プロセス ログのこのメッセージから開始します:

80% of the available free space is used in xxxxx_hds database” 
(xxxxx_hds will be replaced by the database name).

HDS が 90% 利用に達すれば、緊急パージはイベント ビューアおよび複製プロセス ログのこのメッセージ 概要と引き起こされます:

Event ID: 49167
Description: Begin Automatic Purge: 90% of the available data space is used 
in the xxxxx_hds database” (xxxxx_hds will be replaced by the database name).

解決策

この回避策は SQL 2000 および SQL 2005 に適当です:

  1. HDS システムで、ICM サービス 制御を実行し、ディストリビューター サービスを停止して下さい。

  2. Microsoft SQL Server 管理スタジオ(SQL 2005)/SQL はサーバ クエリー アナライザ(SQL 2000)をおよび HDS データベースを選択します開いて下さい。 名前は(「cname」が ICM システムのインスタンス名であるかところに) 「cname_hds」です。

  3. File メニューによって、c:\icm\cname\aw\install ディレクトリへのナビゲート。

    注: c を取り替えて下さい: ICM がおよび ICM システムのインスタンス名によって cname インストールされているドライブを使って。

  4. インストール ディレクトリの中では、ファイル dailypurgesp.sql を選択し、それを開いて下さい。

  5. スクリプトがおよび表示する画面上ロードされたら、dailypurgesp.sql スクリプトを実行するために F5 を押して下さい。 スクリプトはエラーメッセージ無しで動作する必要があります。

  6. 管理スタジオ(SQL 2005)/ は SQL サーバ Enterprise Manager SQL サーバ エージェントがアクティブであることを(SQL 2000)を使って、確認します(アイコン内のグリーン三角形によって示されていて)。 SQL サーバ エージェントが非アクティブである場合、SQL サーバ エージェントを右クリックし、次にプロセスを開始するために『Start』 を選択 して下さい。

  7. 管理スタジオ(SQL 2005)/ は SQL サーバ Enterprise Manager (SQL 2000)、SQL サーバ エージェントを右クリックし、『Properties』 を選択 します。 General タブで、2 つのチェックボックスを見ます。 チェックボックスを予想に反して停止したら予想に反して停止するオート再始動 SQL サーバ エージェントがチェックされたら場合ことをオート再始動 SQL サーバ確かめれば。

  8. Properties ダイアログの下部ので『OK』 を押して下さい。

  9. Microsoft SQL Server 管理(SQL 2005)/ SQL サーバ Enterprise Manager スタジオ(SQL 2000)をおよび SQL サーバ クエリ アナライザ(SQL 2000)閉じて下さい。

  10. ICM サービス 制御では、ディストリビューター サービスを再開して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 110496