セキュリティ インテリジェンス オペレーション(IPSシグニチャ)

Oracle Application Server 9i WebCache File Corruption

 
Oracle Application Server 9i WebCache File Corruption
 
機械翻訳について |  フィードバック
 

IPSシグニチャ


シグニチャ ID: 19379/0
オリジナルリリース: S437
リリース: S437 ダウンロード
初版リリース日: 2009年09月23日
最新リリース日: 2009年09月23日
デフォルトで有効: False
デフォルトでリタイア: True
CVE: CVE-2005-1381 , CVE-2005-1382 , CVE-2005-1383
 
危険度: Medium  
シグニチャ精度: 75  
 
説明
Oracle Application Server 9i Webcache は任意 ファイル 破損脆弱性に傾向があります。問題既存の becaue 危ない文字はある特定のパラメータ値から削除されなく、あらゆるターゲット ファイルに絶対パスが含まれている URI を組み立てることを攻撃者を許可します。この URI が十分な特権とユーザに先行させている場合、ガーベージ データは指定 ファイルの端に追加 されます。問題となるパラメータは webcacheadmin HTTP 要求の cache_dump_file 変数の値です

推奨されるフィルタ
推奨されるフィルタはありません。

正常動作でのトリガー
既知の誤検知要因はありません。
IntelliShield アラート
 
IntelliShield ID 見出し バージョン CVSS スコア 最新発行日
9137 Oracle Application Server Web Cache Multiple Vulnerabilities 1   2005年04月28日 12:08 PM EDT
 
ダウンロード
 
すべての IPS アップデートファイルは、Cisco Secure Software Download よりダウンロード可能です。
 
英語版
 

LEGAL DISCLAIMER
THE INFORMATION ON THIS PAGE IS PROVIDED ON AN "AS IS" BASIS AND DOES NOT IMPLY ANY KIND OF GUARANTEE OR WARRANTY, INCLUDING THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR USE. YOUR USE OF THE INFORMATION CONTAINED HEREIN, OR MATERIALS LINKED FROM THE DOCUMENT, IS AT YOUR OWN RISK. INFORMATION IN THIS DOCUMENT AND ANY RELATED COMMUNICATIONS IS BASED ON OUR KNOWLEDGE AT THE TIME OF PUBLICATION AND IS SUBJECT TO CHANGE WITHOUT NOTICE. CISCO RESERVES THE RIGHT TO CHANGE OR UPDATE THIS DOCUMENT AT ANY TIME.