セキュリティ インテリジェンス オペレーション(IPSシグニチャ)

Nmap UDP Port Sweep

 
Nmap UDP Port Sweep
 
機械翻訳について |  フィードバック
 

IPSシグニチャ


シグニチャ ID: 4003/0
オリジナルリリース: S65
リリース: S423 ダウンロード
初版リリース日: 2004年01月04日
最新リリース日: 2009年08月06日
デフォルトで有効: False
デフォルトでリタイア: True
CVE: CVE-2006-5553
 
危険度: High  
シグニチャ精度: 65  
 
説明
トリガー場合のいくつかの異なる特権ポートへの一連の UDP 接続(特定のホストのポート番号をより少なくより 1024)持っていて始められました。 これは、ネットワークを偵察するスイープが進行中の可能性があることを表しています。 これは、さらに重大な攻撃の前兆である可能性があります。

推奨されるフィルタ
ネットワーク管理ステーションを送信元および宛先から除外してください。 ソースとして DNS/LDAP/アクティブディレクトリサーバを除いて下さい。

正常動作でのトリガー
HP の OpenView など、多くのネットワーク管理ツールにはネットワーク マッピング機能があります。 この機能には利用可能なネットワーク サービスのマッピングが含まれ、UDP ポート スイープはこれらのシステムから起こる場合があります。 同じホストからの多数のクエリに応答する場合の DNS (53) ポート、LDAP (389) ポート、およびアクティブな Direcory (false positive アラームを引き起こすためにポート 88)サーバにより示されていました。 UDP トラフィックのステートレス性質が原因で、別のシステムで同じ UDP サービスに複数のクエリを送信するこのシグニチャはあらゆるアプリケーションで起動 するかもしれません。 アプリケーションが頻繁に各要求のために異なるソース ポートを使用するので、サービスからの応答はセンサーによってポートスキャン用の誤解されるかもしれません。 既知のネットワーク サービスはこのアラームのための送信元ポートであることがこのシグニチャのためのアラームを検査するとき判別される、フィルタが偽 postive アラームを除去するのに使用することができます。
 
ダウンロード
 
すべての IPS アップデートファイルは、Cisco Secure Software Download よりダウンロード可能です。
 
英語版
 

LEGAL DISCLAIMER
THE INFORMATION ON THIS PAGE IS PROVIDED ON AN "AS IS" BASIS AND DOES NOT IMPLY ANY KIND OF GUARANTEE OR WARRANTY, INCLUDING THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR USE. YOUR USE OF THE INFORMATION CONTAINED HEREIN, OR MATERIALS LINKED FROM THE DOCUMENT, IS AT YOUR OWN RISK. INFORMATION IN THIS DOCUMENT AND ANY RELATED COMMUNICATIONS IS BASED ON OUR KNOWLEDGE AT THE TIME OF PUBLICATION AND IS SUBJECT TO CHANGE WITHOUT NOTICE. CISCO RESERVES THE RIGHT TO CHANGE OR UPDATE THIS DOCUMENT AT ANY TIME.